このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


小学校から使ってきたはずの原稿用紙、実は「縦書き」「横書き」の2種類があり、使い方にも違いがあるんです!
「句読点」に「かっこ」、「数字」や「記号」。
正しいルール、分かりますか?

原稿用紙の正しい使い方、縦書きと横書きのルールの違いをまとめてみました!


他にも、原稿用紙の書き方|横書きと縦書きに関する記事はいろいろあります!
まずは、しっかりと情報収集してみてはいかがでしょうか?

※ 「原稿用紙の書き方|横書きと縦書き」の記事一覧はこちらから

原稿用紙と言えば「縦書き」じゃないの?!

学校の作文や読書感想文といえば、「400字詰め縦書き原稿用紙」だったという人がほとんどなのでは?

しかし原稿用紙には実は「縦書き」だけでなく「横書き」というものも。
入試や就活で論文などの課題が出たとき、横書き原稿用紙を指定されたり、配布された用紙が横書き原稿用紙だった・・・!という状況に遭遇することがあります。

原稿用紙は原稿用紙、縦書きでも横書きでもルールは一緒じゃないの?!
・・・と思ったら、実際のところは「だいたい一緒」。
そう、「だいたい」なんです。

細かいところで微妙に違う、原稿用紙の正しい使い方。
縦書きと横書きではどこが違うのでしょうか?!

原稿用紙の使い方、縦と横ではココが違う!

小論文,書き方,例文
知っているようで知らない・覚えていない原稿用紙の使い方。
代表的なルールごとに、縦書きと横書きでのルールの違いを見てみましょう。

縦書き横書き共通ルール

特徴的な「かっこ」のルール

「かっこ」に関する基本的なルールは
  • 原稿用紙の行末に「開きかっこ」がきてはいけない
  • 原稿用紙の行末に「開きかっこ」がくるときは、開きかっこの前で改行する
  • 原稿用紙の行頭に「閉じかっこ」がきてはいけない
  • 原稿用紙の行頭に「閉じかっこ」がくるときは、欄外に書く
といったものがあります。

また「かぎかっこ」に関しては、句点(。)と閉じかっこ(」)は1マスに収めるというルールもありますが、これらは縦書きでも横書きでも共通です。

英語(アルファベット)の扱い

英語の書き方は1マスに2文字ずつ入れるのが基本となります。
略称などの大文字のみのものは1文字1マス、英単語などで1マスに2文字入れるときに頭文字などの大文字は1マスに1文字とする、といったところも共通しています。

違いがあるとすれば、縦書きの場合は向きの問題で数字と同じように「寝かせる」ということくらいでしょう。


横書きの原稿用紙の基本的なルールについては、こちらの記事で詳しく紹介してますので参考にしてください。

※ 意外と知らない横書き原稿用紙ルール!記号や数字の書き方は?

要注意!縦横で違いがあるルール

句読点と記号のルール

いわゆる「小さいつ」である促音(っ)、「ゃゅょ」の拗音に中点(・)などの記号。
これらは1マスに1文字であったり行頭に持ってこないなど、基本的には同じである、句読点と記号のルール。

縦書きと横書きで違いが出る唯一のポイントは「行末」。
どちらも「行頭に句読点や記号がきてはいけない」というルールがあるのですが、この解決方法に違いが。

縦書きの場合は、収まりきらずに行頭に句読点や記号が来てしまう場合には欄外に書く方法と、最後のマスに含めてしまうという2つの方法どちらでも許容されています。
慣習的には欄外に書く方法が取られることの方が多いようです。

一方、横書きではこの解決方法、2択ではなく1択が基本。
横書きの場合は最後のマスに含めるというのが基本ルールです。

ただし縦書きでも横書きでも、共通する「例外」があります。
入試や就活での論述など、字数制限ありきの場合に欄外や含めるといったルールを適用することで字数オーバーとみなされてしまうことも。
字数制限のあるケースでは、事前に確認しておいた方が良さそうです。

