このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


 

もうすぐ春休み。
お子さんがいらっしゃるご家庭では入学式を控えている方もいらっしゃるのでは?

そんな時、母親としては「どんな服装がいいの?」「当日は何を持っていったらいいの?」など、いろいろな疑問がありますよね。

ズバッと解決していきましょう。

子供の入学式で母親の服装は何を着ればいいの?

基本はセミフォーマルです。
『セミフォーマル・・・?』と言う方のために、少し解説します。

セミフォーマルってなに?


 

セミフォーマルとは、準礼装のことです
正装よりは格下ですが、普段のスーツよりはきちんとした格好です。

主に、卒業式や入学式などのセレモニー、高級レストラン、華やかなパーティに行くときなどがセミフォーマルの服装になります。

 

セミフォーマルとは具体的には何を着る?

一般的には時間帯によって以下のように分かれています。
昼のセミフォーマル 夜のセミフォーマル
男性 ディレクターズスーツ
(黒ジャケット+グレーのストライプパンツ)
タキシード
女性 スーツ、セットアップ、ワンピース パンツスタイルも可昼よりも
華やかな素材のドレス、ワンピース、スーツ
 

男性の場合、日本でしたらいわゆるブラックスーツにネクタイでも構いません。本来は略礼装にあたりますが、日本人では高級レストランでもこれでOKです。

日本のレストランでタキシード着ていらっしゃる方はあまり見かけませんしね。

 

 

入学式に母親が着る服装は?

●種類

スーツ、セットアップ、ワンピースを着ていかれる方が多いです。スーツの場合、パンツスタイルでもOKです。スカートスタイルなら、膝丈までの長さにします。(ミニやロングはNG)

もちろん和服もOKですが、ヘアのセットや着付けなで時間もお金もかかるため、実際に着ていかれる方は少ないようです。

 

出典:http://belluna.jp


 

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/ecoloco/1855011.htm


 

●色味

入学式=お祝い事なので、白・ベージュ・ライトグレーなど、パステルカラーや明るい色味を着ていかれる方が多いです。

私立の小学校などは黒や紺がほとんどということもありますので、お子さんが入学される学校の特徴によって異なってくるケースもあります。
黒や紺などのダーク系の場合には、インナーに白をあわせたり、コサージュ、スカーフなどで華やかにされるといいですよ。

お子さんと同じ学校の先輩お母さんの時にどうだったのか聞いておくと安心ですね。

 

●ジャケットは必須?

ワンピースを着ている場合、ジャケットは必須ではありません。
ですが、入学式シーズンはまだ肌寒い日が多く、体育館や講堂も暖房がきいていないことが多いと思います。

式の最中はコートやストールは脱ぐのが礼儀ですので、防寒の意味でもジャケットを羽織っていくと安心です。せっかく羽織ってもボレロはNGですので、羽織るならジャケットにしましょうね。

出典:http://belluna.jp


●バッグ

子供の入学式でしたら、私立の学校でもない限りそんなに決まり事はありませんので、普段お使いのビジネスバッグや大き目のレザーバッグなど、お洋服に合わせた色合いのものもOKです。

無難にしたい場合には、礼服用のバッグ(黒)をあわせます。
ちょっと地味に思うかもしれませんが、礼儀作法的な失敗はありません。地味だと思う場合には、バッグにコサージュやスカーフを付けて華やかにするといいですよ。

 

●靴

お洋服にあった色味のパンプスをあわせます。
サンダルやブーツなどはNG。

立っている時間や、入学式のあと子供のお友達のおうちとお食事やお出かけする場合もあるかと思いますので、あまり高いヒールだと疲れてしまいますので気を付けましょう。

 

●アクセサリー

基本はパールのネックレス、イヤリング、ピアスなどになります。
あくまでもセミフォーマルなので、あまり派手すぎるアクセサリーは避けましょう。

 

●ネイル

ベージュや薄いピンクなど、あまり目立たない程度の上品なものにしましょう。

 

●ヘアスタイル

特に決まりはありません。服装にあわせた上品なヘアスタイルでOKです。

 

妊婦さんは何を着ればいいの?

基本的にはセミフォーマルに変わりはありませんが、マタニティワンピースがあると便利です。
入学式のためだけに買うのはもったいないので、出産後もお宮参りで着たり、普段も使いやすいデザインがいいと思います。

出典:http://www.sweet-mommy.com


 

やっちゃった!にならないための入学式の服装NG集

せっかく洋服はバッチリでも以下のようなことがあればだいなしです。。。
うっかりするものもありそうですのでチェックしてみましょう。

 

・生足
・派手柄ストッキング、ラメストッキング
・露出の高い服
・ミニスカート
・サンダル

 

ジャケットの下にキャミソール、、、なんてのもやってしまいがちですが、NGですよ。

あくまでも主役はお子さんです。
お母さんが目立ちすぎないように気を付けましょう(^-^)

 

持っていくと便利なあれこれ

入学式の当日は、事前に学校から持ってくるものを書いたお手紙などが届きますのでそれらは忘れずにチェックしましょう。

それ以外にも、こんなものを持っていくと便利です。

 

サブバッグ

入学式の当日は、事務的な処理や教科書など持ち帰るものも多くなります。

 

防寒グッズ

地方にもよりますが、体育館や講堂は寒いことが多いので、カイロ、スカーフ、ストールなどを持っていいかれると便利です。

 

水筒などの水分

当日学校内には売店がなかったり、学校の外まで行かないと自動販売機が無いこともあります。

 

着替え

式が終わった後、みんなでお食事に行ったり出かけたり、そのままお友達のお家へ遊びにいくことも。簡単な着替えがあると便利です。

また、念のため替えのストッキングもあるといいですね。これも学校内では売っていませんので。。。

 

下のお子さんの物

下のお子さんも一緒に行かれる場合には、飲み物などはもちろんですが、おんぶひもや音のしないおもちゃなども持っていくと安心です。

出典:http://benesse.jp/contents/1nensei/manner.shtml


まとめ

入学式にでお母さんが浮いてしまうと、お子さんも悲しいですよね。

初めての方は、あらかじめ先輩ママに聞いておいたり、無難にまとめるのがいいと思います。

ただ、あくまでも気持ちの問題でもあるのであまり気にしすぎたりせず、他の人の不快感を与えない上品な服装を心がければOKです。

素敵な思い出の一日になるといいですね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

 

関連記事

 

おすすめアイテム