今やなんでも揃う100均。

「これが100円!?」や「こんなのまで売ってるの?!」なんてこともしばしばありますね。

もちろん、中学生にも手の届きやすい金額でメイク道具なんかも売ってます。肌トラブルなども心配ですが、せっかく興味の出たメイク道具も使い方を間違えたら恥ずかしい!ちょっと勉強しましょう!

(関連記事)この記事を読んでいるあなたにはこの記事もおすすめですよ。

● 中学生の初めてのメイク、仕方は?メイクのポイントは?親には言う?

● 中学生のメイクに下地って必要?気になるニキビにはこれ!

● メイク初心者におすすめの最初にそろえるメイク道具一式は?

● ファンデはまだ!中学生のメイクは下地を活用した美肌狙いがカワイイの近道


メイク道具の名前と使用場所、使用方法


似たような名前だったり似たような形してるけど実はつけるところが全然違ったり…なんてことにならない様にここでは名前と使用用途を紹介します。

顔全体に使うもの

・化粧下地
ファンデーションを塗る前に顔全体にファンデーションを馴染みやすくするための物です。美容液入りやそもそファンデーションがいらないような物も売っています。

・コンシーラー
ファンデーションを塗る前に下地だけでは消せなかった傷やシミ、そばかす、黒ずみなどを隠すのに使います。

・ファンデーション
顔全体に色を付ける物です。つける事でそばかすなどを隠したりもしますし、顔全体の色が整うので他の色をのせたときにキレイに発色する効果があります。粉のタイプや、クリームやリキッドタイプなどがあります。

・フェイスパウダー
メイクが終わった後にテカリ防止などの為に使います。総仕上げの役割です。

眉に使うもの

・アイブロウ
眉墨です。眉毛をかくのに使います。
暗い色だとしっかりした眉、明るい色だと薄めの眉に仕上がります。がっつり書いてしまえばどっちも濃くなりますけどね(笑)
パウダータイプやペンシルタイプがあります。両方を使うこともあります。

・アイブロウマスカラ
眉毛に色をつけたり眉毛を濃く見せるために使います。
眉毛が薄い人は暗めの色を付けると濃く見えます。明るい色だと眉毛を薄くしてくれる効果もあります。髪の色などとのバランスを取るのにも使えますね。

・アイブロウブラシ、アイブロウコーム
眉毛を整えるのに使用します。

・アイブロウプレート
眉毛の形に型抜きされた型。これを顔につけて眉毛を書くと左右対称な眉毛が書けます。初心者さんには簡単にきれいな眉毛をかくことが出きるのでおすすめです。

瞼に使うもの

・アイシャドウ
アイホールの上や下まぶたに塗るカラーの事です。
クリーム状の物やパウダー、ペンシルなどがあります。

・アイライナー
まつ毛の隙間を埋めるのに使います。目元がキリッとなる物がおおいです。
クリーム、リキッド、ペンシル、ペンなどがあります。目尻を跳ね上げてキャットアイなどを作る時には必需品ですね。

まつ毛に使うもの

・マスカラ
まつ毛につけます。
長く見せるための物、濃く見せるための物、カールを持続させる物などがあります。

・ビューラー
マスカラをする前にまつ毛を上に向けるための物です。失敗するとまつ毛が抜けてしまう事もあります!

頬に使うもの

・チーク
クリーム状、パウダー状の物などがあります。顔色が明るく見えます。

唇に使うもの

・リップ
唇に色付けする物です。

・リップペンシル
唇の輪郭を縁取り、リップのにじみやはみだしを防ぎます。ナチュラルなメイクにはあまり使いません。

・リップグロス
唇にツヤが出る物です。

100均ではどんなメイク道具が買えるの?


100均では大体の物がそろいます。むしろ100均でフルメイクが出来てしまってそのあとのオフもスキンケアもなんでもそろっちゃいます!

