軽井沢でまず楽しんでほしいのは豊かな自然ですが、軽井沢でしか楽しめない美術作品に目を向けて見るのもおすすめです。特に、カップルにとっては美術館デートはもってこい!しっとりとした雰囲気で、二人の距離がグッと近づくこと間違いなしです♪
今回は、軽井沢にあるおすすめの美術館をご紹介します。

(関連記事)夏の軽井沢デート!こちらもおススメです!

軽井沢軽井沢万平ホテルでランチをいただく

軽井沢でサイクリングはいかが?おすすめコース5選

夏の軽井沢、おすすめ観光スポットは?

 

軽井沢千住博美術館

ヴェネツィア・ビエンナーレでの名誉賞受賞経験のある、千住博の作品を中心に展示している美術館です。展示作品の多くが絵画ですが、初心者でも変に構えることなく楽しんで鑑賞できるつくりになっています。
美術館というと館内は暗いイメージがありますが、千住博美術館は自然をうまく取り入れた明るい空間も特徴の一つです。あまり混み合っていなければ、30分程度で一周できるとのこと。

  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉815
  • 開館時間:9:30〜17:00 ※入館は16:30まで
  • 休館日:火曜、冬期(12月26日〜2月末日)
  • 入館料:一般1,200円、学生800円、中学生以下・障害者無料

セゾン現代美術館

美術館としては珍しい、数寄屋造りの美術館です。軽井沢の自然の中にありながらも違和感なく、緑の中に溶け込むように佇んでいます。
館内では主に絵画を、そして庭園では様々な彫刻作品を目にすることができます。緑の中を歩く心地よさもあり、アートを身にしみて感じることができるでしょう。
なお、敷地内には地元のオーガニック素材をつかった料理が魅力のカフェもあります。美術品に囲まれながら空腹を満たすのは贅沢なひと時ではないでしょうか。
  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140
  • 開館時間:【4月~10月】10:00~18:00【11月】10:00~17:00
  • 休館日:木曜
  • 入館料:一般1,500円、高校・大学生1,000円、小・中学生500円

旧軽井沢森ノ美術館

道の途中で見かけたらつい寄りたくなってしまうような、トリックアートが一押しの美術館です。軽井沢駅からは車でおよそ5分、旧軽井沢銀座入り口すぐという便利な場所にあります。
見るだけでなく、触ることでも楽しめるのがトリックアートの魅力!写真を撮ることでその楽しさはさらに倍増です。
しかも、ペットを連れたままの入館もOK!大切なペットとトリックアートを一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?
  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢809
  • 開館時間:9:00〜19:00
  • 休館日:なし(冬期休暇あり)
  • 入館料:大人1,500円、学生800円

軽井沢現代美術館

軽井沢駅から車でおよそ5分の場所にある、軽井沢現代美術館。1階の常設展示室では、草間彌生や奈良美智など、日本に留まらず海外でも活躍している画家達を特集し展示しています。
画家一人一人の個性が一枚一枚の絵に溢れており、見ていて飽きることがありません。普段あまり絵画に慣れ親しんでいない人でも、つい足を止められてしまうような絵に出会えるはずです。
2階の企画展示室では、年2回の企画展が開催されています。

  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2052-2
  • 開館時間:10:00〜17:00
  • 休館日:4月下旬〜11月の火曜・水曜、冬期(12月〜4月中旬)
  • 入館料:大人1,000円、高校・大学生・65歳以上800円、小・中学生500円、未就学児無料

軽井沢ニューアートミュージアム

軽井沢駅から徒歩およそ8分程度にある、主に現代アートを展示している美術館です。存在感のある外観ながらも、まるで木々のようにそびえ立つたくさんの柱がカラマツ林を彷彿とさせ、軽井沢の風景にマッチしています。
日本で活躍している作家はもちろん、海外でも活躍している作家の作品も多く展示されています。グループ展などが行われることもあるので、美術ファンは必見の美術館です。
  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
  • 開館時間:【4月~6月・10月~3月】10:00~17:00【7月~9月】10:00~18:00
  • 休館日:火曜(祝日の場合は翌日定休)
  • 入館料:大人1,000円、高校・大学生・65歳以上800円、小・中学生600円

