パワーストーンは、自分の願望、願い事を実現するのにパワーをくれる石のことですが、パワーを持っているだけに、浄化という作業が必要になります。
まあ、本当に願い事を実現してくれるのなら、是非やらないといけませんね。
でも、やらないとどうなるのでしょうか。
特にブレスレットなどのようにアクセサリー的にしている場合にもやらないといけないのでしょうか。
この浄化という作業は何なのか、本当にやらなければならないのか、どのようにやるのかなどについて調べてみました。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ オーダーできるパワーストーンブレスレットで自分流運気のコントロール

※ パワーストーンのブレスレットはどんな効果があるといわれているの?

※ パワーストーンブレスレットをハンドメイドしよう!作り方を教えて

パワーストーンとは

パワーストーンを浄化するというのは、パワーストーンそのものにかなりの神秘的なパワーがあるということです。
浄化は清めるということであり、宗教的、神秘的な意味合いも含んでいます。
従って、まず、パワーストーンとは何かについてみてみます。
パワーストーンは、願い事、望み事をかなえてくれるありがたい神秘のパワーを持つと言われる石のことです。
宝石にはさまざまなものがありますが、その中でもパワーストーンにはある種の特殊な力が宿っていると言われています。
石自体にはすべてを可能にするパワーがあるという訳ではありませんが、願い事に当てはまる石を身につけて願い事を念じると、その人の願いに答えてくれると言われる石です。
もともと、パワーストーンを身につけている人が潜在的に持っている力、能力を増幅させてくれると言われるのがパワーストーンの力です。
科学的な根拠はありませんが、何事も信ずれば実現出来るという意思の力をパワーストーンが引き出してくれます。
しかし、石には実際にそれぞれの振動波があり、その振動波が我々の体に共鳴してパワーを引き出すとも言われています。

パワーストーンの浄化とは?

出典:浄化方法/天然石・パワーストーンの浄化


浄化は、「気のお掃除」や「エネルギーのお掃除」の意味です。
気とはパワーやエネルギーです。
パワーストーンは、天然石として採取されてからさまざまな人の手を経ています。
その過程で、そのさまざまな人たちの気を浴び、悪いパワー、エネルギーが入っている場合もあります。
従って、そのような悪い気を浄化、すなわちお掃除をしてやる必要があるのです。
そして、さまざまな人の気を掃除して、もともとのパワーストーンの姿に戻してやることにより、その力を発揮してくれます。
パワーストーンは、人間と同じように常に周りのエネルギーやパワーの影響を受けており、その影響を取り除いてやることが浄化なのです。
また、パワーストーンを購入して身につけ出してからも、周りのさまざまなパワー、エネルギーの影響も受けます。
つけている人に代わって影響を受けて守ってくれることもあります。
従って、身につけ出してからも1ヶ月に1回くらいは浄化を行なうことが必要です。
アクセサリーとしてブレスレットとしている場合などにも、浄化は必要です。
パワーストーンはブレスレットになるまでに、さまざまな人の手を経由しています。
お香を炊くなどの方法で浄化してやりませんと、願い事がかなうよりも、逆に悪い結果をもたらすことになりかねません。

パワーストーンの浄化のやり方は?

パワーストーンの浄化方法には、いくつかありますが、その中の一つをやればよいだけです。
また、最初買った時だけでなく、1ヶ月に一度やさらに何か願い事がかなった時や終わった時にはその都度浄化をする必要があります。
浄化の方法には次のようなものがあります。
  • 水による浄化
  • お香による浄化
  • 日光浴による浄化
  • 月光浴による浄化
  • 水晶による浄化
  • 塩による浄化
  • 音による浄化
  • 土に埋める浄化
などです。
すべて説明は出来ませんが、以下のサイトに詳しく記載されていますので、参考になさってください。
https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html – Anchor176918

パワーストーンの浄化の際に一緒にやること

なお、浄化作業をしながらやることがあります。
「私の所に来てくださってありがとうございます」と唱えたり、「一緒に働いてください、よろしくお願いします」などと唱えながら、石が浄化していくことが良いとされています。
浄化というのは、パワーストーンだけにすることではなく、身につける方自身にも関係してくることなのです。
水による浄化方法は次に説明しますね。

パワーストーンの水による浄化

水道の蛇口を少し開けて少量の水が流れるようにしておきます。
そしてその水にパワーストーンをさらしてください。
水道にさらしておく時間は1時間程度が目安になります。
洗浄が出来たら、柔らかい布やガーゼなどでパワーストーンに傷がつかないように水分をやさしくふき取ってください。
ただ、一部の天然石は水に弱い場合がありますので、注意する必要があります。
アクセサリー加工をしているパワーストーンの場合は、長時間水にさらしますと、アクセサリーの金具やひもが劣化してしまう場合がありますので、外せれば外してください。

パワーストーンの浄化で必要なもの

水や日光浴、月光浴などでは、特別必要なものはありませんが、お香、水晶、塩、音などの場合はそれぞれ、浄化には必要になるものがあります。
音の場合は、音叉、ベル、ヒーリングミュージックなどを石に聞かせますので、いずれかを用意してください。

パワーストーンの浄化をやるとどのようないいことがあるの?


パワーストーンを浄化することにより、どのような効果が出てくるのでしょう。
一つは、やはりパワーストーンの本来持っているパワーを最大限に発揮して、身につけている人の願望をかなえようとすることです。
信じて浄化したパワーストーンを身につけることにより、共振動が起きて、身につけた人の内なるパワーを解き放ち、願望を実現してくれます。
二つ目は、パワーストーンがその持ち主の代わりに受けてくれた外からのパワーを払ってくれます。
我々は、会社などではパワハラ、セクハラ、同僚からのいじめなどさまざまな負のパワーを受けますが、パワーストーンがそれらを受けて、身につけている人を守っているのです。
浄化はパワーストーンが受けてくれた負のパワーを洗い浄めるので、パワーストーンはパワーを取り戻すことが出来ます。
そして、三つ目は、パワーストーン自身を清めることにより、パワーが高まり、身につけた人の運気を変える働きをすると言うことです。
このように、買った時、さらに月に一度、願望が実現した時などに浄化を行なうことにより、さらなる願望の実現が期待できます。

まとめ

パワーストーンは、それ自体にパワーがあり、振動波を持って、身につけた人の内なる意思の力を高めて、願望をかなえてくれます。
それだけに、そのパワーが最大限に発揮できるようにしてあげることが必要です。
パワーストーンが身につける方の手に渡るまで、さまざまな人の手を経ており、それぞれから気、すなわちパワーによる影響を受けています。
中には悪い気も含まれている可能性があり、一度それらの影響を受けた気、パワーというものをリセットしてやる必要があるのです。
浄化を行なうことにより、パワーストーンは、そのパワーを最大限に発揮して、身につけた人の願望を実現しようとしてくれます。
是非、買った時と定期的な浄化は忘れないようにしましょう。


 

関連記事