2017年の全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)が近づいて来ています。

この夏の甲子園では、対戦カードは抽選で決められていますが、今年はどんな熱戦が繰り広げられるのでしょうか。

今回の記事では、高校野球の抽選会にについて、今年の注目の対戦について、地元の地区大会の日程について、抽選日や注目校についてをまとめています。また、前回大会(2016年夏大会)と今年の選抜(2017年春大会)のベスト8もご紹介したいと思います。

◯抽選会はいつ行われる?

全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)に関して、選手たちの最大の関心事は、なんといっても組み合わせ抽選会でしょう。この組み合わせ、公平を期すために抽選で決められています。
今年2017年の抽選日は、8月4日(金)16:00から大阪市のフェスティバルホールにて行われます。

◯今年の対戦について


ひとつ気に留めておきたいのは、今年は上記の抽選会において方式の変更がなされたことです。第95回大会(2013年)以降、全試合後に次の対戦相手の抽選を行っていたのですが、この方式を改め、事前の抽選会で3回戦までの組み合わせを決定することになりました。なお、準々決勝以降の組み合わせは、3回戦ないし準決勝への進出が決まった試合後に行われることになっています。
あらかじめ組み合わせをある程度周知しておくことで、人気の対戦カードになった場合の主催者側の対応がとりやすいといった事情があるようです。

◯地元の初戦は?


甲子園は言わずと知れた高校野球の檜舞台ですが、もっと身近に高校野球に親しめるとしたら、それは地元の地区大会でしょう。地区大会から観ていると、地元高校同士の熱戦も見ることができる上に、その地区大会を勝ち抜いた高校が甲子園でどんな活躍をみせるのだろう…というような期待も膨らみますよね。

地区大会は、基本的に各都道府県単位の開催で行われますが、例外となっているのが北海道と東京です。
都と道においてはそれぞれ、北海道(北北海道、南北海道)と東京(東東京、西東京)とに分かれての開催となっているのです。それらを含めて、全国には49の地区大会が存在しているというわけです。
それでは、各地の地区大会を抑えるには…日程を知ることから始める必要がありますね。というわけで、それぞれの抽選日と初戦、そして決勝の日程を以下にまとめました。
北北海道 抽選日7/7、初戦6/25、決勝7/21
南北海道 抽選日7/7、初戦6/24、決勝7/23
青森 抽選日6/21、初戦7/13、決勝7/26
岩手 抽選日6/23、初戦7/7、決勝7/20
秋田 抽選日6/23、初戦7/11、決勝7/23
山形 抽選日6/29、初戦7/12、決勝7/23
宮城 抽選日6/29、初戦7/14、決勝7/30
福島 抽選日6/21、初戦7/7、決勝7/22
茨城 抽選日6/21、初戦7/8、決勝7/26
栃木 抽選日6/21、初戦7/7、決勝7/23
群馬 抽選日6/16、初戦7/8、決勝7/27
埼玉 抽選日6/20、初戦7/8、決勝7/26
千葉 抽選日6/21、初戦7/12、決勝7/25
東東京 抽選日6/17、初戦7/8、決勝7/29
西東京 抽選日6/17、初戦7/9、決勝7/30
神奈川 抽選日6/10、初戦7/8、決勝7/29
山梨 抽選日6/22、初戦7/8、決勝7/23
新潟 抽選日6/17、初戦7/7、決勝7/23
長野 抽選日6/24、初戦7/8、決勝7/23
富山 抽選日7/6、初戦7/15、決勝7/27
石川 抽選日7/6、初戦7/14、決勝7/27
福井 抽選日7/5、初戦7/15、決勝7/26
静岡 抽選日6/24、初戦7/8、決勝7/26
愛知 抽選日6/17、初戦7/1、決勝7/28
岐阜 抽選日6/24、初戦7/8、決勝7/27
三重 抽選日6/27、初戦7/14、決勝7/26
滋賀 抽選日6/28、初戦7/9、決勝7/26
京都 抽選日6/24、初戦7/8、決勝7/25
大阪 抽選日6/20、初戦7/8、決勝7/30
兵庫 抽選日6/27、初戦7/8、決勝7/28
奈良 抽選日6/30、初戦7/9、決勝7/28
和歌山 抽選日6/24、初戦7/13、決勝7/28
岡山 抽選日6/24、初戦7/14、決勝7/28
広島 抽選日6/24、初戦7/8、決勝7/25
鳥取 抽選日7/5、初戦7/15、決勝7/26
島根 抽選日6/17、初戦7/15、決勝7/26
山口 抽選日6/24、初戦7/15、決勝7/28
香川 抽選日6/30、初戦7/9、決勝7/23
徳島 抽選日6/26、初戦7/8、決勝7/26
愛媛 抽選日6/25、初戦7/13、決勝7/27
高知 抽選日7/1、初戦7/15、決勝7/26
福岡 抽選日6/23、初戦7/8、決勝7/28
佐賀 抽選日6/22、初戦7/8、決勝7/23
長崎 抽選日6/16、初戦7/7、決勝7/23
熊本 抽選日6/22、初戦7/9、決勝7/24
大分 抽選日6/21、初戦7/8、決勝7/25
宮崎 抽選日6/23、初戦7/8、決勝7/22
鹿児島 抽選日6/17、初戦7/1、決勝7/17
沖縄 抽選日6/6、初戦6/17、決勝7/16

