軽井沢,ペット,宿泊,軽井沢マリオットホテル
出典:軽井沢マリオットホテル


あのグローバルホテルブランド「マリオットホテル」が、軽井沢にオープン!
開業自体は、昨年ですが、今年は2月に愛犬と泊まれるコテージが、7月には、さらに新しい棟がオープンしました。
観光地としても有名で、訪れる人が町民の数百倍ともいわれる軽井沢を、愛犬と共に散策してみませんか?

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちら。

軽井沢でペットと一緒に利用できるレストランはどんなとこ?

軽井沢で人気のコテージや格安コテージをご紹介!

軽井沢でサイクリングはいかが?おすすめコース5選

中軽井沢駅の西側、静かな環境に位置する軽井沢マリオットホテル

軽井沢,ペット,宿泊,軽井沢マリオットホテル
出典:宿らん


中軽井沢なので、人気の観光中心地からは少し離れた西側にあり、比較的静かな所です。
外資系のホテルだけあって、どこかお洒落だけれどシンプルな外観と、温泉大浴場付きのホテルとあって、非日常の癒しを求める観光客に人気の場所になっています。

そんな中、日本にあるマリオットホテルの中では初めてとなる、ドッグコテージが今年誕生し、最近新たな棟もオープンしました!

住所〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
TEL:0267-46-6611

アクセス方法


  • お車でお出かけの場合(東京より約2時間20分、大阪より約7時間)
    関越自動車道・藤岡JCT.経由、上信越自動車道・碓氷軽井沢I.C.より約10km(約20分)
    • 東京からの場合
      東京→関越自動車道・上信越自動車道→碓氷軽井沢I.C.→10km→軽井沢マリオットホテル
  • 電車でお出かけの場合(東京より約1時間30分、大阪より約4時間10分)
    北陸新幹線・軽井沢駅下車、タクシー約15分。
    または、
    しなの鉄道・中軽井沢駅下車、タクシー約5分
    • 東京からの場合
      東京→北陸新幹線「あさま」「はくたか」(約1時間10分)→軽井沢→しなの鉄道(約3分)→中軽井沢→タクシー(約5分)→軽井沢マリオットホテル)

ペット連れでも軽井沢駅からの無料送迎バスを利用可能(期間限定)

2017年9月1日~2018年1月3日の間は、軽井沢駅南口のバスターミナルから無料送迎バスが出ています。
実は、ペット連れでも、ケージやバッグに入れればこの無料送迎バスの利用が可能です。

特に予約の必要はありませんが、時刻表などの変更や、天候などによっては運行時間の変更がある点はご注意ください。
  • バス時刻表
    ホテル発:10:00 / 11:00 / 12:00 / 14:00 / 15:30 / 16:50 / 18:10 / (金、土、日、祝日のみ19:30増便)
    軽井沢駅発:12:40 / 14:40 / 16:10 / 17:30 / 18:50 / (金、土、日、祝日のみ20:00増便)
バス乗車場所
出典 軽井沢マリオットホテル


参照 軽井沢マリオットホテル 無料送迎のご案内

軽井沢マリオットホテルにペットと泊まる


ホテルとしてペット可なのは、ドッグ対応コテージA棟およびB棟のみとなります。それ以外の施設はペット不可ですのでご注意ください。

2017年に相次いでドッグコテージがオープン

マリオットホテル軽井沢そのものは、2016年7月29日に開業しています。
2017年2月にドッグコテージA棟が誕生。さらに、2017年7月28日には、客室棟であるノースウィングと、ドッグ対応コテージB棟も新築オープン。ドッグ対応コテージは、愛犬と同伴でなくては宿泊できません。

宿泊可能なペットの種類

対象となるのは今のところ犬のみとなり、小型犬であればほぼ宿泊可能ですが、実は大型犬の場合には滞在不可の犬種もあります。滞在不可の犬としては、以下の16犬種が指定されています。(2017年10月現在)

受入れ設備、お客様と当ホテル相互の安全面の理由から、下記犬種については、滞在をお断りしますのでご理解くださいますようお願い申し上げます。(下記参照)
●アメリカン・スタッフォードシャー・テリア ●アメリカン・ピット・ブルテリア ●チベタン・マスティフ ●土佐犬
●ナポリタン・マスティフ ●ブル・マスティフ ●フレンチ・マスティフ ●ボルドー・マスティフ ●マスティフ
●秋田犬 ●甲斐犬 ●紀州犬 ●四国犬 ●チャウチャウ ●ブル・テリア(ミニチュア・ブル・テリア) ●北海道犬

引用 軽井沢マリオットホテル 利用規約

予約する時には、最新の情報をホームページまたは直接問い合わせで、しっかり確認してくださいね。

お部屋と犬種によって宿泊可能なペットの数が変わる

最近では、多頭飼いされているおうちもあるかと思います。そんな場合、ちょっと気になるのが宿泊可能な頭数です。軽井沢マリオットホテルでは、宿泊するお部屋のタイプと犬種の大きさによって変わってきます。

