このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

熱海温泉
こんにちは、管理人のchikiです。

熱海って関東の人なら、行ったことのある人が多い温泉地ですね。
今日はそんな熱海についてのご紹介です。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 【熱海】行くならどの季節がベストなの?イベントが多いのはいつ?

※ 【熱海】みんなで車で出かけよう!ドライブルートと観光スポット

※ 【熱海】一泊するならこのコースはどう?おすすめ観光スポットをご紹介。

実は奥が深くて多彩な熱海

熱海は東京からも近く新幹線も通っていますので名古屋、大阪など西日本からのアクセスも容易です。
それゆえに特に東京方面からは何度も行ったことのある人が多く、「熱海は近い温泉だけどもう行ったことがあるからまた行くことはないかも」という人もいそうです。

しかし「一度行ったから」と敬遠する人は熱海の奥深さに気が付いていないかも!?しれません(笑)。

熱海は温泉、グルメ、海、散策が楽しめますが、もうちょっとよく知ると、意外に奥深いので、ぜひもう一度熱海を楽しんでほしいなと思います。

熱海は観光スポットが集中している

熱海はとても狭い地域です。海の直前まで山がせり出していてその隙間に温泉街を作ったので当然です。だからこそ、ぎゅぎゅっと凝縮された楽しさがあります。

熱海は昔から関東の人のちょっとした温泉観光地なので、いわゆるバブル期の「大きなホテルで大浴場に入り豪華な食事、翌朝お土産を買って帰る。」というイメージが濃い場所でもあります。

そんな懐かしい温泉の楽しみ方もいいのですが、その他にも日帰り温泉はもちろん、熱海駅脇の「仲見世名店街」「平和通り名店街」でのお土産選びや、食べ歩き、熱海サンビーチから眺める相模湾、初島海を見下ろす熱海城など数えきれないほどの楽しみ方ができます。

 

熱海温泉商店街
駅からほど近い熱海温泉商店街


 

リゾート地のような熱海のビーチ
リゾート地のような熱海のビーチ


 

また、気楽に行ける離島・初島は熱海から船で僅か30分です。熱海の街を散策する感覚でちょっと足を延ばして離島の旅を楽しめますよ。また、新鮮な魚介類が食べられるお店が港付近に集中していますので漁師飯を楽しむことも出来ます。
初島は一周しても4kmほど。起伏も少なく1時間強でめぐることができるので、潮風を浴びながらの散策を楽しむことが出来ます。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 【熱海】日帰りで満喫する温泉と足湯とグルメ。週末ぷらりとどうぞ。

熱海の特徴は「なんでも出来る」こと

熱海の良さは「狭い地域になんでも揃っている」ことでもありますが、さらに日本各地からの交通アクセスの良さ、日帰りでも楽しめる充実した設備の豊富さ、それとさらに隠れた特徴として「ペットを連れて行ける施設が多い」という事があります。

もちろん全ての施設ではありませんが、例えば展望台や様々な展示・アトラクションが楽しめる熱海城では、リードを付けていれば犬と同伴で入れます。

そしてホテルも「ペットと宿泊OK」の施設がたくさんあります。しかも「ペット用お風呂」まで完備しているホテルまであるのです。

最近でこそ、いろいろな観光地で「ペットがOKの宿」は増えてきてはいますが、なんと(2017年現在)創業206年の「古屋旅館」という老舗までもが対応しています。

古屋旅館
老舗の古屋旅館でもペット可 参照:古谷旅館HP


 

他の温泉地に比べると、レストランの「ペット同伴OK」も多く、近年の熱海はますます「なんでも出来る観光地」になって来て嬉しい限りです。

自然も存分親しめる熱海

熱海は、自然に親しむ楽しさももちろん満載です。

●熱海梅園梅まつり

熱海梅園梅まつり
熱海梅園梅まつり


まず有名な梅園ですが、日本一早い梅の開花と言われていて1月上旬から3月上旬まで梅の花を楽しめます
この期間は「熱海梅園梅まつり」が開催されて特設の足湯やお土産屋さんも並びます。今年2017年は第73回の開催となって、期間は2017年1月7日(土)~3月5日(日) となっています。

梅園へは熱海駅からバスで15分、電車ならばJR伊東線で熱海から一駅の来宮駅下車で徒歩10分という近さです。梅が終わったあとでも、園内には400年前の韓国の庭園を再現した「韓国庭園」、熱海市出身の彫刻家・澤田政廣(さわだせいこう) の作品を集めた美術館「澤田政廣記念美術館 」もあり庭園散策と共に熱海の一時を楽しめます。

 

●なつかしいみかん狩り

熱海でミカン狩り
熱海でミカン狩り


また熱海は温暖な気候、海まで迫った急な斜面を利用してみかんの栽培も盛んなので10~12月には「みかん狩り」を体験できます。
もちろん浜辺で何も考えずにのんびりと海を見つめて時が経つのを忘れるというのもいいですね。熱海は狭い温泉街でありながらこのように自然に触れる旅も楽しめるのです。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 【箱根】東京近郊からバスだけで行く箱根バス旅のすすめ

※ 【箱根】おすすめ食べ歩きグルメスポットで美味しいものが食べた~い。

生まれ変わった熱海はお客様本位

昔からの熱海を知る人にとっては「値段が高い」とか「温泉や食事は良くても一方的に提供されるだけ」と、ちょっと敷居の高さをお感じの方も多いかと思います。
確かにそういう側面はあったと思います。でも今の熱海は完全に「お客様本位」に生まれ変わったと言って良いでしょう。

「ペット同伴OK」もそうですが、一部のホテルだけではなくて街全体で「お客様を歓迎しよう」というムードが溢れていて、老舗ホテルもサービス内容を以前より良くしながら料金は抑えるというプランも多くなってきています。

この10数年で本当に変わりました。誰がいつ行っても歓迎してくれる街になったように感じます。

 

東京駅から新幹線で僅か40分。
ちょっと週末にでも行ってみたくなる熱海でした。

 

「日本の温泉めぐり」に関する記事の一覧はこちら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

 

関連記事

 

おすすめアイテム