ニキビ跡が、赤や茶色のシミのようになって残って悩んでいる人は多いですね。

 

「ニキビ跡」と一口に言いますが、赤い跡と、茶色い跡は、でき方が違います。

その違いと、どうしてニキビ跡が残ってしまうのか、どうしたらキレイにできるのかを、調査してみました。

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

気になる唇の色素沈着を解消!めざせぷるぷるリップ

色素沈着の原因と対処法 気になるシミを増やさないために

 

 1つではない、ニキビの跡のタイプ


 

「ニキビの跡がシミのようになって残った」という場合には、「赤みが強いもの」と「茶色のシミになって残っているもの」の、2種類が考えられます。

 

順に原因を探っていきましょう。

 

1、赤みが強いもの

赤~紫の色味で肌にニキビ跡が残っている場合、原因は2つあります。
  1. 肌の毛細血管がダメージを受けて壊れていたり、傷を治すため拡張したりして、目立つ状態になっている。
  2. 肌の表面は炎症が治まっているけれども、奥に炎症が残っている。
 

赤みの強いニキビ跡は、メラニン色素が原因ではありません。

毛細血管や炎症が透けている状態です。

 

まだ色素沈着していませんから、時間をかければ、自然によくなることもあります。

しかし、放置していると、本当にシミになって消えなくなる可能性もあります。

 

2、茶色の跡が残っているもの

ニキビ跡が、茶色や黒っぽい色のシミになって残っている場合、それは「炎症性色素沈着」といわれるものです。

日焼けの跡や虫刺され跡、毛抜きで体毛を抜いた跡が炎症を起こして、シミになってしまうことがありますが、それと同じ原理でできます。

 

ニキビが炎症を起こすと、炎症が表皮細胞を刺激し、プラスミンといわれる成分が作られます。

そのプラスミンは、メラノサイト(色素細胞)を活性化させ、メラノサイトにメラニン色素を作らせます。

 

図示すると、次のようになります。

 

刺激(ニキビの炎症)

プラスミン

メラノサイトを活性化

メラニン色素(過剰に作られると、シミのもとになる)

 

本来、メラニン色素は、肌の奥にある真皮を有害な紫外線から守るために作られていますので、決して悪者ではありません。

健康な肌ならば、表皮と真皮の境をブロックしている基底膜が、メラニン色素を真皮にまで届かせませんし、表皮のメラニン色素もターンオーバーによって、アカとして送り出され、次第に元のような白い肌に戻っていきます。

しかし、炎症がひどく、肌の奥までダメージが及んでしまうと、メラニン色素は真皮にまで届いてシミとなって残ってしまいます。

 

食事や生活の乱れ(過度なダイエットなど)でターンオーバーのサイクルがうまく働かず、シミになってしまっていることもあります。

 

赤みの強いニキビ跡を治す方法

ターンオーバーを正常化する

食事・生活習慣を見直すことで、肌の健康を保てます。

 

ビタミン・タンパク質・脂質・糖質などの栄養バランスを大切にした食事を摂りましょう。

 

肌の新陳代謝は、午後10時から午前2時にかけて活発に行われますので、その時間は睡眠を取りましょう。

洗顔は大切ですが、ゴシゴシと強く洗う必要はありません。

皮脂を取り過ぎないようにして、適度な水分・油分を補って保湿します。

 

ビタミンC配合の化粧品でお手入れ

ビタミンCの入った化粧品でお手入れをして、色素沈着を防ぎましょう。

 

ロート製薬:メラノCC

活性型ビタミンCを配合。

角質層の奥に届いてメラニンの生成を防ぎます。

 

さらに、ビタミンE誘導体が、血行を促進。

2つのビタミンが肌に働きかけます。

(商品詳細:ロート製薬

 

「ロート製薬:メラノCC」の口コミ

 


 

FANCL:ホワイトニング エッセンス

メラニンの発生を防ぎ、シミを予防する美容液です。

アクティブビタミンCとVC・VE複合体の力で透明感のある肌を作ります。

(商品詳細:FANCL online

 

「FANCL:ホワイトニング エッセンス」の口コミ

 

最近、ファンケルさんに変えましたがこの美容液はすごいです。

シミが目立たなくなり透明感がでてきました。

手放せないです。

(きよぷーさん)

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

なかなか消えない虫刺されの跡を消したい!おすすめ方法4選

茶色のシミ…炎症性色素沈着の治し方


 

色素沈着したニキビ跡も、お手入れで薄くできます。

 

日焼けを防ごう

ニキビ跡で悩んでいるなら、紫外線対策をしっかりと行ってください。

これは、赤みの強いニキビ跡も同じです。

 

炎症を起こした箇所に紫外線の刺激が加わると、色素が沈着して、シミになります。

 

たとえば、虫刺され跡や外傷の跡なども、そのままなら消えてしまうものでも、紫外線が強く影響すると跡が残ってしまうことがあります。

さらに、既にできている炎症性色素沈着は、日焼けをすることで、消えにくくなります。

 

