四柱推命とは

四柱推命が占いの一種であることは、みなさん何となく分かっていると思います。でも、どんな占いなのか言える人は少ないでしょう。ネットで検索してみると、生年月日を元に性格や運勢、相性などを占うもののようですね。

調べてみるとこの占いは元々中国から来て、日本だけでなく世界にも広まっているものでした。英語では「Four Pillars of Destiny(運命の4つの柱)」「Four Pillars Astrology(四柱占星術)」などと呼ばれています。占星術と言えば、個人の生年月日と時間、生まれた場所を元に、そのときの天体の配置を導き出し、それを元にその人の運勢を占う方法です。しかし簡易的になってくると、生まれた時間と場所は関係なくなったり、もっと簡略化されると、生まれ星座だけで占ったりします。そんな少ない情報で一体何が分かるのですかね。

さて、四柱推命も占星術と同じように、 個人の生年月日と時間、生まれた場所を元にして、その人を占うものでした。そもそも四柱とは生まれた年、月、日、時を指すということで、生まれた時刻を省いた生年月日占いは四柱推命ではなく、三柱推命です。この四柱を元に、占星術のように星の配置を出すのではなく、中国伝統の陰陽五行説とか月律(げつりつ、月のリズム)、日によって変わる10種類の日干などいろいろ組み合わせると、あーら不思議、あなたの性格診断や過去・現在・未来の運勢が出てくるというのが四柱推命なのです。

⇒ 四柱推命の相性占いサイトの選択をお手伝いします

⇒ 相性が気になるなら、四柱推命で診断してみるのもありかも

生まれたときの情報だけで、そんなに占えるの?

生年月日というのは個人にすごく結びついているものらしく、霊能者は名前と生年月日を見れば、その人のことが分かってきます。四柱推命に名前は必要ありませんが、生年月日だけでも、ある程度性格や運勢は出るみたいですね。生まれた年すら関係ない、星座占いでも、少しは当たりますからね。人の性格や運勢は、生まれたときの環境によって決まってくるのでしょうか。。。

四柱推命は統計学と、古代の知恵に寄るものという気がします。万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなっていて、それらは「互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する」という五行説がありました。一方、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰と陽に分ける思想があります。これを組み合わせると10種類の性質が生まれ、それらを統計的に年、月、日、時に当てはめていったのが四柱推命なのかな、なんて思っています。でも、管理人は専門家でも何でもないので、正確なところは四柱推命の専門家に聞いてください!

ちなみに、同じ中国から来た、陰陽五行説を用いる占いと言えば風水も有名です。風水と四柱推命の違いを簡単に言うと、風水が空間的な視点から占うのに対して、四柱推命は時間的な視点から占うと言えます。とは言え、風水でも、ある人がこの家に住み続けていいのかを鑑定する際、生年月日を必要とします。その情報を元にその人の基本的な性質を出して、それに対して今の間取りだとどの方位が凶で、どの方位が吉、その凶をやわらげるにはどうしたらいいか、と続くのが風水です。

四柱推命と風水は全く性格が違うものなので、この両方の鑑定を組み合わせてサービスしている鑑定士もいます。

四柱推命で占う際に使われる「命式」

四柱推命は日本だけでも6つ以上の流派があり、その占い方には「秘伝」と呼ばれる部分も多いのだとか。

生年月日から割り出す「命式」がその人を決める?

生年月日からその人の「命式」と呼ばれる表を起こし、その命式とそのときどきに巡ってくる星の力関係などを見てさまざまな運勢を占います。

この時点ですでに「難しそう」という印象が強い四柱推命の占い方、習得には5年から10年以上もかかるものなのだとか。

出典:道ひらき・四柱推命


命式表にはいくつかパターンがあるようですが、上に挙げた画像もそのひとつ。

命式そのものは、ネット上に命式計算サイトなどもあり素人でもそれ自体を見ることや表を起こすことは可能。例えばここでは、本人の命式を出すだけではなく、他の人との相性も見ることが出来ます。

