このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

リゾート地のような熱海のビーチ
こんにちは、管理人のchikiです。
今回も熱海シリーズで、日帰りをテーマにまとめてみました。

東京の方であれば、熱海までは近いので日帰でも行かれる方が多いです。バス旅なんかも結構出てます。もちろん、宿泊した方がのんびり過ごせますが、日帰りでも毎回違う楽しさを発見することができます。

せっかく近場なので、日帰りで何度も行ってみるというのもいかがでしょうか?

★関連記事はこちら

http://chikichiki.top/spot/atami_season_recommend

http://chikichiki.top/spot/atami_kankospot

日帰りするなら熱海まではこれでアクセス

東京駅から東海道新幹線「こだま」で約50分、(「ひかり」はほとんど止まらず、「のぞみ」は全列車通過してしまいますのでご注意)、東海道本線の特急「踊り子」で約1時間20分普通または快速で約1時間40分です。
どれを選択しても日帰り可能です。

大阪方面からは、東海道新幹線「こだま」で3時間20分前後、または「のぞみ」を利用し名古屋で「こだま」乗換で約3時間となります。

名古屋からだと「こだま」で約2時間です。

大阪からだと3時間かかりますが、東海道新幹線は本数が非常に多く、また熱海は駅近くの狭い地域に観光スポットが集中していますので朝早い電車を選べば日帰りは十分余裕です。

日帰り入浴と足湯を楽しもう

熱海は歴史ある大きなホテルが多いですが、日帰り入浴を楽しめる施設がたくさんあります。
熱海サンビーチからやや山側の「大月ホテル和風館」は大正14年から続くホテル「大月館」をルーツとする老舗です。

大月ホテル和館
参照:大月ホテル和風館HP


この老舗ホテルでは、樹齢300年のヒノキの露店風呂もあります。なんとも贅沢な日帰り入浴が楽しめますよ。
事前予約をすれば、入浴とランチ、または入浴と夜の会席プランも楽しめます。入浴だけでも夜8時まで入館することが出来ますので、ちょっとリッチにお食事休憩付きの日帰り入浴はいかがでしょうか?

サンビーチ正面にある、先ほどの和風館の系列である「HOTEL MICURAS 」(ミクラス)も捨てがたいです。
おすすめのお風呂は、真正面が相模灘で女性風呂は8階、男性風呂は13階にあり湯船と海の間に遮るものが全くないのでは?と錯覚するほどの開放感あふれるお風呂なのです。この湯船にいつまでも浸かって海を眺めていたいな、と思ってしまうほど。

 

サンビーチからやや南側に離れた初島行き船乗り場近くにある「秀花園 湯の花膳」のお風呂も素晴らしいです。多くの展望風呂がありますが特に「展望露天風呂月下美人」の湯からの眺めは息を呑むほど素晴らしいです。

秀花園湯の花膳の温泉
参照:秀花園湯の花膳HP


正面及び右手には雄大な相模灘、左手には海岸近くまで山が迫った熱海の街並みを一望出来ます。特に夕暮れの熱海の街の美しさは本当に感動するほど。午後6時まで利用できます。

その他の多くのホテルでも日帰り入浴、そしてランチ付きプランが用意されています。

 

さて次に足湯ですが、一番のおすすめは熱海駅前の「家康の湯」です。
本当に駅の目の前にあります。利用は無料で屋根も付いていますので雨の日も大丈夫ですし、タオルの自販機(100円)もあります。連日多くの人で賑わっています。まず電車を降りたらここに行ってその後のプランを再検討するのもいいです。
反対に、帰路に着く前に改札に入る直前に足湯に浸かるのも疲れが取れるので良いですね。

熱海梅園内にも足湯があります。梅まつり、もみじ祭りの時だけの利用になりますがこれらのお祭りのついでに利用しましょう。屋根もついていますので少々の雨ならば大丈夫です。
熱海梅園への入場は無料ですが、梅まつりの時期だけ入場料がかかりますのでご注意ください。

相模灘、熱海の街を見下ろす熱海城内にも足湯があります。
足湯の利用は無料ですが熱海城への入場料がかかります。でもぜひ行って頂きたい足湯です。
なんと海抜120mもの高さにありその眺望は素晴らしい以外の言葉が見つかりません。

★関連記事はこちら

http://chikichiki.top/spot/atami_driveroute

お土産と食べ歩きB級グルメ

日帰りですからなるべく時間を有効に使いたいですね。
となると熱海駅すぐ脇、改札を出て右側のアーケード街「仲見世名店街」と「平和通り 名店街」がおすすめです。非常に多くのお店が並んでいて、熱海の物は全てあると言って過言ではありません。

熱海温泉商店街
駅からほど近い熱海温泉商店街


 

両名店街共にアーケードですから雨の日も気にせずゆっくりと買い物が出来ます。
面白いものとして「平和通り名店街」の阿部商店が出している「温泉まんじゅうアイス」があります。これは揚げ温泉まんじゅうの間にアイスが挟んであるのです。もちろんあんこも入っています。
包み紙は何と萌系の女の子の絵が書いてあります。絵はともかくこのまんじゅうアイスは甘党には病みつきになりそうな味です。

他にも「山田屋」の揚げかまぼこ、仲見世名店街では「丹那屋」の温泉まんじゅう「パン樹 久遠」のクロワッサン「岩井名産店」では伊豆の銘茶である「ぐり茶」など駅から徒歩10分以内の場所に何でもそろっています。

またゆっくりと腰を据えて食事を楽しみたい方にもこの二つのアーケード街、及び駅周辺で殆ど間に合ってしまいますのでお時間がない時には迷わずここに行きましょう。

 

以上、日帰り入浴と足湯をしながらおなか一杯にもなれる熱海日帰りの旅おすすめスポットでした。

 

「日本の温泉めぐり」に関する記事の一覧はこちら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


 

関連記事