脱毛でニキビが治る
最近は全身脱毛もお手軽になってきて、顔脱毛をする人も増えています。まさに全身ですね!

顔脱毛をすると、肌が明るくなる、お化粧のノリが良くなるなど、美肌効果もあると言われています。なかには、「ニキビが治った!」という口コミも。

ニキビを避けて施術するサロンも多いなか、本当にニキビが治ったりするのでしょうか?

 

ニキビがあっても脱毛できるのか

そもそもですが、ニキビができている時に脱毛の施術はできるのでしょうか?

以前の記事『ニキビがあっても脱毛できる?ニキビがあったらどうなる』でもご紹介していますが、基本的に医療脱毛もサロン脱毛も、程度の軽いニキビは施術してくれることもあるけれど程度が重い、広範囲、黒ニキビなどへの施術はできません。

サロンの方針によっては、どんなに程度の軽いニキビでも絶対に施術はできない場合もありますし、ニキビの部分だけを隠して施術してくれる場合もあります。

詳しくはこちらの記事を確認してくださいね。⇒『ニキビがあっても脱毛できる?ニキビがあったらどうなる

ニキビがきれいになるっていう噂

脱毛でニキビが治る
ところが、口コミなどを見ていると、「顔脱毛したら悪化していたニキビが治った」とか、「ニキビが良くなってできにくくなった」というものを見かけます。

脱毛と言うと、レーザー脱毛や光脱毛などを思い浮かべるかと思いますが、フェイシャルエステなどでレーザーなどをあてることがあるので、同じイメージで考えている人も多いためかと思います。確かに、ニキビ治療などにレーザーを使う場合もありますので、間違えやすいですね。

基本的に、脱毛のための施術は、毛のできる細胞にダメージを与えるための処理なので、既にできているニキビにとっては過剰なダメージとなってしまい悪化してしまう可能性があります。

脱毛でニキビができにくくなる理由

では、脱毛で美肌になったりニキビができにくくなると言うのも期待できないのかというと、これは期待できます。脱毛には美肌効果アリ!なんです。

脱毛で美肌になる理由1:毛穴が締まる

ニキビができる原因の皮脂詰まりは、毛穴に起こります。毛穴は汚れが溜まったり、産毛が生えることによって広がってしまいます。毛穴が広がるとさらに汚れが詰まりやすくなり、ニキビができやすい状態になるのです。

脱毛によって、産毛が無くなる分だけ毛穴は引き締まるため、汚れが溜まりにくくなるというわけなのです。

脱毛で美肌になる理由2:雑菌が繁殖しにくくなる

ニキビというと、「アクネ菌」という言葉も聞きますよね。

肌表面や産毛についたホコリや汚れ、雑菌などは、洗顔するまでそこにとどまって菌を繁殖させてしまいます。脱毛することによって、菌の繁殖をしにくくなり、ニキビができにくくなります。

脱毛で美肌になる理由3:コラーゲン再生を促す

脱毛で使われるレーザーなどには、コラーゲンを生成させ、肌にハリを生み出す効果があります。また、その時に肌の奥のメラニンを減らす効果もあり、既にできてしまっニキビ跡が改善します。

あまり濃いシミは消えませんが、軽いニキビ跡ならきれいになることもあるのです。

 

脱毛以外にもニキビ肌を改善する方法はありますので、試してみてくださいね。⇒『ニキビ跡を何とかしたい!ニキビの色素沈着はどうするの?

ニキビがあっても脱毛できる方法

脱毛でニキビが治る

ポイントは脱毛方式にあり

先ほど、ニキビができている時に脱毛をすると悪化する恐れがある、と書きました。でも、実はニキビがあっても脱毛ができて、ニキビの改善につながることもあります。

どういうことかと言うと、ポイントは脱毛の際の脱毛方式の違いにあります

サロン脱毛では、IPL方式とS.S.C方式という2つの脱毛方式がメジャーです。

この2つは、どちらも毛の色であるメラニン色素の黒い色に光を集めてあて、毛根にある毛母細胞に高温のダメージを与える脱毛方式です。これだとニキビ肌へのダメージも大きく、ニキビの悪化につながりかねません。

ところが、ハイパースキン方式という脱毛方法は、毛が生える前の休止期の毛に対して高温を使わずに脱毛する脱毛方式で、敏感肌やアトピー肌、小さなお子さんでも脱毛ができるという方式です。この場合には、ニキビへのダメージも与えませんので、施術を行うことができるのです。

 

注意

ハイパースキン方式でも、毛嚢炎を起こしているニキビや、炎症の激しいニキビには施術することができませんので、必ずサロンで相談をしてみましょう。

ハイパースキン方式のメリット・デメリット

ただし、ハイバースキン方式は、全国チェーンの大手人気脱毛サロンでの導入はまだ進んでおらず、脱毛実績も浅いです。そのため、通いにくい・費用が少し高いというデメリットがあります。

また、1回の施術で得られる脱毛効果は光脱毛の方が高いため、ハイパースキン方式の場合には、施術に通う回数が多くなります。休止期の毛に対して施術する方式のため、通う間隔は短くてもよいのですが、光脱毛よりは回数を多く通う必要があるのです。

まとめると、以下のようなメリットとデメリットの双方があります。

メリット:
  • 敏感肌やアトピー、ニキビがあっても脱毛できる
  • 痛みが少なく小さなお子さんでも施術可能
  • 休止期の毛に施術するので通う間隔が短くてもOK
デメリット:
  • 生えていない毛に施術するので抜ける感覚が無く効果を実感しにくい
  • 1回の施術で得られる効果が光脱毛より弱い
  • 導入サロンが少なくやや高価
  • 実績が浅いので口コミなどが得にくい
 

とは言え、脱毛することでニキビになりにくくなったり美肌効果があるので、おすすめです。ニキビをしっかり予防して治してから施術をするか、多少高価になってもニキビでも施術できるハイパースキン方式のサロンを選ぶかのどちらかになるでしょう。

ちなみに、今のところハイパースキン方式を導入している全国展開の脱毛サロンは、ディオーネのみとなります。
サロン脱毛について知りたいことがあったら参考にしてくださいね。

カウンセリング当日、その日に脱毛できるサロンは?

サロン脱毛したその日にツルツルになるの?

脱毛したい高校生はこの記事を親に見せてみて

 

 


 

関連記事