出典:江東区シルバー人材センター


やっとの思いで建てた一戸建て。ところが、小さなころから憧れていた我が家の庭は、忙しさに追われているうちに草刈りもままならず、雑草が伸び放題のまま。「このままじゃ、ご近所さんの目もあるし、かと言って、私も旦那も仕事が忙しいし、子育てに追われててんてこ舞い」。植木屋さんなんて、めっそうも無いしと思っていたときにふと浮かんだのが「シルバー人材センター」。「確か、そういう仕事も比較的安い料金でやってくれるんだっけ?」。「でも、どうやって頼んでいいのか分からない」と、思っている方いませんか? シルバー人材センターって、どんな仕事をしてくるのかや、どのぐらいの料金なのか、誰でも頼めるのかなど、シルバー人材センターに仕事を頼むときのノウハウをお伝えします。

(関連記事)この記事を読んだ方はこちらもおススメです!

掃除に虫よけ、ゴキブリも撃退?!単品でもかなり優秀な重曹+ハッカ油の活用法は?!

お掃除にも使えるハッカ油!効果と使い方を解説

ムカデ対策にハッカ油が効くらしいって本当なの?他の虫にも効く?

シルバー人材センターはどんなところ?

シルバー人材センターってどういう組織かご存知ですか?

“シルバー人材センターとは、高年齢者が働くことを通じて生きがいを得ると共に、 地域社会の活性化に貢献する組織です”
引用:全国シルバー人材センター事業協会

きっと、あなたが思っていた「高齢者が働いているところ」という認識は間違いではありません。シルバー人材センターは、昭和50年に、「一般雇用にはなじまないが、高年齢者がその経験と能力を生かしつつ、働くことを通じて社会に貢献し、 生きがいを得ていく機会を確保すること」を目的に東京都に設立された「高齢者事業団」が全国に広がり、昭和55年に名称が「シルバー人材センター」になった組織です。現在では、全国の市区町村に1314のセンターがあり、それぞれのセンターが独立した運営を行っています。平成27度の会員数は、全国シルバー人材センター事業協会の統計年報によると、全国で720,948人(男性483,470人、女性237,478人)に達しています。

シルバー人材センターにはどんなひとが働いているの?

シルバー人材センターで働いているひとは、シルバー人材センターに勤めているわけではありません。満60歳以上の方で、定年した後などに「働くことを通じて、生きがいを感じたり、社会に貢献をしたりしたい」と希望するひとが、自分の住んでいる地域のセンターに入会。入会を認められた会員がセンターの仲介を受けて、個人事業主(一部派遣事業などもあり)として、仕事を請負や委任される形で行います。請け負う仕事は看護などの特別な技能を擁する仕事以外は「臨時的かつ短期的な就業」で、専門的な知識や技能を必要としない仕事を主に請け負います。ちなみに、東京都の平成27年度の会員数は、81,578人(男性53,649人、女性27,929人)で平均年齢は73.3歳。会員数の少ない鳥取県は3,577人(男性2,296人、女性1,281人)で平均年齢は71.2歳となっています。
(参照:全国シルバー人材センター事業協会)

シルバー人材センターではどんな仕事をしてくれるの?

シルバー人材センターで請け負う仕事は、「臨時的かつ短期的な就業」になります。それぞれのセンターが独立して運営を行っているため、センターごとに請け負う仕事が違います。インターネットで仕事を依頼できる「シルバーしごとネット」で、紹介されている仕事は次のとおりです(記載されていない仕事もセンターによっては受けることができる場合があります)。

シルバー人材センターで請け負う一般作業!

除草・草刈り、屋外清掃、屋内清掃、包装・梱包(封入、袋詰めなど)、調理作業(皿洗い、配膳など)、農作業(種まき、水やり、収穫など)、エアコン・換気扇の清掃、チラシ・ビラ配り、荷造・運搬

シルバー人材センターで請け負うサービス系業務!

家事サービス(掃除、洗濯、留守番など)、福祉サービス(身の回りの世話、話し相手、介助など)、 育児サービス(子守り、送迎など)

シルバー人材センターで請け負う管理系業務!

