「飲んでおくと、飲み会の翌朝もシャキッと起きられる」
「毎日飲んでいると、朝からどころか昼からも元気」

2017年2月の販売元の調査では99.2%が効果を実感していると回答したというゲンキウコン
実際の口コミ、そんなに効果はあるんでしょうか?

口コミは口コミでもゲンキウコンは「リアルの口コミ」で評判?!

「飲み会の前に」ともはや当たり前になったウコン。
一言でウコンと言っても、さまざまなサプリやコンビニなどでも買えるドリンクがありますよね。

この、ゲンキウコンもそんなウコンの効果が期待できるサプリのひとつ。
その特徴は、口コミ。

口コミは口コミでも、その内容に特徴があり、同僚や友人からのリアルな口コミが多いことにもあります。

リアルな友人・知人から広まるゲンキウコンの効果

”以前知り合いに同じものを頂き、すごい効果だったので、続けようと自分で購入しました!”
”色々なウコンを飲んできましたが、これはすごいです!”

引用 楽天市場

 

口コミは口コミでも、ネットで評判が良いというよりは、同僚や友人からといったリアルな口コミが多い印象のあるゲンキウコン

口コミって、顔の見えない赤の他人の口コミよりも、実際に身近な人の口コミの方が信憑性が高いですよね。そのため、身近な人の口コミの良さで、実際に自分も試してみようという人が多いのです。

そんなネットの口コミを見ていると、ゲンキウコンが1回分ずつ分包になっているためか、知人に「あげた」とか「もらった」という話がチラホラ。人から1包もらって飲んだら翌朝がすごく楽だった、といったことがキッカケになって飲み始めたという人も多くいます。

そうして飲み始めて自分でも効果を実感しているという声は多く、さすが販売元の調査とはいえ、2017年の調査では99.2%の方が効果を実感したという声があがるわけですね。


”いつもより飲み過ぎたわりに翌朝の目覚めもよく、ほとんど二日酔いもありませんでした。”
”3件目も目がパッチリで酔った感じがしませんでした。”

引用「楽天市場

 

3件目ってちょっと飲みすぎでは・・・(笑)。
と、言いたくなってしまいますが、営業さんなど職種や立場によってはあるんですよね・・・仕事の付き合いで3軒め、という飲み会。

そんな旦那さんを心配して、見かねた奥様が買ってみてくれたのを飲み始めてすっかり習慣にという口コミも。

ゲンキウコンには美容やアンチエイジング効果もある?

そのほかにも男性だけでなく、美容やアンチエイジングに高感度な女性たちからも支持されているのがゲンキウコン

ウコンは英語でターメリック。カレーに入っている主要なスパイスと言えば分かりやすいですね。カレーの独特の色はウコンの色なのです。

そのウコンに含まれる成分として最も注目されているのがクルクミン

クルクミンはポリフェーノールの一種で、ポリフェーノールと言えば、抗酸化作用が強いことで有名です。

身体の酸化は、身体をさび付かせてしまうこと、つまり老化や病気に影響があると言われています。

そのため、抗酸化作用のある食品を摂取することはあらゆる効果があると言われ、体内の健康化が進むことで肌表面への良い影響が表れると言われています。

この辺りの効果は後ほどまたご紹介しますね。

クルクミン自体が肝機能のサポートをしてくれるだけでなく、コレステロールや便通、さらには美肌にも良い、ダイエットにも効果的・・・など、そのさまざまな効果がテレビ番組などに取り上げられることもありますね。

そんなところからウコンのサプリやドリンク自体の人気もあるなか、これほど効果アリという声の多いゲンキウコン。

数あるウコン系サプリメントの中でも、それほどの効果があるのは、どうしてなんでしょう?

口コミで評判のゲンキウコンの効果はどうして?

”今まで飲んでいたウコンより数段上の商品だと実感”

引用「amazon

という、既に別のウコンサプリを使用していた経験がある人からもその効果に評判の高いゲンキウコン

そんな違いが出る理由はどこにあるんでしょうか。

ゲンキウコンに使用されているクスリウコンは別格

ウコンが良いとされるポイントである「クルクミン」という成分。
ポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用をもつことで知られていることはすでにご紹介しましたね。

その「クルクミン」を含むウコン、実は確認されているだけでも50種類以上もあるのだそう。
春ウコン、秋ウコンなんてときどき耳にしたことありませんか?

