羽田空港には国際線ターミナル、国内線第1、第2ターミナルに150店を越えるレストランやカフェが入っています。羽田空港は年間6000万人以上の方が利用しており、その方々の食事を提供するレストランが多いのは当然と言えば当然ですね。

羽田空港で食事をしてからフライトされる方や、乗り継ぎの合い間に食事をされる方も多いようです。しかし、羽田空港を利用される方には早朝フライトされる方もいれば、夜のフライトの方もいます。また、海外から早朝に到着したり、夜遅くに到着する方もいるでしょう。

そのような場合、心配なのは食事をするレストランなどが開いているかどうかです。

しかし、羽田空港の国際線ターミナルには24時間営業のレストランがたくさんありますので、いつでも食べられますのでご安心ください。

今回は、そのような食事をするレストランの営業時間や食事をする場所などについて調べてみました。

他にも、羽田空港のレストランで食事するに関する記事はいろいろあります!
まずは、しっかりと情報収集してみてはいかがでしょうか?

※ 「羽田空港のレストランで食事する」の記事一覧はこちらから

羽田空港のレストランとその営業時間帯は?

羽田空港のレストランは、国内線は第1ターミナルに57店、第2ターミナルに60店と合計117店舗が入ったレストラン街があります。

国内線ターミナルの場合、国内線の始発便から最終便の午前5時過ぎから夜の午後8時くらいまではレストランを利用することが出来ます。従って、国内線であれば通常の飛行機が飛んでいる時間帯には、食事をすることが出来ますので、正常に飛行機が飛んでいる限りは食事の心配はありません。

また、国際線ターミナルにもレストランがあり、約40店が入居して味を競っています。
国際腺ターミナルに入っているレストランの営業時間は、多くの店が午前9時以降から午後11~12時までの営業ですが、到着便が24時間体制でありますので、長時間の対応が必要です。
そのため、一部の店は到着便の少ない夕方に休憩や仕込みの準備をしますが、基本的にはレストランも24時間体制で、出発される方、帰って来られる方を迎えられるようにしています。すべてのレストランではありませんが、国際便で帰られる方は、夜中に到着してもちゃんとそれを待っていてくれるレストランがありますので、安心ですね。

また、ターミナル内には空弁(そらべん)も販売されており、たいていの場合、何らかの食事を食べることが出来ますよ。

国際線ターミナルで24時間営業のレストラン


羽田空港の国際線ターミナルで24時間営業をしている有名レストランは次のようなところがあります。
  • ドルピエールジェット
  • 吉野家
  • 魚がし日本一
  • 叙々苑(閉店)
  • 日本の味 すぎのこ
  • 夢吟坊
  • 六厘舎 など。
聞いたことのあるお店が多いですね。
なお、24時間営業をしている店は他にもあり、全体では12店舗ほどが休まず、おもてなししてくれますよ。

24時間営業の有名レストランの概要

ご紹介した24時間営業のレストランの概要について簡単にご紹介します。

羽田空港の国際便は24時間離着陸があり、そのたびに多くの方々が空港を利用されているのです。

乗り換え便のフライトまで時間があり、空いたお腹を満たしたいという方、深夜に到着して、始発が出る前に食事をしておきたいと言う方などがたくさんいらっしゃいます。その方々の胃袋をいつも満たしているのが、24時間営業のレストランです。

特に気を付けていただきたいのは、レストランの場所です。

出国エリア(搭乗ゲート付近)にあるものもあれば、一般エリア(非出国エリア)にあるものもあります。出国エリアのお店の場合、出国手続きが済んだ状態でないと利用することは出来ませんので注意が必要です。国内線ターミナルからわざわざ食事に来ても、出国エリアのお店までは行けません。

国際線ターミナルの場合、
  • 江戸小路・・・国際線ターミナル4階(非出国エリア)
  • フードコート Tokyo Sky Kitchen・・・国際線ターミナル3階(出国エリア)
にレストランが集中してますので、覚えておくといいでしょう。

では、その中でもおすすめのレストランを個々にご紹介しましょう。

ドンピエールジェット

ドンピエールジェットは、羽田空港国際線ターミナル3階にある欧風カレー専門店です。
国際線の出国後エリアの114番ゲート付近にあるフードコートの『ALL DAY AIR DINING TOKYO SKY KITCHEN』の一画にあります。
カレーだけでなく、仏料理、オムライスなどの洋食まで食べられる店として有名です。
アジアの香辛料とフレンチの洗練されたソースをうまくミックスさせた世界にも誇れる日本の洋食になります。


