このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


羽田空港で国際線を利用される方の数は既に800万人に達しています。
成田空港が2500万人ですから、東京の海外利用者の1/4は羽田を利用していることになります。

海外ツアーではなく、出張や個人的な旅行で行かれる場合には、海外の方へのお土産を持っていくのはよくあることです。
海外の方が喜ばれるお土産というのはどのようなものなのでしょう。

また、海外にいる方が外国人とは限りません。
海外支社の勤務している日本人の方や、休みにご家族が海外赴任されているご主人のところに行くという場合もあります。そのような場合には、また喜ばれるお土産も変わってきますね。

いずれにしても、日本にしかないものがお土産にはよいわけです。
羽田空港ではさまざまなニーズに合わせたお土産が販売されています。
今回は、そのお土産の中でも日本特有のお菓子、和菓子について調べました。

 

他にも、羽田空港のお土産に関する記事はいろいろあります!
まずは、しっかりと情報収集してみてはいかがでしょうか?

※ 「羽田空港のお土産なら」の記事一覧はこちらから

また、海外の方向けにこだわらず、羽田空港で購入できる和菓子のお土産については、こちらの記事で紹介してます。

※ 羽田空港で和菓子をお土産に買うならこれがおすすめ!

羽田空港内でお土産を買うならどんなものがいい?

海外に住む外国人の方や、向こうに赴任している日本人の方が喜ぶお土産はやはり、日本らしさのあるものと言えるでしょう。
まあ、向こうに赴任された日本人の場合にはいろいろとその方の好みがありますので、今回は外国人の方について考えてみることにします。

日本らしいもので、お土産として持っていけるものとしては、やはりお菓子が多いようです。

でも、羽田空港のお土産ランキングなどを見ますと、意外と日本のキャラクターの入ったお菓子であっても、どちらかと言うと洋菓子が多いようです。

※ 羽田空港で人気のお土産ランキング!あの有名店は何位かな?

洋菓子と和菓子の違いには、甘さの材料があります。
和菓子の場合、甘さは、きな粉、あんこと言った和風の食材によって出しますが、洋菓子の場合はどちらかと言うとクリームなどの甘さになりますね。

和菓子には日本らしいシンプルな飾り付けになりますが、洋菓子は派手な飾り付けが主流です。

羽田空港のお土産が洋菓子中心になっているのは、国際線利用者700万人に対して、国内線利用者5700万人という差によって生じていると考えられます。東京から国内に旅行したり、出張したりする場合、特に和菓子にする必要性がないからでしょう。

海外の方へのお土産ならやはり和菓子がいいのでは

日本料理の和食がユネスコの無形文化遺産に指定されたように、我が国のよいものはどんどん海外の方にも知ってもらうべきです。

その観点からも、和菓子などは海外の方々にお土産として持っていくのは良いのではないでしょうか。

こちらの記事では、和菓子・洋菓子に関係なく、羽田空港のお土産について、人気ランキングをまとめています。是非参考にご覧ください。

※ 羽田空港で人気のお土産ランキング!あの有名店は何位かな?

羽田空港国際線ターミナル内で買える人気の和菓子は?

出典:ippin(イッピン)


それでは、羽田空港が買える和菓子にはどんなものがあるのでしょうか。
意外と羽田空港の国際線ターミナルには和菓子店が少ないようです。
「とらや」や「OKASHI KOBO」や「Edo食賓館(時代館)」などになります。

おすすめは「とらや」で、やはり日本の和菓子という印象の強いお土産になると思います。

「OKASHI KOBO」は、3階搭乗口付近(出国エリア)にあり、和菓子やたい焼きなどを販売している店です。

「Edo食賓館(時代館)」は、国際線ターミナルの4階の江戸小路にある店になります。
江戸時代から現代までの日本を代表する和・洋菓子を取り揃えており、お土産コーナーも豊富に和菓子を提供しています。

本当に本格的な和菓子専門のお土産は、京都の伝統的な和菓子店である「とらや」だけです。
「とらや」は典型的な和菓子の甘さを追及する店で、羊羹や生菓子、最中、季節のお菓子などがおすすめになっています。「とらや」の羊羹は脳天に突き抜けるような甘さで有名です。

なお、「とらや」のお店は、4階の江戸小路内のEdo食賓館(時代館)と3階出発ゲート内の免税店(出国エリア)に売り場としてあります。

また、とらやは第1、第2ターミナル内にもありますよ。

羽田空港国内線ターミナルで買える和菓子のお土産は?