でもそこで気を付けたいのが「お肌に合うか」どうかです。中学生はまだお肌が薄くて柔らかいのです。刺激にも敏感。パッチテストを必ずすることをお勧めします。

中学生初メイク!何を買えばいいの?と迷ったら…

まずはお肌トラブルが少ない場所に使用する物を購入する事をお勧めします。おでこや頬、などの面積の広い場所のお肌トラブルが気になっていると思います。お肌トラブルがない場所を選んでメイク用品を買ってみるのをお勧めします。

・アイシャドウ
ここは比較的お肌トラブルが少ない箇所であります。綺麗な色が色々売っているので、自分に合った色などを探してみるのもいいかも知れませんね。

・マスカラ
直接目に入ったりしなければ比較的危なくない物だと思います。

・リップやリップグロス
特別な病気などのトラブルがない限りは大丈夫な場所みたいですよ!

いくらトラブルが少ない場所を選んでもお肌に異常を感じたらすぐに使用をやめる事です。

メイク初心者がやりがちな3つ失敗

1、塗りすぎ
「メイク初心者です」って顔に書いてある状態の人います!!何事も練習ですよ!

2、擦りすぎ
オフはしっかりしなければなりません。でも擦り過ぎてしまえばまた肌トラブルの素です!

3、オフ残り
今どきのマスカラなどはなかなか落ちない物が多いです。でもしっかりオフしないと肌に色素沈着してしまい、顔が暗くなっていきますよ!

大失敗にならない為の3つの心得


せっかく楽しいはずのメイクもやり方によっては大失敗にもなりかねません。メイクのコツです。

メイク仕方編

失敗にも書きましたが塗りすぎてしまう事を防ぐために、チップなどが付いていても指でうっすら塗ってみましょう。

ゴシゴシ擦るのはダメですが、何度か重ねてポンポンと色を付けて行けば十分のはずです。
少しずつ、何度も微妙に重ねてつけていくのがコツ。

いきなりたっぷりチップにつけてがっつり肌に乗せてしまうと、失敗したときに修正しにくくなります。

メイク道具の手入れ

メイク道具にはすぐに雑菌が付きます。何度も何度もいいますが、薄くて柔らかい敏感肌に雑菌なんてもってのほかなのです!メイク道具はキレイにしておかないとダメですよ!

集めた物をひとまとめにしてポーチに入れて…ではなく、時には洗ったりする事をお勧めします。スポンジなどは、専用の洗浄剤なども売っていますが、手持ちの洗剤でも十分に洗えます。ただし、すすぎと乾燥はしっかりと行わないと、せっかく洗ったメイク道具に雑菌が繁殖してしまいます。

メイクしてすぐに出かけない

お休みの日などにお家で練習しておきましょう。
お肌トラブルがあった時にすぐにオフ出来る環境で自分のお肌に合うかきちんと確認してください。

100均コスメを使ったメイク初心者向けの動画もあるので、こちらを参考にしてみてくださいね。



ちょっとお姉さん風のパーティメイクを100均メイクグッズで行うなら、こちらも参考になります。ちょっとメイク慣れした上級者向けなので、初心者向けで練習してできるようになったらこちらもどうぞ。

メイク前後の顔が全然違うので、すごいっ!と思うかもしれません。


まとめ

中学生などの思春期のお肌は薄くて柔らかいので間違ったメイク用品の使い方をすると深刻な肌トラブルの原因になります。

メイク用品の肌トラブルで皮膚科を受診する学生さんが年々増えているとの事です。

肌トラブルを起こす学生が増えているという事はメイクをする学生自体が増えているという事ですね。きちんと選んで少しでもトラブルなく楽しいメイクライフ送ってもらいたいです。

最後に、中学生の肌トラブルで最も多いニキビケアの商品を紹介しておきます。5日間のお試し版ですので比較的お求めやすい価格になってます。どうしてもニキビが気になるような場合は、こういう本格的な商品を試してみるのもいいかもしれませんね。

ビタミンCでニキビの元と戦う!「VCスターターセット」は化粧水・美容液(医薬部外品)・クリームの5日間のお試しセットです

(関連記事)この記事を読んでいるあなたにはこの記事もおすすめですよ。

● 中学生の初めてのメイク、仕方は?メイクのポイントは?親には言う?

● 中学生のメイクに下地って必要?気になるニキビにはこれ!

● メイク初心者におすすめの最初にそろえるメイク道具一式は?

● ファンデはまだ!中学生のメイクは下地を活用した美肌狙いがカワイイの近道


 

関連記事