日帰りバスツアーと言えば、はとバス

はとバスって知ってますか? 管理人の知識では、東京都内を廻る観光バス、もしくはそのバスによるツアーのことを指していて、ときどき外人のためのツアーがあったりするくらいだと思っていました。ところが調べてみたら、東は福島から西は静岡までの日帰りツアーがあったり、それ以上の範囲の宿泊ツアーもあるのですね。

今日ははとバスの日帰りツアーについて、いろいろ書いてみましょう。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 日帰りで行くはとバスツアー、女性に人気の上位4コースの口コミをチェック!

※ 半日が丁度いい!?はとバス半日ツアーが意外とイケてるその訳は?

※ 東京の日帰りはとバスツアーに行ってみたいなら、気になる口コミは?

はとバスにはどうやって乗ればいいの?

はとバスのツアーは、たいてい東京都内を出発地にしていて、具体的にどこから出るかはツアーごとに違います。予約は、はとバスのホームページ(https://www.hatobus.co.jp/)から目的のコースを探して行うか、はとバス予約センターに電話します。また各旅行会社でも、はとバスツアーを募集しています。

定期観光コースは、一人でも成立したりするのですが、日帰りバスツアーの場合は募集型企画旅行コースとなり、予約の人数が最少催行人員を超えた場合に催行されます。日帰りコースの予約はインターネット・電話・来店とも出発前日17時まで。予約が成立して料金を支払ったら、当日は乗り場係員に、金融機関払込金受領書(払込の場合)、予約完了通知のメールを印刷またはモバイル端末へ保存したもの(クレジットカード)、もしくは営業所で買い求めたクーポン券を提示してから乗車します。

はとバスはすべて指定席で、乗車前に席が決まります。日帰りツアーに15歳以上20歳未満の人だけで参加するには、親権者の方の同意が必要です。15歳未満の場合には、保護者の同行が必要になります。バスには、一部の車種を除いて、トイレはついていません。

と、これくらい事前に知っておけば、日帰りバスツアーに行けるでしょう。はとバスの口コミを探していると、そのほとんどは東京観光のものなのですが、今回は周辺地域に日帰りツアーで行った人たちの口コミを探してみました。

トロゆば・フグ鍋・イチゴ狩りとプカプカかわいいリンゴ温泉

初めて、はとバスで旅行をしました。
とっても、楽しかったです。(๑>◡<๑)

バス旅行って、トイレが不安!と思ってたんですが、全く、大丈夫でした。(^O^)

ツアーガイドの細やかな気遣いで、快適な旅行が過ごせました。

ツアー内容が、とっても充実しています。

湯葉すくいですくったゆばは、本当に美味しい。びっくりするほど、美味しい!

りんご温泉は、老神温泉で、源泉掛け流しで、かなり細い路地の奥地にあり、景色が素晴らしく、秘境中の秘境、日本の温泉という感じを味わえました。

いちご狩りは、はとバスツアーだけで、美味しいところを沢山食べられました。

お土産も豊富に販売していて、沢山買えます。

新鮮ないちご、湯葉にとうふ、ラスク、蘭の花、などなど。

座っているだけで、あちこちへ連れて行ってもらえて、楽でした。

慌ただしかと思いきや、ノンビリすごせて、とてもリラックス出来ました。

はとバス旅行、お勧めです。

はとバス日帰りツアーは随時、いろいろな企画で、限定された日程で募集されています。この口コミは、2017/3/3〜5/14に、池袋駅東口を8:30に出て群馬に行くバスツアーとして催行されていたものを言っています。こんな風にいろいろな体験ができるツアーはいいですよね。ツアー料金は¥9,480~¥9,980でした。

日光・中禅寺湖周遊(中禅寺金谷ホテルのランチ)

日光・中禅寺湖周遊に行きました。日帰りですが華厳の滝、中禅寺湖、輪王寺、東照宮、二荒山神社と効率よく周ります。入門としてはお勧めです。日光の案内の方が回りながら説明をしてくれます。写真を撮る時間も十分にあります。御朱印もいただいてきました。乗務員の方も親切で丁寧でした。食事はホテルの和食でしたが美味しかったです。席もグループごとになっていて、私は一人でしたが相席ではなくちゃんと一人のテーブルでした。帰りも時間通り到着でした。入場料や食事代込みなのでお得だと思います。これからも東京近郊のツアーを利用したいです。

「日光・中禅寺湖周遊(中禅寺金谷ホテルのランチ)」は11/30まで、東京駅丸の内南口を8:20(時期によっては7:30)に出て、華厳の滝・輪王寺・東照宮・二荒山神社を楽しむ日帰りツアーです。日光東照宮は世界遺産にも登録され、一年を通して世界中の方から人気の観光地。最近ではパワースポットとしても注目を浴びているそうです。東京を起点にちょっと日光まで足を伸ばして、という方には最適のツアーでしょう。料金は10,800円です。

【2階建てバス】横浜中華街と八景島シーパラダイス

東京駅丸の内南口から出て左の方に行くと、おなじみの黄色いはとバスが何台も停まっていました。今回は中華街で散策や食事をしたり、横浜八景島シーパラダイスで遊んだりと盛りだくさんの内容で、一日中楽しめました。観光地の駐車場で、黄色いはとバスはとても目立つので、わかりやすくて良かったです。

2階建てバスで行くこのツアーは大人気で、ほぼ毎日催行されています。新宿駅東口だと8:50発、東京駅丸の内南口なら9:30発で、横浜ランドマークタワー「スカイガーデン」を楽しんだら、横浜中華街「重慶飯店別館」 で本場四川料理の昼食を取り、横浜・八景島シーパラダイスで十分楽しんで、東京に戻ってきます。八景島シーパラダイスでは、アクアミュージアム・ドルフィンファンタジー・ふれあいラグーン・うみファーム入場チケットが付いていて、料金は食事代も込で9,280円。これは絶対お得でしょう!

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ はとバス ツアー 横浜 観光系 横浜観光なら、はとバスツアーで行ってみよう!

奥多摩もみじ狩りとあきる野の名泉・瀬音の湯

日帰りばかりですが、はとバスを利用して何度か旅行に行きました。お勧めなのは、お昼の食事が良いです。他のツアーは車内でお弁当ということも多いですが、はとバスはそれがなく美味しいお店を選んでいるのでいつも満足できます。先日、奥多摩方面に行きましたが会席コースの献立で落ち着いて食事をすることができました。若い方も多く年齢層は幅広いと思います。

この口コミの方が行ったのはこのツアーではないかもしれませんが、奥多摩地方にはときどき日帰りツアーが組まれています。「奥多摩もみじ狩りとあきる野の名泉・瀬音の湯」は、紅葉・温泉・味覚の3拍子揃ったおすすめ企画で、昼食は「澤乃井ままごと屋」というお店で、豆腐・湯葉会席料理の昼食と西多摩地域5蔵の清酒飲み比べを70分楽しむことができます。こういった昼食は非常に魅力ですよね。2017/11/3・5・18・23、12/2・9に催行される予定で、料金は9,980円です。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 今年は軽井沢教会のサマーキャンドルナイトに行く!

行きたくなって来ましたよね?

はとバス日帰りツアーは、非常にお得だと思います。電車を乗り継いで頑張って廻るより、マイカーを運転して廻るより、ずっと楽で、ツアー内容も充実しています。そして値段も高くない。今回紹介した以外にも、江ノ島、鎌倉、富士サファリパークなどに行く日帰りツアーが人気です。管理人も日帰りツアーに行きたくなってきました。

 

「はとバスで遊ぶ」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事