羽田空港の第1ターミナルの1階到着フロアには、ビジネスホテルよりも安く、快適さはカプセルホテルよりもずっとよいファーストキャビンという宿泊設備があります。

ファーストキャビンは全国展開をしているホテルチェーンで、羽田空港のほか、都内に秋葉原、東京駅、築地の7件、愛知県の名古屋駅前など、京都、大阪、九州などの好立地に展開をしています。

飛行機のファーストクラスや空港のメンバーズラウンジを想像させる通常よりもワンランク上の宿泊設備になっています。

そのため、部屋のことをキャビンと呼んでいます。

wi-fi、テレビも使い放題になっていますので、ビジネスでの利用もプライベートでの利用もOKです。

しかも、時間単位での利用も出来ますので、仮眠を取ったり、休憩したり、大浴場でリフレッシュをすることもできます。

このようなファーストキャビンの利用についての詳細や、口コミによる評判などを調べてみました。

 

他にも、羽田空港で寝る・仮眠・休憩するに関する記事はいろいろあります!
まずは、しっかりと情報収集してみてはいかがでしょうか?

※ 「羽田空港で寝る・仮眠・休憩する」の記事一覧はこちらから

どんな時に利用するの?

特に羽田の場合は、ビジネスなどで早朝便を使う場合が多く、また、乗り継ぎの便が上手く接続できずに、2~3時間の空き時間が出来てしまう場合などがあります。

また、深夜国際便を利用しようとする場合、会社から家に帰ってしまうと時間ロスが大きかったり、間に合わない場合もあります。

そのような場合、前日から入ったり、一時利用でビジネス効率を上げたりすることが出来ます。
羽田空港だけでなく、ほとんどが最寄り駅から徒歩5分以内の立地にあり、飛行機の延着や最終便を逃したと言う場合など、困った状況が出来た場合にも手軽に利用できます。

利用料金はどれくらい?

ファーストキャビンの利用料金について見てみましょう。
ファーストクラスの場合は、宿泊が6000円、ショートステイ(一時休憩)は、午前10時から午後7時までは1時間1000円になります。
また、早朝の場合は対象が午前5時から午前10時までで、3時間単位になり、3000円となります。
午後7時以降は宿泊となります。
又、ビジネスクラスの場合は、宿泊が5000円で、ショートステイは午前10時から午後7時までは1時間800円になります。
但し、ビジネスクラスのショートステイは2時間以上が条件になり、早朝ステイサービスはありません。
午後7時以降は宿泊となるのは同じです。
全て税込みになっており、使い易い仕組みと言えます。

支払い方法は?

ファーストキャビンの支払方法は、現金のほかにクレジットカードも使えます。
当然、VISA、Master Card、JCBはもちろんです。
それ以外も、American Express、Diners Club、Nicos、UC、SAISON CARD、Cedyna FC、AEONが使えます。

予約できるのか?

予約は、電話でできます。

羽田空港のファーストキャビンの電話番号は03-5757-8755になります。

また、メールもあり、fc_haneda@first-cabin.jpで問い合わせることができます。

なお、キャンセル料については、2日前30%、前日50%、当日80%となっています。

※ 【人気記事】羽田空港でラーメンを食すならどこ?国際線は?24H営業も

利用したらどういうサービスを受けられるの?


ファーストキャビンに併設されている施設としては、ラウンジ、大浴場、シャワーブース、パウダールーム、着替え室、クローク、喫煙室、電話ブースなどがあります。

また、女性専用のラウンジも設けられており、宿泊、ショートステイどちらでもそれらの施設を利用できます。

従って、飛行機の待ち時間にシャワーと着替えをしてさっぱりしたり、wi-fiで仕事の確認をしたりすることができます。

女性の場合は、着替えのほか、パウダールームで化粧直しも出来、女性専用ラウンジで安心して休めます。
無料貸し出しとして、アイロン、海外用変換プラグ、LANケーブルなどもあります。

また、パソコンなどを持ち合わせていない場合、ラウンジのカウンター席にはコインPCや携帯電話充電器なども設置されていますので、利用が可能です。

コインPCは10分100円、携帯電話充電器は30分200円となっています。
まあ、メールを確認するぐらいですね。
さらにはコインランドリーもありますので、時間が充分にある場合には、洗濯も出来ます。
乾燥機付きになっていますので、1時間ちょっとあれば洗濯はできますよ。

部屋のサービスは?