その中の一つに、「クスリウコン」というものがあります。
「クスリウコン」は、その春ウコンの71倍、秋ウコンの14倍ものクルクミン含有量をもつのです。

ゲンキウコンは、この「クスリウコン」を使用していて、1日分あたりのクルクミン配合量がリニューアルで120%増量され70mgに。
この配合量の多さが、ゲンキウコンの効果が高いという実感や評判に繋がっているんですね。

ちなみに、クルクミン30mgでカレーライス5杯分と言われていますので、その含有量の多さが分かると思います。

「クスリウコン」は活性酸素もやっつける

年齢とともに増えてきてしまうという活性酸素。
活性酸素が正常な細胞に悪影響を及ぼし、体の老化を進めてしまうというのは最近ではよく知られているところ。

「クスリウコン」に含まれるクルクミンは、ポリフェノールの一種だけに、この活性酸素をやっつけるという働きもあるんです

ゲンキウコンが体の衰えを感じ始めた世代だけでなく、美肌に気を使う若い女性にも支持されているのには、そんな理由もあります。

活性酸素は悪者?

最近では、「活性酸素を減らす」、「酸化ストレスをなくす」と言った言葉があるように、すっかり悪者扱いされている活性酸素。

しかし実は適量が発生しているだけなら、免疫の維持に役立つ物質ではあるんですよね。

その強い殺菌効果がウィルスなどから身体を守り、代謝の制御を行っています。つまり、活性酸素があるから私たちの身体は正常に動いているとも言えるのです。

しかし問題はこれが増えすぎてしまった状態の時。身体のために使われても残ってしまった活性酸素は、細胞への傷害を与えてしまうんです。

現代生活は活性酸素が増えやすい

増えすぎが良くないという活性酸素ですが、どのような時に増えてしまうのでしょうか?

活性酸素は、加齢や日々の飲み過ぎ、生活習慣の悪化でより増えてしまう傾向があると言われています。

【活性酸素が増える原因】
  • 加齢
  • ストレス
  • 紫外線
  • 大気汚染
  • タバコ
  • 飲みすぎ
  • など
健康のためと思ってしている運動も、過度にしすぎてしまうと身体を酸化させることになるといいます。

こうして活性酸素が増えすぎてしまうと、老化だけでなく、肝臓を始めとした体内でさまざま行われている分解や代謝といった処理に支障がでて、疲労が残ったり蓄積されてしまう原因にもなるんです。