◯地区大会での注目校


地区大会での注目は、おそらく人それぞれ異なる性質のものでしょう。
誰しも地元びいきというのはあるものですしね。
私は群馬県の出身なので、前橋育英、健大高崎など近年全国区で活躍した学校のほか、前橋工や桐生第一など伝統校の復権があるのか注目しています。

他地区については、これも誰しも共通するものだと思うのですが、昨夏の選手権大会や春の選抜大会に出場したチームに注目しています。例えば、昨夏と春で続けて準決勝で敗退した秀岳館(熊本)。地震の傷まだ癒えぬ地元熊本に元気を与えるような活躍を期待しています。

◯去年夏の選手権大会のベスト8 をご紹介します!

昨年(2016年、第98回大会)のベスト8をご紹介します。準々決勝からの結果も合わせて記します。
※ チーム名の前の◯×は勝敗、チーム名のチーム名の後ろの数字は得点を示します。
《準々決勝》
第1試合
×常総学院(茨城)1
◯秀岳館(熊本)4
第2試合
×鳴門(徳島)0
◯明徳義塾(高知)3
第3試合
◯北海(南北海道)7
×聖光学院(福島)3
第4試合
◯作新学院(栃木)3
×木更津総合(千葉)1《準決勝》
第1試合
◯作新学院(栃木)
×明徳義塾(高知)第2試合
◯北海(南北海道)4
×秀岳館(熊本)3《決勝》
◯作新学院(栃木)7
×北海(南北海道)1

◯今年の春の選抜大会のベスト8をご紹介します!

つづいて、今年(2017年、第89回大会)の春の選抜大会ベスト8をご紹介します。準々決勝からの結果も合わせて記します。
《準々決勝》
◯履正社(大阪)8
×盛岡大付(岩手)1◯報徳学園(兵庫)8
×福岡大大濠(福岡)3×健大高崎(群馬)2
◯秀岳館(熊本)9×東海大福岡(福岡)2
◯大阪桐蔭(大阪)4《準決勝》
◯履正社(大阪)6
×報徳学園(兵庫)4×秀岳館(熊本)1
◯大阪桐蔭(大阪)2

《決勝》
×履正社(大阪)3
◯大阪桐蔭(大阪)8

◯まとめ


今回は、第99回全国高校野球選手権大会の抽選会について、情報をとりまとめてみました。去年のベスト8、春の選抜のベスト8に名を連ねた高校が再度活躍をするのか、あるいは捲土重来の逆転劇があるのか。ドラマチックな高校野球の熱戦がいまから待ち遠しいですね!


 

関連記事