ペイネ美術館

レイモン・ペイネという、フランスの有名画家の作品が展示されている美術館です。軽井沢タリアセンの中にあります。
ペイネの作品といえば、有名なのは「ペイネの恋人たち」。優しいタッチで描かれており、見れば思わず優しい気持ちになれるような作品です。それゆえ、まさにデートにはもってこいの美術館と言えるかもしれません。
軽井沢タリアセンには他にも、レストランや遊びができるコーナーがあります。カップルだけでなく、家族でも美術館を楽しめそうですね。
  • 住所:長野県軽井沢町塩沢湖長倉217
  • 開館時間:【3月~11月】9:30〜17:00 【12月~1月】10:00〜16:00
  • 休館日:7月11日、10月17日、【12月】火曜・水曜・木曜、12月26日〜1月1日
  • 入館料:大人1,500円、小・中学生800円

脇田美術館

脇田美術館では、洋画家として有名な脇田和の作品を中心に展示しています。その数およそ1,000点。脇田和氏のファンであれば、足を運ばない選択肢はないでしょう。
作品展示以外にも、イベントとして音楽会やワークショップなどが開催されることもあります。

  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町旧道1570-4
  • 開館時間:10:00〜17:00(GW、7月15日〜9月15日は18:00まで)
  • 休館日:なし(冬期休暇あり)
  • 入館料:一般1,000円、高校・大学生600円、中学生以下無料

田崎美術館

文化勲章を受章した、田崎廣助の作品を展示するためにつくられたという美術館です。なんでも、軽井沢は田崎氏にとって第二の故郷として愛した土地だったからだとか。
自身の作品だけでなく、画人との交友がわかる資料なども展示されています。
建物は自然の中に溶け込むようにデザインされており、雲のような形をした屋根などが特徴です。
  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉横吹2141-279
  • 開館時間:【5月〜 9月】10:00〜17:00【10月〜11月】10:30〜16:30
  • 休館日:水曜
  • 入館料:大人900円、高校・大学生700円、小・中学生400円

軽井沢ルヴァン美術館

大正のモダニストとも呼ばれる西村伊作の作品をはじめ、企画展では様々な作家の絵が展示されます。
館内の展示はもちろんですが、ルヴァン美術館の見どころといえばその外観。ベンチやブランコなどが設置され洋風の建物が佇む様子は、それ自体が絵画であるような美しさを醸し出しています。
敷地内には様々な洋食を楽しめるカフェもあるので、自然を眺めながら一息ついてみるのも良いかもしれません。

  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉957-10
  • 開館時間:10:00~17:00
  • 休館日:水曜(祝日の場合は翌日定休)
  • 入館料:大人800円、高校・大学生600円、小・中学生400円

南ヶ丘美術館

軽井沢駅の南側、別荘地の中に佇む美術館です。少しわかりにくい場所ではありますが、それだけ軽井沢の自然の中に溶け込んでると言えるでしょう。
近代美術絵画や彫刻品だけでなく、屏風などの古美術品も展示されています。
  • 住所:長野県軽井沢町軽井沢1052-73
  • 開館時間:10:00~17:00
  • 休館日:不定休、冬期休館(12月中旬~4月中旬)
  • 入館料:700円

軽井沢デートは美術館で決まり!


美術館に頻繁に足を運ぶという人はおそらく少ないと思いますが、軽井沢という都会の喧騒から離れた土地だからこそ、静かに楽しめる美術館をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

 

軽井沢についてのおすすめ情報をもっと知りたい!ならこちらもどうぞ。

 


 

関連記事