脱毛に保険証は必要か
脱毛を検討中の方は、レーザー脱毛や光脱毛を考えている方が多いと思います。
レーザー脱毛の場合は、美容皮膚科などで医師によって施術されるため、医療脱毛とも呼ばれていますよね。

医療脱毛と言うと、「保険証が必要なのかしら?」と思う方もいるでしょう。

保険が効くと、個人が自費で負担する割合も低くなり、お得な気がしますが、保険を使っての脱毛をすることはできるのでしょうか?

脱毛費用はローンがお得!学生でもローン可能なの?

 

医療脱毛や美容皮膚科での脱毛は保険証が必要なの?

サロン脱毛は保険証が不要、医療脱毛は保険証が必要?

エステや脱毛サロンの場合には、医療機関ではありませんので保険証を持っていく必要がありません。保険とは関係の範囲で行われる脱毛なのです。

ですが、医療脱毛の場合にはどうでしょうか?

日ごろ風邪をひいたりケガをした場合などで病院へ行って受診する場合に保険証を持っていきますよね。診察や治療行為が保険適用の範囲だからです。

ところが、健康診断で病院へ訪れたり、インフルエンザの予防接種の場合にはどうでしょうか?保険証はもっていきません。検査や予防行為は保険適用外だからなのです。

それと同様に、「脱毛」そのものは審美行為となって保険適用外となるのです。そのため、保険証を持っていく必要はありません。

医療脱毛と光脱毛の違い

脱毛に保険証は必要か
医療脱毛と光脱毛は、どちらも黒い色(メラニン)に対してレーザーを当てることにより、その毛の根本にある毛母細部を破壊し、毛を生えなくさせる脱毛方法です。 細かい点でいえば、医療脱毛と光脱毛ではレーザーの種類が違ったりすることもありますが、大きな意味では同じ方法なのです。

ところが、医療脱毛はそのレーザー出力のパワーが大きく、皮膚や毛母細胞に対する影響が強いため、医学的な知識を持つ医師が施術する必要があります。その代わり、毛母細胞へのダメージを強く与えることができるので、施術回数が少なくてもしっかりと脱毛効果を感じることができるのです。

それに対して、光脱毛はそこまでのパワーが無く、徐々に毛母細胞を破壊していくイメージです。そのため、1本の毛に対しても完全に毛母細胞を破壊するまでには複数回の施術が必要なのです。その代わり、肌に対するダメージも少なく、痛みも少ないと言うわけです。

保険が使える脱毛方法はあるの?

とは言え、保険が適用されたらお安く脱毛できるのにな、と思いますよね。

もちろん、病気の治療として脱毛が必要であると医師が判断した場合だけは保険適用となります。

例えば、多毛症がそれです。

多毛症とは、毛が多いのではなく、普通なら産毛のように細くて目立たないはずの毛が硬化して太く濃くはっきりとした毛になってしまう症状です。遺伝的な体質やホルモン異常、疾患の副作用などで症状が現れます。

女性でも口の周りにひげが生えたり、顔が毛深い、体毛が濃いなどで悩んでいる方がいます。世界でもまれに、体中が毛におおわれるほどの症状を持つ人がいます。

こうした場合に、検査の結果多毛症であると診断されると、除毛や投薬などの脱毛治療が行われ、これには保険が適用されます。

ただし、多毛症は毛深いというレベルではないので、毛深い悩み程度でしたら多毛症と診断されることはありませんので、一般的にはやはり保険適用が認められる脱毛方法はないと考えておきましょう。

支払い方法は何があるの?

脱毛に保険証は必要か

全身脱毛の相場費用

脱毛は保険適用ではないので、全額自費支払いとなります。仮に医療機関での脱毛を行ったとしても、同様です。

最近では、ワキだけなら数百円~脱毛できるサロンが出てきて、とっても通いやすくなったとはいえ、全身脱毛をしようとするとそれなりにまとまった金額になります。

全身脱毛費用の相場としては、医療脱毛の場合で30~40万円、光脱毛の場合で25~35万円程度となります。もちろん、個人差はありますが、この金額を一括で支払うのは大変ですよね。

若い方でしたらこの金額を溜めてからとなると、いつから脱毛できるのか・・・なんて思ったりしますよね。

脱毛の支払い方法

医療機関でも脱毛サロンでも、一般的に支払い方法としては次のようなものがあります。
ただ、学生さんや主婦の場合には、ローンを組むのが難しかったり、クレジットカードを持っていないというケースもあります。

そういった場合には、脱毛サロンを選ぶときに、月額制のサロンにするといいでしょう。月額制なら、月々数千円~全身脱毛を始めることができます。これなら、学生さんだったとしてもアルバイトなどで支払うことができそうですよね。

参考 コロリ―(全身脱毛)の評判や口コミ、解約方法は?

月額制には2種類あるので注意

脱毛に保険証は必要か
人気の脱毛サロンでも月額制をとっているサロンはありますが、気を付けないといけない点があります。それは、月額制にも2種類あるという点です。

月額制のサロンは主に、月謝タイプ分割タイプがありあす。

分割タイプを先に説明すると、契約の時点で上限回数の決まったコースメニューを購入したことになり、これを毎月支払うことになります。

最初に通う回数が決まっているため、もしも途中で通えなくなる、脱毛を終わらせたいなどという場合に、解約ができるかどうか、返金してもらえるか、違約金や解約手数料はいくらか、他の店舗に移ることができるのかなどを確認しておく必要があります。

月謝タイプの場合には、最初に通う回数を決める必要が無いので、「もう脱毛完了してもいいかな」と思えば完了してもいいですし、他のサロンに乗り換えるのも簡単ですね。

人によっては、そのサロンが使っているマシンのタイプが合わず、脱毛効果があまり得られないという人もいます。そういった場合には、やはりサロンを変えたいと思うかもしれませんしね。

何らかの事情で通えなくなる可能性があるなら、月謝タイプが安心かもしれません。人気の脱毛サロンだと、月謝タイプなのはキレイモと脱毛ラボなどになります。

全身脱毛はお手軽になったとはいっても、まだまだまとまった金額であることに変わりはありません。契約する前に、きちんと次のような点を確認しておくといいでしょう。
  • 支払い方法の種類
  • 解約が可能か、返金してもらえるか
  • 違約金や解約手数料はいくらか
  • 他の店舗への移動ができるか
  • コース終了の期限があるかないか
事前にきちんと知識を持ってからサロンを選ぶと間違いないですよね。

カウンセリング当日、その日に脱毛できるサロンは?

脱毛したい高校生はこの記事を親に見せてみて

脱毛するとニキビがきれいになる噂は本当か

脱毛を検討中の人はこちらも参考にしてね ⇒ 脱毛の基礎知識

 

 


 

関連記事