建物管理(ビル、アパート・マンション管理など)、施設管理(スポーツ、遊戯施設管理など)、駐車(輪)場の管理

シルバー人材センターで請け負う技術系業務!

家庭教師、学習教室の講師、パソコン指導、翻訳・通訳(英語)、翻訳・通訳(英語以外)、自動車の運転

シルバー人材センターで請け負う事務系業務!

一般事務、経理事務、調査・集計事務、筆耕・宛名書き、パソコン入力

シルバー人材センターで請け負う技能系業務!

庭木などの剪定、障子・ふすま・網戸の張替え、大工仕事、ペンキ塗り、衣類のリフォーム、刃物とぎ、 門松・しめ縄づくり

シルバー人材センターで請け負う折衝外交系業務!

販売員・店番、配達・集配、集金、営業、電気、ガスなどの検針

(参照:シルバーしごとネット)

どうですか。シルバー人材センターでは、家庭からだけでなく、民間企業や自治体からも依頼を受けて仕事をしているので、多分、皆さんが思った以上にやってもらえる仕事が多かったのではないでしょうか?

シルバー人材センターで仕事を頼んだときの料金は?

出典:横浜市シルバー人材センター


そこで、気になるのが。仕事を頼んだときの料金ですよね。イメージとしては「シルバー人材センターに頼んだ方が安い」という印象を持たれている方が多いと思いますが、シルバー人材センターは「公益団体で収益を目的にしていない」ため、確かに民間の専門業者に仕事を依頼するより、料金は低めに設定されている場合が多いです。料金は各センターによって違いますが、料金の目安が表示されている「横浜市シルバーセンター」のご家庭向け事業の料金は次のとおりです(料金は標準料金のため内容によって変わることもあります)。

横浜シルバー人材センターの屋外業務料金!

  • 植木の手入れ:~12,000円(1日1名)
  • 除草作業:8,500円~(1日1名)
  • 植木の水やり:1,500円(1回)
  • 庭掃除:1,000円~(1時間)
  • 大工、塗装:~12,000円( 1日1名)
  • 障子、網戸張替:1,000円~(1枚)

横浜シルバー人材センターの屋内業務料金!

  • 調理、買い物:1,200円~(1時間)
  • 子供の見守り:1,200円~(1時間)
  • 家庭内清掃:1,000円~(1時間)
  • 洗濯:1,000円~(1時間)
  • 襖張替:1,500円~(1枚)
  • 毛筆宛名書き:130円(1枚)
  • 照明器具の清掃、取付:1,000円~(1時間)
  • 家具等の移動:1,500円(1回)
(参照:横浜市シルバー人材センター

例えば、同じ横浜市の民間業者で、「家庭内清掃」を月1回のプランで行った場合の料金は、1時間3,519円(税別)と、料金だけを比較すると、1時間1,000円の横浜シルバー人材センターの料金の方が安いことが分かります。ただ、仕事を依頼するときは、自分の住んでいるセンターに依頼することとなりますので、隣の市区町村にあるセンターの方が安いからといって、そちらに仕事をお願いすることはできません。

シルバー人材センターは専門業者ではありません!!

「いろんな仕事も引き受けてくれて、しかも、料金も安い!」と思われて、すぐにでもお願いしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、ちょっと、待ってください。確かに、その通りで、仕事も一生懸命やってくれるシルバー人材センターですが、シルバー人材センターは専門の民間企業ではありません。どういうことかというと、例えば、清掃などの業務をお願いした場合、専門の清掃会社のように特殊な洗剤や用具を使って家庭では落とせない汚れをきれいにするということではなく、忙しいあなたに代わって汚れを落とすというイメージに近いということを、認識してください。

(関連記事)この記事を読んだ方はこちらもおススメです!

ダスキンのエアコンクリーニングっていいの?気になる評判は?

シルバー人材センターに仕事をお願いしてみた!!

それでは、ここで、実際にシルバー人材センターに仕事をお願いした事例を見てみましょう。

シルバー人材センターに調理をお願いしてみた!

