この記事を書いている今の季節は梅雨真っ只中ですが、はやくも夏の到来が待ちきれない、という方もおおいのではないでしょうか。

夏といえば甲子園での高校野球ですね!

今回は、そんな甲子園球場の座席チケットのお値段についてまとめてみます。

 

甲子園、高校野球といえば、毎年春と夏に大会がありテレビ・ラジオで全国中継されるので、多くの方はそれらを見聞きされたことがあると思います。また、このページをご覧いただいているということは、高校野球や甲子園球場に興味があるということかもしれませんね。

野球に限らずスポーツの最大の楽しみ方は、Liveすなわち生観戦にあるといってよいのではないでしょうか。そうなると必要になるのがチケットです。

どんな席があって、料金はいくらくらいなのか…。というわけで高校野球夏の甲子園大会を生で、甲子園球場まで足を運んで観戦する場合のチケット事情について、さっそく見ていきたいと思います。

(関連記事)この記事を読んだ方にはこちらもオススメです。

※ 2017夏の甲子園高校野球 入場券は何時から買える?返金できる?

※ 高校野球の組み合わせ抽選方法が変わる!シード校ってどうしてあるの?

※ 2017夏の甲子園高校野球 入場券は何時から買える?返金できる?

 

高校野球の座席チケットの値段はいくら?料金体系について解説します!


高校野球の座席チケットの値段は、座席によって異なります。甲子園球場では、座席エリアは大きく6つに分かれています。料金は以下のようになります。

●座席エリアごとチケットの値段

・中央特別自由席:2,000円
・1塁特別自由席:1,500円(600円)
・3塁特別自由席:1,500円(600円)
・1塁アルプス席:600円
・3塁アルプス席:600円
・外野席:無料

()内はこども料金の金額です。また、こども料金が適用される年齢は4歳以上〜小学生以下となっています。つまり4歳未満は無料、中学生以上は大人料金であることですね。また、子供料金以外に割引制度などはありません。

高校野球座席表
出典 日本高等学校野球連盟

⑴中央特別自由席

バックネット裏のこのエリアは、ピッチャーに対してほぼ正面に近いところに位置しているため、もっとも打者の視点に近いのが特徴です。なので打者の気分になって観戦することができます。ホームベースに駆け込んでくる走者と外野手からのバックホームとのクロスプレーをもっとも間近で観られるなど、試合の臨場感を最大に感じられるエリアだけに、チケットの値段設定も他より高めになっています。

⑵1塁特別自由席、3塁特別自由席

こちらは1塁側、3塁側それぞれのベンチ上辺りに位置するエリアです。

応援する選手たちにもっとも近いエリアであり、同時に相手側ベンチの様子もわかります。打球の放物線や捕球・送球の様子もはっきりと観ることができます。試合を俯瞰して見やすい点が特徴です。

なお、1塁側と3塁側のどちらを選択するのかは、応援するチームのベンチに合わせる人が大半でしょうが、打者に注目選手がいる場合は右打者なら1塁、左打者なら3塁側に陣取りるという選択もあり得ます。

⑶1塁アルプス席、3塁アルプス席

こちらは、各チームの応援がもっとも盛り上がるエリアです

高校の応援団や地域から応援に駆けつけた人たちが集まる席だけに、試合の行方を固唾をのんで見守る一体感が得られることでしょう。地元チームの応援に行ったら懐かしい顔に再開した、なんてこともありそうですね^^

⑷外野席

最後に残されたライト〜レフト方向の広いエリアが外野席です。

無料で観戦できるエリアですが、当然ながら選手やボールが密に動いている内野からは遠く離れています。試合そのものを遠目に眺めるかたちになりますので、双眼鏡などをもって行くと良いかもしれません。このエリアの良いところを考えると、ホームランボールが取れる可能性がふえることでしょうか。

ちなみに、ここまでで出てきたエリアごとの料金を以下にまとめてみます。

 

指定席はあるのか?


