このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


昇格試験の時期になってくると、勉強しなきゃ!と焦る気持ちだけはあっても、何から手を付ければよいのかわからなくなる事も多いでしょう。
それもそのはず。
昇格試験の筆記ともなれば、その出題範囲は広大なものになります。
どのへんにポイントを絞って勉強すれば良いのか、あるいは別の事からアプローチすれば良いのか。
気になる昇格試験のあれこれを、簡単にご説明してみましょう。

 

書き方例を学んで昇格論文を乗り切れ!書き方にはコツがある!

フローチャートの書き方を覚えて行動や考え方をスリム化!

昇進・昇格の抱負の書き方のポイントから例文まで!

昇格試験ってどんなもの?

良く言う昇進と昇格って何が違う?

今年昇格試験を受けるという方にとっては愚問かもしれませんが、意外とハッキリ知らないという方も多い、昇進と昇格の違い。
昇進は、わかりやすく例を出すと、平社員から課長に変わるなど、立場や責任を持つ範囲が変るという事
昇格は、同じ課長のままだけれど、社内でひっそり分けられている社員ランクがアップするという事
場合によっては、給与が上がったり、社内で受け持てる仕事の資格が増えるなどもあり、自分のスキルがアップしている事を社内で認められるランク付けが変るという事になります。

昇格試験対策に必要な事とは

自分のスキルがアップしているんだという事を社内のお偉いさんに認めて貰わなくてはならない試験という事になりますので、まずは自社で今受け持っている仕事に精通している必要がありますよね。

そのうえで、ランクアップに必要とされるスキルがどんなものなのか、情報を集めておかなくてはなりません。
一般的なものであれば、筆記問題には適性テストの他、一般常識(社内での常識)、経営分析、時事問題が出る事が多いようです。

場合によってはそれプラス英語とか、パソコンスキルなども追加されるかもしれません。
各会社によって、必要とされる物が違いますので、先輩や上司に、事前に勉強しておくと良い範囲を聞き出しておくのは、最低限必要な事になります

昇格試験筆記適性テストの種類

適性テストと呼ばれるものは、リクルート社が出しているSPIが有名ですが、こちらは主に新卒、勤務年数が若い人向けのものになっています。
他にも、中間管理職向けのNMATやJMATも有名で、テキスト類も本屋で購入する事ができます。
それ以外にも様々な種類の適性テストがあるため、あらかじめ何が出るのかわかっていないと、膨大なテキストを前に、時間のなさに茫然とする羽目になってしまいます。

大手企業では、独自にラーニングシステムを活用するなど、普段から試験項目を絞って折に触れて勉強させている所もありますので、情報は常に新しい物をゲットできるよう、友達や先輩、上司との良い人間関係を作っておきましょう。

昇格試験の筆記の対策ってみんなどうしてる?

一般常識、時事問題の筆記問題はこう勉強する

一般常識と一口に言っても、ご想像の通り、あまりにも出題範囲が広いため、何をどうすれば良いのかわからなくなるかもしれません。
よくあるのが、社内の仕事に関する常識、数学、国語、理科、社会、英語といった5教科から出題されるものになるのですが、時事問題も含まれるため、短期間で効率よく勉強しようと思うなら、まずは最近の時事問題を、ネットなり、新聞なりを読み、知識を得る事がベターです。

人によっては、ネットニュースやツイッターをフォローし、毎日読んでみたり、近年の大きな経済ニュースに目を通したり、などを行っています。
新聞を取っていない人も、せめてネット上のトップニュースは毎日目を通して覚えておきたいものですね。

経営分析の筆記問題はこう勉強する

経営分析も出るとなると、おそらく中間管理職以上の方向けだろうと思いますが、まずは自社のここ数年の財務分析はしておきましょう。
プラス、競合他社があるようでしたら、そちらの動向もつかんでおく必要があります。


ただしこれも、ご自身が受けるランクに応じたものでなくては意味がありません。
自分の部署関係の収支を把握していればよいのか、会社全体のものが必要なのかは、貴方の会社の規模や、ランクにより違ってきます。
必要であれば、経営に関する資料は、会社のどこかには必ずあるはずですので、これも上司から知識を得ておきましょう。

中間管理職以上ならマネジメントも必要

管理職以上となると、労務人事といった分野からも出題される可能性があります。
この場合は、マネジメントに関する知識や語彙がないと厳しくなってきますので、一冊、これぞと思う本を絞ってマネジメント関係の知識も得ておきましょう。

 

意外と知らない・忘れてる、縦書き原稿用紙の基本ルール

会社でミス(涙)始末書の書き方は?テンプレートはある?

昇格試験の筆記に役立つ参考書やサイト

とりあえず、時事問題や一般常識を手に入れたいと思っている場合は、こちらがおすすめです。
クイズ形式のため、楽しく取り組め、ネット環境があれば、すぐに回答も見られるのでいつでも手軽に勉強できます。
参照HP:一般常識一問一答.com

Amazonで検索すると、SPI等の適正テストの参考書、問題集が数多くヒットしてきます。
最新で、自分の直感で、見やすそうだと思ったものを、ぜひ一冊は手元に置き、一冊だけを完璧にする、くらいの心づもりで集中して取り組み、一ヶ月ほどでマスターできるようにしてみましょう。
何冊も浅く齧るのは、逆効果になりかねません。

 

打ち合わせ議事録の書き方は?誰が見てもわかりやすく

セミナーレポートの書き方は?社会人になったら提出しますよ

昇格試験に臨むあなたへ


日々努力しているあなたは、すばらしいスキルを既に持たれています。
その証拠が、今こちらのブログをご覧になっているという事です。
その努力しようとする姿勢がある限り、きっといつかは合格できます。
あきらめず、情報収集を怠らず、できるだけ範囲を絞って取り組んでみてくださいね。

 

他にも、会社員の「昇進」「昇格」にかかわる記事はいろいろあります!
まずは、しっかりと情報収集してみてはいかがでしょうか?

「昇格試験の論文、面接、筆記」の記事一覧はこちらから
 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

 

関連記事

 

おすすめアイテム