このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


母乳育児だから、脱毛ができない?!

母乳への影響はないと言いつつ、授乳中などを理由に断られてしまうサロンやクリニックでの脱毛。そのNGな理由、本当は母乳に影響があるからなんじゃないの・・・?!

シミ・そばかすがあると顔脱毛できない?濃くなるって聞いたけど

ニキビがあっても脱毛できる?ニキビがあったらどうなる

授乳中は脱毛できる?

結婚・妊娠・出産。

そんなライフイベントをキッカケに脱毛をお休みしていたけれど、出産したらしたで赤ちゃん中心の生活になって自分のケアなんて手や時間をかけていられない!

・・・となると、サロンでの脱毛を再開したりいっそこれを機に全身脱毛!という人も多いですね。

ところが、授乳中の脱毛はなんとNG。


サロンやクリニックで脱毛を断られてしまうことも。

妊娠中は脱毛の痛みや刺激で母体にストレスがかかったり陣痛を誘発する危険性など「確かにそうだよね」というNGな理由があります。でも授乳中ならおなかに赤ちゃんがいるわけでなし、NGな理由がナゾですよね。

授乳中は薬を飲むと成分が母乳に移行してしまうので安易に飲めなかったり、母乳がマズくなるから甘いものを控えなさいと言われたり。

それを考えると「安心・安全を謳っている脱毛も実は人体に悪影響があるの?!」「レーザーの光が母乳に悪影響を?!」などなど、コワイ想像が膨らんでしまいます。

ところが授乳中の脱毛がNGな理由は母乳や赤ちゃんへの影響ではなく、ママのホルモンバランスが問題なんです。

産後はホルモンバランスが崩れ、戻るまでには少し時間がかかるもの。その間、肌は敏感になり脱毛の刺激で肌トラブルを引き起こす可能性があるうえ、授乳期に分泌されているホルモンの影響で施術の効果が得られないことも・・・!

脱毛するとどうなる?脱毛後のメリットデメリットを考える

授乳中も脱毛NGのサロンが多いのは母乳に影響があるせい?


サロンやクリニックでできる脱毛にはレーザーや光脱毛など種類がありますが、例えばレーザーはメラニン色素に反応し肌の浅い部分にしか届きません。ですから、レーザーの光が体の深くまで届いて母乳に影響する、といったことはないんですね。

それにもかかわらず授乳中の脱毛がNGなのは、産後のホルモンバランスが原因なんです。

妊娠中から産後は、本来のホルモンバランスが崩れているちょっと特殊な状態ですよね。ホルモンバランスは産後1年くらいで徐々に戻るともいいますが、その戻る時期も母乳育児なのかミルク育児なのかによるだけでなく個人差もあります。

そのホルモンバランスが戻るまでの時期、ママの肌はとても敏感になっています。妊娠前にも脱毛やってきたよ、という人で特になんのトラブルもなかったという人でも、ホルモンバランスのに乱れによって脱毛の施術による肌トラブルの可能性があり、痛みも強く感じることがあります。

ホルモンバランスの崩れのうち、特に脱毛に影響するのはエストロゲンとプロラクチンという2つのホルモンです。

女性のキレイにかかわる、エストロゲン


女性の肌や髪のコンディションにも大きく影響するエストロゲンというホルモン。

エストロゲンは胎盤に蓄積されていますが、これが出産にともなって急激に減ってしまいます。

一見関係のなさそうなエストロゲンですが、生理周期でいえば排卵から生理の間のPMSや肌荒れに悩まされるあの時期を思い出すと納得です。生理のあとの排卵までエストロゲンが多く分泌される時期は肌の調子も良かったりしますが、排卵を挟んでエストロゲンの分泌が減る時期になると肌荒れやニキビが出て・・・というトラブル肌に。

同じように産後のエストロゲンが減っている時期には、脱毛の刺激による肌トラブルの心配も高まるんですね。

納得です。

母乳に関係するプロラクチン


授乳中に出ているホルモンであるプロラクチン、乳腺の発達や母乳の分泌を促します。その授乳中に増えるプロラクチンの脱毛に関する影響は、「毛が濃くなる」というもの。

そうなると、授乳中にせっかく脱毛の施術をうけても効率よく脱毛ができません。もちろん個人差のあることですから、やってみたけれど特に影響はなかったという人もいます。

でもプロラクチンの影響によって、脱毛してもその毛が濃くなる働きから焼け石に水どころかかえって毛深くなった・・・?!ということも起こりえるんです。

このため、例えば光脱毛がうけられるサロンのひとつであるミュゼでは「授乳を終えて生理が2回来てから」を条件にしています。

いつならOK?脱毛再開時期の目安


授乳中に考えられる肌トラブルの心配と脱毛の施術をしても効果が得られない可能性。

そうなるとサロンやクリニックで脱毛を断られてしまうのも仕方ありませんし、効果がないどころかかえって肌トラブルなど抱えてしまうのでは「やめておこうかな」という気にはなります。

それならば、一体いつになったら脱毛を受けられるようになるのでしょうか。

産後に崩れてしまっているホルモンバランス。それが戻るには、大体1年ほどかかると言われています。

ホルモンバランスが戻ったな、というサインは生理の再開。

その時期は母乳育児なのかミルク育児なのかによっても変わりますが、目安としては母乳育児の人で1年前後、ミルク育児の人では産後3カ月ほどで再開する人が多いようです。

母乳育児の人であれば、生理が再開するころには体力的にも回復していることが多いですが、ミルク育児の人ではその時期が早いこともあり、生理が再開しても体力的にはまだ・・・ということもあります。脱毛による影響を考えて「生理が再開して○回目以降」や「卒乳してから」など、サロンやクリニックによって設けられている基準はまちまち。

肌トラブルなどの脱毛の施術による影響を考えれば、脱毛再開はその条件をクリアしていることだけでなく自分の体力の回復や体調の安定具合も含めて時期を決めるのが良いでしょう。

授乳中に脱毛に通えないなら休止手続きを

仮に、通い放題の無制限コースで脱毛をしていた場合、1年などのある一定期間通わなければ脱毛に満足したとして無制限の権利が無くなる場合もあります。妊娠や出産を機にしばらく脱毛をお休みするなどの場合には、休止手続きができるサロンもあります。

また、回数パックで契約したけど、途中で通えなくなった場合には、残念ながら有効期限が切れたら返金などがされないという場合もあります。

まずは、契約内容をよく確認しておき、休止などの手続きが有効であればきちんと手続きしておくといいでしょう。

これから脱毛を考えている人は、こちらの記事も参考になさってくださいね。

全身脱毛の恥ずかしい疑問に回答!VIO・ニオイ・剛毛など

脱毛当日までの準備や注意事項は?やり忘れるとキャンセルに

脱毛の美肌効果は何脱毛が一番効果アリ?おすすめは?

その他の不安や疑問はこちらからどうぞ ⇒ 脱毛の基礎知識

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


 

関連記事