出典:羽田空港国内線旅客ターミナル


羽田空港第1、第2ターミナルのお土産店は49店舗あり、そのうち和菓子のお土産の売り場のある店は次のものがあります。
  • 第1ターミナル
    • 東京食賓館 Eゲート前、Cゲート前
    • 特選和菓子館
    • とらや
  • 第2ターミナル
    • 宗家源吉兆庵
    • とらや
    • PIER(洋・和菓子)
    • 御門屋
    • 東京食賓館 時計台1番前、 3番前
これらの店は、本来は東京から地方に向かう方への和菓子を扱う土産物店です。
しかし、国際線ターミナルには和菓子の土産物を扱う店が少ないだけに、時間があれば、国内線ターミナルに立ち寄って購入されれば良いと思います。

和菓子専門店は「とらや」の他にも、「宗家源吉兆庵」や「御門屋」などがあり、特選和菓子館もいろいろな店の和菓子を置いていますので、いろいろと選べ、おすすめです。

第1、第2ターミナルともに2階フロアにあります。
国際線ターミナルからは、両ターミナルともに遠いですが、無料バスが出ていますので、利用してみてください。

※ 羽田空港で和菓子をお土産に買うならこれがおすすめ!

羽田空港国内線のお土産売り場の特徴は?

羽田空港の第1、第2ターミナルには、多くの土産物店がありますが、どちらかといいますと国内で帰省されたり、地方に出張に行かれる方を対象とした店です。
従って、和菓子だけでなく、洋菓子も含めて多彩なお土産店の売り場が多くあります。
国内でも人気のあるお土産が多数並んでいます。
第2ターミナルの東京ばな奈ワールドなどは、本格的な和菓子ではありませんが、東京ばな奈を始め、さまざまなお菓子を販売している店です。
その他では、ブルースカイ、東京食賓館、PIERなどの土産物専門店の売り場で東京周辺のお菓子などが販売されています。

羽田空港限定のお土産もあります。詳しくはこちらの記事で紹介してます。

※ 絶対喜ばれたい!羽田空港限定のお土産特集

羽田空港お土産ランキングと海外向けオススメは?

外国人の羽田空港お土産ランキング、実態は?

ちなみに国内の外国人旅行者による人気お土産のトップ3 は、
1位 東京ばな奈
2位 シガール
3位 文明堂の洋風どら焼き さんどら
となっているようです。

ちょっと和菓子からは外れているように感じます。
国内を旅行してきて、帰る際になりますので、旅の途中で食べたお菓子を買って帰るのでしょうね。

ただ、日本に来ていない海外の方に持っていくお土産としては、やはり、日本そのものを象徴する和菓子がいいような気がします。

和食とともに和菓子も世界に広まっていって欲しいですね。

「知らない」から選ばれない?ニッポンの和菓子

そんなわけで、「外国人向けに和菓子のお土産を持参するなら何を買っていく?」を考えてみました。
食べたことのないもの、知らないものって選びにくいですよね。

なんとなく「知っているもの」に近い要素を持っているものが選ばれていそうな、外国人旅行者の羽田空港で買うお土産のランキング。
外国人がなじめそうなポイントを押さえた和菓子なら、海外向けのお土産にも外国人旅行者の買うお土産にもオススメできるものがあるのでは?!

ここがキモ!外国人の好みの和菓子

  • 和菓子が好きな理由として”食感”をポイントにしている人が多い
  • 大福や団子のようなもちもち食感
  • ようかんやくずもちのようなぷるんとした食感
  • 煎餅やかりんとうのような噛(か)み応えのある食感
  • 見た目の美しさや味わいに日本の情緒を感じる外国人もいる
引用「マイナビニュース」

 

日本在住の外国人を対象とした「気に入った和菓子」のアンケート結果をいろいろ見ていると、たいてい行き着くのが抹茶などの独特な味以外のところでは「食感」。

外国人にとってはちょっと物珍しい食感がウケているよう。

確かに大福・お団子・白玉などの「もちもち」系は、まったく未知の食感ではないながらもちょっと独特ですよね。

ようかんなども、ゼリーやプディングなどとは似ているようでまたちょっと違う。

お煎餅に至っては、クッキーなどで「カリッ」「サクッ」「パリン」という食感は知っていても「バリン」はない。

さらにこの手のアンケートを見ていると、「甘じょっぱい」「甘すぎない」といった味も好みに影響しているよう。

また出身国ごとに「どこか自国のものと通じるから?」と思うような味や食感を挙げる傾向もありました。

ポイントを押さえて!羽田空港お土産和菓子6選!

では具体的にはどんなものがあるでしょうか?
在日外国人対象アンケートの傾向から見た、羽田空港で買えるオススメ海外向け和菓子をピックアップ!

日持ちもバツグン!おせんべい3選

【榮太楼總本舗 ピーセン】

出典:榮太楼總本舗 オンラインショップ


羽田空港 国内線第1旅客ターミナル「特選和菓子館」のほか、第2ビルの食賓館にも店舗のある榮太楼總本舗。

  • 40年以上前からの東京の定番
  • 2015年3月に榮太樓總本鋪復活させて販売している
引用「フォートラベル」

つまみやすいサイズのピーセンは味の種類もあるので、詰め合わせでバラエティをそろえても良いですね。
「こんな歴史あるお菓子なんだよ!」という前振り付きなら、興味津々で楽しんでもらえるかも?!