マニアック四柱推命
http://www.koufuku.ne.jp/cgi-bin/unseiall.cgi

とはいえ、その読み解き方は勉強した人にしか分かりません。

たしかに、見慣れた「子・丑・寅・・・」といった十二支の干支も出てきますが、それと組み合わさって「甲・乙・丙・・・」といった微妙に見慣れないものも。

「子・牛・寅」の十二支で見慣れている方は「地支」という肉体の特徴などがわかるもの、「甲・乙・丙・・・」といった契約書などの文書でくらいしかあまり見覚えもない方が「天干」と呼ばれ運勢や性格の傾向を表すもの。

この二者の組み合わせによって、通変星、特殊星、十二運星などの星が決まり、それぞれ意味を持ち、それらがどう並んでいるかによって、最終的な結論を出すのだそうです。なかなか素人には手が出ませんね。

実は一時期当たると流行した「動物占い」、あれは「地支」と「天干」を抜き出した四柱推命をベースとした占いなんだそう。

「四柱推命」それそのものになじみがないと思っていても、ほかにも意外なところで接しているのかもしれませんね。

命式だけじゃない、「五行」の関係

風水でも聞く「五行」という考え方。

流派によってはこの五行の関係を注視するというところもあるのだとか。

「木・火・土・金・水」からなる五行はそれぞれに影響しあう性質をもち、その影響は相乗効果のように良い影響をもたらす組み合わせもあれば、悪い影響をもたらす組み合わせも。

良い影響をもたらす組み合わせを「相生(そうせい)」と呼び、悪い影響をもたらす組み合わせを「相剋(そうこく)」と呼びます。

出典:あなたのパワースポットを見つける! 風水空間クリエーター 天野千恵里


同じ中国発祥であるだけに、相生・相剋の関係のしかたは四柱推命でも風水でも同じようです。

自分が「木」であれば「水」が自分を強めてくれる相性の良いもの、逆に「金」は弱める相性の悪いもの。

しかし、相性が悪い「金」と相性の良い「水」が両方あると、「金」は「水」を強めるので、間接的に「木」を強めるのに役立ったりもしています。

そんな状況によっての組み合わせでバランスを取ろうとするところも、なんだか似ていますね。

通変星

命式は自分でもネットで出せて、サイトによってはそれを基にした今年の運勢、今月の運勢、今日の運勢などが出てきます。それを読み解く際のキーになる通変星。これは、「天干」と「地支」の組み合わせから出てきて、「年」「月」「日」「時」の4つの柱に配置されます。これらの通変星の持つバランスによって、その人の個性があらわれてきます。

四柱推命の命式を自分で読み解くのは難しいですが、その入門知識として、それぞれの通変星の意味を紹介しましょう。

通変星の種類

通変星は、「比肩」「劫財・敗財」「食神」「傷官」「正財」「偏官」「正官」「偏印」「印綬」「偏財」の10個があります。それぞれ人の根本的な性格と、日々の運勢に関わっています。それぞれが持っている意味を書いてみましょう。

比肩

兄弟姉妹やライバルを表す星です。また財星を悪くする星でもあります。比肩の時期は、金銭トラブルに巻き込まれたり、株式投資やギャンブルで財産をなくしたりする可能性があるので、注意が必要です。金銭の貸し借りは最も慎まなければなりません。

十年ごとの運である「大運」や、特定の年を表す「流年」にこの星が強く現れていると、自分を通しすぎる傾向が出てくるため、対人関係でのトラブルを起こしやすくなります。また、転勤、部署の変動、肉親との死別や別離、本人の病気などがあり得ます。

劫財・敗財

意味は比肩と似ていて、注意の必要な星です。「劫」や「敗」が財の上に付いているため、お金を奪い取ったり取られたりすると言う意味があります。つまり、財を生じる「正財」、「偏財」とは全く反対の星です。

劫財・敗財は、家庭内では親子、夫婦、兄弟の意見対立や具体的な別れも起きやすい時です。社会では仕事上のトラブルが増え、金銭的にも問題を起こしやすくなります。

また、性格としては浪費家であったり、何事につけても自分を主張する事が多く、自分の欲求、欲望を人一倍満足させなければ収まらない星です。 時には道徳や常識を無視して行動する事もあるので、常に自分を抑える為の努力をする必要があります。