仕事のストレスで飲みすぎ・タバコの吸いすぎになって、さらに暴飲暴食で活性酸素が増量という、なんとも悪循環ですね・・・。

活性酸素対策として抗酸化作用を持つ食品を多く摂ることがGood

活性酸素は、エネルギーを生み出す過程でどうしても発生してしまうものであり、その発生自体を完全に防ぐことはできません。

そこでできる対策はといえば、発生してしまった活性酸素をやっつけるということ

ゲンキウコンには、その抗酸化作用を持つクルクミンが多く含まれているということから、二日酔い防止だけでなく毎日の元気もサポートしてくれるんですね。

身体にたまった余分な脂を出してくれるゲンキウコン効果

コレステロールが気になる、という人は多いですよね。

LDLという悪玉コレステロールは、活性酸素の攻撃を受けることによって体内で酸化LDLという物質に変化します。

これには白血球であるマクロファージが対策をしているわけですが、その処理能力にも限界があります。

処理しきれなくなるとは泡沫細胞となり死んでしまいますが、ここからがさらに問題です。

泡沫細胞はお粥のようなドロドロとした状態になり、血管壁に張り付いて血管が狭くなり動脈硬化を進ませる原因になります。

それを防ぐポイントのひとつは「抗酸化」ですが、クルクミンには抗酸化作用だけでなく、胆汁の分泌を促す効果があることがさらなるメリットとしてあります。

胆汁には脂肪を乳化して消化酵素の働きを助ける働きがあり、脂肪の消化吸収だけでなく、肝臓の解毒作用と合わせて老廃物を排泄する働きも持っています。

気になるコレステロールもまた、最終的には肝臓から胆汁を介して体外へ排泄されるもの。

つまり胆汁が必要なだけしっかりと分泌されているということは、肝臓の機能を助けるだけでなくコレステロール対策としても必要ということなんです。

「肉や脂っこいものが好きだったけれど、食べた後の胸やけや吐き気が気になりだしてこれまでは控えていた。でも、ゲンキウコンを飲むようになってその心配がなくなった」、などの口コミがあって不思議に思っていたのですが、それにはこういう理由があったからなんですね。

ゲンキウコンと他のウコンサプリとの違いは?

主成分がクスリウコンだけというシンプルさ

サプリメントには、複数の素材の良さを掛け合わせて効果アリとしているものも多くあります。

しかしゲンキウコンで特徴的なのは、主成分がクスリウコンだけというシンプルさにあります

あまりにシンプルだと、さまざまなものを添加して「あれにもこれにも効きます!」と謳っている商品の方が良いんじゃないの?という気もしますが、どうなのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

その成分摂りすぎてない?過剰摂取のリスク

様々なサプリメントの特徴として、主成分以外にもビタミン類などさまざまなものが添加されていることがありなす。
そうしたサプリには、そのぶん過剰摂取の心配も。

それ単体では問題はなくても、他のサプリと飲み合わせた場合に、栄養素の過剰摂取となってしまうことがあるんですね。

一見単なる栄養素なので何の心配もないような気がするビタミンやミネラルでも、欠乏症があるのと反対に、過剰症もあります。
過剰症になれば、下痢や吐き気といった胃腸のトラブルや湿疹がでたりと意外と厄介です。

そこでこれだけ成分がシンプルなゲンキウコンならどうかというと、ほかのサプリとの飲み合わせの心配がありませんから、ほかに必要だと感じているサプリがあったり、既に飲み続けているサプリメントにゲンキウコンを追加しても、気軽に飲むことができます。

ゲンキウコンだけでいいというのが楽ちん

何よりも、ゲンキウコンにたっぷり入ったクルクミン、これだけでもかなりの効果が望めることはすでにご紹介した通りです。

アルコールの分解を助けて二日酔い防止になるだけでなく、活性酸素をやっつける効果、余分な脂・コレステロールの排出を助けてくれる効果もありますから、肝臓や肝機能のサポートという理由で飲むなら、実はこれひとつでもかなりカバーできてしまいます。

実はお酒を飲まない人も、デイリーの健康維持サプリメントとして効果の高いのが、ゲンキウコンだったんですね。

始めやすい!初回限定72%offのキャンペーンは、こちらの公式サイトから申し込めます。

 

それだけの効果が高いと副作用が心配という人へ

効果がある、よく効く、といわれるほど、期待は高まりつつも心配になるのが副作用。。

ゲンキウコンの場合は副作用を心配するような成分といっても、そのシンプルさゆえ見るところといえばクルクミンくらいですよね。
そのクルクミン自体には副作用はないといわれています。

ただし注意が必要なのは過剰摂取。

ほかのサプリとの飲み合わせによるビタミンやミネラルの過剰症の心配はないとはいえ、クルクミンそれ自体の過剰症の心配はありますよね。しかもゲンキウコンは、そのクルクミンの量の多さがウリなんですから、クルクミンを過剰摂取した場合の悪影響ってホントにないのか、調べてみました。

クルクミンの過剰症ではどんなことが心配されるかというと、赤血球数の低下が起こる可能性があるということ。

また血液をサラサラにしてくれる効果があるために、血栓予防の薬を飲んでいる人などでは過剰摂取となればケガをしたときに血が止まりにくくなってしまう可能性もあります。

じゃあ過剰摂取になる量の目安はというと、1日あたりで150mg~180mgまでなら問題はないとされていますので、この量を超えると危険ですよ、ということですね。

そこでゲンキウコンに含まれるクルクミンの量はどの位かというと、1日ぶん5粒に含まれるその量は70mg。
決められた量を守るに越したことはありませんが、多少多めに飲んでしまっても、めったな量ではこの一日あたり目安となる量を超えないと思いますので、まあ安心して大丈夫だと思います。

「ゲンキウコンが好きだ―!たっぷり飲みたい!」という人がいれば話は別ですが、嗜好品ではないので、大丈夫でしょうね(笑)

ゲンキウコンは錠剤かつ個包装の手軽さがうれしい!