【築地ちとせ 天ぷらせんべい】

出典 HANEDA Shopping


日持ちは製造から60日という天ぷらせんべい。
ほかにものり天せんべいや2種類の詰め合わせもあり、のり天は江戸前海苔・すじ青のりを使用。
隠し味のゆずの香りで食べやすい泥付きごぼう天せんべいなども人気です。

  • 私的にかなりインパクトが有ったのが「泥付きごぼう天せんべい」
  • サクサク感も良く牛蒡の風味がかなり強く、隠し味的に使われている
  • 柚子胡椒もいいショーケースの中にビールのコップと一緒に・・当にビールに合うと思います!
引用「食べログ」

【坂角総本舗 五宝】

出典:坂角総本舗


国内線第1ターミナル「特選和菓子館」でも国際線ターミナル「EDO食賓館(時代館)」でも買える坂角総本舗のおせんべい。
「ゆかり」が有名な坂角総本舗ですが、「えび寄せ」「いか寄せ」の2種類の入った五宝もおススメ。
おせんべいが絶対好き!という確信がある相手なら、「八樂」や「えびす蔵」といった詰め合わせも。

  • “五宝”は素材を選び抜き、海鮮五種の旨味を凝縮した味わいと軽い食感
  • 手軽な袋入りから箱詰まであり贈答にも利用できます。定番のゆかりと共に美味しい品
引用「Retty」

これぞ和菓子?!ようかん

【とらや 空の旅】

出典:とらや


日本にしかないお菓子と言えそうなようかんは「練りようかん」なら日持ちがするのでお土産向き。
空港限定商品であるようかん「空の旅」。
夕暮れの空と雲をイメージしたようかんは、ところどころに入っている白小豆の食感がアクセントに。

空港限定の「空の旅」は第1・第2・国際線すべてのターミナルビルで購入可能。

  • あっさりとした白あんベースの羊羹
  • やっぱり日本から持ってきてくれた緑茶とともに羊羹を食べながら語らうお茶時間
  • これほど贅沢なものはありません
引用「しろくろめがね」

時間がない!国際線ターミナルでゲット!

国内線ターミナルは出店も多くラインアップも豊富。
しかし国際線に乗るのに国内線ターミナルをウロウロしている時間なんてないよー!という方には国際線ターミナルの「EDO食賓館」がオススメ!
時代館・名産館があり、ラインアップだって負けてませんよ!

【聖護院八ツ橋】

出典:江戸っ子嫁と浪速のおたく旦那の日本橋生活


 

  • 名産館でオサレな八ッ橋を買う
  • 胡麻、生姜、抹茶、珈琲の4つの味がある。
  • U字型に曲げてあるが、短くて2cmx2cmくらいの一口サイズ
引用「食べログ」

 

空港限定パッケージでは、生姜砂糖をまぶしてあるという八ツ橋。

生姜を使ったお菓子は海外でもあるので受け入れられやすいかも?

舞妓さんが飛行機を操縦している空港限定パッケージなら「日本らしいお土産」の雰囲気も出せますね。

【麻布かりんと 麻布十番あげもち屋 空港限定セット】
国際線の出発ゲートラウンジにある「麻布十番あげもち屋」。
空港限定の3袋・5袋セットには、麻布あげ餅 塩、トマトバジルあげ餅、カマンベールあげ餅、彩りベジタブル、しば漬けあげ餅といったバラエティ豊かでちょっと変わった味のあげおかきがたっぷり!

出店:マイナビウーマン


 

羽田空港内でお土産店の営業時間は?

羽田空港第1、第2ターミナルのお土産店の営業時間は、午前6時前後から午後8時前後までです。

また、国際線ターミナルの場合は、閉まる時間はもう少し遅くなります。

オカシ コウボウ 午前6時~午後11時
Edo食賓館   午前6時30分~午後10時
とらや      午前6時30分~午後10時

国際線は、出発到着時間ともに24時間ですので、閉まるのも遅くなっていますね。

羽田空港内の和菓子のお土産の評価情報はいいの?

羽田空港内の和菓子専門のお土産店についての評価は、ランキングなどに伴って掲載されていますが、ランキングに入るお土産ですから、悪いわけがありません。
また、宗家源吉兆庵、とらや、御門屋などは、和菓子専門の有名店です。
日本の和菓子をある意味代表している店でもありますので、海外の方々にもきっと気に入ってもらえると思います。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 羽田空港第1ターミナル、おすすめお土産ランキング

※ 羽田空港第2ターミナル、おすすめお土産ランキング

まとめ

羽田空港から海外に旅行や出張で飛び立つ場合に、海外の方たちに持っていくお土産はさまざまありますが、出来れば、和菓子がよいのではないでしょうか。

国際線ターミナルには和菓子を扱う店は少ないですが、第1、第2ターミナルには結構和菓子を扱う店も多く、和菓子専門店も入っています。

是非、和菓子が世界に認められて世界の無形文化遺産となったように、和菓子も世界に広めて欲しいと思います。

 

他にも、羽田空港のお土産ならに関する記事はいろいろあります!

※ 「羽田空港のお土産なら」の記事一覧はこちらから

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

 

関連記事

 

おすすめアイテム