プラス10cm以上も夢じゃない?!

普段の食事にプラスすることで子どもの成長をサポートするという「トータルアップ」の効果と口コミでの評判はどう?

成長サポートサプリ「トータルアップ」の栄養は?

子どもの成長に必要な栄養をサポートしてくれるというトータルアップ。

親として、子どもの夢や将来を支えたい、そんな気持ちにも応えるトータルアップは、本物志向の方に選ばれていると言われています。

プロテインじゃなくトータルアップを選ぶ理由は?

サッカーのジュニアユースチームなど、プロを目指す厳しさの中で鍛えられる時には、体作りのために食べる量のノルマまであり、それをこなせないと試合に出ることもできないのだとか。

そうした、プロ志向のチームなどでも導入されているのが、このトータルアップなんです。

よく、身体作りをしている大人の場合、プロテインを飲んだりしますよね。

何もスポーツ選手じゃなくても、最近はシックスパックと言って腹筋が割れるくらい身体作りをする人も、食事+プロテインを摂っているいるって聞きます。

じゃあ、育ち盛りの子どもにも、プロテインでいいんじゃないのかな?なんて。

実際、ジュニアプロテインといった名称で販売されているものには、成長に必要と言われているカルシウムなど筋肉だけでなく骨に必要そうな栄養素も入っているようですし、それでも問題はないような気もします。

ただ、プロテインには、時としてデメリットもあるのです。

プロテインのデメリット:添加物や甘味料

一つには、含まれている成分があります。

プロテインには、甘味料や香料などの添加物が入っていることがほとんどです。

プロテインは、水や牛乳、ジュースなどに溶かして飲みますが、味が苦手で続かないなどがあり、おいしい味付けになっていたります。

売り場やネットで見ても、ココア味など、おいしそうなパッケージが並んでいますよね。

食事と一緒に考えて栄養バランスをとる必要がありますが、時にはプロテインのためにカロリー過剰になってしまい、肥満になってしまう可能性も。

プロテインのデメリット:持ち運びや飲むための面倒さ

プロテインは粉末になっていて、飲むたびに牛乳と割ってシェイクして、、、ってめんどくさいですよね。

後片付けもしなくちゃですし、あの容器もジャマだったりして。

いや、子どものためと思えばこそなんですが、ホンネはもっと簡単になったら嬉しいななんて。

それに、試合で遠征の時なんか、子どもに持って行かせるのも難しいので、飲めない日もできてしまいます。

プロテインのデメリット:栄養の偏り

成長期にある子どもの身体作りには、なんといっても栄養バランスは重要ですよね。

ですが、プロテインを飲むことを優先したらお腹いっぱいになってご飯が食べきれないし、反対にご飯をしっかり食べたらプロテインは飲み切らない。

これでは本末転倒です。

プロテインのデメリット:アレルギーや副作用

プロテインはたんぱく質のかたまり。

胃腸が弱っている時、もともと胃腸がそんなに丈夫じゃない、という子どもに飲ませると、たんぱく質の消化がうまくいかず便秘になってしまうこともあります。

牛乳や大豆のたんぱく質が原料となることの多いプロテインは、そもそも牛乳や大豆に対してアレルギー体質であれば、悪化させてしまうケースや、乳糖不耐症であればお腹がゴロゴロしてしまうということも。

また、これはどんな食品でも同じですが、「そればっかり」はアレルギーを引き起こす可能性があります。

プロテインは大人向け、子どもには成長にフォーカスした栄養を

ここまで見てきたように、成長期の子どもにはプロテインはデメリットともなり得ます。

もちろん、スポーツを行っているお子さんは、普通以上にたんぱく質を摂取してあげる必要はあるのですが、成長期が終わった大人と違って成長期にあるお子さんは、それ以外の栄養素も非常に重要となります。

たんぱく質は筋肉などを作るために必要なのですが、成長期には成長ホルモンをたくさん分泌させてあげる事も重要です。プロテインではこの成長ホルモンの分泌は促されないのです。

トータルアップは成長ホルモンの分泌を促す成分を配合した粒タイプのサプリメントです。したがって、飲みやすい、携帯しやすい、アレルギーなどの副作用を起こしにくい、というメリットがあるんですね。

成長ホルモンの分泌促進にアミノ酸が効く

身体の成長や免疫力の向上、疲労回復、血流改善などと、あらゆる身体の働きをサポートするのがアミノ酸。

よく、スポーツをする人がアミノ酸飲料を飲んだりしていますよね、あれは疲労を残さないためでもあります。

また、アミノ酸を摂ることで、成長ホルモンが出ると言うことは、筋肉の超回復を促進してくれるのです。

子どもの成長のカギも、成長ホルモンを上手に分泌させてあげることがコツです。

そのためには、アミノ酸を十分に摂ってあげる事なんです。

アミノ酸は、通常の食事からも摂取することはできるんですが、何分成長期でスポーツをしているとなれば、もっと積極的に取り入れたい栄養素なんです。

それがサプリメントになっているのが、トータルアップなんです。

アミノ酸の種類をカバーすることが大事

トータルアップの公式HPの説明によると、子どもの成長を促すためには、『ドベネックの樽の理論』を知らなければならないです。

これは、「一つのアミノ酸を摂取して何かの働きを求めた場合、『アミノ酸が上手く働くには“他のアミノ酸も必要になってくる”』」という理論なんだそうです。(公式HPより)


ということは、ちょっとの種類のアミノ酸が入っていたとしても、それだけをたっぷり摂ったとしても、穴の開いたバケツに水を灌ぐようなもので、成長ホルモンの分泌は促されないのです。

