このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

昇格試験,面談
いよいよ次の昇格試験に臨むことができるようになった!という人は、受ける試験レベルにもよりますが、ほぼ100%面談を受けることになります。
なぜなら、今までの実績など、ペーパーテストでわかるようなことは、人事担当は既に把握しているからです。
昇格できるかできないかは、面接にほとんどの比重がかかっているといっても過言ではないでしょう。

とはいえ、数人の面接官を前にして、自分が何を聞かれるのか不安にもなりますよね。
百戦錬磨のシチュエーションの達人、営業職の人でも緊張する瞬間です。

では、面接を担当する人は、いったい何処を見て昇格を決めているのでしょう。
100%ではなくても、ある程度心づもりができているかいないかで、緊張の度合いも変わってきます。
どんな人材が昇格できるのか?いくつかポイントがありますので、ご紹介いたします。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちら。

昇格試験の論文対策についてはこちらで解説してます!
書き方例を学んで昇格論文を乗り切れ!書き方にはコツがある!

昇格試験のプレゼン対策についてはこちらで解説してます!
⇒ 昇格試験のプレゼン対策!このポイントは忘れるな!

他にも、会社員の「昇進」「昇格」にかかわる記事はいろいろあります!
「昇格試験の論文、面接、筆記」の記事一覧はこちらから

あなたのやる気は見ていない!?

さて、今あなたが受けようとしている昇格試験は、どのランクからどのランクへの昇格試験なのでしょうか。
もし、大企業でいうところの「部長」クラスまで上がるものなのか、そこまでではないけれど、何人かの部下を持つ管理職へのアップなのか、単に個人レベルで一段階上がるものなのかによっても、面接官の見るところは違ってきます。

昇格とは、今までとは格の違う仕事に就けるようになるという意味でもあります。

個人レベルでやる気満々でバリバリ仕事するのも一つの才能であり、それを一生通すのも良い生き方かもしれません。
ただ、昇格試験を受けるのであれば、今後は、自分がやる気を出せばすべて良くなるわけではありません。
多かれ少なかれ、後進の人間に影響を与え、自分を含めて複数人を管理する仕事ができなくてはならないわけですから、そのランクによって、求められるレベルが変ってきます。

もちろん、やる気がまったくない人間に任せられるものではないので、やる気はあって当たり前なのです。
それプラス、どの部分で会社の役に立ってくれるのか、その一点を見極めようとしています。

コミュニケーション能力を見る?

昇格試験,面談
例えば、今までより一段階上がるけれど、数人の部下ができる程度のものであれば、まずは人柄を重視するでしょう。
そして、今後さまざまな問題をうまく処理できるのかという点で、コミュニケーション力を探ります。

とはいえ、今までの人事評価でそのあたりのことはつかんでいる場合が多いので、面接当日には、本人の説明能力を見極めようとする場合が多いようです。

面接官が問いかける問いに対して、その意図を正しく読み解き、表面的ではない答えを返せるかどうか。
本人が今までどのような問題に直面し、解決に導く努力をしてきたかなど、短い時間で適切にまとめてわかりやすく伝えられるかどうかを見ます。

昇格した後は、なんらかのリーダーになる場合が多いので、当然、今までよりは責任が重くなってきます。
その中で、問題解決能力は必須のスキルになってきます。
自分だけの問題だけではなく、部下の問題を、いかに解決へと導いていけるかどうかは、コミュニケ—ションスキルにもかかってきます。

今まで仕事でどんなことをしてきたか、主に失敗からの復活例や、誰かと協力して何かを得た実例などがあれば、短めにまとめ、聞かれた場合にはスムーズに答えられるようにしておくと良いかもしれません。
プレゼン能力のアピールにもなります。

ただし、その場で一問一答が始まったなら、必ず相手の意図をくみ取るように気を付けながら答えることに集中した方が良いです。
黙ってしまうことが一番マイナスになります。
わからなければ、正直に「わからない」ことを伝えれば良いのです。
言葉でのやり取りが臨機応変にできるか、が重要です。
そのときの伝え方、考え方や聞く姿勢などで、面接官は判断することでしょう。

※ 昇格論文について書き方を徹底的に解説してます!
書き方例を学んで昇格論文を乗り切れ!書き方にはコツがある!