食神

流年が食神の時期は、心にゆとりが出来る年です。落ち着いた雰囲気をかもし出すようになり、人間関係もスムーズに行くでしょう。食神の時期は運気が安定し、この頃から運勢が上昇し始めるため、努力した分結果が見えてくるようになります。

独身者の場合は紹介を受ける事が増え、新しい良い出会いがある時期です。しかしすでに相手がいる場合は、自主性に欠けやすく、姿勢も受け身になりがちな時期であるため、男女間の愛情トラブルに巻き込まれやすくなります。

この星は命式のどこにあっても良いのですが、特に生月や生時につく人はお金と食事が豊かになり、人柄は寛大で、寿命も長く、子供に恵まれます。

傷官

文字から想像出来るように、あまり良い意味ではありません。これは感情の星で、この性格を持つ人は喜怒哀楽が激しく、神経が細かすぎたり、気位が高い人が多いようです。

大運、流年などに現れてくると、気持ちは前向きでいられるため不安は少ないのですが、焦りから人間関係で失敗したり、訴訟問題などが起きやすくなります。

偏財

偏財の時期は、物の獲得や仕事の拡張など、自分の勢力範囲を拡大する時期です。偏財は回転する財と考えられるので、積極的に行動する事で仕事は上手く行きお金も入って来ます。投資にも向いている時期です。

性格は温厚で明るく、女性にあっては家庭的な人が多いのですが、金銭の面では家計のやりくりは下手な傾向にあります。男性は逆に金銭感覚が強く、経済的な関心が深く、事業欲の旺盛な人となります。ただ、男性としての迫力は欠ける人が多いようです。

正財

正財は良い時と悪い時の波が少ない、安定した時期です。大きな成果は期待できませんが、物事が確実に進展する時期に当たります。お金も着実な進展が望ましい時期なので、株よりは投資信託、投資信託よりは定期預金など、固い方法で資産を運用しましょう。

大運、流年にこの星が現れ、地支がそれに応ずる場合は財が入ります。逆に地支が死、墓、絶の場合は、出費が多くなり、また時には財に苦しめられる場合もあり得ます。

偏官

流年に現れると、環境を変えたくなったり、自己を改善したい思いが強くなる時期となります。偏官は比肩から数えて七番目に当たり、強過ぎる星のため、別名七殺しとも呼ばれています。四柱や五行によって、悪く働けば争いを起こし、善意の人々を苦しめる人になります。しかし、良く働けば、逆に正義感が強く、頼もしい人間になります。

偏官の時期には特に協調性を持ち、人の意見に素直に従うように心掛けないと、 転勤や異動などが起きたり、時には解雇されたり、人間関係の不満から自ら退職を希望する事もあります。

正官

社会的に発展し、向上心が旺盛になり個性が伸びる時期です。昔中国ではこの官星が最高の星とされました。官位さえあれば金も手に入ったからです。しかし現代社会では官位よりも財の方を重んじる人が増えているので、四柱に財星があるのが良いとされています。もちろん、この両方があれば非常に良い命式になります。

正官の時期は、努力した分どんどん発展して、思う以上に成果を得られます。短期労働者から正社員に採用される、個人経営者は自社の宣伝広告が上手くいくなどがあり、転職、受験や入学に向いている時期です。

偏印

偏印は、古典的な芸能事を修めたり、その指導者になったり、宗教的観念も強いため、中には名僧となる人もいる、特殊な星です。

偏印の時期は、社会的には縮小の時期になります。今まで上手く行っていた事でも、突然成果が上がらないという現象が起きたりするので、この時期は今までの生き方を反省し、次に来る上昇運の時まで力を蓄えましょう。研究や著作、芸術、宗教、趣味など、社会的に関連性の少ないものは発展します。

印綬

印綬は名誉を表します。地道な仕事が評価される星で、謙虚で控えめな性格の人が多いようです。しかし、五行などにこの星が固まると、理屈ばかり並べる、付き合いにくい理論家になってしまいます。偏印と似ていますが、偏印と比べるとより安定した星と言えます。

流年における印綬は、今までの努力が評価される時期になります。基本的には停滞と縮小の時期になりますが、この時良い評価を受けて社会的な立場が上昇する事もあります。発展する事を考えるより、現状を守る事に専念する方が無難な時期です。人間関係では人の援助や引き立てを受けやすい時期なので希望は持てるでしょう。

四柱推命では何が占える?

