よほどの資格・スキルやキャリアがなければ、年齢を追うごとに難しくなる一方とも言われる転職。

結婚・出産・子育てといったライフイベントも絡んでくる30代女性の転職事情は?
未経験職種へのキャリアチェンジはまだ可能?

 

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 医療事務経験者の職務経歴書の書き方とは?

※ 意外と知らない横書き原稿用紙ルール!記号や数字の書き方知ってる?

※ 小論文はどう書けばいい? 書き方にはコツがある

「30歳限界説」?!30代女性の転職を阻む壁になるものは?

キャリアアップやスキルアップ、今後の生活やライフイベントを見越した理想的な職場を求めての転職。

同じ会社で長く働くだけでなく、女性は結婚したら仕事を辞めて家庭に入るもの、といった価値観が主流だった時代もありますが、結婚・出産を経ても現役で活躍し続ける女性が増えた現在。

女性向けの転職サイトなどを見ても、30歳以上の女性を対象としている求人は数多く掲載されています。
にもかかわらず巷でささやかれる、女性の転職の「30歳限界説」。
また少し年齢が上がって「35歳限界説」なんて言われることも。

30代女性の転職で壁になるよくあるポイントは3つ。
  • 即戦力と言えるスキルがない
  • 年齢が若いほど有利な職種はやっぱりある
  • ライフイベントに関連した企業側の懸念
20代であれば採用基準に対して多少足りなくても、成長意欲や吸収力などからそれを補えそうかを判断して採否が決まることもあります。
しかし30代ともなると、企業側としてもやはり即戦力が欲しいというのはありますよね。

また事務職やアシスタント職などでは、正社員と派遣・契約社員でのスキルの差もつきにくく、ほかの職種に比べて年齢が若いほど有利になる傾向も。

さらに業務の性質として、未経験でも比較的短期間で習得しやすい側面もあり派遣・契約社員といった選択肢も考えられるため競争率は高くなり、より高いスキルなどが求められることに。

そういった点をクリアしたうえで、企業側としても気になるのは現状や入社後の結婚・出産などの予定。

社内で1人前になるには1~2年かかると考えられるなかで「ようやく1人前」といったタイミングでの退職や産休・育休となれば、それはやはり企業側としては痛手になるのもまた事実。

30代女性の転職では、転職にあたっての自分自身の希望だけでなく、そういった壁になるポイントに対してもしっかり検討して動く必要がありますね。

壁を越える!30代女性の転職成功術

職種によらない、30代転職希望女性の必携スキル

職種にかかわらず、30代女性の転職で求められるのは「即戦力になれるかどうか」。
その中で特に持っておきたいスキルや経験として「マネジメント」があります。

例えば、少人数のチームであってもメンバーを取りまとめプロジェクトを進行させてきた経験があるといった場合にはかなり強みになるよう。

それというのも30代でマネジメント経験のある人というのは少数派であり、人事の目に留まりやすいのだとか。
入社後にどのようなポジションを担い貢献して行けるのかということを考えれば重要なポイントですよね。

マネジメント経験そのものがなくても、その可能性を感じられるスキルが「コミュニケーション能力」。

相手の話を聞ける、的確に引き出せる。
相手の気分を害さないように主張できる。
そのほかにも、落としどころを見つけて相手を説得できるといった能力。

業務のうえで対外的に複数の利害関係者が絡む状況に置かれたとき、部署内やチームの中で意見などを取りまとめていこうとするとき。
こういった能力はかならず必要になります。

そういった能力があることがうかがえる経験があったり、面接での受け答えでコミュニケーション能力が高いと判断される場合などは、マネジメント経験そのものはなくてもポテンシャルで採用ということもあり得ます。

また男性よりも女性の方がコミュニケーション能力の高い人が多いことからも、女性に期待されるスキルのひとつと言えるでしょう。

 

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

職務経歴書は手書きがいいの?

ライフイベントを逆境にしないために

20代後半くらいから面接で聞かれ始める、結婚や出産の予定。
予定を聞かれる意図は、なにもそれ自体を選考基準にしているとは限りません。

その質問を皮切りに、予定に対して入社後にどうしていくのか、どうしていけるのかといったことを相談しようという前向きな理由であることもあります。

そういったライフイベントを逆境にしてしまわないために、自分がどのように仕事を続けていくのか、そのために自分で整えておくべき環境は何があるのかといったことも考えておくと良いですね。

また子育て中の場合には、子供のお迎えなどでも「○曜と○曜は家族に頼めるので残業が可能」などの融通ができる部分などを具体的に話せるようにしておくと良いでしょう。

転職エージェントもしっかり活用

特に未経験職種への転職を考える場合は自分ひとりで考えるだけではなく、プロの知識を活用することで道が開けることもあります。

転職エージェントは、どんな経歴や知識がどの仕事に役立つかということを把握しています。
これまでの経験やスキルの中で、自分では気づかなかった「使えるもの」が実はあった、ということも。

そういったものがあったときの、書類や面接での伝え方なども相談に乗ってくれることもありますし、自分では見つけられなかった、より希望にあった求人を紹介してくれる可能性もあります。

がんばれ30代!転職成功者からのメッセージは

私は35歳の時に派遣社員から正社員になり、年収が倍近くに
就活のときは落とされてへこんだことも何回も
今のところはすんなり決まり、入社後も嫌だとかやめたいとか思ったこともありません
今までの経歴に自信をもって

引用「発言小町」

 

私も30代半ばの女ですが、今年、未経験の業界に転職しました
初めて正社員になったのも30でしたので、自分の能力や経験・経歴を活かせる職種ならば大丈夫

引用「Yahoo!知恵袋」

 

新しいことにチャレンジし、 リーダーにも挑戦し、「30代ならではのキャリア」を作っておく
経験年数、身に付いたスキル、年齢的な魅力を理解し、20代に戻るのではなく、40代に向かって進むことが大切

引用「【元総合職ママの働き方】35歳からのキャリアカウンセリングin横浜」

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

※ 看護を志す受験生必見!看護学校の小論文の書き方まとめ

※ 看護実習レポートの書き方、上手なレポートとダメなレポート何が違うの?

子持ちも独身も未経験も、自分を生かせるフィールドへの転職成功術とは

年齢区切りの限界説などが言われつつも、実際には求人はちゃんと存在する30代女性の転職。
マネジメント能力やコミュニケーション能力といった、30代女性ならではの魅力や強みにできるスキルもあります。

自分のスキルや経験が生かせる仕事、さらにステップアップして行ける仕事。
転職エージェントなども活用しつつ、この先の働き方やキャリアアップを叶えられる転職を。


 

関連記事