また、より多くの方に気軽に楽しんでもらおうとフードコートで提供しています。
早朝、深夜関係なく、24時間営業で、深夜発着の方も安心して召し上がれるお店です。
早朝便で出発という時には、まず朝食は食べずに来られる方がほとんどで、非常に助かると言う声も多くあります。
国際カードはほぼすべて使えますし、電子マネーにも対応していますので、支払いも便利です。

  • 場所 フードコート Tokyo Sky Kitchen(出国エリア)
  • 営業時間 通常24時間営業
  • 電話番号 03-6428-0026

吉野家

吉野家はよく知られている牛丼の店ですが、羽田空港国際線ターミナル4階の江戸小路(非出国エリア)にあります。早く安く食べられるので、時間を気にせずに食べることができるのがいいですよね。

そういえば、昔キン肉マンも歌ってました。(若い方はご存知ではないかもしれませんが・・・)

さらに、最近では海外の方にも大人気です。よく人気レストランランキングに入っている理由は、その早く食べられると言う点が評価されているようです。

また、江戸小路にあるため、搭乗者だけでなく、観光や見学で羽田空港に来られた方も食べることが出来るのです。

この国際線ターミナルにある吉野家では、ここと国会議事堂内の店舗でしか食べられない和牛の牛重(1240円)というメニューがあります。


通常の牛丼よりは多少待ち時間はかかりますが、やらわかく美味しい和牛の旨みを生かした牛重はそれだけの価値があります。

たれも通常とは違って美味しく、特に観光や見学で来たときには食べてみる価値がありそうです。

24時間営業ですので、深夜の乗り継ぎ便の合間にさっと食べることが出来ます。
ここも、国際カードはほぼすべて使えますし、電子マネーにも対応しています。

  • 場所 江戸小路(一般エリア)
  • 営業時間 通常24時間営業
  • 電話番号 03-5708-7505

魚がし日本一

羽田空港国際線ターミナル3階のフードコート『ALL DAY AIR DINING TOKYO SKY KITCHEN』(出国エリア)内にある「魚がし日本一」は高級寿司店として、外国人の方に人気です。

出典:食べログ 呑太郎さんの投稿


お寿司は海外でもよく知られるようになっていますが、いろいろにアレンジされている傾向が強く本格的な日本文化としての寿司を求められる方も多くいらっしゃいます。

「魚がし日本一」は、大田、築地市場のセリの権利も持っている数少ない寿司店であり、1貫100円からと格安で提供してくれるので驚きです。

また、「魚がし日本一」は、魚がし七たて、「獲れたて、下ろしたて、煮たて、焼きたて、炊き立て、握りたて」を信条としていますので、新鮮なお寿司をいただくことが出来ます。しかも、24時間営業をしていますので、深夜のフライトでも安心して日本の味を食べることが出来ますよ。


海外赴任で、しばらく日本に帰って来れない方などが、最後のお寿司という感じで食べられているのも見受けられます。
ここも、国際カードはほぼすべて使えますし、電子マネーにも対応しています。

  • 場所 フードコート Tokyo Sky Kitchen(出国エリア)
  • 営業時間 通常24時間営業
  • 電話番号 03-6428-0028

叙々苑:閉店

叙々苑はよく知られた高級焼肉店ですが、閉店してしまいました。
オリジナル肉重などをリーズナブルな価格で提供してくれましたが、残念ですね!

日本の味 Suginoko すぎのこ

「日本の味 すぎのこ」は、羽田空港国際線ターミナル4階の江戸小路(非出国エリア)にある和風居酒屋で、さまざまな和風料理に舌づつみを打ちながらお酒を飲むことが出来ます。いわゆる、チェーンの居酒屋です。もちろん食事もすることが出来ますよ。

出典:じゅずじの旦那


四季折々の素材を生かした肴や食事を提供しています。日本各地の豊富な地酒を揃えており、飛行機から降りて、一杯やりたいなと思った時、何時でも対応してくれる居酒屋でもあるのです。

出典:Retty


出典:Retty


海外赴任をお友達が見送りに来てくれた時に、最後の祝杯を交わすにもいい場所です。
また、早めメニューとしてうどんなども用意しており、乗換えで時間のないときなどには便利なお店と言えます。
ここも、国際カードはほぼすべて使えますし、電子マネーにも対応しています。
  • 場所 江戸小路(一般エリア)
  • 営業時間 通常24時間営業
  • 電話番号 03-5708-7717
羽田空港でお酒を楽しむなら国際線ターミナルへ行きましょう。24時間営業の居酒屋もあります。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

※ 羽田空港国際線ターミナルで飲み会!24H営業もあるよ!

