温泉できままに
 

登別温泉は比較的大規模なホテルが立ち並び、どこに泊まっても大きなお風呂や美味しい食事に満足できまます。

太平洋側なので比較的温暖で、梅雨も無く冬以外の季節には快晴の日が続きます。8月であっても熱帯夜やジメジメした湿気もありません。

ワイルドな景観や雄大な自然にふれて、自由気ままな旅がしてみたいという方のために、現地での自由度の高い旅の仕方をまとめてみました。

一人旅や少人数での気ままな旅をしたい方の参考になればと思います。

わがまま①ペットと一緒に泊まりたい!

ペット可の登別温泉の宿


ペット同伴の旅、素敵ですよね。家族ですから旅行も一緒に行きたいです。

登別でも「花鐘亭はなや」と「第一滝本館」が犬同伴での宿泊に対応されています。

ただし同伴の条件として「トイレのしつけ済、無駄吠えなし」などの条件がありますので、必要な条件については事前にホテルに電話等で確認をしてください。

 

わがまま②素泊まりプランで泊まれる登別の宿

大規模なホテルもいいのですが、自由度の高い素泊まりがしたい時もありますよね。そんなときはこちらはどうでしょう。

登別石水亭

温泉街中心と沼川天然足湯の中間付近にある宿です。カップルでもファミリーでも楽しめる、大きなホテルですが、素泊まりプランもあります。

しかも、宿泊すれば札幌駅からの無料の送迎バスもありますのでお得ですね。

ただこのホテルは登別温泉繁華街から700m、徒歩10分ほどの距離にありますので、冬に限っては一度ホテルにチェックしてから外に外食へ出かけるのは厳しいかもしれません。どこか別の場所で食事をして遅めのチェックインがいいかと思います。

住所:北海道登別市登別温泉町203−1
Tel:0143-84-2255

 

滝本イン

温泉街北端、泉源公園の間欠泉の隣にあるカジュアルなホテルです。立地がよいので、近隣の飲食店も多く大変便利なお宿です。

こちらも札幌駅発の送迎バス(要事前予約:片道1000円)があります。

住所:北海道登別市登別温泉町55番地
Tel:0120-940-489

 

わがまま③札幌から最安で登別温泉に行く方法

登別温泉へは、札幌から直行バスを使うのが一番です。道南バスの定期高速バスとホテルが個別に行ってい送迎バスがあります。

 

公共交通機関を使うなら 道南バスの「高速おんせん号」

1日1往復のみではありますが札幌駅前から温泉街中心の「登別温泉中央」まで1時間40分で走っています。

このバスの良い所は直行で行けるだけでなく、登別の主要各ホテル前で停まってくれます。しかも、料金は大人片道1950円、往復割引で3650円と、公共交通機関としては大変にリーズナブルです。

札幌側は札幌駅前だけでなく白石本通や南郷18丁目、大谷地のバスターミナルも通りますので利便性が高いです。

新札幌方面や地下鉄東豊線、東西線沿線の方にも便利ですね。

 

ホテルの送迎バスを使えば最安は無料!

●片道500円の「まほろば号」

トーホーリゾート(株)が運営するホテルに直行する送迎バスです。対象となるホテルは「ホテル まほろば」、「パークホテル 雅亭」、「旅亭 花ゆら」の3か所です。

1日1往復
乗降場所はさっぽろテレビ塔横
宿泊の8日前までに予約が必要
料金は片道500円(大人/子供ともに)

 

●登別で唯一の無料送迎バス

登別石水亭に宿泊する場合のみの札幌駅直行の送迎バスです。新千歳空港からも片道500円で送迎してくれます。

1日1往復
乗降場所は札幌駅北口
8名以上の団体は利用不可
料金は札幌駅なら無料・新千歳空港なら片道500円(大人/子供ともに)

 

わがまま④レンタルで現地の足にする

登別温泉ではなんと「レンタサイクル」、「レンタスクーター」、「レンタバイク(250cc)」を借りることが出来ます。レンタバイクって珍しいですね。

レンタルしてしまえば、初めて登別を訪れる方でもだいたいは周囲を回れるので満足度が高いのはないでしょうか。

自転車は1000円から、スクーターは1500円から、バイクは3000円からです。

このサービスは登別温泉町76黒田ビルの「EZO RIDER」さんでやっています。冬はさすがに無理ですが、それ以外の季節ではとても嬉しいサービスです。

 

★関連記事はこちら

http://chikichiki.top/spot/noboribetsu_shuhensupot

http://chikichiki.top/spot/noboribetsu_higaeri

http://chikichiki.top/spot/noboribetu_howtoenjoy

http://chikichiki.top/spot/noboribetsu_miryoku

http://chikichiki.top/spot/sapporo_anaba

 

まとめ

どうでしたでしょうか?

知っているとちょっと得した気分になれたり、旅先の選択肢が増えますよね。
お役に立てれば幸いです。

 

「日本の温泉めぐり」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事