「陰陽思想」と「五行説」からなる「陰陽五行説」が用いられ、その的中率から四柱推命は「占いの帝王」とも呼ばれます。

産声をあげ自力で呼吸を始めたそのときに吸い込んだ空気の要素である陰陽や五行がその人間を決定づけるという考え方をもつ四柱推命。

その人が生まれたその日その時間によって行動パターンや性格、考え方のクセが分かるといいます。

ではその四柱推命では、具体的にはどのようなことが占えるのでしょうか?

本質や性格・才能「この人はどんな人?」

四柱推命で占えることのもっとも基本的なことともいえる、性格や才能、その人の本質。

周囲の人達から○○なように見えているこの人は、実はこのような性質を持っている人」といった性格の傾向。

また才能としてこの人の性質に合った得意なことは何であるのかなども占えます。

そのため、たとえば

「一見大人しく温和なばかりの人に見えるが実は強いリーダーシップを発揮できる人」

「常ににぎやかで人の輪の中心にいるようなタイプだが実は参謀役としての能力が高い」

などといった「その人の人となりに関する基本情報」ともいえる内容を知ることができます。

もちろんより深く掘り下げて、向いている適職を見つけたり逆にどうすればよりやりやすくなるのか、その人の生かすべき長所や治すべき短所といったことも分かります。

今日1日から生涯までその人の「運勢」

テレビや雑誌の星占いなどでも出てくる「あなたの今日の運勢は?」。

これは四柱推命でも占えます。

その日1日から「今月」「今年」といった単位も占えますし、もっといえばその人の一生の運勢を占うことができ、例えば「自分の20代は」「40代は」「60代は」「晩年は」といった占い方も可能。

どんなことが起こりやすく、どんな問題を何に気をつけて過ごせば回避できるのかなどといったことが占えますので、その日やその年などをどう過ごすか考えてみるのにも役に立ちますね。

また、日々の単位であっても「総合運」「恋愛運」「仕事運」「財運(金運)」「健康運」などポイントを絞って占うこともできます。

恋愛運・結婚相性

四柱推命では「論地支相冲例」と呼ばれる「不幸が訪れる組み合わせ」があります。

平たくいえば「相性が悪い」ということ。

これは命式で出てくる天干や地支といったものと絡んで、「この組み合わせだとこういうことが起きやすいですよ」ということを示しています。

たとえば「子と午の組み合わせはすべてにおいて反対思考」であるとか、「卯と酉の組み合わせでは中傷しあったりと敵対しやすい」などといった具合です。

恋愛であれ結婚であれ、人と人との相性によって長続きする・しないであるとか、友人同士のような関係であったり親子のような関係であったりといった関係のあり方が占われます。

仕事運

その人のもつ性格の傾向からもっとも適した職業を占ったり、能力を生かすのに望ましい職場環境や仕事や仕事の上での人間関係の注意点といったことも占えます。

また、転職にふさわしい時期や成功につながりやすいできごとがあるなど仕事運の良い時期を占うこともできます。

財運(金運)

仕事で大きく成功して財産を得る、安定していて特別大きなことはないけれど困ることはない、などその人が生まれながらに持っている財運から金運のよい時期、その活かし方などを占うことができます。

無料で占えるサイトなどでは、関連してギャンブル運などが占えることも。

健康運

その日やその年の健康運だけでなく、一生のなかや向こう10年の間で気をつけるべき時期や内容といったことが占えます。

そのほか、その人がなりやすい病気やケガなどについても占うことができます。

婚期

結婚に適した時期も当然占えます。実際に出してみると、これは定期的に来ているようですね。まず異性運上昇サインが出て、思いが募る時期、色欲が増進する時期が来て、そして結構適齢年となります。

こうした異性運の良い時期以外には、紹介や縁談があるかもしれない年、異性より仕事を考えたほうが良い年、何もしない方が良い年などがあります。

結婚は人生の一大事。せっかくなら適した時期にしたいものです。

そのほかには何が占える?

