夏を元気に乗り切るには、食事で、ちゃんと栄養を摂取しなければいけません。
夏バテ防止に役立つ料理のレシピをご覧ください。
飲んで効く、意外な「アレ」や、おすすめの果物を紹介いたします。

(関連記事)この記事を読んだ方はこちらもおススメです!

ひんやりマット、人気商品はどれだ?2017

赤ちゃんにひんやりジェルマットを使う時の注意点

今人気のビニールプールを選ぶポイント

夏バテ対策に摂りたい栄養素


夏バテを防ぎ、改善するのに必要な栄養素は、次のようなものです。

タンパク質…内臓や筋肉の働きを維持。夏バテ予防。
カロテン…抗酸化作用があり、紫外線のダメージを防ぐ。
ビタミンB1…糖質をエネルギーに変換するのを助けて、疲労回復を促進。
ビタミンC…疲労回復。ストレス耐性をつける。
ミネラル(鉄・カリウム・カルシウム・マグネシウムなど)…体を構成したり、調子を整えたりする。 


特に、ビタミンB1は、疲労回復効果がありますので、積極的に摂りましょう。アリシン(にんにく・ネギなどに含まれる)と一緒に摂ると、吸収がよくなります。
夏に多く出回る旬のトマト、ピーマン、オクラ、カボチャなどは、各種ビタミン、カリウムなどのミネラル、食物繊維が豊富です。
あまり難しく考えず、旬の美味しい野菜や果物を中心に、肉・魚など様々な食べ物を、偏らないで食べるようにすれば大丈夫です。

夏バテ対策に、簡単!豚肉料理2選


ビタミンB1を豊富に含む豚肉料理のレシピを2つ、ご紹介します。
どちらも、とても簡単です。

ゴーヤチャンプルー

ああ、疲れた~。料理が面倒~。だけど、栄養があるものを作らなきゃ、というときは、ゴーヤチャンプルー(笑)。

疲労回復効果の豚肉に加えて、ビタミン豊富なゴーヤ、ミネラルたっぷりの豆腐、栄養価の高い卵ですからね。作らないのは、損です。

本邦初公開!私の作り方は、こうです。

①ゴーヤは、苦みが苦手な家族がいるので、5ミリの厚さに切って、2分くらい、お湯でゆでます。栄養が流れ出ると思いますが、ここは、あえて目をつぶります。

②ゴーヤ、豚肉、豆腐を適当に炒めて、火が通ったら「焼き肉のたれ」で適当に味を付け、最後に卵で適当に閉じます。あれば、かつおぶしを適当にふりかます。

以上です。この簡単なレシピの中に、ナント4つも「適当」という言葉を使いました。

そうです、ゆる~く、料理しましょう!

「焼き肉のたれ」を使うのがミソです。作る人がどれだけいい加減でも、美味しくなります。たれメーカーの企業努力には、感謝しかありません!(ただし、あまり大量に入れると味が濃くなり過ぎますので、最初は、味見をしながら入れてください)

こんな適当な料理はイヤだ!(ですよねー…)という方のために、下に、ちゃんとした作り方を紹介しておきます。

「夏だ!絹ごし豆腐でふんわりゴーヤーチャンプルー」

木綿豆腐で作ってもOK!!
塩もみでは苦みが増すという説もあるので、テレビで見た情報を元に苦みを抜く方法を変更しました☆

引用元:楽天レシピ

ちなみに、〈ゴーヤの苦みを抜く方法〉としては

1、ゴーヤの白いワタをしっかり取り、薄めに切る
2、塩もみする
3、塩を洗い流し、絞る

という手順でも、苦みを抜くことができます。

 

冷しゃぶ

ああ、疲れた~。料理が面倒~。だけど、豪華なものを作らなきゃ、というときは、冷しゃぶ(笑)。

①レタスをよく洗い、1cmくらいの幅に切ります。キャベツの千切りでも構いません。(レタスを切るのが面倒なら、ちぎってもいいです)
②切ったレタスを大皿に平らに盛ります。トマトやきゅうりがあれば、お皿の周囲に彩りとして、キレイに見えるように置いていきます。ピーマンも、嫌いでなければ薄切りにして散らします。

③鍋にお湯を沸かし、豚肉の薄切り(できれば、しゃぶしゃぶ用)を一枚ずつ湯通ししていきます。完全に火が通って色が変わるまで、しっかりお湯にくぐらせてください。
④その後、冷水(ボウルに水を入れたもの)でさっと冷やしたら、ザルに上げて水を切り、大皿のレタスの上に載せていきます。

調理はそれだけです。

我が家では、食べるときは自分で取り皿に取って、ドレッシング(何でもよいですが、ごまドレがおいしいです)・ポン酢・ごまだれなどを、好きなようにかけて食します。
ドレッシングやポン酢などは、冷蔵庫に入っている買い置きのものをどさっと出しておいて、後はおまかせです。大皿がテーブルの中心にドン!と置いてあると、なぜか、ご馳走に見えてしまいます。目でも満足感があるので、おすすめですよ。

注意点は、食中毒予防のために、生の豚肉に触れた手で野菜を扱わない、ということと、豚肉にはしっかり火を通すということです。

参考になるちゃんとしたレシピは下に。
このレシピは、豚肉を湯通しするお湯の工夫が光っています。

「簡単なコツで美味しい冷しゃぶ レシピ・作り方」

これからの季節は冷しゃぶが大活躍します!ただ水で茹でるだけだと水っぽく仕上がるので、この「コツ」を覚えてさらに美味しくいただきます♪

引用元:楽天レシピ

夏バテ対策に、甘酒がいいらしい!

