このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

公式サイトでは胃痛・胃酸過多・胃炎に効果があると謳っている、医薬部外品のイツラック。
「ストレスからくる胃の痛みの悩みから解放された」
といった口コミも見受けられますが、医薬品の方が治りそうな気がしません?

薬局で見かけないイツラック、何でできてるの?

食べすぎ・飲み過ぎ、ストレスなどから来る胃痛や胃の不快感。

忙しい日々のなか生活サイクルが不規則になりがちで、必然的に食事のタイミングや回数もばらついたり夜遅くなってしまったり。

外食やコンビニのお弁当などが多くなり、最近は体に優しいものも増えたとはいえやっぱり揚げ物など脂っこいものが多いのも悩みのタネ。

ストレス発散!美味しいものを食べよう!と思ったはずが、結果的には胃痛や胃の不調として返ってきてしまう悪循環。

あるある・・・と思った方、多いのではないでしょうか。

そんな原因からくる胃痛や胃の不調といった症状を抑えてくれるというイツラック。
医薬部外品だといいますが、一体何でできている薬なのでしょう。

イツラックは漢方の考え方でできている

イツラックに配合されているのは3つの生薬。
ケイヒ、ウイキョウ、チョウジという生薬はそれぞれ健胃作用など胃の痛みや不快感に効果があるとされる生薬で、漢方薬でもよく使われているもの。

市販薬や処方薬などの胃の薬はさまざまありますが、実は治しているようでいて体への負担が大きいんですよね。
即効性はあるものの、慢性的な胃の悩みを抱えている人にとってはお守りのようにもなってしまい手放せなくなりがち。

しかし長期間にわたって服用することで、胃を保護する働きが弱まってしまいかえって胃痛が起こりやすくなるという悪循環にも陥っていきます。

イツラックの場合は成分だけでなく考え方の部分が漢方と同じ。
即効性は期待できないものの、ゆっくりと体質や不調の問題になる原因の部分に作用して改善していくタイプの薬です。

効果を得るには飲み続ける必要があるものの、胃の悩みを起こりにくくしていくので、長期的にみると医薬品で症状を抑えるより効果はあると言えそうですね。

じゃあ副作用のリスクはゼロ?と思ったら・・・

指定医薬部外品であるイツラック。
指定医薬部外品ということは、医薬品と違って薬剤師さんのいる薬局などでなくても買えるということ。

医薬品が薬剤師さんがいる薬局でないと買えないのは、それだけ副作用のリスクもあるものだからなんですよね。
第1類に指定されているものなどは、薬剤師さんからの質問に答えたりといったやり取りをしないと買えなかったりします。

そういった制約がない指定医薬部外品であるイツラックは、生薬素材でできているという側面だけでなく、薬機法(旧薬事法)から見ても副作用の心配がないということが言えそうです。

それでいて医薬品と同等の衛生管理・品質管理がされているといいますから、飲み続けることを考えても安心できますね。

かと思うと、副作用の心配はゼロというわけでもないよう。

女性ホルモンであるエストロゲンに作用してしまう可能性があり、、乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症・子宮筋腫といったいわゆる婦人病を抱えている人は服用できないのだそう。

また妊娠中・授乳中の女性や、持病がある人では医師に相談してからと公式サイトでも呼びかけられています。

とはいえ、逆流性食道炎を特集したサイトでも六君子湯や半夏厚朴湯とともに名前が挙がってるイツラック。
特定の条件に当てはまらなければ、市販薬で起こるような副作用の心配はないようです。

イツラックの口コミではどんなことが言われてる?

すぐに解決!というものではない

口コミに多くあるのが、その服用期間による効果の実感。
1~2週間ほどではそれほど大きな違いは感じられず、1カ月ほど飲み続けたころから「以前より頻度やツラさが軽減されたかな?」という感想をもったという人が多いようです。

漢方薬のように飲み続けることで、ゆっくり体質や症状を改善していく薬ですから、この位の期間だとそれほど大きな変化はないんですね。

3カ月、半年・・・と続けて行くことで胃の悩みから解放されたというタイプの反響が多いなか、初めて飲んだ翌日に効果を感じたという人も。
特徴としてはストレス性の慢性的な胃痛などというよりは、飲み会などでの飲みすぎ・食べすぎから胃もたれを起こしやすい人などに多いようです。

漢方薬より飲みやすい小粒がうれしい!

イツラックの飲み方は、1日3回、1回1粒を食前または食間に服用するというもの。

漢方薬で胃の調子を整えていくものはいくつかありますが、顆粒が多いですよね。
そのまま水で飲むものもあれば、六君子湯など病院で出されたときには「お湯で溶いて飲んでください」といわれることも。

漢方薬というだけなら錠剤のものもありますが、そういうものに限って1回4粒など大きな錠剤を飲むハメに・・・。

あれが意外とつらいんですよね・・・!
漢方薬独特のニオイ、味。
それを続けるのかと思うと気が重く、「これがかえってストレスになったりしてね」と冗談のつもりで言った瞬間にちょっと微妙なキモチに(笑)。

その点でイツラック愛用者の口コミとして評価されているのが、その粒の小ささ。

続けるものだけに飲みやすさにこだわったというだけあって、イツラックの口コミでは効果もさることながら、粒が小さく飲みやすいことで続けやすいという声が目立ちました。


 
「二日酔いと肝臓に効くサプリメント」の記事一覧はこちら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

 

関連記事

 

おすすめアイテム