四柱推命で占えるのは、具体的な運勢の話だけではありません。

たとえば守護神にはどのようなものがついているのかといったこと。

ちなみに管理人が今回無料サイトで占ってみたところ、「天厨貴人」という飲食を好む守護神がついていて「食べることには苦労しない」のだそう。

喜んだのもつかの間、来年にかけて「空亡」(天中殺)だそうで一気にションボリしましたが、そこは当たらぬも八卦ということで(笑)。

そのほかにも、四柱推命では「その人やその人の人生が見渡せる」というほどさまざまなことについて占うことができます。

四柱推命の口コミ

出典:ispot 東京


ネットにも四柱推命による無料占いサイトがたくさんあります。通常は性格と運勢を占うもので、ときどき相性を占うものもあります。しかし、本当にしっかりと占うには、有料で占ってもらったほうが良いでしょう。生年月日と時間が分かれば、自動的に陰陽五行に基づいた情報が出てきますが、それをどう読み解くかはやはり、占い師の腕ではないでしょうか。

実際の体験例として、渋谷の「占いの館」で四柱推命をしているサトノ先生という方の口コミを紹介しましょう。ここで注意ですが、管理人はこの方に占ってもらうことをおすすめしているわけではありません。単に体験例として紹介しているだけなので、ご注意ください。

初、サトノ先生に観ていただきました。
事前に生年月日からきちんと調べて下さっていたので、はじめから仕事や金運、未来の事など聞きたい事が沢山聞けました。
過去については面白いくらいにズバリで、人の運命って生まれた時に決まっているのかと思うほど。
不運時刻表などの一年くらい使える色々な情報を書き込まれた沢山の表なども頂けて、かなり長い時間だった気がしましたが、クーポンも使用したら安くて驚いた。
どうやら30分にしてくれたみたいです。なんだか使わなきゃ良かった、申し訳ない。
占いで安すぎると思ったのは初めてです。また行きます。

サトノ先生に占って頂きました。
生年月日などから、事前に作成してくださっている資料を見ながら話をしてもらいました。
生まれてから現在までのこと、これからのこと、今年の運気の流れなど、盛りだくさんで快く教えて下さいます。運勢があまり良くない状態でも、アドバイスの仕方が決して嫌な気持ちにさせるようなことのない先生なので、終わったときには前向きな気分になれます☆また伺いたいです。

こうした口コミを見ると、四柱推命はやはり、過去や未来の運勢を見るのに良さそうですね。次は大阪ミナミの母 希多 真生子さんに寄せられた口コミを紹介しましょう。

色んな占いを行きつくしましたが、やはり希多真生子先生が当たります!!
ネットなどの書き込みをみて行きましたが、評判とおりすごいです。

初めてのときは恋愛と仕事について鑑定してもらいましたが、相手の男性の性格はもちろん、外見なんかも「見たことあるんじゃないか?」ってくらい当てられました。
あれには、色んな占いに行っていた私もちょっとびっくりでした。(^^;

基本的には四柱推命での鑑定なんですが、通常の四柱推命の鑑定方法とはちょっと違う、独特の鑑定をされますね。
あいまいな点がなく、納得のいく鑑定をしてくれます。

料金は30分5000円だったと思います。
今では、私の友達もみんな鑑定してもらいに行っていますよ。

四柱推命の相場

上記の口コミで料金が少し出ていますが、そもそも、四柱推命というものは、どれくらいの料金で見てもらえるものなのでしょう。Yahooの知恵袋にダイレクトな質問がありましたので、そちらを引用しましょう。

四柱推命の占い師さんの鑑定料の相場は、いくらですか?

正に直球の質問ですが、これに対してベストアンサーになったのはこちらです。

ピンキリだと思いますよ。
私の地元は個人経営の占い店が多いのですが、30分3000円くらいが相場です。
ただ、四柱推命だけでやっているかたは希で、易やタロットや手相もされていて、総合鑑定で30分~ という料金設定です。

特定の地元での相場で、しかも先に紹介した口コミの料金、30分5,000円より安いので、この回答だけだとちょっとモヤッとしてしまいます。もうひとつ、良いやり取りがあったので、そちらを紹介しましょう。まず、質問はこちらです。

占いもいろいろありますよね・・・?
でも、どの占いも統計学だと聞くんですが、どんな占いが一番よく統計上当たりやすいんでしょうか?そして、見てもらうのは「何分でいくら」ぐらいが平均なのでしょうか?
まあ、細○数子さんのように、セレブ的なお値段の方は別として・・・