出典:ほう太パパの七転び八起き


はじめの事例は、福岡市シルバー人材センターに「調理」を頼んだ方の事例です。福岡市のセンターで調理をお願いした場合は、①買い物から献立まで全面的におまかせする②食材だけ準備をしておく(献立おまかせ)③食材を準備して、献立も考えておく④食材の下ごしらえのみなどを選べるそうですが、依頼者は③の「食材を準備して、献立も考えておく」でお願いしたそうです。調理をしてもらった会員さんは60代前半ぐらいの女性の方で、料金は2時間で1980円。2時間で写真の「塩肉じゃが」「きんぴらゴボウ」「里芋の煮っ転がし」「カボチャスープ」の4品を作ってもらったそうです。料理は「実際、とってもおいしかったです。まるで実家に帰ったかのような、おばあちゃんちで食べているかのような、素材が引き立つ、薄くてあま〜い味付けでした」とのこと。事前の説明で料理のプロではないと説明を受けていたそうですが「もう少したくさん料理を作ってもらえるかなと期待していた」ということも感じたそうです。仕事をお願いしてみた全体の感想は、「会話も楽しむことができて、十分に満足のいくサービスでした」とのことです。
(参照:ほう太パパの七転び八起き

シルバー人材センターに掃除をお願いしてみた!

出典:suumoジャーナル


こちらは、どこのシルバー人材センターを利用したかは、触れられていませんが、「水回りの掃除」をお願いした事例です。最初に仕事を依頼したときにコーディネーターから告げられたのが、「水まわりのお掃除ですか? こちらは主婦経験のある高齢者の方がやるので、一般の主婦の方ができる程度の掃除しかできませんよ。ちゃんとしたお掃除なら専門の業者さんのほうがいいですよ」と言うこと。それを承諾した上で、台所と洗面所、浴室の掃除を3時間程度でお願いすることにしたそうです。料金は明記していらっしゃいませんでしたが、一般的な料金として「1時間あたり1,000円程度から」という記載がありましたので、この方も、この程度の金額でお願いしたと思われます。掃除道具については予め依頼者で用意するようにお願いされたそうです。掃除を行った会員さんは、60代後半の女性会員さんで、一度、下見に訪れたそうです。掃除はキッチンの掃除で思ったよりも時間が掛かったそうで、3時間で掃除ができたのは台所と洗面所までだったそうですが、「とってもキレイになり大満足だ。ただ、厳密に言えば、市販の掃除用洗剤では落としきれない汚れも若干残っている。やはり、一般の主婦の力には限界がある。そこはきっちり割り切らねばなるまい」と感想を記載されていました。
(参照:suumoジャーナル

シルバー人材センターに仕事をお願いする際に注意すること!

紹介した事例では、いずれも、利用された方は、満足できる「会員さん」と巡り合い、仕事内容についても、専門業者のような仕事とまではいかないながらも、満足されていました。しかし、自分と気の合う会員さんが来てくれなかったり、自分が想定したほどの満足を得られなかったりすることもあります。また、センターによっては、同じひとに頼むことができない場合もあります。特に、料金については「安い」という思い込みだけで依頼せずに、しっかりと自分が頼みたいことを伝えた上で、どこまでやってもらえるのかを確認し、見積をあらかじめもらい民間の専門業者などと比較した上で、「自分が求めるサービスの質と料金が合致しているのか」を確認して依頼しましょう。

(関連記事)この記事を読んだ方はこちらもおススメです!

製氷機の掃除にはクエン酸が使える?クエン酸掃除の方法は?

シルバー人材センターを上手に使って、家事の負担を減らしてみては?

シルバー人材センターは、上手に利用することができれば、民間のサービスよりも「安い料金」で家事の負担を減らすことが可能です。ただ、そのためには、仕事をお願いする方もシルバー人材センターについてしっかりと理解をした上で、「あなたに代わって仕事をする」というサービスだということを認識して利用する必要があります。一方的に仕事をお願いするのではなく、「この部分だけはお手伝いしてもらおう」という気持ちで、「人生の先輩」に手助けしてもらったらいかがでしょうか?


 

関連記事