題名と氏名の書き方、段落のはじめ

作文などではかならずつく「題名」。
実際に原稿用紙に書き始めるとき、誰しもが最初に書くであろうこの題名の時点で既に縦書きと横書きの違いが。

縦書きの場合、題名は1行目に行頭2~3マス空けて題名を書くのが一般的。
しかし横書きの場合は2行目に行頭2~3マス空けて書き始めます。

とはいえ、これはバランスの問題に考慮した結果そうなった、というルール。
題名の字数が少ない場合には、縦書きと同じように1行目に書いてもOK。

次の行に書く氏名と、さらにそれ以降につづく本文の段落のはじめの決まりごとは縦でも横でも変わりません。

数字の書き方のルール

縦書きと横書きでは、数字の書き方に関してのルールというより、その優先順位に違いがあります。

縦書きでは数字は漢数字での表記が基本となり、「2017年」など数字が長くなる場合には算用数字を寝かせて1マスに2文字ずつ入れることができます。

しかし横書きの場合は、書き方そのものは一緒でもルールの優先順位が違い、基本は1マスに2文字ずつ入れる算用数字(アラビア数字)。

「八重洲」の「八」など地名に入っている数字であれば必然的に漢数字での表記ですし、考え方としては原稿用紙以外に書いたり入力したりするときと同じなんですね。

パソコンでの文書作成が多い仕事をしている人などは、「横書きは半角英数、縦書きは全角」と覚えるとなじみやすいかもしれませんね。


ここでいったん縦書きの原稿用紙のルールを再度確認しておくのもいいでしょう。こちらの記事で詳しく説明してます。

※ 意外と知らない・忘れてる、縦書き原稿用紙の基本ルール

これっていいの?用途で変わるルール


「原稿用紙に書く」といっても、作文や論文など内容には種類がありますね。
その違いによって、原稿用紙の使い方のルールとしては存在しているけれども使わない方が良いものもあります。

特殊な記号と感嘆符

縦書きと横書きで共通するルールとして、
  • 3点リーダー(…)やダッシュ(―)は必ず2つずつ使う
  • 感嘆符(!)や疑問符(?)の後ろは1マス空ける
というものがあります。

3点リーダーであれば「…」ではなく「……」として使いますし、ダッシュなら「―」ではなく「――」として使用します。
感嘆符や疑問符のあとにも言葉が続くときには、

×「えっ!そうなんだ」
○「えっ! そうなんだ」

というように、1マス空けて続けます。

と、ルールとしては同じなのですが、気をつけるべきはその作文などの原稿用紙に書こうとしているもの。

引用文に使われている場合には原文にある限り問題ありませんが、入試や就活・昇進試験といった状況の小論文などで感嘆符などが安易にでてくるのは考えものです。

「箇条書き」は論文なら使っていこう!

作文と違い、「読みやすさが重要」とされる論文。
主語・述語のねじれや誤字脱字がないか、1行当たりの文字数は・・・と「読みやすさ」について共通したチェックポイントもありますが、論文の読みやすさを作るテクニックのひとつにあるのが「箇条書き」です。

この問題に対しては、Aという選択肢、Bという選択肢、Cという選択肢の3つの選択肢があり・・・

と書かれるよりは、

この問題に対しては3つの選択肢がある。
(1)Aという選択肢
(2)Bという選択肢
(3)Cという選択肢

というほうが、論文としては読みやすさ(=理解しやすさ)が上がります。

箇条書きの頭に使う記号や数字の扱いについては縦書き・横書きそれぞれのルールを守っていればOK。
この例でいえば、「(1)」だけで3マス使うことになりますね。

ただし論文で箇条書きを使うときには
  • 箇条書きを説明する文で「何についての箇条書きなのか」を明確にすること
  • 箇条書きする項目の性質を同じレベルで揃えること
  • 箇条書きにした内容に漏れや重複がないこと
といったことに、よく注意する必要があります。

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

※ 意外と知らない横書き原稿用紙ルール!記号や数字の書き方知ってる?

※ 小論文は例文を学んで書き方を学ぼう

「ほぼ同じ」の「ほぼ」が問題、原稿用紙ルール


原稿用紙の使い方の基本ルールは、縦書きでも横書きでも「ほぼ」同じ。

と、ひとくちに言ってしまうことは簡単なのですが、「ほぼ」はあくまでも「ほぼ」。
ちょっとしたところに違いがあるので、ただでさえ少ない原稿用紙に向かう機会という場合には特に注意が必要です。

特に縦書きの原稿用紙なら自信がある!という人。
油断していると横書き原稿用紙を指定されたときに慌てるハメになりかねませんよ?!


他にも、原稿用紙の書き方|横書きと縦書きに関する記事はいろいろあります!
まずは、しっかりと情報収集してみてはいかがでしょうか?

※ 「原稿用紙の書き方|横書きと縦書き」の記事一覧はこちらから
 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

 

関連記事

 

おすすめアイテム