例えば、人間であれば定員2名の「B棟 温泉付コテージキング」タイプは小型犬1頭まで、「A棟 温泉付デラックスコテージキング」なら小型犬3頭または大型犬2頭まで(要相談)となります。

出典 軽井沢マリオットホテル B棟 温泉付コテージキング こちらは小型犬1頭まで


出典 軽井沢マリオットホテル A棟 温泉付デラックスコテージキング こちらは小型犬3頭または大型犬2頭まで(要相談)


小型犬であれば、最大3頭まで、中型件なら2頭、大型犬なら2F部分のみで2頭まで対応可能で、超大型犬になると、問い合わせが必要とのこと。また、宿泊部屋により、可能頭数が変ってきます。

小型犬であればあまり悩まなくてもいいかもしれませんが、それよりも大きいかなとか、ちょっと迷ったときにはホテルにお電話で確認した方が確実です。

ペットの宿泊料金

愛犬1頭につき、宿泊料金は5400円で、2頭目以降は1頭毎に2160円となります。※いずれも税込み価格

ペットのための施設・アメニティ類も豊富

THANNでテンション上がる☀️💓 #thann #marriothotel #ナチュラルスキンケア #ホテルアメニティ

Rina Kさん(@rina_robin_ram)がシェアした投稿 –



人間用のアメニティも評判のいい軽井沢マリオットホテル。ドッグコテージ専用備品も種類が豊富にそろえてあり、ケージ(事前予約必要)、粘着テープ(コロコロ)足ふきタオルウェットティッシュ消臭剤糞始末用の袋ペットシーツペット用ごみ箱食器 があります。ただし、食器は普段使い慣れたものを持参した方が良いようです。

ちなみに、人間用にミカド珈琲のドリップコーヒーが用意してるのは軽井沢雰囲気が出ますね。

ペットのための食事は持参を

愛犬と宿泊する時の注意事項の中に、持ち物の記載があります。
そこには、食事、食器、タオル、寝具、おもちゃ、その他普段利用しているもの、とありますので、ホテルから提供される愛犬のための食事は、現時点では用意がないものと思われます。

ただし、2018年3月31日までの期間限定で、特別プランとして人間用に朝食ブッフェとJapaTabiカクテル「信州アップルサングリア」があり、それに愛犬専用デザート(リンゴとムースのケーキ)が付いてくるとのこと。
詳しくはこちらでご確認ください。⇒ ドッグ対応コテージB棟オープニング記念宿泊プラン JapaTabi Holiday with Dog

愛犬はコテージ内で自由にできるのか?

ペット可の宿泊施設でありながら、たまに見かけるのが「ペットは専用ルームでお預かりします」とか、「室内ではケージに入れてください」というもの。これでは確かにペットと一緒といいつつ、本当に飼い主さんがそういう滞在を求めているのかは疑問ですよね。

軽井沢マリオットホテルでは、もちろんコテージ内をペットが自由に歩き回ることができます。思う存分愛犬と一緒に楽しんでくださいね。
ただし、以下の点は利用規約で禁止されていますので要注意です。
  • 夜寝るときは寝具に寝かせないこと(ペットはゲージで)
  • コテージ内の浴室でペットを洗わないこと
  • 室内で排泄したときは飼い主が処理すること
  • ペット対応コテージ以外の館内施設はペット不可なので連れて歩かないこと
  • など
参照 軽井沢マリオットホテル 利用規約

今回の軽井沢は、マリオットホテルのドッグコテージに宿泊。コテージの外観は、ちょっと古めでしたが、お部屋は新しくて綺麗! . コテージ内には部屋が4部屋あって満室だったから、他の犬の鳴き声が心配だったけど、防音がしっかりしてるみたいで、人の声も犬の声も全然聞こえなかったので夜もぐっすり眠れました😴 . ただ、コテージの共通のドアの閉め方によって、音が響いてくるみたいでシリはその音に反応してた😓 . お部屋には小さいけど窓付きの温泉も付いてて快適でした〜😊 . ①〜③お部屋の写真 . ④コテージ内の共用階段 . ⑤共用の足洗い場 . ⑥コテージ外観 . ろくな写真なくて、すみません😅

Elmo(brown) and Siri(white)💕さん(@elmo_and_siri)がシェアした投稿 –


コテージ内には足洗い場もあって便利!

ホテルの公式サイトには記載がないのですが、いった方の口コミによると、どうやらコテージ内にはペット専用の足洗い場が設置されています。雨天や、冬季の雪の場合に足が汚れてしまうので、これは便利です。


 

(関連記事)この記事と併せて読むならこちらの記事もどうぞ。

軽井沢アウトレットにペット同伴で出かけたい!注意点は?

気になる評判は?

