唇の色素沈着とサヨナラしませんか?

ここ最近、健康的に見えるナチュラルメイクが浸透してきたこともあって、唇も、赤ちゃんのようなピンク色のぶるぷるリップの人気がぐーんと上がってきました。テレビを見ても、雑誌を見ても、「あっ、この人なんか惹かれちゃうな」と思うひとは、みんな、みずみずしいピンク色のぷるぷるリップばかり。「だって、自分の唇はそうじゃないもん」と思っていたら、久しぶりに会った友だちの唇がいつの間にか「ぷるぷる」に変身していて、びっくり。「あんたの唇、違ってたじゃん」と、心の中で叫んでしまうこと、ありませんでしたか? ちょっと黒ずんでみえてしまうあなたの唇だって、しっかりとケアをすれば、「ぷるぷるリップ」に生まれ変われちゃうんです。色素沈着してしまった黒みがかった唇とは、「さよなら」しちゃって、ぷるぷるリップを取り戻してみませんか?

 

気になる背中の色素沈着にピーリング 効果や値段は?

色素沈着を何とかしたい!噂のクリームの気になる効果は?

ハイドロキノンなどの美白成分が効く?!まぶたの色素沈着の治し方、最大の敵は何?!

きちんとしたケアで何度でも元の状態に!

見るからに健康的な、つやつやぷるんぷるんの唇は、見た目だけではなく、本当に健康な状態だからこそ、ぷるぷるなのです。「え、じゃあ、私の唇は?」そうです、残念ながら、健康な状態ではありません。「だって、いつまでも、赤ちゃんのときのような唇のままでいられる訳なんてないじゃん」そう思うのも無理はありませんが、きちんとしたケアさえすれば、唇は、何度でも、元の状態に治すことができるのです。

唇のくすみの原因は「唇の日焼け」のようなもの!


「じゃあ、なんで、私の唇はくすんだような色になってるの?」「低血圧のせい?」「運動不足だから?」「口紅塗りすぎ?」「えっ病気?」確かに病気などの影響による方もごくまれにいらっしゃいますが、そうではありません。くすんだ唇の原因は、唇の肌荒れによるもの。おおざっぱに言ってしまうと、「唇の日焼け」みたいな状態が起きてしまっているからです。

唇はほかの肌よりもデリケート!

見た目からも分かると思いますが、唇は、ほかの肌とは違う特殊な構造をしています。皮膚というよりも、どちらかと言えば口の中の粘膜と似ています。どのように違うのかというと、唇は水分をたくわえておくための「角質層」が薄く、皮脂腺や汗腺もほとんどないため、水分や油分を調整したりするのが苦手で、乾燥やひび割れしやすいデリケートな構造をしています。肌を紫外線から守る役割を持つ「メラニン」も少ないため、ほかの皮膚よりもずっと紫外線に弱いという特徴を持っています。

忘れてしまいがちな唇のケア!

「日焼けしたくないから」「シミなんてまっぴら」と、紫外線の強い季節にやむを得ず、外出するときに「日焼け止め」を塗っていませんか? 大半のひとは、塗っているんじゃないでしょうか? じゃあ、唇は? 口紅やリップを塗っているからと、見逃していませんか? 紫外線に弱い唇こそ、しっかりと紫外線のケアをしてあげなければ、「健康」な状態でいられないのです。「えっ、じゃあ、もうダメなんだ」と思う必要はありません。それは、唇の皮膚が新しくなる「ターンオーバー」は約1週間と、ほかの肌の約28日よりもずっと速く生まれ変わるからです。だから、あなたの唇を不健康な状態にしてしまっている原因を取り除いて、傷んでしまった唇をケアしてあげれば、ピンク色のぷるぷるリップが取り戻せます。

 

 

アトピーの色素沈着にはどう対処する?効果があったものが知りたい

ニキビ跡を何とかしたい!ニキビの色素沈着はどうすればよくなるの?

唇をくすませる3つの原因!

唇のくすみ、いわゆる「色素沈着」がどうして起きてしまうのかというと、日焼けと同じように、肌を黒くみせる「メラニン色素」が、刺激による炎症で作られてしまうからです。唇をくすんだ色にしてしまう「刺激」は、大きく分けて「紫外線」、「唇への刺激」、「口紅などによる影響」の三つに分けることができます。

最大の敵!紫外線から唇を守ろう!

まずは、紫外線。唇が色素沈着してしまう最大の敵です。ほとんどの人が適切なUVケアをしていないため、肌が薄く、紫外線から肌を守るメラニン色素もない唇はダイレクトに紫外線の影響を受けてしまいます。外出する前にはUVカットのリップクリームを塗って紫外線対策をしてください。外出中も食事をしたりするとリップクリームが取れてしまうことがあるので、小まめに塗った方が、効果が上がります。UVカットのリップクリームも紫外線吸収剤が肌への刺激になってしまうこともあるので、紫外線吸収剤が入っていないモノを選んだ方がいいでしょう。肌が敏感な方は、天然保湿成分のリップなどを選んだ方がより安心して使用できます。ただ、肌荒れが深刻な状態のときは、リップクリーム自体が刺激となってしまうこともあるので、リップクリームを塗るのは外出の際だけにしたり、刺激の少ないワセリンを代わりに塗ったりするなどの工夫も必要です。

出典:シンシア・ガーデン公式HP

デリケートな唇への刺激を減らそう!

