ドライブシーズン到来!家族旅行を計画し、愛車で楽しく出掛ける人も多いでしょう。

ところが、車内が暑くなったのでカーエアコンをかけたところ、なんとも言えない嫌ぁ~な臭いが充満・・・。誰もが一度くらいは経験しているのではないでしょうか。あの独特の臭いってなんなんでしょうね?しかも、年数が経つにつれてどんどん強烈になってくるような感じもするのでは。

自分の車なら平気なのに他の車はダメという臭いなら、単に自車についてしまった香りかもしれません。しかし、自分の車で、しかもカーエアコンをかけた時に激しく匂うのであれば、どうしたらよいのでしょう。

何を試すと効果があるのか、原因がなんなのかを探ってみましょう。

そのニオイの原因、想像できますよね。


カーエアコンから臭ってくるなら、カビでしょう?とかなりの人が思っているのではないでしょうか。

そうですね、確かにカビも一因です。では、カビが生える原因は、なんでしょう。

ずばり、空気中の物質すべてです。

家のエアコンでもそうなのですが、エアーコンディショナーというものは、空気の出し入れをして、温度調節をします。空気を吸い込んだ時に、どうしても、目に見えない小さなゴミや水分、タバコなどの臭いの成分を始め、様々な雑菌、カビの元を取り込んでしまいます。それらが速やかにすべて出て行けば問題はないのですが、静電気だったり、イオンの関係で機械部分やフィルターに吸着するようになっています。

梅雨の時期や閉鎖された環境、湿度の高い所など、微生物が増殖する絶好の環境に恵まれると、様々な物質をエサに、雑菌やカビが一気に増えて臭いを発するようになってしまいます。特に、しばらく使わなかった後にカーエアコンを付けると臭いが酷く感じるのは、エアコン内部で菌が増えてしまっているからでしょう。

うーん、これは納得。

カーエアコンの臭い対処法には何がある?


さて、家のエアコンならば、毎日の生活に直結しているので、気を使って掃除をこまめにやっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。ですが、大型のエアコンフィルターを掃除するのは割と簡単なのですが、カーエアコンともなると、少し機構も違いますし、掃除機で吸い取ってもなかなかとり切れません。カーエアコンの掃除は、意外とやったことない人が多いのでは?

では、何をすれば良いのでしょう。

まず、臭いを根絶したいのか、とりあえず気にならない程度に抑えたらいいだけなのかで分かれてきます。

アノ臭いを根絶したいなら

臭いを元から徹底的に根絶したいのであれば、やはり定期的な専門家によるカーメンテナンスに頼るのが一番です。

エアコンフィルターの取り換えももちろんしてくれますし、希望すれば、花粉も取ってくれるような高性能なものに替える事など、相談にのってくれます。機械類の整備、しかも一歩間違えば命にもかかわる車なので、安全第一に考え、エアコンといえども本職に任せて徹底的に綺麗にしてしまいましょう。他の部分もついでに点検してもらったら一石二鳥です。

ちなみにエアコンだけなら、ディーラーに任せたとしても、それほど高くはありません。

とりあえず気にならない程度に抑えたいだけなら

とりあえずの臭い押さえであれば、最大温度の温風に設定し、5~10分ほど窓を開けて換気しながらカーエアコンを付けっぱなしにしましょう。これで、かなりの数の菌が熱と乾燥のおかげで死んでくれます。

他には、カーグッズ屋さんへ行くと売っている、専用の消臭スプレーや防カビグッズを試してみることです。色んなメーカーさんが知恵を出して作っているのですが、かなりの種類が出ています。カーグッズ屋さんへ行くと、エアコン内部の除菌を目的としているものから、とにかく臭いを消したり抑えたり、場合によっては別の臭いで紛らわせたりと、それはもう多様な臭い関係のグッズがずらっと並んでいます。

臭いが軽くてほぼ気にならないなら、臭い消しだけでもいいでしょうし、それでも臭いの元は残っているので、そこが気になる方は、カビ除去関係の消臭グッズを使ってみましょう。

臭いを予防する方法


臭いの原因が、汚れから発生する雑菌、カビの臭いなので、汚さなければ良いのですが、車を運転する以上、どうしても外気や車内の空気から吸い取ったものが付着してしまいます。車を運転しなかったとしても、空気は常にゆるやかに流れて存在しているのですから、カビを完全に予防する事は難しいです。

とはいえ、かなりの臭い抑えに効果があるのはやはり、3~6か月に一度、カーメンテナンスでエアコンをチェックしてもらい、少なくとも年に一度はフィルターを交換してもらう事です。

また、カーエアコンのフィルターは、カーグッズ屋さんでも売っていて、自分で取り換える事も可能です。工賃がいらない分お金は浮くのですが、取り換える場合は取り扱い説明書をしっかり読み、安全に取り換えるようにしましょう。

こまめに換えたい人は、とりあえず自分でちょこちょこフィルター交換とエアコン消臭をしてみて、半年か一年くらいに一度、ディーラー等プロに任せてメンテナンスしてもらうと良いでしょう。

うちのエアコンも臭うなぁ・・・と気になりだしたらこちらも参考にしてくださいね。

エアコンの臭いがクサい…臭い取りってどうやったら良いの?

まとめ


カーエアコンをかけて臭い!!と思ったら大抵はホコリや油分と水分が元で増えたカビや雑菌が原因です。

カーエアコンは車に載せてある分、家のエアコンよりかなりコンパクトになっていますし、エンジンルームに収まっているため、中をチェックするにはひと手間かかります。吹き出し口付近の掃除はできても、中の機械類、接続部分の掃除までは、よほど車好きでメンテナンス資格を持っているでない限り、一般の人にはハードルの高いものと想像できます。

ただ、エアコンフィルターに関しては、しっかり取扱説明書を読めば、誰でも換えられるようにはなっています。
心配ならばディーラーさんなり、プロの整備士にお任せし、普段からこまめにメンテナンスして臭いを予防するように気を付けましょう。

さしあたって、臭さをその場で半減させたいなら、どこか音で文句を言われなさそうな駐車場などへ車を停めて、5~10分ほど窓を開けた上で最大温度の温風、強風で放置してみましょう。その時はもちろん、人間は外で待ちましょう。高温に弱い荷物も必ず外に出しましょう。

完全に除去はできなくても、熱により内部が乾燥し、菌が減る事により、臭いが少し収まる効果が期待できます。

ただ、エコな対応とは言えませんので、応急手当として使い、普段の予防としてはやはり、メンテナンスしてエアコンを綺麗に保つ事が一番ではないでしょうか。

綺麗な空気で爽快にドライブできたら、普段のストレスも減る事でしょう。
エアコンをすっきり綺麗を保てるよう、自分に合った、様々な方法を試してみてくださいね。

参照 CLUTCH


 

関連記事