まだオープンしたてのためか、ドッグコテージ利用者の口コミはないのですが、参考になりそうなものを集めてみました。

軽井沢はいつも犬連れなのですが、今年は犬がおらず、かつマリオットが犬連れ可となるというので、下見として伺いました。
ホテルとしては施設、サービスとも抜かりなくまた、マリオットになってからか?ホテル内どこでも、気持ちのよい清浄なアロマの香りに満ちていてとても気持ちがいい。宿泊者はトレーニングルームも自由に使えるのもいいですね。ただ、できればの改善要望は2つ。1.朝食のビュッフェ、豪華で、とてもいろんな種類もあり、美味しいのですが、チーズやパン等、表示がややさっぱりしすぎ(笑)ある意味不親切に感じました。例えば、加熱して食べるべきエメンタールなども名称だけで並べてあるため、ほとんどの方は、堅いチーズをただ苦労して切り取り、席で召し上がっています。脇にトースターもパンもあるので、ポップなどで、可愛く「加熱して食べると美味しい」とか、「パンにのせて焼いてどうぞ」、とか分かりやすくしてあげてください。流行りのエッグベネディクトも食べ方含めもっと紹介してもいいでしょう?。浅野屋のパンも内容がもう少し紹介があるといいと思いますよ。軽井沢初めての方は浅野屋自体不案内でしょう。ビュッフェの楽しさは、サービスのちょっとした気遣いやサポートで格段にアップします。せっかくいい内容なので、もったいないです。そう、全体にもっと可愛い気があるといいのかな。あと、日本茶はよくなかった・・・わざわざ、フレンチプレスで入れてくださったのですが、フレッシュさに欠けるものでした。日本人は朝の美味しいお茶、欲しい人も多いですよ。外人のお客様にはきちんと美味しい緑茶も喜ばれましょう。2.敷地内で犬連れコテージを偵察しました。ドッグbarが前面にあちこち、打ちつけられていますが場所が悪い。大事な家族はきちんとブラッシングしてきれいにしている人が多いはず。それが、一時とはいえ、あんまりきれいでない雑草や土の上に繋ぐのは抵抗があります。自分がそこで待たされてもいい場所、と考えてくださいな。例えば雨の日だって、ワンコをちょっと外に繋ぐこともあるのですから。もそっと、ワンコオーナーのヒアリングがあるといいように思います。自由が丘や麻布のドッグbarがあるスーパーでは、日陰ということも考えているようです。
といろいろ書いてしまいましたが、敷地内には小鳥が飛び交いゆったりと気持ちのいい場所です。次は犬連れだといいな。

次に紹介する口コミは、新しくできたノースウィングに対する感想です。

子連れ旅行という事もあり、部屋付き露天のある新しいノースウイングに宿泊しました。ホテルに入るなり香水のような香りとBGM、歓迎が伝わるサービスで、さすがマリオットという感じ。他の方の口コミで、従業員の方のサービスレベルの低さを書かれているのを見かけ心配していましかが、そこまで不快な気持ちになるシーンはありませんでした。
全体的に作りが新しく洗練された印象で良かったのですが、マイナスポイントとして…
部屋の乾燥。本館も部屋付きの露天風呂も設計が狭く感じる所。朝食ビュッフェは料理名が1つも記載しておらず、充実度が高くこだわりを感じる分残念な印象です。

接客面では、イマイチという評価だったり、しっかりしていてさすがはマリオットという評価もありますので、行った時にもよるのかもしれません。

まだ日が浅かったころには、なかなか厳しい口コミも多かったマリオットホテルですが、最近の物になると、良い評価も見られるようになってきました。たいていどの宿泊施設でもオープンしたてはスタッフがイマイチ、、、なことが多いですので、長い目で見てだんだんとこなれてくることに期待ですね。
新しい棟のスタッフの接客が素晴らしいかどうかは、これからの情報待ちというところでしょうか。

愛犬と一緒なら一週間前までに必要書類の送付が必要

楽しい滞在のために、きちんとルールは守らなければいけません。軽井沢マリオットホテルでは、ペット対応コテージに宿泊される場合には提出しなければいけない書類があります。

期限は一週間前となりますので、以下の書類を忘れずに送付しましょう。
書類の送付先は、FAX 0267-46-6061 となります。

参照 軽井沢マリオットホテル 愛犬とのご宿泊に際しての注意事項

 

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちら。

軽井沢ご当地スーパーツルヤTSURUYAがすごい!オリジナル商品からお土産まで揃う

軽井沢デートなら美術館はいかが?おすすめ美術館10選

 

まとめ

軽井沢マリオットホテルをご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。
愛犬と一緒にホテルのレストラン等で食べられる環境ではありませんが、周辺には一緒に食べられるレストランもいくつかありますし、愛犬には、慣れ親しんだおもちゃや食器で家と同じような安心感を持ってもらいつつ、新しい部屋で旅行気分を一緒に味わってもらえる素敵なホテルともいえます。

世界で親しまれているマリオットホテルの、日本ならではのおもてなしと温泉を楽しみつつ、愛犬とホテル周辺を散策して楽しむのも良いかもしれませんね。

 

軽井沢についてのおすすめ情報をもっと知りたい!ならこちらもどうぞ。

 


 

関連記事