女性が40代で転職って難しいんじゃないの?と頭をかしげるひとも少なくないかとは思いますが、実はたくさんの方が40代で転職をしています。うちの母も43歳のときに会社が倒産し転職を余儀なくされましたが、転職前より条件のいい企業に再就職することができ、リッチな日々を送っています。

さて、そんな40代での転職ですが、転職している人がたくさんいるとはいえやっぱり一筋縄ではいかないものです。では40代で転職に成功している方はどのようにして転職活動を行っていたのでしょうか?体験談なども交えながら詳しくみていきましょう。

 

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 医療事務経験者の職務経歴書の書き方とは?

※ 意外と知らない横書き原稿用紙ルール!記号や数字の書き方知ってる?

※ 小論文はどう書けばいい? 書き方にはコツがある

40代での転職は厳しいの?

データで見る転職事情

年齢が高くなるにつれ、求人数が少なくなっていくだけでなく、出ている求人でも歳相応のスキルが求められます。


出典元 「en エン人事のミカタ」

こちらはミドル層(35歳前後)に求めるものとして企業から挙げられている内容で、仕事をしてきた経歴よりはその質が大事だということを物語っています。35代半ばでもこれだけ求められているので40代ともなればしっかりとしたスキルが必要不可欠です。いかに企業側が求めている人材にマッチできるかが重要なのです。40代ともなれば、相応のスキルがない場合同業種から同業種への転職でも苦戦することが多くなっていきます。

逆に異業種でも飲食業や営業職など人手が常に不足しているような業種では採用がされやすいのも特徴ですね。
また、転職成功者の年齢割合のグラフからも40代の転職が難しいということが伺えます。


出展 「DODA「転職成功者の年齢調査」」

40代の転職者に企業が求めているものとは

企業側から40代で採用する人に求めているのは以下のようなことになります。
  • マネジメント能力があるかどうか、即戦力として管理職に就くことができるのか
  • マネジメント能力がなければ、よほど高い専門技能や経験、知識があるかどうか
  • 周囲になじめる協調性や年下の上司とうまくやれるか、人間関係にとけこめるか
要するに、あなたが企業にとって即戦力となるかどうかを1番に見ています。経験だけ長く、技術や知識が乏しいようでは転職は難しいのが現状のようです。

新たな資格は必要なし!

40代になって転職しよう!と決めた際に新たに取得する資格については、基本的に価値がありません。40代では基本的に今まで勤めていた業種を活かした転職になるかと思います。今までの経歴とともに取ってきた資格であれば十分戦える材料となりますが、今から新たに資格を取ろうとするのは労力とお金の無駄です。
転職において資格というのは基本的に経験やスキルを更にアピールするためのものです。

例えば事務を経験してきた人が、PCの資格を取得したり日商の資格を取得したりするのは非常に効果的です。しかし、事務の経験のない人が、事務職に転職しようとそれらの資格を取っていたとしても経験がなければ全く意味はありません。

そのため新たに資格を所得しよう!と考えていたのであれば、それは趣味程度にしておきましょう。

 

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

職務経歴書は手書きがいいの?

実は転職に有利な資格もある

メニエール病 症状 原因
先ほど散々意味はないとお伝えしてきた資格ですが、実は転職する際に効果を示してくれる資格もあります。ただし、全て専門資格のため業種が選べないのが難点です。

介護職員初任者研修

主に介護施設や障害者施設、利用者宅で高齢者や障害者の歩行、入浴、食事等の日常生活の介助を行います。超高齢化社会に突入し、介護の仕事は猫の手も借りたいくらいには人手不足となっています。介護職員初任者研修の資格を持っているとなんと転職率は驚異の100%です。

保育士

女性の社会進出が世の中の主流となり、待機児童問題が発生するなど保育士は慢性的な人手不足に陥っています。主な仕事は児童の保育です。児童と言っても生まれたばかりの0歳児から幼稚園ぐらいの児童まで幅広く預かり面倒を見ます。一度は家庭に入り出産育児を経験し一般の仕事はブランクがあるという方でも資格を取ればすく働くことができます。年齢制限もなく身体が対応可能であれば何歳までも働くことが可能です。

調理師・栄養士

この2つの仕事の求人は年齢制限のないものがほとんどです。これらは高齢者が増え老人介護の施設も増えてきたため、そこで出される食事作る栄養士や調理師が不足していることで常に求人が出ている状態です。調理師は福祉医療の現場だけではなく外食等活躍の場も多いので独立することも可能なのでおすすめの資格でもあります。

登録販売者

登録販売者というのは一般用医薬品を販売することのできる資格です。まちのドラッグストアなどに勤務するため、様々のところで求人が見かけられます。パートの求人も多いですが正社員での求人も年齢不問でそれなり見つけやすいものになっています。

看護師

こちらも今後高齢者が増えていくことが予想されており人手不足の職種です。主な仕事は医療現場での医師のサポート全般です。注射やカテーテル挿入等手先の器用さ優しさ慎重さ忍耐強さ体力が必要で、向き不向きがハッキリしている業種でもあります。40歳前後でもスクールに入り直して取得し直している人も多いので、意外と活躍しやすい現場なのです。

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

※ 看護を志す受験生必見!看護学校の小論文の書き方まとめ

※ 看護実習レポートの書き方、上手なレポートとダメなレポート何が違うの?

転職に成功した方の体験談

出展 「みんなの転職「体験談」

やはり、年齢が40代後半ということで、転職先の需要は少なかったです。

ユーザーを騙すSEOを許すような企業には二度と関わりたくなかったので、きっと学校教育現場ならそんなことしないだろうと思い、学校関係に絞ったことも、間口を狭くさせました。

また、学校関係に絞った時点で、今までのクリエイティブ関係の仕事はもうあきらめようと思いました。ワード・エクセル等は普通に使えましたし、事務関係に希望職種を変えました。
しかし、大学卒業してから一度も事務職に就いたことが無かったため、経験がない事がネックとなり、なかなか先方の目に留めてもらえませんでした。

そのような状態が続いてかなり気持ちも焦っていた時、某転職エージェントの仕事情報に、MAC、WIN両方使えて、Adbe系ソフトとパワーポイントが使える学校関係のDTP職場の人材募集が出ていて、全部得意なので即応募しました。

応募した翌日には面接、二日後には就業先で面接、翌日には採用の連絡が来て、さすが某大手転職エージェント、対応が早いと感動しました。

40代の女性の転職は簡単に行かないのが今の社会のようで、やはり転職には今までの経験や知識などが付きまといます。それが全くないからと諦める必要はありませんが、それでは就職ができる確率も低くなってしまいます。そのときには、就職に役立つ他の資格を取って別の業種に転向することを考えてみてもいいかもしれませんね。


 

関連記事