1000万円をためるための3つのステップ
 

今回のお話は、

これまであまり投資をしたことがない人、
ちょっと興味はあるけどなんだか良く分からないな、

と言う人に、投資の考え方を一つの参考として書きたいと思います。

 

お金がたまるメンタルありますか?

投資というと、何を思い描きますか?
投資にはいろいろな種類がありますが、初心者の方の最初には長期投資がおすすめだと思います。

が、今すぐ投資を始めるその前に、それよりもまずはお金がたまるメンタルが大事です。
どれだけ稼いでも浪費してしまっては、意味がありませんからね。

そこでまず、投資を始めるにあたって1,000万円を貯めることから始めるといいです。

なぜかというと、それは1,000万円の価値自体よりも1,000万円を貯めることによる
達成感やお金や経済に対する知識、メンタルが価値のあるものだからです。

そこで、メンタルを育てるための方法として、1,000万円を貯めるための3つのステップをご紹介します。

 

ステップ1:まず貯める目的を考えよう。

自分の場合は、なんとなくお金を貯めようといったところからスタートしましたが、ダイエットでもビジネスでも、明確に目的を持てば強い意志が生まれます。
だからまず、経験者としてはこれをすることをおすすめします。

 

あなたはなぜ1,000万円を貯めたいのですか?

 

まずはぜひこの自問自答を繰り返して明確な意思をもつといいです。

 

ステップ2:次にいつまでにいくら達成するかを決めよう。

目的の次はいつまでにいくら達成するかです。
ただし無謀な設定はしても意味がありません。「月5万円を毎月単純に積み立てて1年で100万円貯める」等といった着実な計画が大切です。実現可能性を考えて、できそうな目標を立てるようにしましょう。

ちなみに、自分の場合は初任給14万円のうち毎月5万円を天引きして貯蓄していました。家賃を安く抑えていたことでこれができました。ボーナスも一切手をつけず、1年で100万円を貯めることができました。

お金を貯めたいならまずは100万円を貯めてください。一度100万円を貯めることができたら、お金を貯めるための生活スタイルに慣れてきているので、今度はそれより早く200万円を貯められるといいます。

次の200万円はいつまで、500万円はいつまで、というように段階的に目標をたてていくと計画しやすいです。

 

ステップ3:あなたの支出と収入を明確にしてみましょう。

単純に毎月5万円を貯金したとすると、それだけだと年間で60万円ですから、その方法だけで1,000万円ためるには200か月、17年近くもかかってしまいます。これでもやらないよりはいいいのですが、遅すぎて面白みがありません。

そこで、毎月の5万円の貯金以外にも、他の収入を得る方法を考えてみましょう。

もし、副業が禁止されてない会社でしたら、本業に悪影響をもたらさない範囲で、自分の将来のためにプラスになる副業を検討してみてください。(近々副業も禁止されなくなりますが)

どうせ副業をするなら、その時にしか収入にならない肉体労働や単純労働よりは、ビジネスの力が付いたり、将来自分も同じやり方で独立できたり、人に教えられるようになる仕事を覚えた方が将来の選択肢がふえます。
そして次に、支出のチェックが大事です。

例えば一人暮らしでしたら、家賃や光熱費などの生活に最低限必要な支出以外にいくらを使っているのか?またはいくらまで小さくできるか?です。

一度家計簿をつけて、それぞれの科目について本当に必要な支出かどうかよく考えてみるといいです。その時に、一般的な金額なども調べてみると、無駄遣いをしているかどうがが分かります。例えば光熱費なら自分が使いすぎなのかどうかも分かりますし、いくらまでダウンサイジングできそうかが分かります。

また、無駄な支出の例としてクレジットカードのリボルビング払いがあります。
これは月18%もの利息がつき、借入としてはもっとも利息払いの多い商品です。もしリボ払いのある人はまず先にこれを完済してしまいましょう。

まとめ

今回はお金を貯める大事な3つのステップをご紹介しました。

ステップ1:まず貯める目的を考えよう。
ステップ2:次にいつまでに達成するかを決めよう。
ステップ3:あなたの支出と収入を明確にしてみましょう。


 

100万円までは、本業に集中し、支出を見直すだけで比較的簡単に貯めることができると思います。

次の記事では、複利を使った増やし方であるドルコスト平均法をご紹介します。

★関連記事はこちら

https://chikichiki.top/biz/investment/about_bcoin

 

 


 

関連記事