出典:Wikipedia


甘酒? 温かい冬の飲み物でしょ?

いいえ、それは認識不足。
江戸時代には、甘酒は夏の飲み物でした。

夏に熱い甘酒を飲んで、暑気払いをしたのです。

その証拠に、俳句では、今でも「甘酒」は夏の季語として扱われます。

甘酒って、どんなもの?

甘酒には、2種類あります。

1、米麹(こめこうじ)から作ったもの。
2、酒粕(さけかす)から作ったもの。


日本酒を作る工程を、単純化して見てみましょう。

お米を蒸して、麹菌を入れると、麹菌が米のデンプンを糖に変えていきます。これが「米麹」。この米麹を利用して作った飲み物が、「甘酒」です。糖分が多く、アルコールは含まれていません。

蒸した米に、米麹や酵母菌や水などを入れ、発酵させると、米のデンプンが糖分になり、さらにアルコールに変わります。これが「醪(もろみ)」。

醪を絞ると日本酒ができ、残った絞りカスが「酒粕」です。

糖分はアルコールになっていますので、酒粕には、糖分が少なく、アルコールが少し残っています。おの酒粕をお湯に溶かして、砂糖を入れたものも、「甘酒」と呼ばれています。したがって、酒粕から作る甘酒には、アルコールが含まれていますので、お子さんや、車の運転をする人は注意が必要です。

市販されている「甘酒」は、米麹から作られた「砂糖無添加・ノンアルコール」のものが中心ですので、ご安心を。

甘酒の何が夏バテにいいの?

甘酒にはブドウ糖、ビタミンB群、アミノ酸が多く含まれています。
甘酒のことを「飲む点滴」と呼ぶ人もいるほどです。それは、病院で受ける点滴は、ブドウ糖・ビタミン・アミノ酸が溶けた液を体内に入れるのですが、甘酒には、それらの栄養素が豊富に含まれているからです。

さらに甘酒には食物繊維も多く、オリゴ糖も含まれていて、整腸作用もあります。ただし、夏バテに効果のあるビタミンCは含まれていません。

甘酒を飲むときの注意

甘酒は糖分が多いので、カロリーが高く、100mlで81kcalあります。1日に飲む量は、200ml(カップ1杯)くらいまでにしましょう。
飲み方は、温めて飲んでも、冷やして飲んでもいいですし、レモン汁を加えるとさっぱりします。

もちろん、お子様が飲むときは、ノンアルコールかどうかをチェック!

(関連記事)この記事を読んだ方はこちらもおススメです!

食事からも熱中症対策を!手軽で簡単、オススメの食べ物を紹介!

夏バテ対策に、果物!

出典:Wikipedia


夏バテ対策には、果物ももってこいです。

果物というと、「ビタミン」のイメージが強いですが、実は「ミネラル」も豊富。食欲の落ちやすい時期にも、果物なら食べやすいですし、水分も補給できます。

夏バテ対策に効果的で、比較的手に入れやすい果物をピックアップしました。

キウイ

ビタミンC、ビタミンE、カリウム、ポリフェノールなどが豊富です。タンパク質の分解酵素(アクチニジン)が含まれていますので、肉などの消化を助けてくれます。

スイカ

スイカは水分が多く、脱水症状を予防するのに効果を発揮します。糖分・カリウム・ビタミンC・カロテンが含まれています。スイカに塩をかけて食べると、汗で失われる水分とカリウムやナトリウムを補給できます。

柑橘類

オレンジやグレープフルーツなどの柑橘類には、ビタミンCが豊富です。カルシウム・カリウムもなどの栄養素も含まれ、疲労回復効果があるクエン酸も豊富です。

メロン

高級なマスクメロンには手が出ませんけれども、夏には、比較的求めやすい価格のものも、たくさん出回ります。メロンは、カロリーが100gあたり42kcalとあまり高くありません。カリウム、ビタミンCなどが豊富です。果肉の赤い種類のメロンには、カロテンが多く含まれています。

パイナップル

パイナップルには、プロメリンというタンパク質分解酵素が含まれていて、肉類の消化を助けてくれます。ビタミンB1や、ビタミンC、疲労回復効果のあるクエン酸が豊富に含まれています。缶詰のパイナップルもありますが、できれば生の方が、栄養価は高いです。スーパーなどでも、食べやすくカットされたものがパック詰めで売られていますので、そういうものを利用すれば手軽です。

夏バテ関連記事もあわせてどうぞ。

※ 夏バテに負けない!飲みすぎNG、運動OK!正しい対策で夏バテ解消

※ もしかしたら夏バテかも…あなたの症状から簡単チェック

まとめ


医食同源。「食」は、健康の基本です。

夏バテ予防だけにとどまらず、健康のために、毎日の食事をより良いものにしましょう。
できるだけ、いろいろな食品を食べるようにすればよいですよ。

栄養の豊富な甘酒や果物は、ジュースやアイスクリームに代わるおやつとしてもおすすめですよ。

 

 


 

関連記事