ここまでは自由席をご紹介しました。では指定席はないの?と疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。
指定席について、以下にまとめてみます。結論としては、自由席よりも少し割高にはなります。

指定券(ボックス席)

4人ないし5人分をまとめてとれる指定席チケットです。対象エリアは1塁・3塁特別自由席エリアとなります。
〈4人席〉8,000円〜9,000円
〈5人席〉10,000円〜13,000円
※ 料金は定員とボックスの位置によって異なります。
このエリアの自由席は1,500円ですから、指定席にすると一人当たり500円程度割り増しになる計算ですね。

指定券(ペア席)

2人(ペア)分をとれる指定席チケットです。対象エリアは中央特別自由席エリアとなります。
〈2人〉6,000円

指定券(アルプスデッキ席)

16名分をまとめてとれる指定席チケットです。対象エリアは1塁・3塁アルプス席エリアとなります。
〈16人〉16,000円

前売りは?


また、当日券に対する概念として「前売り券」というものがあります。
高校野球夏の甲子園大会では、以下の前売り券があります。

前売り単日券

〈1塁・3塁特別自由席エリア〉1,500円(600円)
単日券という名前のとおり、こちらは一日分のチケットです。

通し券(前売りのみ)

〈中央特別自由席エリア〉26,000円
〈1塁・3塁特別自由席エリア〉19,500円
通し券とは、いわゆる回数券のようなチケットで、第1日〜第3日用のチケットが3枚と第4日〜第7日用のチケットが4枚のセットになっています。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ もしかしたら夏バテかも…あなたの症状から簡単チェック

どこで買えるのか?

チケットによって買うことのできる売り場が分かれます。大きな区分としては、当日券か前売り券かという分け方がされているようです。当日券であれば甲子園球場でしか購入できませんし、前売り券であれば各コンビニエンスストアのチケットサービスなどを利用して購入できるようになっています。

当日券

・阪神甲子園球場入場券発売窓口

前売り券

・ローソンチケット、ローソン・ミニストップ店頭のLoppi
 
・チケットぴあ、セブン-イレブン、サークルK・サンクス
その他、次の売場でも一部チケットの取り扱いがあります。
【北海道】
・朝日サービス(札幌市)TEL011-231-1237
【東京】
・エスポートミズノ4F 野球売り場 (千代田区)TEL03-3233-7264
・朝日旅行東京支店(港区)TEL03-6858-9822
・朝日旅行朝日新聞社内支店(中央区)TEL03-3248-5401
【愛知】
・朝日ビルディング名古屋支店 (名古屋市)TEL052-231-7421
【京都】
・朝日ビルディング京都支店(京都市)TEL075-231-7201
【大阪】
・梅田阪神プレイガイド阪神電鉄梅田駅西改札横TEL06-6347-6510
・ミズノ大阪店4F 野球売り場(大阪市)TEL06-6223-7341
・久保田運動具店(大阪市)TEL06-6373-2288
【兵庫】
・三宮阪神プレイガイド阪神電鉄三宮駅改札横(神戸そごう地下1F入り口横)TEL078-221-0120
・朝日ビルディング神戸支店(神戸市)TEL078-331-6361
【福岡】
・阪急交通社福岡団体支店(福岡市)TEL092-761-8833
・朝日販売サービス(北九州市)TEL093-592-2871
(関連記事)この記事を読んだ方にはこちらもオススメです。

熱中症対策にオススメの飲み物!身近なものから簡単レシピまで

食事からも熱中症対策を!手軽で簡単、オススメの食べ物を紹介!

まとめ


今回は、高校野球夏の甲子園大会のチケット料金についてまとめてみました。

 

甲子園での高校野球観戦を計画されている方は、いまから8月の開幕が待ち遠しいですね!

チケットの準備や計画など用意し忘れることのないよう、気を付けましょう!

 


 

関連記事