脱毛の予約を無断キャンセルしちゃった!
脱毛に通い始めたら、施術のたびに次回の予約を取るか、Webアプリなどから予約をするようになります。

脱毛方法やサロンによって、通う間隔はまちまちですが、早くても2週間に1回、長ければ2~3か月おきに通うことになります。

予約をしてあるとはいえ、体調不良や予定外の用事ができてしまうこともあれば、なかにはうっかり忘れちゃった!なんてことも。

確かに、毎週通うような予定だと忘れにくいんですが、それだけ間があくとうっかり忘れてしまうこともありますよね・・・。

 

連絡忘れた!脱毛予約を無断キャンセルしたらどうなる?

当日キャンセル扱いとなってペナルティがある場合がある

無断キャンセルしたからと言って、契約が解除されたりすることはないのですが、当日キャンセル扱いとなります。当日キャンセルの場合には、サロンによってペナルティがある場合があります。

ペナルティの種類としては、

・キャンセル料を支払う
・1回分の施術が消化されてしまう


の2種類になります。

例えば、大手の脱毛サロンのキャンセル料が発生するケースとしては、
  • シースリー(C3)・・・回数無制限コース/3,000円
  • 銀座カラー・・・回数無制限コース/13回目の施術からは2,000円
となっています。

施術回数が消化されてしまうケースは、
  • キレイモ
  • 脱毛ラボ
  • シースリー(回数制コース)
  • 銀座カラー(回数制コース)
契約コースに関わらず1回分を消化するパターンと、同じサロンでも回数制コースと無制限コースで対応を分けているパターンがあります。

当日キャンセルでペナルティがないサロンは?

脱毛の予約を無断キャンセルしちゃった!
仮に当日キャンセルをしてしまっても、ペナルティのないサロンもあります。大手のサロンですと、次の3つになります。
  • ミュゼ(ただし、解約をする時はキャンセル回数分に応じて返金額が減ります)
  • エピレ
  • コロリ―(ミュゼと同じで解約時の返金額が減ります)
どんなにキャンセルのペナルティが無いと言っても、ミュゼとコロリ―の場合には、もしも将来解約をすることがあれば、キャンセルの回数分返金額が減りますので、注意しましょう。

最低限のマナーとして、必ずキャンセルや変更の連絡を

ペナルティが無いからとか、キャンセル料を払うんだからいいじゃん!って言うのはダメです。

サロンでは、利用者が来るというつもりで様々な準備をしています。例えば、エステテシャンのシフトを考えたり、機械の準備などです。

それに、あなたの予約があったから代りにその時間に予約を取れなかったお客さんもいるかもしれませんよね。あなたがあらかじめキャンセル連絡をしていたら、その時間にキャンセル待ちのお客さんが入れたかもしれません。

最近の脱毛サロンが低価格になってきたり予約が取りやすくなってきた背景としては、技術の進歩によってマシンが高性能になっていることや、利用者の予約をスムーズに滞りなくこなしていけることがあげられます。それなのに、当日キャンセルする人ばかりが続出したら、どうでしょうか?

ひとりの人が脱毛を完了するまでに多くの回数を必要としてしまったら、他の人の予約が取りにくくなってしまいます。

また、サロンはキャンセルされてしまった時間も、人件費などの経費がかかっていますので、その分の余計なコストを利用者の料金に反映させざるを得なくなってしまいます。

あなたの無断キャンセルが様々な人に少なからず影響を与えていますので、なるべく予定変更が分かった時点で素早く連絡を入れておくようにしましょう。

もしも万が一、すっかり忘れてしまって連絡できなかった!などあれば、次の予約を取る時に「申し訳ありませんでした」と一言きちんとあやまっておきましょう。

施術される側も、する側も、どちらも人間なので、お互い気持ちよく顔を会わせる方がいいですよね。もやもやしたままだと、通いにくくなるかもしれませんから、一言謝罪の言葉を添えましょう。

そもそも予約の変更はいつまでにどうすればいいの?

脱毛の予約を無断キャンセルしちゃった!

予約変更はいつまでに連絡するの?

サロンによって、変更やキャンセルの期限が決まっています。それを過ぎると当日キャンセルと同等になってしまいますので注意してください。

大手脱毛サロンの場合をまとめてみました。
  • ミュゼ・・・予約時刻の24時間前までに連絡
  • シースリー(C3)・・・予約の1分前までに連絡
  • 銀座カラー・・・前日の19:00までに連絡
  • 脱毛ラボ・・・予約2日前の20:00までに連絡
  • キレイモ・・・パックプラン:前日マイページから23:59まで、電話は21時までに連絡/月額プラン:3日前マイページから23:59まで、電話は21時までに連絡
  • コロリ―・・・予約の前日までに連絡
シースリーの場合には、予約の1分前までの連絡で当日キャンセル扱いにならないのが嬉しいですよね。忙しい人や、予定が変わりやすい人などには向ています。

それでも、会社員などでどうしても当日に予定外の用事が入りやすいと言う人は、当日キャンセルをしてもペナルティなどがないミュゼやコロリ―がおすすめです。さらに、ミュゼの場合には予約の24時間前までに連絡をしないと当日キャンセルになってしまいますが、コロリ―の場合、前日の日付のうちに連絡をしておけば当日キャンセルにもなりませんので、予定が変わりやすい人はコロリ―の方がおすすめですね。

コロリ―(全身脱毛)の評判や口コミ、解約方法はこちらでどうぞ

予約の変更やキャンセルはどうやって連絡するか

予約をしているサロンまで直接行くか、電話する、メールで連絡する、コールセンターに連絡するなどのパターンがあります。サロンによって、連絡方法はそれぞれですので、必ず確認しておきましょう。

一番いいのは、サロンに電話をすることかもしれませんが、サロンに電話をした場合、もしもお客さんの多い時間帯で接客に忙しければ、もしかしたら電話がつながりにくいということもあるかもしれませんよね。その場合はコールセンターに連絡しておきましょう。

これから脱毛をしてみたいという方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

脱毛したい高校生はこの記事を親に見せてみて!

コロリ―(全身脱毛)の評判や口コミ、解約方法は?

光脱毛の後の毛の抜け方は?いつ頃抜けて抜けない毛はどうなる

脱毛の基礎知識に関してはこちらからもどうぞ⇒脱毛の基礎知識

 

 


 

関連記事