二日酔い防止のサプリメントと言えば、ドリンクのものもたくさんありますね。

管理人も、飲み会前にコンビニ前でプシュッとドリンクの蓋を開けている男子を見かけたことがあります。

しかしドリンク、携帯するにはあまりに不向きです。それに、女性だとビジュアル的にも人前ではあのドリンクを飲みにくいというのもありますよね。

また、ドリンクはウコン特有のニオイが気になって・・・という人も多いです。

ゲンキウコンの場合は錠剤ですから、ニオイが気になってウコンのドリンクが苦手という人でも抵抗なく飲めている人が多いようです

さらに錠剤が1回ぶんずつ個包装になっているというのも、実は人気が高いポイントのひとつなんです

飲み方は人それぞれですが、特に飲み会の前や後にだけ飲むことにしているという人にとっては便利ですよね。
お財布や鞄の中に予備としていれておけば、急な飲み会などのいざというときでもサッと取り出して飲むことができます。

瓶に入っていたり、パウチの袋に入っているけれど1回ぶんずつの個包装にはなっていないという商品だと、持ち歩きにくさや飲む度に錠剤の数を数えなければいけないというのがちょっと面倒くさいなーなんて。

そういったことがないゲンキウコンの手軽さは助かります。

しかし個包装の良いところはもうひとつあります。

サプリを飲む、ということが既に習慣になっている人ではあまりその心配はないのですが、もともとサプリを飲む習慣がない人にとって心配なのは「飲み忘れ」。

家を出てから「あ、今朝のみ忘れちゃった!」なんてこと、あります、あります。

そして、1回2回と飲み忘れるうちに、そもそもサプリを飲むということ自体が習慣として身につかず、続かなくなってしまうんですよね。

しかし個包装になっているゲンキウコンなら、予備を持ち歩いたり、会社のデスクに置いておくのにも便利です。

あっ飲み忘れた!という日があっても、思い出したときに手元にあればすぐ飲めますよね。

 

肝臓の機能をサポートして日々の疲れも撃退

お酒を飲む前に・・・というのが定番化しつつあるウコン。
そのウコンの効果は、肝臓の機能をサポートするところにあります。

「とりあえず生!」ビール、中瓶1本ぶんを分解するのに4時間ほどもかかるといわれています。
そのアルコールを分解しているのが肝臓なわけですが、実は肝臓が分解しているのはアルコールだけではないんですよね。

肝臓はいわば「体の解毒器官」。
痛みを出したりといった文句もいわず、アルコールだけではないさまざまな毒素を肝臓が日々黙々と分解しています。

この肝臓の機能が弱っていくと、分解しきれなかった毒素は体の中に溜まっていき、さまざまな不調を引き起こすことに。

別に飲んだ翌朝ってわけじゃないのに、だるさや寝てもとれない疲れなどは、解毒しきれていない毒素が体にたまっていってしまうために起こってしまうのです。

その肝臓の機能をサポートするクルクミンを多く含むゲンキウコンは、お酒の前だけでなく、毎日の元気をサポートするサプリメントとしても愛用している人の多いサプリ。

肝臓の機能をサポートしてくれることで、悪いサイクルを断ち切る。
ゲンキウコンを毎日の習慣にして愛用しているという口コミには、そんな効果を実感している人も多いようです。

詳しくは公式サイトの情報が参考になるので読んでみてください。

● ゲンキウコンの公式サイト

 

始めやすい!初回限定72%offのキャンペーンは、こちらの公式サイトから申し込めます。

 

他にも、二日酔いと肝臓のケアに役立つサプリメントはたくさんあります。「二日酔いと肝臓に効くサプリメント」の記事の一覧は以下のリンクで。

● 「二日酔いと肝臓に効くサプリメント」の記事一覧


 

関連記事