羽田空港の国際線ターミナルと国内線第1ターミナルにはユニクロが2店舗あります。

社内トラブルなどで急に出張になったが家に着替えを取りに帰る暇がないというような場合、着替えをユニクロで揃えたり出来ます。また、急な出張なのでスーツのままで来たが、時間の余裕がありそうなので、カジュアルな服も欲しいという方もいますね。家に取りに帰るのは面倒だというような場合にはユニクロがあると助かります。

コンビニなどにも多少衣料も売っていますが、あくまで一時しのぎ的な衣料で、本格的に着れるものを欲しいと言う場合はやはりユニクロです。

また、海外旅行で羽田発の国際便に乗るためにやってきたが、少し下着などが少なかった気がする、季節を確認するのを忘れたなどの際には、買い足す必要があります。
現地についてから買っていますと、高いものを売りつけられたりする可能性があり、その点でユニクロであれば安心です。

このように、急な出張や旅行の場合には、羽田空港にあるユニクロはさまざまなメリットがあります。その羽田空港のユニクロについて調べてみました。

 

⇒ 羽田空港のレストラン営業時間は?深夜早朝が気になる

⇒ 羽田空港の郵便局を便利に使うには

羽田空港のコンビニ、国際線ターミナルと国内線ターミナルならどこ?

急な出張で羽田空港に来て必要になるものは

会社のトラブルなどでいきなり地方に出張というのはよくあることです。
海外であれば、それなりの装備がいりますし、パスポートを取りに家に帰る必要があるため、たいていの準備は出来ますね。
それでも、時間が少なくて衣料などは最低限のものしか入れなかったので、少し不安だと言う場合もあります。
また、国内であれば、今からすぐに行ってくれと言う場合もよくあることです。
会社の命令では逆らえませんね。
そのような場合には、会社からそのまま空港に直行になる場合が多く、出張の用意などはほとんどないままにかばん一つで行くことになります。
そのため、旅行用品や服の着替え、下着などは空港で揃えなければなりません。
また、出張先が沖縄や北海道など季節的に違う地域に行く場合には、ちゃんとした防寒具を揃えたり、軽装の普段着も必要になります。
現地で現場に出るのであれば、スーツは不要で、Gパンをはくことになるかもしれません。
このように、急な旅になる場合には、さまざまな衣料が必要になることがあります。
出張が一週間くらいの長期になる場合は、今度は逆にスーツ1丁で一週間というわけにも行かなくなります。
その場合には、着替え用のスーツが欲しくなります。

急な出張の着替えなどは羽田空港のユニクロが便利


急な出張や旅行で衣料品などの不足を補ってくれるのが、羽田空港にあるユニクロです。
インナーの下着などはコンビニなどにも売っていますが、やはりちゃんとしたものが欲しいですよね。
また、長期出張になるのでスーツが欲しいとなった時にも、ユニクロでスーツをそろえることも出来ます。
さらに、毎日同じワイシャツでは自分でも臭いと感じてしまいます。
スーツは換えてもワイシャツが同じでは可笑しいですね。
ネクタイもスーツに合わせて変えたいですね。
ホテルから食事に行く時には、スーツでなく、カジュアルなものも欲しくなります。
季節が違う地域への出張であれば、その地域に合わせた服装をしたいですね。
それら衣料については、ユニクロに行けば、たいていの服の着替えもインナーの下着なども揃っています。
国内線第1ターミナル、国際線ターミナル共にスーツからカジュアルまでさまざまにそろえることが出来ます。
女性用、男性用どちらも揃いますから、夫婦で海外旅行という時にも大丈夫です。

旅行でも着るものが不安の時は羽田空港のユニクロが便利

海外旅行などに行く場合には、いろいろ準備はしますが、やはり、日本とは気候の違うところに行くため、持っていく衣料には悩みますね。
しっかり準備したとは思っても、羽田空港に来てから、下着が少なかった、Tシャツはもう少し持ってくればよかったなどと言う場合はよくあります。
そのような時には、出国手続きを終えてからユニクロの国際線ターミナル店に入ると便利です。
少し小さめの店で、主力商品に絞って置いてありますが、インナーや小物からダウンまでさまざまな商品が品揃えされています。
海外旅行はたいがい、お友達とか、夫婦でいらっしゃいますが、男性用、女性用どちらもさまざまな医療品を用意されていますので、安心です。
足らなかった衣料はたいがい揃いますので、非常に便利です。

羽田空港のユニクロがありがたく思える場合

羽田空港のユニクロは、国内線の第1ターミナルと国際線ターミナルの両方にあります。

ユニクロ 羽田空港国内線第1ターミナル

住所:東京都大田区羽田空港3-3-2  第1旅客ターミナルビル1階

出典:羽田空港国内線旅客ターミナル


国内線第1ターミナル店は、1Fの北ウイングと南ウイングの間にあります。
JALグッズや旅行用品などを扱う「ブルースカイ フライトショップ」とバスチケット売り場を挟んでお隣。
場合によっては、衣類はユニクロ、そのほかの旅行用品はブルースカイ フライトショップで・・・などとハシゴしたら、足りないものは一通り揃ってしまいそうな並びです。

