このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


羽田空港には、シャワールームを持つカプセルホテルやビジネスホテルもあります。
羽田空港は国際線が復活し、また、LLC(格安航空会社)の台頭により、ビジネス的な重要性が高まっています。
羽田空港を利用される方の数は、国土交通省の資料によりますと、平成24年には年間国内線5875万人国際線795万人と6000万人を越えてにいます。
この数字は右肩上がりで増加しており、現在ではさらに増加していると思われます。
羽田空港は日本国内の主要都市と繋がり、さらに海外とも繋がることで中継空港としての地位も確立しています。
さらに、格安航空会社の増加により、搭乗料金はどんどん低下しており、新幹線に替えて利用する方も増えて、国内における利用客数も伸び続けています。
そのために、羽田空港でシャワールームを探す方の人数は毎年増加しているのが現状です。
その方々のために、羽田空港内で使えるシャワールームについて調べてみました。

(関連記事)この記事を読んだ方にはこちらもオススメです。

※ 羽田空港のレストラン営業時間は?深夜早朝が気になる

※ 羽田空港のコンビニ、国際線ターミナルと国内線ターミナルならどこ?

※ 羽田空港のお土産売り場の営業時間は何時から何時まで?

羽田空港でシャワールームが欲しくなる人が多い理由

羽田空港で飛行機の乗り換えをされる方は非常に多く、一日中混み合っていると言われています。
そのため、中継の乗り換えの空き時間がどうしても生じてしまうことも多いようです。
また、急に地方への出張が決まって会社から羽田空港に直行したものの、待ち時間がかなりあるという方も多くいらっしゃいます。
そのような方の要望として多いのは、せめてシャワーぐらいは浴びたいと言われる方が多いことです。
もちろん、待合ロビーのベンチなどで座って待ったり、喫茶店で休憩という方もおられますが、ベンチや喫茶店で汗を拭ったり、横になるわけにもいきません。
大切なビジネスツールであるスーツがしわだらけになってしまいます。
そのため、多少出費してもゆっくりとシャワーをして休めるところがないか、シャワールームのあるところを探されるようです。
やっぱり、ビジネスマンはビシッとしていたいですからね。

羽田空港でシャワールームが使えるのはどこ?

出典:カプセルホテル専門サイト – Capsule Hotel Japan –


空港内にはビジネスホテルもありますが、時間貸しはなく、宿泊になりますので、たとえシャワーを浴びるだけの数時間の利用でも高い料金を払わないといけません。
羽田空港の外には、近場にはあまりカプセルホテルは見当たらず、空き時間に使えるシャワールームは空港内のファーストキャビンか、エクセルホテルに限られます。

羽田空港の外に行く場合であれば、スーパー銭湯に行く方法がありますが、往路の交通費は自費になりますし、入場料が3300円から3500円かかります。よほど時間がある方で、ある程度まとまった時間を過ごすのであれば別ですが、時間の限られる空港での空き時間を有効利用するには非効率になってしまいます。

羽田空港でシャワールームを使うにはカプセルホテルが便利!

羽田空港には、カプセルホテルがあるのですが、ここが時間貸しもしています。1時間800円で、2時間単位か、1時間1000円で1時間単位で入れます。大浴場があり、そこにはもちろんシャワールームもついています。
施設内には、キャビンと呼ばれる通常のカプセルホテルよりも広く、wi-fiはもちろんテレビも備えた部屋が用意されています。

ラウンジもあり、部屋でもラウンジでもゆったりとくつろげます。
部屋にはバスタオルやフェイスタオルの用意もあり、髭剃りも出来ますので、突然の出張の際も便利です。
高い空港内ホテルやスーパー銭湯に行くのであれば、シャワールームとして大浴場もある羽田空港内のカプセルホテルであるファーストキャビンを使う方が良いでしょう。

羽田空港のシャワールームの特徴

ファーストキャビンのシャワーブースは大浴場に併設されており、パウダールームもありますので、至れり尽くせりです。
シャワーだけですと1時間も使いませんので、wi-fiで仕事を片付けたり、うたた寝も出来ます。
「うたた寝なんて、寝過ごしてしまいそう・・・」いえいえ、大丈夫です。受付に時間を言っておけば寝ていても起こしてもらえますので安心です。

羽田空港のシャワールームの場所は?