トータルアップは、各アミノ酸がきちんと働き合うように、17種類ものアミノ酸を配合してあるのです。

トータルアップの効果的な栄養


トータルアップに含まれる成分として、身長や筋肉といった体の成長を考えたときポイントになるのは「アルギニン」と「オルニチン」。

アルギニンは成長ホルモンを増やす効果のある必須アミノ酸の中でも、特に重要なアミノ酸です。

干し湯葉や高野豆腐などにも多く含まれていますし、高野豆腐で子どもの背が伸びるなんて話があるのはこのアルギニンが関係しているんですね。

とはいえ成長に必要なアルギニンの1日の目安量を、たとえば高野豆腐でとろうとすると、1日に食べる量は100gを越えます。
よく5個入りで150円前後でスーパーに並んでいる高野豆腐、あれ全部でも80gほどなんですよね・・・(笑)。

トータルアップにはそのアルギニンのほか、タンパク質の合成を助けるオルニチンも。

子どもの成長にはタンパク質も必要ですが、オルニチンはその合成を助けるだけでなく体に吸収されて最終的にはアルギニンに変化。
オルニチンもまた、成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸です。

必要な栄養自体はとれていても、成長ホルモンが足りなければ伸びていかない子どもの身長。
成長ホルモンの分泌を促すアルギニンなどは積極的にとりたいですね。

トータルアップの副作用は大丈夫?

どうやら期待できそうなトータルアップ、サプリだけに副作用の心配というのは基本的にはないのですが、唯一の心配はアレルギー。

卵・大豆由来の成分が入っているので、それらにアレルギーがある場合には注意が必要です。

その代わり、砂糖・人工甘味料・香料・着色料などは、一切使用されていないということです。

トータルアップ
添加物が極力入っていないということは、原材料として使われていて仕方がなくというもの以外はないということで、副作用を起こす心配はごくわずかということ。

大切な子どもの成長を促すサプリメントだからこそ、より安全で安心な製法を考えられているというのも嬉しいですね。

実際に飲むとどうなの?トータルアップの口コミの評判は?

子どもの大敵!飲みづらさをクリア

大人でもサプリの錠剤やカプセルが大きかったりすると、飲みづらさから続かなかったりしますよね・・・。
トータルアップの場合、どうなのでしょうか。

口コミを見てみると、トータルアップの対象年齢ともいえる中高生や、小学校でも高学年のお子さんでは特に問題なく飲めているようです。
それというのも錠剤は1粒が6mmほどの大きさで、ミントタブレットと同じくらいもしくは少し小さいくらいです。

とはいえ1日に飲む量としての基本量は8粒。

さすがにその大きさと言っても一度に飲むのは大人でも大変。

朝と夜にわけるなど工夫している人もいました。

肝心の伸び、トータルアップの実績は?!

管理人が見かけた口コミで、伸び率最強といえる口コミはこちら。

”中学1年の子供が飲んでいます。飲み始めて6ヶ月経ちましたが、13センチほど身長が高くなりました。

引用「amazon

半年で13cm・・・!

口コミで効果があったとしているものでは、平均的には5cm~10cmほどの効果があったようです。
気になる期間はというと、皆さん半年~1年は試してみているよう。

基本的には栄養を摂る、成長ホルモンを促す、両方が十分になって身長が伸びる、という結果になるので、それなりに続けてみないと結果は分かりません。

はやる気持ちは押さえて、子どもの可能性のために続けてみることが大切なんですね。

詳しくは公式サイトの情報が参考になるので読んでみてくださいね。

トータルアップの始め方


サプリメントってどれもそうなんですけど、どこで買えるの?っていうところからよく分からないことが。

調べてみると、トータルアップはインターネットでのみの販売でドラッグストアなどでは購入することができません。

それではどこで買うのが一番お得なんでしょうか?

公式サイトならまとめ買いがお得

一袋240粒入りので1ヶ月分相当のトータルアップ。定価は9770円です。

1ヶ月1万円弱ということで、本当に子どもの可能性への投資ですね。

公式サイトは、3か月セット、6か月セット、9か月セットというようにまとめ買いができてそれぞれお得なお値段になっています。

先ほども書いたように、子どもの成長サプリは2~3か月で効果が分かるものではないので、初めからしっかりと長期戦であることを見据えてお得に買いだめしたい人は、より長い期間のセットを購入するとお得です。

9か月セットなら、一袋当たり7700円となって約2000円もお得に。

トータルアップ まとめ買い
画像をクリックすると公式サイトへ
 

楽天・Yahoo!ショッピングはお得感はなし

まず、楽天で調べてみたのですが、今のところトータルアップは販売されていませんでした。

Yahoo!ショッピングでは、定価の9770円/一袋でしかも送料も別途かかってしまうので、一袋で買えるのはいいのですが、お得感はありません。

Amazonはお得感はちょっとあるけど公式サイトのまとめ買いには届かず

Amazonを調べてみると、メーカーが販売していましたよ!

しかも1袋単位で8400円となって、定価よりは安いです。

が、公式サイトなら3か月セットで1袋あたり8323円になるので、ここはやっぱり公式サイトでのまとめ買いが一番お得という結果に。

 

お値段も決して「安い」「お手頃」とは言えないトータルアップですが、これだけの効果があるのなら試してみてもという気がしますね。

成長期に欠かせないアミノ酸17種類を高配合!身長促進サプリメント【トータルアップ】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



スポーツに頑張る子供を応援したい!「子供の身長が伸びる成長サプリ」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事