このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

爪 形 性格
爪の形って、誰でも同じようなものだって思っていませんか?

でも、最近ネットで話題になっている、爪でできる性格診断によると、爪の形って、大きく分けると7種類、より細かく分けると9種類に分けられるのだそうです。

血液型のように、爪の形や大きさ、色つやや傷の具合などから、性格までわかってしまうって、ちょっぴり楽しいかもしれません。
挨拶をするときに、なにげなく爪をチェックして性格の傾向がわかると、ほんの少し気を付けるだけで人間関係が円満になる、そんな素敵な未来になる可能性も、あるかもしれませんよ。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちら。

相性が気になるなら四柱推命で無料診断してみる?

爪をきれいに伸ばす方法が知りたい!深爪の私でもきれいな爪になれる?

金運アップは長財布!色に素材に使い方、タイミング次第で金運は変わる?!

爪での性格診断ってどんなもの?

いつのころから言われ始めたのか、いつのまにかネットでも「当たる」「面白い」と話題になっている「爪の形による性格診断」があります。

2012年には占い師の葵翠花(きみか)さんが提唱しているようです。
大元がそこなのかは、はっきりとは確認できませんでしたが、少なくともこのくらいの時期には確率されていた占い方、もしくは考え方のようです。

参照:爪が丸い人はのんびり屋、縦長はロマンチスト、爪の形で見る性格診断

 

その後、現在ネット上で使われている画像の元などをたどっていくと、「HIGHER PERSPECTOVE」というアメリカのサイトにたどり着きました。よって、少なくとも2015年くらいにこちらの占いサイトに掲載されたことをきっかけに広まっていったものではないかと推測します。

参照:HIGHER PERSPECTOVE

 

(関連記事)この記事と併せて読むならこちらの記事もどうぞ。

四柱推命で性格が占えるって本当?そもそも四柱推命って何?

 

ユーチューブでも多数の動画が紹介されており、分かりやすく解説があります。


手相占いや血液型占い、骨相学同様、統計的な、あるいは学問的な占いに分類できそうなものですが、爪の形にも個性があり、ある程度のパターンわけができることと、今までの体調記録が爪に変化して現れることなどから、性格もある程度わかる、といったことのようです。

爪って形が変わるのでは?

星座占いや手相同様、人間の爪も、生きている限りはわずかながら変化をします。
ただ、大枠の形は、そう簡単には変わってきません。

ネイルアートをされている方はわかると思うのですが、お手入れをすると、多少綺麗な丸みをおびてきたり、甘皮処理をすることで少し広がったりはしますが、この性格診断で分けているような9種類のパターンが、がらっと変わるほどの変化ではないと思われます。
こんなところも、性格ががらっと変わるなんて、かなり少ないことに似ているかもしれませんね。

ただ、爪には、体の不調のサインが現れるともいいます。
大きな病気をした後には、爪に白い傷のようなものが現れると、聞いたことはありませんか?
また、赤っぽい爪や、黄色っぽい爪、反りづめなどには、貧血だったり、肝臓などの内臓系の不調がサインとして現れていることもありますので、それらを総合的に診断や判断に使うといったまとめサイトも存在します。

2014年には、以下のサイトで、色や形、双方で正確と恋愛と健康がチェックできると紹介されています。

参照:【爪あるある】色、形で性格・恋愛・健康をチェック

こんなこともわかる?

上から見た中指の「爪の形の7(または9)種類」では、一時流行った動物占いや文房具占い同様、単純にパターンで分けられた面白い性格占いでしかないので、他の傾向がわかるものではありません。

ただ、他にも、合わせて爪の大きさや質感、横から見た爪の形、白点が出てきた場所などから、恋愛傾向や、運の傾向がわかるとされている占いサイトもあります。

ざっくりと紹介すると次のようになります。

性格診断
大きな爪=情があり、積極的な行動が苦手で、あでやかなものが好き、おしゃれで心がおおらか
小さな爪=悩みが多く、小さなことを気にして神経質、縁の下の力持ち、なかなか一歩前に踏み出せない

7種類性格診断
縦長の爪=周りに合わせるのがうまく、完璧主義者で感覚的
横長の爪=論知的で空気を読むのが苦手、気が短い
四角の爪=まじめで信念があり、融通が利きづらい
丸い爪=人に好かれて明るく平和を好むがマイペース
三角の爪=細かな事を気にしすぎて疲れるが、アイディアが豊富で自分の考えを正確に相手に伝えられる
剣のような爪=一人で行動する事が得意で前向きだが、トラブルメーカーになることもある
アーモンドのような爪=うそが苦手で礼儀正しく、想像力が豊かだが頑張ることが苦手

恋愛傾向
爪の角が四角の場合=一途
爪の角が丸い形の場合=甘え上手
横幅の広い爪=愛されるより愛する事が好きなタイプ
アーモンドのような形=理想が高いタイプ
小さい形=自分からアプローチできない消極的なタイプ

健康的なもの
横から見て平らな爪=神経過敏になりやすい
横から見て中央が高い爪=呼吸器が弱い
横から見て逆に反っている=貧血に注意
くぼみや横に筋がある=大きな病気のあと
縦に筋がある=ビタミン不足、精神的に弱っていることも
黒い点=ぶつけた記憶がないのに黒い点がある時は、すぐに皮膚科に行く必要あり
白い点=2個以上ある場合は早めに病院へ行く方が良い。何かの病気のサインの可能性あり。
白い点が一個だけの場合はあまり心配なく、どの指に出るかで、ラッキーな事柄を占えるものでもあるようです。

こちらのサイトに詳しく載っています。

出典:セレンディピティ「爪占いでわかる性格と恋愛傾向!爪が語る真実」

 

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちら。

風水で良いとされる南玄関、色や素材・アロマまでベストなインテリアはどれ?!

玄関におしゃれな絵を飾ると風水的にはどうなの?どんな絵がいいの?

まとめ

昔から医療の一環として、爪の状態でも健康の度合いがわかるので、参考にされることもあります。
ただ、今流行っていると思われる9種類、あるいは7種類の爪の形による性格判断は、パターンがある程度決まっていることから、面白い性格占いの部類に入ります。

占いですから、当たるも八卦、当たらぬも八卦ということになりますが、少し覚えておくと、なんとなく当たったときには楽しいですし、初対面の人との接し方の参考にも、なるかもしれませんね。

ちらっと爪の形を確認して、なんとなく、こうかな?と思って話しかけるのと、まったくまっさらな状態で話しかけるのとでは、親密になれる度合いが違ってくるかもしれません。

また、お酒の席などで、あまり親しくなかった人とも、この話題で盛り上がれるかもしれません。
なにしろ、爪は、ほとんどの人にあるものですし、性格診断といっても深刻なものではないので、雑学の一つとして、知識に入れておいても楽しいものです。

もっともっと詳しくつきつめたい方には、健康とからめたり、恋愛傾向などともからめて、知識を増やすこともできますし、いっそ占いや統計学の世界にも興味を持つきっかけになるかもしれませんね。
あるいは、発展して、医学の世界への扉が開く……なんていうのは大げさかもしれませんが、とにかく楽しく、何かのプラス方向へのきっかけになるといいですね。

爪 形 性格

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


 

関連記事