太る原因は食べすぎ?

日々少しずつ余りたくわえられた脂肪は、使われる機会を失い、カラダにどんどんたまっていきます。

引用「肥満の原因~なぜ肥満になるのか~」サントリーウエルネスOnline

わたしたちのからだは、飢餓状態に備えて脂肪を蓄えておく仕組みを備えています。

このため、食事でとった糖分や脂肪はエネルギーとして使われますが、取り込んだエネルギーのほうが使われるエネルギーよりも大きいとき、余ったエネルギーは脂肪となって体に蓄えられます。

つまり、食べ過ぎによって使う以上に溜め込まれたエネルギーが「太る」原因であるということです。

分かってはいるのですが、でもやっぱりついつい食べ過ぎてしまうこと、ありますよね。

無かったことにしたい!

もうすぐ夏なのにヤバイ!

という方のために、リセット方法をリサーチしました。

 

食べ過ぎたら、12時間プチ断食でリセットを

食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしたときは、次の食事まで12時間はあける

引用「食べ過ぎたら12時間プチ断食すればOK プロが実践」日経WOMAN

食べ過ぎ・飲みすぎで働きっぱなしになる胃腸を休めるため、時間をあけて内臓を休ませると語るのは、人気トレーナーの木場克己さん。

「内蔵を休ませるというのはあくまでも私の感覚」と、木場さんは語っていますが、肥満予防や体調管理のプロの言葉には、確かに、と感じさせる説得力があります。

プチ断食というと、ちょっと大変なように感じてしまいますが、これは胃カメラやバリウムを飲む前にする食事制限として、夜8時からは、固形物を食べずに胃を空っぽにするのと似ています。ちょうど、朝食を抜くイメージです。

これなら案外と抵抗なく、やってみることができそうですね。


管理人のコメント:

食べ過ぎによって胃の中に長時間食べ物が残ると、胃腸は働きっぱなしの状態になり、疲れてしまいます。胃腸が疲れることによって、消化吸収力が低下、絶えず胃腸が動く必要があるため、からだは活動エネルギーを蓄積しようとします。蓄積されたエネルギーは、すなわち脂肪。

また、胃腸に負担がかかると肝臓へも負担をかけることに。肝臓に負担をかけると肌荒れ、たるみ、皮膚疾患、疲労などにつながります。

疲れ切ってしまったからだは、活発に動かせません。運動量が減れば、やはり消費エネルギーが減ってしまうので、エネルギーの残存量も増えてしまう=脂肪が蓄積されやすい状態となります。

太りやすくなる悪循環に陥ってしまうという、スリムな体型を維持したい人には悪夢のような状態ですね。

 

食べ過ぎの翌日はリセットデイ

食べるものでリセット

食べ過ぎた翌日のリセットの基本はひとつだけ。それは、「食物繊維を中心とした栄養価が豊富な野菜を、できる限りたっぷり食べること

引用「ダイエット、食べ過ぎた翌日にすべきこと」日経WOMAN

管理栄養士・野菜ソムリエの岸村康代さんは、こう明確に言い切ります。食べ過ぎた翌日には、肉やごはんの量を減らして、毎食350g以上、生の状態で「両手の平いっぱい」の野菜を食べるのが理想です。

食物繊維が中心の栄養豊富な野菜は、エネルギーを補給し、免疫力を高めてくれます。

食べ方でリセット

「食べない」ではなく、「バランスよく少なく食べる」

引用「ダイエット、食べ過ぎた翌日にすべきこと」日経WOMAN

疲れた胃腸を休めながらも、量は控えめに、しっかりと食べるのが鉄則です。

プチ断食のあとの体は、胃腸がすっきりしていますが、からだも飢餓状態。飢餓状態の時の体は栄養の吸収率が良くなっているため、いつもと同じ量を食べたとしても、よりたくさんのエネルギーを取り出しやすくなっているのです。

また、空腹時に甘いものを食べると、血糖値が急に上がり、糖が細胞へ運ばれます。消費されなかった糖はそのまま脂肪になり、こちらも太る原因となってしまうので、注意が必要です。

つまり、「プチ断食が終わったから甘いものを食べちゃう」というのは厳禁!プチ断食明けこそ、ヘルシーな食事を心がける必要があります。

過ごし方でリセット


ウォーキングなど、軽い有酸素運動をしてみましょう。

運動することで食欲が増すのでは……? という心配はご無用。適度な運動は、なんと逆に食欲を抑えるのです。うれしい事実です。

運動後は食欲が抑えられ、運動をしなかった場合に比べ、摂取カロリーが300kcal程度減ることが、英国のラフバラー大学の研究で明らかになった。

引用ウォーキングで食欲を抑える 運動後に食べ過ぎないための6つの方法」保健指導リソースガイド

コツは、楽しみながら運動すること。

運動を楽しいと思っていると、間食やジャンクフードに手を伸ばす頻度が少なくなるという調査結果があるそうです。逆に、運動を、「しなくちゃならない」と感じていると、運動した自分にご褒美をあげよう、という誘惑にかられてしまうこともありそうですね。

ストレスを感じると、ついつい食べ過ぎてしまうこと、思い当たりませんか?

その反対に、ストレスを感じない生活では間食の頻度が減るということです。ストレス解消のためにも、楽しみながら運動をするのはもってこいなのです。

★カロリーが気になる方にはこちらの記事もどうぞ

https://chikichiki.top/health/healthy/zerocal

★メロンはアンチエイジング効果あり

https://chikichiki.top/spot/hokotamelon

まとめ


食べ過ぎた翌日の、リセットのためのポイントは、次の通りです。

●食べ過ぎた後は、次の食事まで12時間はあけましょう。

●一食に350g以上、生の状態で「両手の平いっぱい」のたっぷりの野菜を。
肉やごはんは量を減らして調節します

●量は控えめに、しっかりと食べましょう。

●楽しみながら軽い運動をしてみましょう。

食べ過ぎてしまったな……という時には、ぜひ試してみてくださいね!

管理人もさっそく明日から実行したいと思います(^-^)

 

 

 

 

 


 

関連記事