 

部長クラスともなれば

大企業であれば、主任、係長、課長……などと昇格していき、部長、役員……と続きますが、部長クラスへの昇格試験ともなると、求められるレベルがより高くなってきます。
日経Bizアカデミーのホームページ内で、こんな文章を見つけました。

目標管理シートの結果を見ながら、「この目標を達成するために部下にどんな指導をしましたか。具体的にどんなことを言いましたか」と聞く。
小論文の内容を踏まえながら、「この小論文を書いたのはいつで、それはどんなシチュエーションでしたか」と、内容ではなく、書くためにとった行動をたずねることもある。
なぜそんな質問をするかといえば、とった行動に嘘はつきづらいからだ。

興味深いのは、部下にどんな指導をしたかという質問です。
部長クラスともなれば、会社にもよりますが、なかなかの人数をまとめ、指導するので、マネジメント能力が必要になってきます。

どんなに自分が優秀であっても、部下を育てる能力がなければ、上に立つことはできません。
これは保育の現場にも通じるかもしれませんね。
子供が、与えられた課題ができないからと、過保護に支援しても育ちませんし、うまく個人に合った支援ができなければ、目的を達成させることができません。
ましてや、集団で何かを成し遂げるためには、適材適所に人を配置する能力も必要です。

部下が未熟であっても、ある程度信頼して思い切って仕事を任せる、そして失敗をうまく乗り越えられるようにサポートし、その部下に力をつけさせることができる人材が求められています。

部長以上の人間が、自分自身が仕事ができるからと、部下に任せず自分でなにもかもやっていては、会社にとってはプラスにならないのです。
また、できる人間ほど、人を使うことが上手です。
自分の得意部分と不得意部分はもとより、他人のその部分を見極め、上手に任せていける人なら、大きな仕事でも効率的にその人が受け持つ部署に任せられると、上は判断します。

また、もう一つ大事なのが、経営や社会情勢、時事問題への興味関心です。
野心を丸出しにするのも問題かもしれませんが、そうではなく、自分の会社の、社会的な立場や競合他社との関係に感心を持ち、現在の利益率など、数字にも強くなくては、高い地位の役職には就けません。

会社の方針をしっかり理解したうえで、自分が次の立場で会社の役に立てる部分はどこなのかを自覚しましょう。
それを説明した後、不足分は今後埋める努力をする姿勢を面接で見せる事ができれば、昇格も近いかもしれません。

※ 昇格試験のプレゼン対策について、資料の作り方とプレゼン方法を徹底的に解説してます!
昇格試験のプレゼン対策はどうする?このポイントが大事!

まとめ

昇格試験,面談 筆者が過去に勤めていた企業の人事担当から聞いた話と、日経Bizアカデミーのホームページで公開されていた記事から、昇格試験の面接で求められるであろうポイントをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

会社の特色によっても多少違ってはくるかもしれませんが、自分の理想の上司像を想像すれば、ある程度会社から求められることも想像ができるのではないでしょうか。
面接では、会社が求めていることを実現できるかどうかを見るので、行動部分であったり、コミュニケーションであったり、本人の今後のリーダーシップが発揮できるかどうかも含めて判断したいため、少々意地の悪い質問が飛んでくる場合もあります。

どんな質問がきても、緊張していたとしても、まずは落ち着いて、なんらかの返答をしましょう。
ちなみに、服装は自由であっても、それなりにきちっとしたものを選ぶ方が無難なようです。

その場合も、会社の方針や特色に合わせることをお忘れなく。
この記事を読んで、少しでも心の準備ができ、昇格のお手伝いができれば幸いです。

 

他にも、会社員の「昇進」「昇格」にかかわる記事はいろいろあります!
まずは、しっかりと情報収集してみてはいかがでしょうか?

「昇格試験の論文、面接、筆記」の記事一覧はこちらから

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

 

関連記事

 

おすすめアイテム