ファーストキャビンは国内線第1ターミナルの1階にありますので、搭乗手続きを済ませれば、フライトのギリギリまで休むことが出来ます。
今すぐ休んですっきりしたい、時間を有効に使いたい、という方には本当に便利です。

羽田空港のシャワールームのmap

ファーストキャビンは第1ターミナルの1階になります。

出典:FIRST CABIN


(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 羽田空港ファーストキャビンの利用条件や口コミは

羽田空港のシャワールームの料金はいくら?

ファーストキャビンの時間貸し料金は、二種類あります。
ファーストクラスのキャビンは、サイドテーブルもあるビジネスホテルに近い設備ですが、1時間当たり1000円となっており、本当にフライトまでの時間がない場合にはリーズナブルに利用することが出来ます。1時間だけでも使えますからね。

ファーストクラスよりも若干狭く、サイドテーブルのないビジネスクラスの場合は、1時間当たり800円ですが、利用は2時間からになります。それ以降は、1時間追加するごとに800円の追加になります。

ということは、1時間しか使わないなら問答無用でファーストクラスに、2時間以上時間があれば、どちらでも好きな方をどうぞ。コストで選ぶか、気分で選ぶか、どちらでもよさそうですね。

どちらにしても、都心のカプセルホテルに行った場合には行き帰りのタクシー料金だけでオーバーする金額です。特に暑い夏場などは汗びっしょりで飛行機に乗るのはちょっといやですね。

支払方法はどうなるの?

ファーストキャビンの支払方法は現金のほか、主要クレジットカードも使えます。
また、edyなどの仮想通貨も使えますので、ビジネスにおける使い勝手は良いと言えます。
もちろん、法人カードも使えますので、安心して利用してください。

羽田空港のシャワールームの利用可能時間は?

ファーストキャビンの時間貸しの時間帯は午前10時から午後7時までになります。
また、ファーストクラスのみになりますが、早朝利用として午前5時から午前10時までの利用も可能です。
但し、早朝利用の場合は3時間が単位になっており、3000円になります。
早朝着の海外便で帰って来た場合には、休むと同時に出勤前にシャワーと身支度のやり直しも出来ます。

口コミはどう?

ファーストキャビンの口コミ情報としては、入口のシャッターが完全に閉まらなくされているため、廊下の音や光が漏れてくるという苦情はあります。
しかし、サービス面では評価は高く、一時休憩やシャワールーム代わりに使うのであれば問題はないと言えます。

羽田空港のシャワールーム予約はできるのか?

羽田空港は年間6000万人以上の方が利用しており、当然乗り換え便の待ち時間のある方もたくさんいます。
従って、時間によってはファーストキャビンが混雑する可能性がありますので、乗り継ぎなどの待ち時間があることが判っていれば、事前に予約しておくことが出来ます。
予約は、電話にてできます。
羽田空港のファーストキャビンの電話番号は03-5757-8755になります。
メールもあり、fc_haneda@first-cabin.jpで問い合わせることができます。
なお、キャンセル利用については、2日前30%、前日50%、当日80%です。

女性の場合も安心の専用キャビンあり

簡易宿泊所とかカプセルホテルって、女性にはちょっと抵抗があるかもしれません。でも、FIRST CABINには女性専用キャビンもありますので、安心して利用することができます。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 羽田空港カプセルホテルで仮眠するなら格安なのはどこ?

※ 羽田空港で仮眠したいときありますね、そんな時は仮眠室をどうぞ

まとめ

羽田空港で乗り継ぎやビジネスでの急な出張などにおいては、時間待ちの時間帯が出来てしまうことが多くあります。
そのような時には誰しもシャワーを浴びたいと思います。
しかし、時間は限られ、羽田空港の外に出るというのには時間が足りません。
そのような時にシャワールーム代わりとして使えるのがカプセルホテルのファーストキャビンです。
格安な料金でシャワーだけでなく、仮眠やwi-fiで仕事も出来ます。
ファーストキャビンは空港第1ターミナル内にあるため、時間ギリギリまで休むことができますので、ビジネス効率が捗ることは間違いありません。
「羽田空港」に関する記事の一覧はこちら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク


 

おすすめアイテム

 

関連記事