夢吟坊

「夢吟坊」は、羽田空港国際線ターミナル3階のフードコート『ALL DAY AIR DINING TOKYO SKY KITCHEN』(出国エリア)内にある京風のうどんを提供する名店です。
京都特有の上品な薄味で、日本のもてなしを味わうことが出来ます。


都内では抜群の京都の味を賞味させてくれるお店です。
都内には新宿に本店を構え、羽田空港店を含めて5店舗あります。
やはり、24時間営業で深夜も乗り継ぎや始発待ちの方々がうどんを胃袋に流し込む姿が見られます。。
うどんですから、時間がかからず、搭乗案内を気にせずに食べらるのです。
ここも、国際カードはほぼすべて使えますし、電子マネーにも対応しています。

  • 場所 フードコート Tokyo Sky Kitchen(出国エリア)
  • 営業時間 通常24時間営業
  • 電話番号 03-6428-0025

六厘舎

「六厘舎」は、羽田空港国際線ターミナル3階のフードコート『ALL DAY AIR DINING TOKYO SKY KITCHEN』(出国エリア)内にあるラーメンの有名店です。
六厘舎は、ラーメン激戦区の東京でもその味は支持を集め、東京駅店では1時間待ちは当たり前と言われている名店です。
ラーメン店のランキングでもいつも上位に位置していますので、一度寄ってみてください。


夜中に到着して並ばずに食べられる名店のラーメンを食して見るのもいいでしょう。フードコートにあるため、比較的並ばずに食べることができます。


一番人気は、特製つけめんで並もりで1,080円です。
海外に行かれる前に食べられる方が多いようです。


ここも、国際カードはほぼすべて使えますし、電子マネーにも対応しています。

  • 場所 フードコート Tokyo Sky Kitchen(出国エリア)
  • 営業時間 通常24時間営業
  • 電話番号 03-6303-6825

その他の24時間営業のレストラン

上記以外でも、羽田空港得の国際線ターミナルには、24時間営業のレストランはいくつかあります。

24時間営業の店のあるのは、3階のフードコート『ALL DAY AIR DINING TOKYO SKY KITCHEN』(出国エリア)の中か、4階の江戸小路(一般エリア)です。

4階の江戸小路は、出国後エリアではありませんので、観光や見学に来て、深夜になってしまった場合でも入ることが可能です。

また、2階の到着ロビー(一般エリア)にはタリーズコーヒーが24時間営業をしています。

3階のフードコート『ALL DAY AIR DINING TOKYO SKY KITCHEN』(出国エリア)にあるレストランは、次のような店になります。
  • POUND-YA
  • TRUE SOUP
  • カフェ カーディナル
  • バー レイジ
  • 甚六 Anti
また、4階の江戸小路(一般エリア)にあるのは、次のお店です。ラーメン店以外はカフェになりますが軽い食事も出来ますよ。
  • せたが屋(ラーメン)
  • 和カフェテリア Dining 24 羽田食堂 4階江戸小路
  • 茶寮 伊藤園
  • MOSカフェ 羽田空港国際線ターミナルビル店

到着便が遅れて夜中になった場合などの食事は大丈夫?


国際線の場合には、出発が遅れたり、天候の関係などで到着が遅れることがあります。
また、夜中に到着したが、乗り継ぎ便まで時間があり、食事をしたいという方もいます。
そのような場合には、国際線ターミナルでは、24時間営業のレストランがありますので、安心です。
逆に時間が遅いので混雑することもなく、ゆっくりと食事をすることが出来ます。

一方、国内線でも夜中に空港で待たされることもありますね。
天候などの影響により国内線の出発が出来ないため、遅くに食事を取らなければならなくなった場合には、国際線ターミナルに行けば開いている店があり、食べることが出来ます。
ちょっと距離はありますが、名店が24時間営業をしていますので、美味しい夜食を食べられ、いいですよ。
天候の急変には逆らえませんので、開き直って美味しい食事でもして待ちましょう。

仮眠や休憩したいなら、こちらの記事が参考になります。カプセルホテルトランジット用のリフレッシュルームなどいろいろあります。

「羽田空港で寝る・仮眠・休憩する」の記事一覧はこちらから

早く食べられる食事を提供するところはあるの?

