このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

プラス10cm以上も夢じゃない?!
普段の食事にプラスすることで子どもの成長をサポートするという「トータルアップ」の効果と口コミでの評判はどう?

成長サポートサプリ「トータルアップ」の栄養は?

子どもの成長に必要な栄養をサポートしてくれるというトータルアップ。
どちらかといえばアスリートを目指す中高生向けのようにも見えますが・・・。

プロテインなんかじゃダメなの?

サッカーのジュニアユースチームなどでは、体作りのために食べる量のノルマまであり、それをこなせないと試合に出ることもできないのだとか。
そうしたチームなどでも導入されているというトータルアップ。

ジュニアプロテインといった名称で販売されているものには、カルシウムなど筋肉だけでなく骨に必要そうな栄養素も入っているようですし、それでも問題はないような気もします。

そのプロテインではなくトータルアップが取り入れられているのには、含まれている成分や持ち運びなどの手間の問題があるようです。

プロテインは人工甘味料などの添加物が入っていることがまずネックに。
また作って飲んで片づけてという手間がかかるうえ、持ち運びにも不便、場合によってはそれでおなかがいっぱいになってしまって食事がしっかり取れない可能性も。

その点トータルアップであれば無添加で、錠剤のサプリなのでサッと出して飲んでおしまい、食事のジャマにもならないというわけですね。

トータルアップの効果的な栄養と副作用の心配は?

トータルアップに含まれる成分として、身長や筋肉といった体の成長を考えたときポイントになるのは「アルギニン」と「オルニチン」。

アルギニンは成長ホルモンを増やす効果のあるアミノ酸。

干し湯葉や高野豆腐などにも多く含まれていますし、高野豆腐で子どもの背が伸びるなんて話があるのはこのアルギニンが関係しているんですね。

とはいえ成長に必要なアルギニンの1日の目安量を、たとえば高野豆腐でとろうとすると、1日に食べる量は100gを越えます。
よく5個入りで150円前後でスーパーに並んでいる高野豆腐、あれ全部でも80gほどなんですよね・・・(笑)。

トータルアップにはそのアルギニンのほか、タンパク質の合成を助けるオルニチンも。

子どもの成長にはタンパク質も必要ですが、オルニチンはその合成を助けるだけでなく体に吸収されて最終的にはアルギニンに変化。
オルニチンもまた、成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸です。

必要な栄養自体はとれていても、成長ホルモンが足りなければ伸びていかない子どもの身長。
成長ホルモンの分泌を促すアルギニンなどは積極的にとりたいですね。

どうやら期待できそうなトータルアップ、サプリだけに副作用の心配というのは基本的にはないのですが、唯一の心配はアレルギー。
卵・大豆由来の成分が入っているので、それらにアレルギーがある場合には注意が必要です。

実際に飲むとどうなの?口コミの評判は?

飲みづらさは大敵!

大人でもサプリの錠剤やカプセルが大きかったりすると、飲みづらさから続かなかったりしますよね・・・。
トータルアップの場合、どうなのでしょうか。

口コミを見てみると、トータルアップの対象年齢ともいえる中高生や、小学校でも高学年のお子さんでは特に問題なく飲めているようです。
それというのも錠剤は1粒が6mmほどの大きさで、ミントタブレットと同じくらいもしくは少し小さいくらいです。

とはいえ1日の量が8粒。
さすがにその大きさと言っても・・・と思うところですが、朝と夜にわけるなど工夫している人もいました。

肝心の伸び、実績は?!

管理人が見かけた口コミで、伸び率最強といえる口コミはこちら。

”中学1年の子供が飲んでいます。飲み始めて6ヶ月経ちましたが、13センチほど身長が高くなりました。”
引用「amazon

半年で13cm・・・!
口コミで効果があったとしているものでは、平均的には5cm~10cmほどの効果があったようです。
気になる期間はというと、皆さん半年~1年は試してみているよう。

お値段も決して「安い」「お手頃」とは言えないトータルアップですが、これだけの効果があるのなら試してみてもという気がしますね。

 

「子供の身長が伸びる成長サプリ」に関する記事の一覧はこちら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク


 

おすすめアイテム

 

関連記事