青森弘前さくらまつり
 

弘前公園は弘前城がある公園で、ソメイヨシノや八重桜が楽しめます。

桜とお城のコントラストが美しく、日本一の桜祭りとして有名です

桜の咲き方に特徴があり、幾重にも重なるような咲き方のため、ひとつの花芽からいくつもの桜が咲き誇るので、その桜情景が豪華で見ごたえがある迫力ある桜となっています。

夜になると照明を当て、夜桜も楽しめます。

日本一の桜祭り青森「弘前さくらまつり2017」をご紹介します。

 

弘前桜祭りを楽しむ

 

弘前さくらまつりの会期は、毎年4月23日~5月5日となっています。

桜の下では露店が出店され、営業時間はAM9:00~PM21:00です。

ライトアップがPM18:30~PM22:00になっているので、昼間だけでなく夜間もライトアップされた綺麗な桜を見ながら、美味しい食べ物を食べたりできます。

夜遅くまで楽しめるのは嬉しいですね。

会社帰りに立ち寄っても、充分楽しむことができます。

 

ゴザの貸し出しなどきめ細かいサービスも充実

 

さくらまつり期間中はいろいろなサービスがあり、お客さんも便利に楽しめるようになっています。
  • 西堀ボート
    AM9:00~PM17:00まで60分1,000円で利用できますので、水面に映る桜を見てみるのも風情があっておススメです。
  • 与力番所ではお抹茶
    一服540円というお手頃な値段で飲めます。
  • 車椅子の貸し出し
    足が不自由な方も楽しめるのでご安心下さい。
  • お花見用のゴザの貸し出し
    公園内限定で貸してくれますので、手ぶらで来てもお花見を楽しめるようになっています。
    貸出し時間はAM10:00~20:00で、1枚500円で利用出来ます。
桜祭りに来たお客さんに楽しんでもらうための、きめ細かいサービスが充実しています。

 

弘前公園の「弘前さくらまつり2017」会場へのアクセス

 
  • 電車で移動する場合
    「弘前駅」で降り、バスに乗り換えて「弘前公園」で下車して下さい。駅より約20分で到着します。
    「弘前駅」からレンタカーを借りて移動する人も、約20分で到着します。
  • 自動車のみで移動する場合
    東北自動車道の大鰐ICより国道7号線を走って「弘前」で到着します。


 

まとめ

 

弘前公園の桜は、現在約2,600本。

頭上に桜が咲き誇り、桜のトンネルが見事で思わず見とれてしまうでしょう。

明治に入って荒れ果てた城内を、美しくよみがえらせるための歴史ある桜と桜祭りを、実際目で見て楽しんで下さい。

 

 


 

関連記事