羽田空港のレストランやカフェにはファーストフード店もありますので、フライトまでの時間がない場合には、それらのファーストフード店で食べることも出来ます。

また、国内線であれば、ターミナルで空弁(そらべん)を買って飛行機の中で食べることも出来ますよ。
空弁は、国内線では飛行時間が短く、しかも格安航空の場合には席も狭いという状況を考えて作られていますので、安心です。

空弁は、狭くても食べられるように弁当の大きさが通常の駅弁などに比べて一回り小さくなっているため、狭くても、時間が短くても食べられるようになっています。
従って、狭い機内でも安心して召し上がれますよ。
一方、空パンとしてサンドイッチや調理パンも販売されていますので、重い食事はちょっとという方も安心です。
飛行機の旅を楽しんでください。

 

空弁(そらべん)については、こちらの記事で詳しく紹介しています。かなりの種類の弁当がありますよ。

※ 羽田空港の空弁を極める!おすすめの弁当ランキング

レストランの場所はどこ?

食事の出来るレストランは、第1、第2ターミナルと国際線ターミナルにあります。
以下のインターネット上にターミナルの地図はありますので、拡大してプリントしておけば安心です。

国内線ターミナルの全てのレストラン&カフェの紹介は次のアドレスにあります。
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shops_and_restaurants/

国際ターミナルのレストランの一覧は以下に案内がありますので、ご確認ください。
http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/r000000_000000.html

羽田空港の24時間営業のレストランの口コミ情報?

羽田空港の国際線ターミナルにある24時間営業の主要レストランの口コミ情報は次のようなものがあります。

●ドルピエールジェット

12月中旬の昼時に利用しました。
先ずは注文カウンターにてオーダーと支払いをします。
この日は
「牛すじカレー」(1512円)
を注文しました。
(中略)
ちなみに福神漬けやソースなどが注文口カウンター横にセットされて
いるのでお好きなものをピックアップします。
(中略)
お味は洋風なコクのある味で上品なお味がします。
しかし、やはりこの1500円超えのお値段が自分の意識の中で過剰な
期待と厳しい評価をさせているのでしょうか、プラスチック製の
フォークと持ち帰り用小袋に入った福神漬けやソースのチープさが
自分の中での高級感を下げ、また、牛すじがとろけてしまったのか
写真よりもボリュームに物足りなさを感じました。フードコート内
だからこそこのお値段で頂けるカレーだと本当は思わねばいけないの
しょうけどね (^_^;) ボリュームを求めるならとんかつカレーとか
野菜カレーの方が良かったかも。次回はそちらを食べたいと思います。

●日本の味 Suginoko すぎのこ

東京での最後の食事。搭乗直前までゆっくり出来るように、と友人たちが羽田空港まで来てくれました。せっかくなので旅行気分を味わいたいと国際線ターミナルへ(笑)。靴を脱いで掘りごたつ式でくつろげそうなこちらのお店に入りました。

ランチメニューはうどんや寿司、天ぷらやカレーなどの和食です。私は一番お安い生姜焼き定食税込1000円にしました。私たちは5人で全員違う物を頼んだのですが、全部同時に出して頂けたのは当たり前かもしれませんが非常に好感が持てました^_^。定食によってサラダだったりお浸しや茶碗蒸しなど添えられている物も皆違うのですが、全て美味しかったです。こういう場所の食事だと高い割にはイマイチ…というのが多いのに、予想外に美味しくて値段も手頃なのにびっくりしました。

国際線ターミナルなので当然外国のお客様も多いですが、スタッフの明るくキビキビとした応対も素晴らしかったです。

国内線ターミナルから無料バスで行けるので、また利用したいです^_^

まとめ

羽田空港には、各ターミナル内に150店以上のレストランやカフェが入っており、飛行機に乗られる方の食事や飛行機で来られた方の食事を提供しています。

もちろん、飛行機に乗らずに、見送りや観光などで来られる方も食べることが出ます。
国内線ターミナルでは、営業時間も始発便から最終便まで開いている店が多く、どんな時間も食べることが出来て、安心です。

国際線ターミナルのように24時間飛行機が到着する場合にも24時間営業している店があり、夜中に到着しても食べることが出来ます。

また、天候などの都合で空港で一晩過ごすことになっても、国際線ターミナルに行けば夜中でも食べられます。

羽田空港は、さまざまな状況に応じて対応出来る空港になっていますので、安心して利用してください。

 

他にも、羽田空港のレストランで食事するに関する記事はいろいろあります!

※ 「羽田空港のレストランで食事する」の記事一覧はこちらから


 

関連記事