部屋には、キャビンウェア、使い捨てスリッパ、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープなども備えられています。
もちろん、テレビも設置されており、wi-fiも使えるようになっています。
ファーストクラスのキャビンには、サイドテーブルもあります。
また、女性専用のキャビンもあり、洗顔料、メイク落とし、化粧水、乳液、コットン、ヘアアイロンなども備えられていますので、通常のホテルと変わりません。

羽田空港で、ファーストキャビン以外に仮眠出来そうな場所をこちらの記事でまとめていますので参考にしてください。

※ 【人気記事】羽田空港で仮眠したいときありますね、そんな時は仮眠室で

軽食や飲み物は?


ファーストキャビン羽田空港の中には、食事するところはありませんが、第1ターミナルには、レストランやお店が247件入っています。
基本的には、早朝便から最終便の頃まで開いている店もありますので、食事には事欠きません。
ただ、結構多くの店は20時くらいに閉まるところも多いため、深夜に到着の場合は、食べられるところは限られます。
喫茶店などもありますので、お酒、飲み物もレストラン街で飲むことが出来ます。
また、飲み物は自販機が置かれています。
ラウンジで飲むことも出来ますよ。
あくまでも、ファーストキャビン羽田空港そのものは素泊まりの施設になります。

羽田空港には、駅弁ならぬ空弁(そらべん)が種類豊富にあります。手軽に楽しめるお弁当について詳しく紹介していますので参考にしてください。

※ 羽田空港の空弁を極める!おすすめの弁当ランキング

羽田空港には24時間営業の飲食店もたくさんあります。こちらの記事で紹介してます。

※ 羽田空港のレストランの営業時間は?24H営業はあるの?

口コミをたくさん知りたい!

最近の口コミについて、旅行代理店の「Rakuten Travel」と「じゃらん」での口コミと評価を見てみました。
やはり皆さん、カプセルホテルと言う感想ですね。

Rakuten Travel 平均 3.84点

評価4:周囲の騒音がうるさい。(40代女性)
評価4:早朝便にはもってこい。きれいで、対応も丁寧
評価4:部屋もお風呂もストレスなく使えた。ターミナルにあるので便利。
評価4:カプセルホテルとしては広くて清潔感あり。早朝便の人で目が覚める(40代男性)
評価5:必要最低限の設備揃っており、寝るだけなら問題なし。(50代男性)
評価3:深夜だと洗面所や脱衣所の水跡がひどく、深い。
部屋の密閉性を問題にされている方が多いようですが、早朝、深夜の時間調整のための施設と考えれば、評価は良いようです。

じゃらん 平均3.9点

評価2:他の部屋の音が気になる。特にいびき音が響くので眠れない。(男性60代)
評価3:内容からすると少し値段が高い。夜遅いと食事するところが限られる。(男性40代)
評価3:施設は清潔で、スタッフの対応良く、寝ることだけなら問題なし。ただ、周りがうるさい。(男性40代)
評価4:煩わしさなく、朝起こしてくれ、助かった。仕切りが完璧でないので音、光漏れがある。(女性20代)
評価3:しゃれたカプセルホテルという感じ。仕切りがきちんとしていないので、周りの音がうるさい。風呂はまあまあきれい(男性30代)
評価5:深夜チェックインだったが親切。寝るだけだったので特に問題なし。
ここでもやはり、部屋の密閉性を問題にされる方が多いようで、きちんと宿泊を希望されて、神経質な方の場合はちょっとしんどいかもしれません。
ただ、早朝便で立つ場合や、深夜便で帰れない場合で寝るだけと言うのであれば、比較的良い評価のようです。

4travel 平均4.07点

ファーストキャビンに泊まりましたので、ベットの脇で小さいスーツケースを広げることも出来ました。女性エリアに入るのもセキュリティカードが必要で、部屋には鍵がなくアコーディオンカーテンがドア代わりになっていますが、貴重品はベッド下に収納できるので安心です。

出典:4travel

 

ベッドルームが狭いのは仕方ないが、  荷物の片付けなど出来る共用部が欲しい。 別途ロッカーが欲しい。  スーツケースはフロントに預けるほかない。

出典:4travel

 

24時間開放で利用者が多いせいか、お風呂の床が石けんでぬめっていた。

出典:4travel

 

ビジネスクラスは先にも書いたとおり、ベット幅が部屋の幅と同じですので、手荷物程度のものしか部屋の中にもちこめず、トランクなどは、通路においておく他ありません。靴さえもなんとか、ベッド下にねじ込むように収納するしかありません。
着替えもベッド上でするしかないのですが、身長の高い人なら頭が天井に届いてしまうと思います。ちなみに、ロッカールームはありません。
ファーストクラスなら、そのような不便は全くありませんので、空室があればこちらを選択することをおすすめします。
なお、各部屋貴重品入れがありますので、管理については安心できます。
風呂は洗い場が7人くらい、浴槽は5人位入れるようなものと、個室シャワーユニットが3基ありました。

