岡山県内の花火大会の打上げ数ランキングを調べてみました。

参考になさってくださいね。

 

第一位 笠岡港まつり花火大会2017(笠岡市)

笠岡諸島への船が出ている笠岡港で開催される恒例の「笠岡港まつり」。

「笠岡港まつり」を華々しく締めくくるのが「笠岡港まつり花火大会」です。花火の打ち上げ場所となるのは笠岡湾干拓東堤防。沖に笠岡諸島を望む港を背景に、5500発もの鮮やかな花火が煌めきます。

中国地方最大級の大玉や超早打ちのスターマイン、水上花火などが見所。海面に写る色とりどりの花火や、浮かび上がる船のシルエットなど、港ならではの風情が感じられるでしょう。

仮設日程:2017年7月29日(土)※雨天翌日に順延、翌日荒天の場合、協議後決定
開催時間:20:00~21:00
打ち上げ数:約5500発
有料席:協賛席あり
寄付金額に応じて招待券配布 5000円・2枚~
駐車場:2000台無料。臨時駐車場7カ所※国道2号以南(住吉~西の浜まで)18:30~22:00車両進入禁止
トイレ:4ヶ所
交通機関:JR山陽本線笠岡駅徒歩10分
観客数:6万人
問合せ先:Tel 0865-63-1151(笠岡祭行事実行委員会)まで
会場マップ:

出典mapion


 

第二位 第44回おかやま桃太郎まつり 納涼花火大会(岡山市)

岡山と言えば、昔話「桃太郎」の故郷。

「桃太郎」は、吉備津彦命の鬼退治物語がルーツだと言われており、岡山には吉備津彦命をお祀りした吉備津彦神社もあります。そんな桃太郎の街・岡山を象徴するお祭りが「おかやま桃太郎まつり」。

うらじゃ踊りパレード、演舞、ステージイベント、ファミリーフェスタなどが二日間に渡って繰り広げられます。
「おかやま桃太郎まつり」初日に開催される納涼花火大会は、岡山県南最大級の規模。

花火は京橋付近の旭川西中島河原一帯から打ち上げられ、旭川に掛けられるナイアガラや連発式スターマインなどが見所です。

開催日程:2017年8月5日(土)※おかやま桃太郎まつりは8月5日・6日
開催時間:19:30~20:30
打ち上げ数:約5000発(予定)
有料席:なし
駐車場:岡山操車場跡地臨時駐車場2500台無料、花火大会会場へは有料シャトルバス運行※会場周辺18:30~21:30(一部エリア22:30)車両進入禁止
トイレ:常設4ヶ所、仮設52基
観客数:30万人
交通機関:JR岡山駅から岡山電軌東山線10分西大寺町電停下車5分
問合せ先:Tel 086-803-1332(おかやま桃太郎まつり納涼花火大会実行委員会)まで
会場マップ:

出典mapion


 

第三位 第39回津山納涼ごんごまつりIN吉井川大花火(津山市)

津山城の城下町・津山市。

津山地方の方言で、「ごんご」とは河童のこと。「津山納涼ごんごまつりIN吉井川」は、ごんご=河童も住めるような吉井川にしたいという願いをこめたもので、「よみがえれ川の魂」をサブタイトルにかかげています。

祭りは、ごんご踊りや縁日、ステージイベントなどで二日間にわたって盛り上がり、そのフィナーレを飾るのが、県下最大級の打ち上げ花火。

仕掛花火や、スターマイン、音楽花火などが次々と打ち上げられ、風情ある城下町の夏の夜空を彩ります。

開催日程:2017年8月6日(日)※小雨決行、荒天時7日に延期
開催時間:20:00~21:00
打ち上げ数:5000発
有料席:津山城(鶴山公園)に有料席設置予定
一般(高校生以上1) 500円
市内在住65歳以上 1200円
中学生以下 800円
桝席 8000円
駐車場:1500台有料※会場周辺19:00~22:00(一部エリアは17:00~)交通規制
トイレ:仮設24基
交通機関:JR津山駅徒歩5分
観客数:7万5000人(参考)
問い合わせ先:Tel 0868-32-2082(津山納涼ごんごまつり実行委員会事務局)まで
会場マップ:

出典第39回津山納涼ごんごまつりIN吉井川実行委員会


 

第四位 第63回井原納涼花火大会(井原市)

源平の合戦で、扇の的を射止めた弓の名手・那須与一。那須与一が扇を見事射止めた褒美に拝領したのが、ここ、井原の地なのです。

「井原納涼花火大会」は、那須一族ゆかりの地である歴史の香り豊かな井原市伝統の花火大会。花火の打ち上げ場所は、山あいを流れる小田川昭和橋上の河原。山々から跳ね返ってくる花火の音の反響は大迫力。

