ランキングとは言っても

はい、今日はですね、羽田空港の国際線ターミナルにあるオススメレストランのランキングを決めてみようと思ったのですが、どこも長所があって、どのポイントを上に見るかでランキングがすぐ変わるのですね。営業時間が長いのがいいのか、飛行機が見えるのがいいのか、子連れOKのファミリー向けがいいのか、はたまたカップル向けがいいのか。空港のレストランはときどき混んでいるので、予約できた方がいいという人もいるでしょう。

とは言うものの、ここは管理人による独断と偏見でランキングを発表したいと思います。

第五位:テイルウィンド

1日の様々なシーンに利用できるレストラン&バー。朝食ブッフェからランチ、スイーツ、アラカルトまで、多彩なメニューを用意するオールデイダイニングです。夜はバーとして様々なお酒も楽しめます。毎日洋食と和食の、1000円のエアラインランチがあります。これが朝食になると一人2500円。朝食はバラエティに富んだものをしっかり食べて欲しいということでしょうか…

営業時間は6:00~25:00。こちらは個室があるので、家族で個室を予約すれば、安心して食事できます。平均予算は夜で¥1,000~¥1,999です。メニュー的には特に変わったものもないのですが、個室ありを評価して、ランクインさせてみました。

第四位:銀座 おぐ羅 羽田国際空港店

「おぐ羅」は銀座に20年続くおでん専門店。その味を羽田空港国際線ターミナルでも味わうことができます。美味しいおでんと美味しいお酒でホッとする時間を過ごせます。利尻昆布と枕崎の鰹からとった出汁が最高に美味しいおでんです。20種類以上が常に並んでおり、味は関西風なのに、具材は関東風。両方の地域を立てているのですね。

営業時間は6:00~25:00(L.O.24:30)で、予約可能です。平均予算は夜¥3,000~¥3,999 です。

第三位:エッセドゥエ 羽田空港店

本格ナポリピッツァと厳選ワインの店。赤坂の老舗です。ナポリピッツァ職人協会認定のピッツァ職人が精魂込めて焼き上げるピッツァは最高。パスタやデザートなども充実、ベジタリアンメニューもあります。ピッツァをテイクアウトして、展望デッキで飛行機を見ながら食べるなんて楽しみも可能です。ドリンクはワインとカクテルに力を入れていて、グラスワインは6,7種類くらい楽しめ、定番のカクテルは一通り揃っています。

営業時間は月・火・日08:00〜23:00(L.O. 22:30)/水・木・金・土08:00〜26:00(L.O. 25:30)です。予約可能で、子連れでも気軽にはいれます。イタリア・ナポリの王道を日本で愛される味に仕上げてた赤坂老舗の味、是非ご堪能ください。平均予算は夜¥3,000~¥3,999です。

第二位:PORT-SIDE KITCHEN by グリル満天星

かつて赤坂の地で頑固なフランス料理の名店と言われていた店を前身としていて、その頑固な料理人たちが一つ一つ手作りする昔懐かしい洋食を。気軽に楽しんで欲しいという思いで、麻布十番に店が出されました。場所柄とこだわりによって、政財界・文壇を始め各方面から支持されているようです。フランス料理のベテランコック陣が作り出す、本格的なものでありながら、あくまで「健康的で日本人の口に合う洋食」は、羽田空港に行ったら是非食べて欲しいものです。

営業時間は9:00~22:30 (L.O.22:00)。フランス料理と聞くと高く感じますが、それがこなれた洋食ということで、平均予算は昼夜ともに¥1,000~¥1,999。「お子様同伴、大歓迎」の洋食屋です。頑固な名店が前身だと言うのに、敷居が低いのを評価して第二位です。

第一位:麺匠の心つくし つるとんたん

栄光の第一位は「つるとんたん」。都内の店舗では常に行列が絶えない大人気のうどん屋さんの味を、空港でも堪能することができます。味はもちろん、大きなお皿で提供されるためとてもインパクトがあり、写真に撮っても非常に映えます。