出典:4travel

女性がカプセルホテルなど、鍵の付ける事のできない宿泊施設に泊まる時、一番気になるのは安全面ではないでしょうか。
女性専用エリアがあり、セキュリティカードがない限り男性は入ってこられないようになっているのは安心できる良いポイントで、口コミにも仕切られていて安心できたとするものが多く見られました。

また上記のように、お風呂場の利用については、大浴場でゆっくりできて良かったとする一方、床面がぬるぬるしていて衛生的にマイナスだったという評価もあります。

24時間営業の大浴場ともなると、タイミングによっては、なかなかしっかり掃除が行き届いていない時に入ってしまうかもしれません。

また、女性はどうしても荷物が多くなりがちなのですが、荷物を片付けるという点では不満が多く見られました。
ファーストキャビンには二種類のタイプの部屋がありますので、ビジネスクラスなら狭くても、ファーストクラスならゆったりしていて荷物も置きやすいようです。

ビジネスクラスで大きなスーツケースがあるような場合は、貴重品や壊れやすい物以外はフロントで荷物預かりのサービスがありますので、そちらを利用する方が良いようです。
チェックインする時には、フロントからも説明があるようです。

貴重品については、きちんとベッド下に鍵付き収納があるので、多くの口コミでも安心して利用できた、と書かれてありました。

宿らん

宿らんのユーザー評価は、「素晴らしい」、「良い」と「普通」が9割ほどを占めています。
ちょっと気になったのは、予約の部分の口コミ。

利便性がとても良いですが、空きがほとんどなく予約を取るのがとても難しいです。土曜日や多客期でなくても埋まっています。 旅程が決まったら真っ先に予約することをお勧めします。特に女性用のほうがキャビン数が少ないため要注意です。

出典:宿らん

とあるとおり、常に予約いっぱい、という感じのようです。
実際、今どのくらいの日に予約ができるのかネットで検索してみても、移動の多いシーズン中は一か月後まですべて埋まっているようです。

女性も安心して利用できるうえに安いため、人気が出てきている証拠とはいえ、どうしても利用したい場合は、早めの予約は必須のようです。

もう一つ気になるのが、ごはん事情です。

22時を過ぎると食事するところに困る。遅すぎると羽田空港のシャッターが降りてしまう(多分)館内には自動販売機のおにぎりぐらいしかないので注意

出典:宿らん

とあるとおり、自動販売機には軽食があり、飲み物も自販機で買えはするのですが、空港内で食べるような食事を期待してしまうと、遅くに来た場合は困ってしまうかもしれません。
24時間開いている国際線と違い、ファーストキャビンのある第1ターミナルは、夜は閉まってしまいます。

もし遅くに入る予定があるようであれば、あらかじめどこかで夜食はゲットしていった方がいいかもしれません。

宿らんでも、マイナス要素だけではなく、ちゃんと良い部分の口コミも多数見受けられます。
例えば次のようなものです。

浴場添えつけのシャンプー等は資生堂の業務用ですが、とても香が良くて女性には嬉しい。

出典:宿らん

ともあるように、女性に人気の理由の一つが、香りかもしれません。
部屋もアロマの香りがしていると好評だった口コミもありますし、大浴場の香りも良く、癒される効果があるようです。

室内も清潔でお洒落なので、予約がいっぱいなのもわかります。
安くて安全で、とにかくアクセスが便利なファーストキャビンは、リーズナブルな値段からするとかなり良いサービスをしていると思われます。
最低限眠る所があればよい&シャワーさえできれば良いという気持ちで入ると、多少のマイナス部分も気にならないようです。

まとめ

羽田空港のファーストキャビンは、早朝便、深夜便などでどうしても泊まらなければならない時には非常に価値のあるホテルと言えるでしょう。
ちょうど、カプセルホテルとビジネスホテルの中間的な感じです。
中には、カプセルホテルと思っている方も多いようです。
口コミなどでは、部屋の密閉性を問題にされる方が多いようですが、サービスそのものの評価は良いようです。

他にも、羽田空港で寝る・仮眠・休憩するに関する記事はいろいろあります!

※ 「羽田空港で寝る・仮眠・休憩する」の記事一覧はこちらから

「羽田空港」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事