占い全般の相場についての質問です。これに対してベストアンサーになった人は、2回書き込んでいるので、その両方を引用します。

“無料サイトのここで占いをしてくれとかあつかましいことをいう人がたくさんいますが、真剣に鑑定してほしいならあなたのようにお金を払って鑑定を受けるべきです。
生まれた時間も考慮して見る四柱推命などがおすすめですよ。だいたい総合鑑定で5000円位です。タロットカードや手相のみなら3000円くらいでもあります。
相談内容にもよりますが、デパートや街頭の角などにいる占い師の相場は3000円から5000円ほどでしょう。
少し有名な方や詳しく教えてもらうには2,3万かかるところもあります。
また自分だけでなく家族のことも知りたい、詳しく知りたいのなら占いスクールで習うのもおすすめです。月1、2万ほどで半年から1年くらい勉強すればあるていど自分や家族の命式も読めます。質問やわからないことにも丁寧に教えてくれる先生もいますので、中途半端に占い師のもとに通うよりは経済的かもしれません。通信教育などもあります。
そして鑑定を受けるのならばなるべく対面式で、占い師の顔を見て「この人に見てもらいたいなあ」と直感で思う人に鑑定してもらうと良いでしょう。”

“占いを信じるか信じないかという質問ではないのですよね。あくまで占いの相場料金などを参考にお伝えしたまでです。ひとついい忘れましたが、たいだい20,30分で3000-5000円です。
霊感のようなものと統計学,四柱推命や算命学は違います。
私も長年鑑定の仕事をしていますが、この人に占いは必要ないのでは?と思うこともあります。恋愛しなくても生きていける人がいるように占いがあまり必要ない人もいると思います。お金をとる必要がないなら占い師という職業はなくなっているはず。確かにどうかな?と思う占い師もいるし、テレビに出ているからよいということもないでしょう。ただの出たがりの可能性もありますし。
人それぞれ、信じる信じないは自由です。質問者さんは気などにも興味があるようなので参考までに投稿しました。”

どうもこの回答者は、実際に四柱推命の鑑定をしている人みたいですね。それだけにここに書かれた相場は、信用できるものだと思います。

四柱推命の無料サイト

この記事を読んで、四柱推命で占ってほしくなってきた方はきっとたくさんいることでしょう。でもいきなりお金をかける気はしないという方は、まず下記の無料サイトで占ってみたらどうでしょう。四柱推命のサイトを適当に検索しても、実は三柱推命であることがよくあるのですが、下記サイトはすべて正真正銘の四柱推命です。ご参考までに。

新栄堂 四柱推命の鑑定術や説明を豊富な資料とともに分かりやすく解説。

指定した年の運勢を見ることができます。生まれた年から100年後まで占えるようになっています。

四柱推命は生まれた年・月・日・刻 の四つの柱で、先天運を占います。
生まれ持った運(先天運)を占うには最高の占術です。
四っの要素で占うので、占い方も複雑ですが、的中率は抜群です。
他の占いとは格が違うので、占いの王様といわれています。
このページ(無料占い鑑定所)では四柱推命の良さを手軽に知っていただくために無料占い鑑定を設置いたしました。
ご自分やパートナーの運勢を無料で占います。何人でも無料ですので、思う存分占って下さい。
また無料自動鑑定は生まれた年から100年後まで占えます。
無料自動鑑定に入力して鑑定をクリックして下さい。すぐに貴方の『命式表』が現れます。
『命式表』は貴方自身の設計図(DNA)です。解読すれば全てが解ります。
下に各柱や性格等の説明を簡単に記入しましたが、命式表から割出す5%の内容にもなりません。
見出しの{運勢全般・命式の見方 四柱・各柱の影響年代}を参照して下さい。

的中鑑定に希望が湧く!「北海道の母うたえ」雪をも解かす深愛の占者

少しスクロールすると「完全無料で鑑定する」のボタンがあり、「今月の総合運」「今月の恋愛運」「今月の金運」を占えます。

千年以上も前に生まれた「四柱推命」。その的中力の高さは、各時代の権力者や皇帝に「秘伝」として受け継がれてきました。ここでは、「うたえ」ならではの占術で、毎月のあなたの運勢を見てみましょう。