うどんの味の決め手は小麦、水、塩の素材と作り手の技。その日の気温、湿度に合わせてこれらを絶妙に配合していくのは、熟練の職人にしかできません。うどん生地が縦横に「とんとん」と打たれ、それを丁寧に伸ばして「たんたん」と切る。そうしてできる喉越しが「つるつる」としたうどんだから、店名は「つるとんたん」と言うそうです。

営業時間は06:00~24:00 (L.O.23:30)。平均予算は昼夜ともに¥1,000~¥1,999。オシャレで落ち着いた空間はカップルに向きそうですが、うどんという手軽さからか、子連れのファミリーもたくさん訪れるお店です。

さて、これで管理人の選んだベスト5は終わりですが、もうひとつ、ちょっと変わり種を紹介しておきましょう。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 羽田空港で食事するならここがおすすめ!人気ランキングをリサーチ

※ 羽田空港国際線ターミナル、飲み会グルメ

※ 羽田空港の国内線ターミナルでランチするならココ

ANAスイートラウンジ&JALサクララウンジ


一般の人には入れない、それぞれの航空会社をかなり使っている人たちだけが入れるスペース。そこにあるレストランにはカップルシートがあると言います。ラウンジなので料理、ドリンクはすべてタダ。なかなか訪れる機会もないでしょうが、口コミで雰囲気だけでも味わってください。

初めて行くことができました
入場資格が切れる前に一度きりです
入場できるとしても、ここは18:30以降しか営業しておらず
深夜便に合わせての利用が前提になっていますので、
昼間発の便では利用するチャンスがありません

開店すぐに入ったので、当時1日限定10食らしいブイヤベースもいただきました
フリーオーダーなのでメニューの全てが自由注文です

前菜はセルフでカウンターから自分で取ってこなければいけませんが
店員が席を案内した後はドリンクを含めて全てサーブされます
お願いすればアミューズ類も適当に持ってきてもらえそうです

今回は機内ですぐ寝るだけでしたので、メインディッシュをがっつり4品行きました
1つ1つはローカロリーで年配の方への配慮を感じます

・牛すき焼き
肉もやわらかく味もしっかりおいしい
・ブイヤベース
でっかいエビも入っていて本格的、濃厚
・舌平目
あっさりソースでそのへんのレストラン水準
・鳥ソテー
鳥も歯ごたえがあり、シャリアピンソースがしっかりしていて意外においしかった

・パフェ
クッキーの形がこってました

それに料理に合わせてトマトジュース、グラスワイン赤、白、コーヒーを
地上で調理してますから、機内で食べるより格段においしいです
機内でもこれ位出てくればすごいと思うのですが難しいでしょう

入場するまでのコストを考えると飲食無料でも全く割に合いませんのでご参考まで

久々の海外行きに羽田空港JALサクララウンジを利用✨✨

めったに国際線JALサクララウンジを利用しないので、事前にDINING情報をリサーチ。

カレー

カレーが名物らしいです。
機内食ありますが、食べ過ぎない程度にカレーをいただきます。
トレーにはその他冷製コーンスープとサラダをセット。
写真見た目朝からがっつりメニュー(笑)

まずはコーンスープ。
夏の朝。冷たいスープおいしいです。
スープのコーンも軽く舌触りがあり、微かな香ばしさが嗅覚をくすぐります。
コーンスープの横に生クリームを置いていただいているのもうれしいですね。

そしてカレー。
カレーが入っているお鍋にはサイコロ状の牛肉がゴロゴロ
欲張って少し牛肉を多めに入れました…朝なんですが

お味は上品でスパイシー。
少し甘めのスパイシー。
コクがあって都内のお店だと確実に1,000円超えです。(牛肉込み)

サクララウンジにはその他和食や洋食のモーニングもありました。大振り明太子にも惹かれた〜(笑)

食事の後はフロア一つ上がってDININGエリアでないラウンジへ。

サクララウンジでゆっくりしたかったので早起きし過ぎました…超ねむい…今晩遅くまで起きられるかしら(^^;;

最後に

いかがでしたでしょう。どれも美味しそうで思わずよだれが出てきそうです。ああ、お腹が空いた。何か食べよう!
「羽田空港」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事