箱根バス旅
 

こんにちは、管理人のchikiです。
先日は箱根を車で行くときの観光ルートをご紹介しました。

http://chikichiki.top/spot/hakone_drive

今回は、バス旅です。

 

バスだけで箱根を攻略する!

箱根は道路も整備されていて周辺の高速道路との接続も大変に便利な地域。もちろん電車も箱根登山鉄道、ロープウェイ、ケーブルカーなどもそろっています。
でも「1~2人の気楽な旅だから」、とか学生さんなんかは「時間はあるけどお金をかけたくない」という方にピッタリなのがバスの旅です。

主要都市から箱根もバスだけで攻略することが出来ます。

 

箱根現地までのバス移動の方法

東京方面からと西日本からのルートをご紹介します。(運転本数と料金は2017年2月現在のものです。)

●新宿から

新宿バスタから終日30分~1時間に1本程度が出ています。経由地は御殿場、仙石原で行先は桃源台や湖尻で所要時間は約2時間半です。料金は新宿~湖尻往復割引で3800円です。

●羽田空港、横浜駅から

羽田空港から横浜駅東口を経由して御殿場経由で桃源台まで1日5本運転されています。
所要時間と片道料金は羽田から2時間半/2260円、横浜駅から2時間/1950円です。

●大阪からの夜行バス

大阪(梅田/難波)から小田原まで7~10時間半。(10時間超のバスは京都駅、三島駅経由)
料金は片道5000円代~8000円前後。
小田原から箱根湯本や芦ノ湖方面は地元の路線バスか箱根登山鉄道やロープウェイ利用となります。

●名古屋からの昼行バス

名古屋~御殿場4~4時間半片道5000円前後
御殿場からは箱根方面行のバス利用となります。

 

こうしてみると、遠方からでも箱根、小田原までずいぶんと安く行くことが出来ますね。なお、新宿から小田原行きのバスはありません。小田急かJRの利用となります。

箱根に着いたら現地でもバスで移動

主な路線をご紹介します。

●御殿場駅~仙石原経由で桃源台へ

新宿バスタ発の高速バスに乗車します。概ね30分に1本で所要時間は35分ほどです。

●箱根湯本から元箱根港へ

約35分、強羅駅経由で1時間に4~6本あります。

●箱根湯本から仙石原へ

約25分、1時間に4~6本あります。このバスは桃源台まで行きます。仙石原から桃源台は約10分です。

●小田原駅~箱根湯本間を行くなら

約15分、1時間に3~8本あります。

●小田原駅~箱根町

約55分、1時間に2~3本あります。このバスは小涌園(ユネッサン)も経由します。小涌園までは約30分です。

 

箱根でのバスの使い方

先に述べたように箱根地域に入ってもバスの本数は多く、朝や夜以外は事前に時刻を調べなくても気軽に利用することが出来ます。

バスは全て御殿場経由で仙石原、桃源台方面行となりますので(大阪からのくる一部のバスを除く)だいたいは最初に芦ノ湖に着くことになります。

 

桃源台に着いたら腹ごしらえと観光船:
最初にご飯を食べて観光船に乗るといいですよ。観光船は桃源台のすぐ近くの湖尻港から出港し元箱根、関所跡方面に行くことが出来ます。湖上から見る箱根の山々、富士山は旅の良い思い出になります。

桃源台~芦ノ湖~大涌谷へ:
ぜひ大涌谷は外さずに行ってほしいです。ここに行かないと箱根に来た意味がありません。

そしてもちろん、名物「黒たまご」は食べてくださいね。吹き出す煙や、その煙の間に望む富士山など、箱根の自然が凝縮されていますのでみごたえもあり。桃源台から大涌谷はバスがありませんのでロープウェイを利用することになります。空中から眺める絶景もいいです。

大涌谷~ロープウェー~早雲山へ:
大涌谷からはまたロープウェイに乗って早雲山へ、そこからケーブルカーで強羅に向かいます。強羅で一休みして、そして登山電車で一駅または徒歩でも10分の彫刻の森美術館に行くのも良いですね。

小涌園やユネッサン方面に行かれる場合は強羅からバスも出ていますし、芦ノ湖畔の関所跡からもバスがあります。

大平台で休憩:
強羅からは大平台や箱根湯本、小田原まで一気にバスで行くことも出来ますが静かに過ごしたい方は大平台で宿泊や日帰り入浴を楽しんでもいいですね。
ちなみに、箱根湯本はお店が多いので、ここでお土産をゲットするようにすれば、電車やバスにすぐ乗れるので持ち歩く距離が少なくてすみます。

 

箱根ならバスを使い倒せる

箱根は遠方から現地までくるのにも、現地にきてからでも、安価なバスをフルに利用することが出来ます。一部区間はロープウェイやケーブルカーを利用する場所もありますがバスとは違った経験も出来ます。

出来れば箱根登山鉄道にも乗ってほしいなとも思います。日本一の急こう配の連続を体験できるからです。

★こちらも参考にどうそ

http://chikichiki.top/spot/hakone_enjoyspot

 

大阪方面からも、体力とその気があれば往復夜行バスを使って「0泊3日」で回る旅さえ出来てしまうという便利さ。

 

以上、箱根なら車じゃなくてもバスで結構楽しめて移動が楽ちんですよ、というお話でした。

 

「日本の温泉めぐり」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事