河原には無料の観覧席の用意があります。

特におすすめのポイントは本部テント近くのエリアだそうです。

また、花火大会前日には、駅前で「井原夏祭り」が開催予定となっています。

開催日程:2017年8月6日(予定)※雨天翌日に順延
開催時間:20:00~21:00
打ち上げ数:約3000発
有料席:なし
駐車場:600台無料※会場周辺19:00~22:00交通規制
トイレ:3ヶ所
観客数:2万7000人
交通機関:井原鉄道井原駅徒歩25分
問合せ先:Tel 0866-62-8850(井原市観光協会)
会場マップ:

出典YahooJapan


 

第五位 第73回落合納涼花火大会(真庭市)

高原リゾートとして人気の蒜山、美作三湯のひとつ名湯・湯原温泉など、数々の観光地を擁する真庭市。自然に恵まれた真庭市の夏の風物詩が、「落合納涼花火大会」です。

昭和7年に始まり水害などでの一時中断はあったものの、昭和36年にリスタートして以来70年以上に渡る長い歴史を持ち、旧真庭市役所落合振興局前に流れる旭川と夜空を毎年鮮やかに彩ってきました。

6号玉やスターマインなどが打ち上げられる他、仕掛け花火もあり、岡山県北最大級の規模を誇っています。

真庭市は盆地のため、尺玉の豪快な音が山々にこだまして、大迫力の花火が楽しめます。

開催日程:2017年7月29日(土)※雨天5日に順延
開催時間:19:50~21:00
打ち上げ数:約2500発(予定)
有料席:なし
駐車場:周辺に臨時駐車場2400台※会場周辺19:00~21:30車両進入禁止等、状況により一部変更あり
トイレ:仮設3カ所(15~20基)
交通機関:JR姫新線美作落合駅徒歩3分
観客数:3万人
問合せ先:0867-52-3360(真庭商工会落合支所)まで
会場マップ:

出典mapion


 

第六位 第66回備中名物成羽愛宕大花火(高梁市)

江戸時代から300年以上もの長い伝統を誇る「備中名物成羽愛宕大花火」。
成羽藩主・山崎義方が火の神である江戸愛宕権現を領地内に勧進した際に行った花火がその起源と伝えられています。

当時、花火の火薬調合には藩の大砲方があたっていました。火薬調合に携わる家中の者のうちでも特に若手家臣達は花火という楽しみを与えてくれる存在として支持を受け、民衆から「流星奉行」と讃えられていました。

今も、商工会が平成に入ってから復活させた現代の流星奉行が祭りを盛り上げています。

見所は、全国でも大変珍しい、動く仕掛け花火。この動く仕掛け花火は、カラクリの設計から木枠作りまで、全て地元のボランティアの手で行われているというから驚きです。

開催日程:2017年7月29日(土)※雨天翌日に順延
開催時間:20:00~21:30
打ち上げ数:2000発
有料席:
有料観覧席500円(予約なし)
団体予約席1枡(10名) 15000円
駐車場:5000台有料1000円※会場周辺18:00~24:00交通規制
トイレ:25ヶ所
交通機関:JR伯備線備中高梁駅から備北バス川上バスセンター行20分成羽下車5分
観客数:4万人
問合せ先:Tel 0866-42-2412(備北商工会)まで
会場マップ:

 

出典成羽愛宕大花火観覧席のご案内


 

第七位 第36回美作ふるさと祭り花火大会(美作町)

「美作ふるさと祭り花火大会」は、名湯と花火が堪能できる花火大会です。

美作町には、中国地方を代表する名湯の温泉地・美作三湯のひとつである湯郷温泉があります。

「美作ふるさと祭り」は吉野川周辺で開催されるお祭りで、湯郷温泉の温泉街から北へ約1kmというほどよい距離なのです。吉野川沿いには露店のテントが連なり、ビンゴ大会や太鼓の演奏などイベント盛りだくさん。

そして「美作ふるさと祭り」のラストを彩るのが花火大会。

スターマインなど2000発の花火が間近の河川敷から打ち上げられ、臨場感たっぷりに楽しめます。

開催日程:2017年7月29日(土)※雨天翌日に順延
開催時間:20:00~21:00※祭りは17:00~
打ち上げ数:2000発
有料席:なし
駐車場:臨時駐車場500台※打上げ場所周辺18:30~21:30交通規制
トイレ:仮設1ヶ所
交通機関:JR姫新線林野駅から徒歩10分
観客数:1万人
問合せ先:0868-73-6520(みまさか商工会)まで
会場マップ:

出典YahooJapan


 

花火をしっかり楽しめるように持ち物も事前にチェックしましょう。

花火大会は何を持っていく?デート編

子供連れで花火大会なら何が便利かな?

花火大会といえば浴衣!着付けも自分でしてみよう!

浴衣の着付けってどうやったらいいの?何を準備したらいいのかな?【女子編】

俺だって浴衣が着たい!浴衣の買い方、着付け方【男子編】

浴衣でデートなら、こんな失敗あるあるに要注意!

 

 

 

 

 

 

 


 

関連記事