四柱推命無料占い 誕生日から今年の運勢がわかる|山口開運堂

難解な四柱推命を理解してもらうために、無料占いを設置しているとのことです。

ご自分やご家族、何人でも何回でも無料です。
必要な情報(誕生日など)を入力し、占うボタンをクリックすると、
あなたの【命式表】が現れます。
この命式表はあなた自身の運命の設計図です。
解読すれば運に関わる事は全て分かります。
命式表の下に各柱が意味する運勢を
簡単に記載致しました。

先天八字推命・八文字四柱推命

先天八字推命または八文字四柱推命と呼ばれる、四柱推命の原点があります。これを行っている鑑定士は、現代の日本で行われている四柱推命は、簡略化されていると言っています。まずは先天八字推命の方から、原点のほうが素晴らしいという主張を引用しましょう。

先天八字推命術とは、古来、中国において、あまたある占術の中で「占術之王」として絶大な信頼を得てきた占いです。
現在でも、中国、台湾、シンガポールなど、華僑の活躍する地域において、先天八字(センツェンパーツー)、もしくは単に八字(パーツー)と呼ばれ、広く知られています。

かつて、中国の歴代皇帝が、国家の存亡や時代の趨勢を読み取るために研究され、あまりに高い的中率ゆえに、唐の時代には、一般民衆が学ぶことを禁じられたほどでした。

日本でよく知られる四柱推命は、この先天八字推命術が日本に渡り、研究されていくうちに、独自に変化をとげていったもの。
その源流である先天八字が最も色濃く残っているのが台湾の地であり、その台湾に留学し学んだ鮑黎明は、その研究の第一人者と言えるでしょう。

次は八文字四柱推命を推進している鑑定士のページからです。

「東洋文明発祥の地」中国で、殷(いん・紀元前11~17世紀)代に生まれた「十干」「十二支」を用いた占いは、「命理学」「四柱推命」「陰陽五行」と形や名称を変えながら、永く中国、そして韓国や日本において、多くの時代の為政者の権力の傍らにあり、また、市井の人々の人生を導く道しるべとして存在してきました。
ただ……その歴史は決して平坦なものではなく、時には前述のとおり「名称そのものを変え」たり、「五行」を重視するなど、より簡素な鑑定方法をとることを余儀なくされたり、挙げ句には「三柱推命」といった風に占術の根幹に関わる部分にまで手を入れなければならなかったり、と文字どおり「苦難の道」と呼ぶにふさわしいものでした。
なぜ、広く支持を集めているにもかかわらず、そのような歩みをたどるしかなかったのかその理由はずばり、あまりにも当たるから。そう、時の権力者たちは、この的中占術が、対立する者、もしくは決して反旗を翻させてはならない一般大衆に伝わることを恐れたのです。

先天八字でいう八字は、生年、月、日、時間、の4つの要素から導き出される「十天干」と「十二地支」のそれぞれの文字を言います。一方、八文字推命学での八文字は、同じく、生年、月、日、時間、の4つの要素から導き出される「四つの十干」「四つの十二支」からなる漢字八字のことを指します。それぞれ用語は違いますが、根本的には同じものであると思われます。

さて、四柱推命の原点と言えるこの2つの占い。一般的な四柱推命よりも当たるのでしょうか。気になった方は鑑定してもらってみてください!

⇒ 四柱推命の相性占いサイトの選択をお手伝いします

⇒ 相性が気になるなら、四柱推命で診断してみるのもありかも

占いというもの

管理人は、未来は決まっていないものだと思います。とは言え、このまま行ったらこうなる、という未来はあるようで、各占い師たちが四柱推命に限らず、いろいろな方法でそれを占っています。でもそれにあまりとらわれてほしくないという思いがあります。例え悪い内容でも、それが絶対に起きるというわけではなく、未来はいつでも変えていけるものですから。とりあえずは信頼できる四柱推命で、だいたいの未来を知っておき、自分の性格も改めて把握して、それを元によりよい未来を作っていきたいものです!

四柱推命についてもっと知りたいならこちらもどうぞ。

 

 


 

関連記事