いよいよ本格的に夏の到来を迎え、熱中症のニュースが少しずつ聞こえてくるようになりました。こう暑い日が続くと、自分は大丈夫だと思っていても、気づかないうちに熱中症になっている可能性もあります。

管理人も経験があるのですが、熱が出て風邪かと思っていたら、実は熱中症だったということも…。

普段からこまめに水分とミネラルを補給できればいいのですが、何度も飲むのもなかなか大変。だったら、普段の食事で熱中症になりにくい身体をつくっておきましょう!今回はそんな熱中症対策にお勧めの食べ物を紹介します!

(関連記事)夏に表れる身体の不調、気になる方はこちら

※ もしかしたら夏バテかも…症状からチェック

熱中症には何が効く?ビタミンやミネラル、何を摂ればいいの?


熱中症で身体から失われてしまうのは、水分とミネラルです。ミネラルは主に、ナトリウム・カリウム・マグネシウム・カルシウムが含まれており、それらの割合は人や状況によって様々です。なので、これらを積極的に補給できればいいですよね。ちなみにビタミンは、熱中症とは直接的にはあまり関係がありませんが、紫外線のダメージや暑さによるストレスなどから身体を回復させる働きがあるので、こちらも積極的に摂り入れたいところです。
では、これらを補給するためにはどのような食べ物が効果的なのでしょうか?

塩の選び方が大切!


まず、何より一番に気にしてほしいのが、塩の選び方です。塩には、大きく分けて天然塩(自然塩)と精製塩の二種類があります。さらに、天然塩は海水塩と岩塩の二種類が広く流通しています。
それぞれの特徴は、次の通り。
  • 天然塩(海水塩)…加工法はメーカーや商品によって様々ですが、海水のミネラルが含まれています。
  • 天然塩(岩塩)…岩塩は、海水が長い年月をかけて化石化したものと言われています。ミネラルはほぼ含まれていません。(ピンクの岩塩には鉄分が含まれていますが、その量は本当に微々たるものです。)
  • 精製塩…ミネラルを含んでおらず、その成分はほぼ純粋な「塩化ナトリウム」です。さらさらとして使いやすく安価なため、多くの加工食品や飲食店で使われています。
せっかく塩を摂るなら、天然塩(海水塩)が一番ミネラルを多く含んでいるため、こちらを選びたいものです。

味噌汁は熱中症対策の強い味方!


日本食の定番とも言える味噌汁ですが、実は熱中症対策にとても効果的なのです!

まず、熱中症で不足しがちな水分を補うことができます。また、原料の味噌には塩分が含まれています。できれば天然塩(自然塩)使用の味噌を使いたいところですが、もしそうでなくても、ワカメやモズクの海藻類や、アサリやシジミの貝類、またキノコ類などを具に使うことにより、積極的にミネラルを摂り入れることができます。

また、味噌はアミノ酸やビタミンを豊富に含んでおり、さらに温かく胃腸に負担をかけることもないので、夏バテや疲労回復にもとても効果的です!

手軽にコンビニやスーパーで買うこともできる点もいいですね。ただコンビニなど市販の味噌汁の場合、野菜のビタミンは加工により失われてしまいますが、食物繊維は含まれており、海藻や貝類、キノコなどのミネラルはちゃんと含まれています。もし具材が少ない場合は、乾燥ワカメなどをご自身で足してみてもいいかもしれません。

(関連記事)夏バテ防止に。どんな食事がいい?

※ 熱中症対策にオススメの飲み物!身近なものから簡単レシピまで

※ 夏バテの防止に効果的なレシピ

夏といえばスイカ!


続いて、日本の夏の定番と言えばスイカですね。こちらも熱中症対策にお勧めの食材です。

スイカは英語でwatermelonと表記されるように、水分をかなり多く含んでいます。また、カリウムやカルシウムなどのミネラル分、またビタミンB1、B2、Cなどのビタミン類も含まれており、熱中症で身体から失われがちな栄養素が詰まっているのです。

さらに、昔からスイカに塩をかけて食べる習慣がありますが、こちらも天然塩(自然塩)を使えば、さらにミネラルを補うことができて、とてもオススメです!

お菓子なら何が効果的?

これまでに味噌汁やスイカをご紹介しましたが、味噌汁は食事だし、スイカは切ったり種を除くのにひと手間がかかる…もっと手軽に食べられるものはないのでしょうか?

もちろんあります!おやつとして食べられるものもご紹介していきます。

昆布や茎ワカメ

海藻類は味噌汁の紹介でも出てきましたが、おやつとしても手軽に食べることができます。コンビニやスーパーでは、様々な商品が売られており、小さな袋のものや、個包装の茎ワカメなども見かけます。家で食べるにはもちろん、出先にもちょっと持っていけるところがいいですよね。また職場でも、さっと食べれて噛む音もしないので、小腹がすいたときにもオススメです。

ドライフルーツ

こちらも、最近では多くの種類を店頭で見かけるようになりました。また、少量の袋で売られているものもあり、ちょっと食べたいときや、試しに食べてみたいときなども、気軽に買うことができます。ドライフルーツは、ビタミンは失われていますが、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。また栄養分だけではなく、果物の美味しさがぎゅっと凝縮されているところも嬉しいポイントです!

雑穀を含むクッキーなど

ザクザクとした食感が楽しい、雑穀のお菓子。主にクッキーやチョコレートなどの商品があります。こちらも、雑穀のなかにミネラルが豊富に含まれています。また素朴な味わいと、素材の旨みが感じられ、美味しく摂り入れることができる所がいいですよね。

 

ただし緊急時は何よりも飲み物を!


これまで紹介したように、熱中症対策に効果的な水分やミネラルを多く含む食べ物やお菓子は、様々なものがあります。ただ、やはり熱中症でしんどさを感じるときは、まず何よりスポーツドリンク!そして次に麦茶です。食事から熱中症対策もできますが、あくまでも「予防」のつもりで、実際に熱中症の症状が感じられるときは、吸収の早い飲み物を摂るようにしましょう。

まとめ

こうしてみると、熱中症対策に必須の水分やミネラルを含む食材は、身近に色々とあるものです。普段の食事を選ぶとき、夏場は特に意識してみるといいかもしれません。ポイントは、水分とミネラルです。これらを含む食材を積極的に取り入れて、暑い夏を元気に乗り越えましょう!


 

関連記事