このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

箱根で素泊まりOKの宿
 

こんにちは、管理人のchikiです。

旅先では、地元民御用達のお店を開拓したり、地元の方と交流したりするのも楽しいことの一つ。

でも、地元のお店で食事するには、宿に泊まれない・・・そう思っているあなた、そんなことありませんよ^^

 

箱根と言えば敷居が高いけど、素泊まりできるの・・・?

できます。あります、素泊まりの宿。

箱根の宿は、全体的なイメージとして、「ちょっと敷居が高いよな~」と言う方実際多いと思うんですよね。しかも、ちょっとリーズナブルな宿だったりすると、箱根らしい食事でもなく、なんだか箱根にいるのかどうかも分からないバイキングだったりして。

もちろん、バイキングもいろいろなものが食べられてよいのですが、もしも箱根っぽい気分になりたければ、地本の食事をたべて、宿泊だけするという素泊まりプランがおすすめです。素泊まりの宿は、実は箱根でもあるんですよね。

今日はちょっとだけ、素泊まり宿をご紹介します。

レッツ素泊まらーです!

箱根で素泊まりできる宿はここだ

 

温泉付ゲストハウスHAKONETENT

強羅駅から徒歩2分という便利な場所にも拘わらず、24時間入浴可能なかけ流しのヒノキのお風呂があります。1人でも泊まれるプラン、自炊も可能という箱根ではちょっと珍しい宿です。強羅周辺はお店も多いので、外食して宿へいくにはとっても便利。

 

弥千代旅館

箱根登山鉄道の大平台駅から徒歩3分、または小田原厚木道路の箱根口ICから15分の場所です。ここは本格的な和風旅館で貸し切り無料の露店風呂が入れて、相模湾で捕れた魚を握った本格的な寿司なども楽しめる旅館なのですが、なんと素泊まりプランも用意されています。
「素泊まりだって、宿は本格的なところに泊まりたい」という方にはピッタリだと思います。

 

箱根 四季の家

すすきで有名な仙石原にあります。この宿は部屋が4つの和室しかありません。でも、かけ流しのお風呂、大きな開放的な窓のレストランなど設備は充実していて清潔感に溢れた宿です。
慌ただしくなく心底ゆっくりしたいという方には最適。

素泊まりプランにして食事は仙石原周辺または芦ノ湖の桃源台で湖を眺めながらという醍醐味を味わう事も出来ます。

 

ホテル明日香

小田原からすぐの箱根湯本駅から徒歩7分(無料送迎もあり)という便利な場所にあります。
小田原厚木道路の箱根口ICからも2kmという近さ。交通が大変に便利ですので中継的な使い方も出来ます。
多彩な大浴場、露天風呂、貸し切り風呂、岩盤浴や種類が豊富で豪華なバイキングも楽しめます。素泊まりのほか朝食だけプランもあるので、夜は外食、朝は宿で食事をという方にもおすすめ。

 

以上、素泊まりOKの宿でした。この他にも箱根は素泊まりプランを用意している歴史あるホテルや旅館がけっこう多くあります。食事は地本の人が楽しむお店で、お風呂はかけ流しの大浴場で、というのもいいもんですよ。

アクセスがいいので箱根日帰りのもできるのがいい

箱根と言えば、関東や関西圏からはとにかく交通アクセスが良いので、日帰りでも存分に楽しめます。

アクセスの仕方ですが、仮に車をお持ちの方でも出来れば電車で行くことをおすすめします。理由はいくつかありますが、主には以下の点です。

 

~~箱根に行くには電車がおすすめな理由~~
  • 渋滞に関係なく短時間で現地まで来れること
  • 日本一急な勾配と3か所もあるスイッチバックがある箱根登山鉄道に乗れること
  • 大涌谷や芦ノ湖を見下ろす風景が楽しめるロープウェイが利用しやすい
●車で出かけると・・・特に週末や連休中は、小田原から箱根方面の道路は激しく渋滞することが多いので、時間帯によってはある程度の覚悟が必要です。

●その点電車なら・・・東京駅から小田原までは東海道線の普通または快速列車で1時間20分前後、特急踊り子で1時間、新幹線で35分です。新宿からは小田急ロマンスカーで箱根湯本まで90分で行くことが出来ます。小田原から箱根湯本までは普通列車でも15分の距離ですので、どちらを使っても比較的短時間で行くことができます。渋滞もなく、時間通りです。

●高速バスの併用も・・・新宿からは芦ノ湖界隈を通る高速バスもありますので行きは電車で小田原から入り、帰りは芦ノ湖で遊んだ後にそのままバスで帰るということも出来ます。バスなら自分で運転するわけではないので、寝てられますし(笑)それに、このルートだと効率よく観光地を回れますし移動時間が短く出来るので疲労も少ないと思います。

●名古屋方面からなら・・・新幹線「ひかり」で小田原まで70分、新大阪からは2時間20分程度。車だと東名高速~厚木JCT~小田原厚木道路~箱根口ICというルートか東名高速の御殿場IC~138号線(乙女道路)を通って仙石原方面となります。

★関連記事はこちら

http://chikichiki.top/spot/hakone_bustrip

http://chikichiki.top/spot/hakone_drive

 

ユニークな温泉も多い箱根

日帰り入浴は箱根のいたる所の宿で用意されています。
例えば、前出の小涌谷のユネッサンは大人から子供まで一日中楽しめて家族連れにおすすめです。

足湯も箱根ならではのユニークなものが多く例えば、小涌谷の岡田美術館にある「足湯カフェ」、宮ノ下の「NARAYA CAFE」、箱根湯本の「箱根湯本温泉かっぱ天国」などでコーヒーや食事を楽しみつつ足湯も楽しむことができます。ちょっと変わったところだと、彫刻の森美術館内では野外彫刻を眺めながら足湯を楽しむこともできます。

★関連記事はこちら

http://chikichiki.top/spot/hakone_17yuranking

 

以上、箱根で素泊まりをするなら情報でした。

 

「日本の温泉めぐり」に関する記事の一覧はこちら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

 

関連記事

 

おすすめアイテム