次に、唇への刺激です。「唇への刺激ってなに?」と思われるのも当然です。ここでいう、唇の刺激とは、実は言葉そのまま、唇へ触れることを意味しています。「唇なんて、直接、何度も触っていない」と思われると思いますが、口紅やリップクリームを塗ったり、落としたりするときに、唇に触れることになります。このときに強く塗り過ぎたり、こすり過ぎたりしてしまうと、皮膚の薄い唇にとっては強い刺激となってしまいます。口紅や汚れなどを落とす際は、こすらずに優しくマッサージするように落とすようにしてください。いつも何気なくしているクセや習慣をちょっと見直すだけで、くすみを防ぐことにつながります。

リップクリームの塗りすぎにはご注意を!

口紅やリップクリームの塗りすぎも刺激になることがあります。例えば、リップクリームを塗るときは、こすらずにポンポンとのせるようにして塗るようにしてください。また、唇は乾燥にも弱いので、舌で何度も舐めたり、口から呼吸をしたりするとその水分が蒸発するときに、乾燥してしまいます。これも、肌が荒れてしまう刺激となってしまうので注意が必要です。

タバコは唇にも百害あって一利なし!

喫煙する事による唇への刺激と、ニコチンが原因となって色素沈着する事もあります。タバコをくわえたり離したりという動作は、かなりの回数行いますよね。煙草の紙部分が唇の水分を奪う事になり、唇の乾燥を促進させてしまいますし、タバコを吸う事によってかなりのビタミンCが損なわれ、美容に良い成分が失われてしまうというのも唇の色素沈着の遠い原因です。治すにはできれば禁煙したい所ですが、どうしてもやめられない人は、喫煙前後にリップやパックなどで保湿ケアを行いましょう。

口紅はやさしく、しっかり落とそう!

最後に口紅などによる影響です。「えっ、塗っちゃだめなの?」ということではありません。唇への口紅による一番の影響は、口紅やリップクリームをきちんと落とせていないことです。部分的にシミのようになってしまっている場合は、落とし切れていないリップメイクが色素沈着を引き起こしている可能性があるからです。だからと言って、強くゴシゴシと落としても刺激になってしまいます。リップバームやオイルなど刺激の少ないモノを使って、唇のタテの線にそってふき取るようにすると、タテ線の中の口紅もきれいに落とすことができます。また、口紅によく使用されている「タール色素」は、紫外線の影響を強くしてしまう場合があるほか、リップグロスに使用されることもある「高分子ポリマー」は、唇を乾燥させてしまう場合もあります。特に肌の状態が弱っているときなどは、天然素材のリップを使用するなどして、刺激をなるべく与えないようにすることが大切です。自然由来成分のみで作られているリップなどもあります。

出典:ズイオーガニック公式HP


 

口紅を塗る時にも下地は必要!

口紅を塗る時にも一工夫してみましょう。お肌に化粧下地をつけてから化粧されている人でも、「え?私、いつも口紅は直接唇に塗っているよ?」という人も多いのではないでしょうか。今までご説明してきた通り、唇は、顔のどの部分よりもデリケートにできています。そこへ、下地もなくいきなり口紅を塗ると、オフし辛く、また、口紅の化学物質も直に肌に着くため、アレルギー反応も起こりやすくなります。まずは、ビタミン入りのリップなどを下地として塗り、その後目的のカラーの口紅を塗ると、乾燥からも守れ、栄養によっても色素沈着やシミを防ぎ、化粧を落としやすくもなるという、唇の健康を守るための3つの良い点が見込まれます。お肌への負担を減らす以上に、唇も労わり、負担を極力減らすように努力してみましょう。

出典:ドクターシーラボオンラインショップ

保湿やターンオーバーの促進も効果的!

くすみの原因を取り除くだけでも、ぷるぷるリップに大きく近づくことができます。さらに、汚れを落とした唇に、オイルやワセリンなどの保湿成分を塗った上にラップをして、温めたタオルを3分ほどのせる「リップパック」を行って保湿効果を高めたり、古くなった角質を取り除く「リップスクラブ」をして「肌のターンオーバー」を促進したりすることで、唇の健康状態はずんずんと前進していきます。また、どうしてもくすみが落ち切らない方や、なるべく早く色素沈着を解消したい方には、皮膚科など医療機関でのレーザー治療も効果的です。唇のターンオーバーが約5日と早いので、レーザーを照射する時間も短く済み、肌のシミを落とす場合よりも、短期間で治療が済む場合が多いです。ただし、治療にあたっては安心できる自分に合った医療機関を選ぶようにしてください。そして、何よりも敏感で繊細な唇を、これまで以上にやさしくいたわってあげることが、あなたの唇を「ぷるぷるリップ」に変えてくれるはずです。

 

肩こりさんのための、肩こりに効くツボ&肩甲骨ストレッチ

肩こりが原因の頭痛を何とかしたい、ツボで解消!

まとめ

肌の中でもとってもデリケートな唇ですが、意外とそのケアは、雑に行われがちです。にきびなどにはなりにくく、肌の回復であるターンオーバーの期間が他の部位と比べると早いため、荒れては再生、を繰り返していて日焼けしている事にも気づかないうちに、ある日気付くと色素沈着を起こしていた、となってしまいがちです。ピングの赤ちゃんのようなぷるぷるリップを目指すために、今後は、しっかりと、でも摩擦の少ない方法で保湿を行い、紫外線対策をして、下地を塗ってから口紅やグロスを使うようにしましょう。リップだけに頼ると摩擦によって余計色素沈着を起こします。保湿をする事で、乾燥から守れると、狂っていたターンオーバーのサイクルも元に戻り、5日くらいで新しい肌に生まれ変われます。はちみつ、オリーブオイル、ワセリンなどを塗った後にラップをするリップパックは、効果が高いようですのでおすすめです。健康的で美しい色合いの唇は、頑張ればターンオーバーに合わせて少しずつ改善されていくことでしょう

 

「肌表面のトラブル」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事