このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

箱根ドライブ
 

箱根のグルメや観光スポットは結構書いてきましたが、今回は車で行く場合に特化してまとめてみます。

(関連記事)この記事を読んだ方にはこちらもオススメです。

しまった!バッテリーが上がってしまったなんて時はどうする?

※ 行楽シーズンの高速道路でガス欠で困った・・・対処法を教えて!

道路のアクセスも良い箱根

箱根は、東京からなら電車でも高速バスでも便利です。
家族連れや比較的大人数で行きたい場合、小さなお子さん連れの場合などは、車でおでかけするのもグッド!

箱根は東名高速、小田原厚木道路、西湘バイパスなど複数の高速道路を利用出来るのでどこからでもアクセスが便利です。

 

車で箱根に入るルート

一般的には次のルートがメジャーです。
  • 小田原厚木道路や西湘バイパスからは箱根口ICで降り、国道1号線で箱根湯本や宮ノ下方面にむかう
  • 東名高速道路ならば御殿場ICから138号線(乙女道路)で仙石原方面へ抜ける
    ⇒138号線経由は険しい峠越えがありますので冬季は凍結の危険があります。冬は避けた方がよいかもしれません。
東京、横浜などからであれば東名高速厚木JCT~小田原厚木道路の利用が時間的にも渋滞回避でもよいルートといえます。
伊豆スカイライン、県道20号線を使って中伊豆、南伊豆方面からの行き来も出来ます。

 

箱根の駐車場事情はどうかというと

国内を代表する観光地だけあって、さすが駐車場はあちこちにあります。ただし、芦ノ湖畔や大涌谷など一部地域を除くと自由に駐車できるとは限りません。

特に箱根湯本から強羅付近まではずっと山の登坂ですので、お店やホテルなどの駐車場以外は自由に駐車する事の出来る場所は少なく、お店の駐車場も数台程度しか停められないところが多いのです。

よって、芦ノ湖畔以外はトイレの有無なども含めて、お子さん同伴の場合は特に、事前に「どこに寄るか」を調べておいた方がいいです。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 箱根日帰りで旅行におすすめ温泉宿!貸切&ロングステイで充実プラン

美味しいものと自然を楽しみながらの観光ルートがおすすめ

まずは箱根湯本で食べ歩きを楽しみましょう。箱根口ICから箱根湯本の中心街までは約2.5km、ここで車を停めるといいです。箱根湯本での駐車場は、早川沿い駅手前の「箱根臨時観光客駐車場」が一番大きい公共駐車場です。(湯本観光駐車場 (西)、湯本観光駐車場 (東))それぞれ駐車料金は最初の1時間で400円程度です。


 

他には、箱根湯本駅を過ぎて国道1号線沿いの横浜銀行まで約350mほどの区間に、小さなコインパーキングがいくつかあります。なお箱根新道や旧東海道の県道732号線沿いにはコインパーキングや無料駐車場はありませんので、注意した方がいいです。

箱根湯本は、箱根で最大規模の商店街を抱えるとは言え、駐車場は少ないので、行くのであれば午前中のなるべく早い時間に行くようにした方がいいです。

 

食べ歩き情報

観光地と言えば、食べ歩きです(笑)。

箱根湯本では駅前付近を中心に数多くのお土産屋さんが並び、食べ歩きに最適なB級グルメがたくさん売られています。例えば 「菊川商店のカステラ焼 箱根まんじゅう」「みのや吉兵衛 の塩辛コロッケ」「みのや吉兵衛 の小田原ドッグ(アメリカンドッグ)」、「箱根焙煎珈琲の珈琲牛乳ソフト」など数えきれません。

 

古きよき湯治場風情を楽しむ

食べ歩きを堪能したら国道1号線を箱根登山鉄道に沿って山を登って行きましょう。
箱根湯本駅から1.2kmほど進んだ左手に「塔之沢上湯大衆温泉」があります。まるで時代に取り残されたような建物に驚きますが昔の湯治場を忍ぶことが出来ること間違いなし。
まるでタイムスリップしてしまったかのような、ひなびた感、なんとも懐かしい雰囲気に浸れます。

そしてさらに3kmほど登っていくと大平台の温泉街に着きます。ここは宿も多いですし、「姫之湯」という風情溢れる銭湯もあります。
箱根らしからぬ静かな温泉街ですので静寂を求める方には宿泊もおすすめです。

参照:箱根 姫之湯 HP


 

大平台から1.8km先には宮ノ下温泉街、さらに国道1号線経由で2.7km先に彫刻の森美術館がありますし、ここまで来れば小涌園へも1kmほどですので、ここから先は観光スポットにことかきません。

すぐ先の強羅はホテルはもちろん多くの商店がありますので、ここで昼食をとったり一休みするのもよいでしょう。但し強羅はコインパーキングなど公共駐車場が殆どありませんので食事がてらにお店の駐車場を使う事になります。

 

強羅からは大涌谷方面へドライブ

強羅からはケーブルカー沿いに走り県道734号線~大涌谷~県道735号線を通って芦ノ湖湖畔の桃源台や湖尻に着きます。大涌谷はぜひ寄り道をして大地から硫黄の煙が噴き出す絶景と名物の黒たまごを食べてくださいね。

芦ノ湖では桃源台から観光船に乗っても良いですし湖の東側を南下して関所跡に向うのもいいですね。

芦ノ湖は車で1周出来ますので、ドライブを楽しんで帰りは国道138号線で御殿場に抜けて東名高速で帰るというルートも選べます。

 

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 【箱根】東京近郊からバスだけで行く箱根バス旅のすすめ

レンタカーを借りるのも便利

箱根では車の移動が楽なんだけど家から往復するのは疲れる、帰りの渋滞が嫌だ、という人はレンタカーもおすすめします。
箱根湯本には数件のレンタカー店がありますので、往復は小田急で現地はレンタカーでというのも楽ですね。
御殿場の駅前にもレンタカー店があります。週末の東名高速上り線は酷い渋滞が多いのであえて現地ではレンタカーというのも賢いと思います。

以上、車で箱根を楽しむときのおすすめ観光地ルートでした。

 

「日本の温泉めぐり」に関する記事の一覧はこちら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

 

関連記事

 

おすすめアイテム