ですから、色素沈着を新たに作らないため、また、消えにくくしないために、「日焼け」は禁物です。

 

美白化粧品が有効

炎症性色素沈着には、美白化粧品が効果あります。

ニキビ跡の色素沈着に効く、美白化粧品を紹介します。

 

肌ラボ:白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水

「白潤」はニキビ跡に効かないという人もいますが、が、ツイッターなどでは、「効果があった!」という声もあります。

 

「白潤」シリーズにもいろいろあります。

その中でも、ホワイトトラネキサム酸を配合した、「白潤プレミアム」と、直接型ビタミンC誘導体と高純度アルブチンを配合した「白潤プレミアムW美白美容液」を紹介します。

 

白潤の美白成分は浸透性に優れ、シミの元へ届いてくれます。

うるおい成分もたっぷりと含まれていて、肌をやわらかく整えます。

「プレミアム」という名にふさわしい美白化粧品です。

(商品詳細:ロート商品情報サイト

 

「肌ラボ:白潤」の口コミ

 

ビーグレン:ニキビ跡ケアトライアルセット

美白クリームが人気の、b.glenが発売している、ニキビ跡ケアのためのセットです。

肌に負担をかけずに洗顔し、化粧水で潤いを与え、美容液のソフトピーリング作用で肌の生まれ変わりを促進させ、クリームで肌にハリを与える、という考えで4品をセットにしています。

(商品詳細:b.glen

 

「ビーグレン:ニキビ跡ケアトライアルセット」の口コミ

 

ニキビ跡や傷跡が沢山ありコンプレックスです。

隠せばいいと思っていましたが最近になって、やっと根本的に治したいと思い始めて調べたところ、こちらに辿り着きました。

そんな私が続けていきたいと思えるほどいいものです。

(Mさん)

 

エーザイ:チョコラBBルーセントC

体の内側から、飲んで治す! 頼もしい内服薬です。

ビタミンCとL-システインの抗酸化力が、黒色メラニンを無色化し、シミの元を作らないように働きかけます。

シミを消して、作らないようにする働きがあるのですね。

 

ビタミンB2・B6は肌のターンオーバーを正常化し、ビタミンEが血行を促進します。

そうすることで、シミになっているメラニンが排出されるのを助けてくれるのです。

(商品詳細:エーザイ

 

「エーザイ:チョコラBBルーセントC」の口コミ

 


 


 

皮膚科で処方を受ける

市販薬で思うような効果が得られないときや、症状がひどい場合は、皮膚科や美容外科に相談するという手もあります。

ただし、シミを消す治療は美容目的とされて、保険がききません。

 
  • ハイドロキノン …美白効果が高い薬品です。
  • トレチノイン  …肌のターンオーバーを促進する薬品です。ハイドロキノンと併用されることも多いです。
 

皮膚科や美容外科で処方されるハイドロキノンなどの薬品は、市販薬より濃度が高い場合が多く、肌の弱い人は副作用も心配ですから、医師の指導に従って使いましょう。

 

美容外科的治療も

より確実な効果を求めて、皮膚科や美容外科で、外科的な治療を行うと、どうしても、治療費が数万円~10万円ほどかかってしまうのが難点です。

 

ケミカルピーリング … 肌に薬剤をぬって、肌の表面を薄く溶かし、ターンオーバーを促進させる方法です。

ケミカルピーリングの直後は、肌への浸透がよくなるため、ビタミンC誘導体などを肌に導入させる治療も行うこともあります。

 

レーザー治療 … レーザーで肌にダメージを与えることで、ターンオーバーを促進させる治療です。

 

フラッシュ(光)治療 … レーザー治療と同様に、肌に光を照射することで、ターンオーバーを促進させます。

 

生活を見直して正しいターンオーバーを


 

赤みの強いニキビ跡の治療のところでも書きましたが、食生活や睡眠などの生活習慣を整えることは、大切です。

生活が乱れているために、肌が不調になっていることもあります。

 

薬品や病院での治療に頼るのもよいのですが、まずは、基本的な生活を見直してみませんか。

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

色素沈着を何とかしたい!噂のクリームの気になる効果は?

目の下のクマ今すぐ消すには?タイプ別クマを消す速攻裏技5選教えます。

まとめ

ニキビ跡が、赤みを帯びているときは、毛細血管が拡張し透けて見えているか、肌の奥で炎症を起こしていると考えられます。

ビタミンCが配合された化粧品を使い、色素沈着してシミにならないようにしましょう。

 

すでに色素沈着して、茶色のシミになっているときは、市販の美白化粧品や、皮膚科で処方される薬品でシミを消すようにします。

費用がかかってもよければ、ケミカルピーリングなどの外科的な治療もあります。

 

どちらの場合も、肌のターンオーバーを正常化して、メラニン色素を排出することが大事です。

生活を見直し、正しい食事と睡眠を心がけましょう。

 

「肌表面のトラブル」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事