羽田空港内にはユニクロが2店舗入っていますが、国際線ターミナル店は出国ゲート通過後にあるために海外へこれから行くというときでないと利用できないというのが少し不便なところ。
また返品交換ができなかったり、クーポンなどが使えなかったりという、ちょっと惜しいところもあるんですよね。

しかし国内線第1ターミナル店であれば、そういった不便さは解消。
個人的にちょっと「助かるな〜!」と思ったポイントが、実は「パンツの裾上げサービスあり」というところ。
もちろん時間がない!というときにはせっかくあっても・・・というサービスではあるのですが。

そして忘れてはいけないのが、羽田空港のユニクロは国際線ターミナル店だけでなく、こちらの国内線第1ターミナル店も「免税店」だということ。
普段の近くにあるユニクロを利用するときと何ら変わらない便利さはしっかりとありつつも、消費税分オトクに買い物ができてしまいます。
考えようによっては、海外へ持って出るなら近くで買い物を済ませてから向かうより、その分早めに行って羽田空港で買い物してしまった方が賢いかもしれませんね。

ユニクロ 羽田空港国際線ターミナル

住所:東京都大田区羽田空港2-6-5 国際線旅客ターミナルビル3階出国エリア内

出典:4travel.jp


国際線ターミナル店は、海外出張や旅行の際に便利な店です。
海外に行く場合には、南半球になれば、季節がまるっきり反対になってしまいます。
オーストラリア、ニュージーランドはもちろん、長時間かかる南アメリカなどに行く際には着替えを選ぶのに困りますね。
夏場に冬服を取り出すのも面倒です。
その点で、ユニクロの国際ターミナル店は免税店にもなっており、ダウンも販売されていますし、インナーも冬物も置いてありますよ。
逆に、冬に南半球に行きますと夏のシーズン真っ盛りです。
家から空港までは冬の出で立ちですが、空港に来れば、それらの冬の出で立ちは貸しロッカーに入れて夏の出で立ちに変える必要があります。
でも、トランクは既に預けてしまって替えがないというときには、ユニクロで揃えましょう。
普段、自宅ではあまり身につけない派手な衣装もいいんじゃないでしょうか。
又、海外の方へのお土産用の限定商品なども用意されています。
至れり尽くせりです。

 

羽田空港のシャワールームはどこ?お値段は?

羽田空港のラウンジで仮眠やシャワーってできるもの?

羽田空港のユニクロで買えるものは?

羽田空港店は、ユニクロの主力商品を中心に絞って品揃えされており、季節の違う地域用の衣料も揃えています。
通常のユニクロの店舗で販売されている衣料、小物についてはかなり扱っていますね。
また、お子さん向けのキッズやベビーものも置いてありますので、海外で買う必要もありません。
インナーの下着や靴下などの各種小物についても品揃えされていますので、満足されると思いますよ。

羽田空港のユニクロで買えるお土産Tシャツは?

国際線ターミナルでは、大勢の方がユニクロにいらっしゃいます。
海外旅行で海外に行くという出で立ちではなく、海外勤務で日本への出張帰りの方がかなりいらっしゃいます。
その方々の狙いは皆さんTシャツにあります。
ユニクロのTシャツは、シンプルでベーシックなものが多いというイメージが強かったですね。
でも、最近ではいろいろなアーティストコラボしたようなプリントのTシャツも積極的に販売されるようになっています。
かなり流行の最先端を行くようなグラフィックのTシャツも販売されており、それらをお土産として持って帰る方が増えています。
海外に行きますと、そのようなTシャツが好まれ、お土産として喜ばれるようです。
海外のディズニーランドなどの土産にTシャツが多いのと似ていますね。
和菓子などのお土産もいいですが、Tシャツもお土産として大人気になりつつあります。
また、海外出張などの時にかばんの底にユニクロのTシャツを忍ばせて、帰ってから着るという方もいるようです。
こうなると、Tシャツも普段着ではなく、おしゃれ着の一つになってしまいますね。

羽田空港のユニクロで買えるネクタイ?

海外出張先で、毎日同じスーツ、同じワイシャツ、同じネクタイではどう思われるでしょう。
やはり、毎日新しいワイシャツ、新しいネクタイはしていたいですね。
特にネクタイはファッションとしても重要です。
毎日違ったファッション性豊かなネクタイをしていれば、海外に行っても、国内でも一目置かれるのではないでしょうか。
特に、初めて合う方はやはり見かけで判断をしてしまうものです。
日本人などは特にそうですね。
従って、行く時につけているネクタイを最後までしているというのでは、相手に対する印象が悪くなってしまいます。
それでは、相手に対する信頼性も失われてしまいますし、仕事もうまくいかなくなります。
それよりは、多少コストはかかってもユニクロでファッション性豊かなネクタイを揃えて、毎日違ったネクタイをして、相手との信頼を築いた方がよいのではないでしょうか。
ネクタイならそれほどかばんにかさばる物でもありませんし、2〜3本かばんに忍ばせておいてください。

羽田空港のユニクロで買える着替え?

羽田空港のターミナルビルにも衣料品店は何店かテナントとして入っています。
しかし、口コミランキングなどではいつもユニクロが1位になっています。
やはり、品揃えの幅の広さ、海外出などでも恥ずかしくないブランドということで、人気なのです。
海外旅行や、出張などで海外に長期間いくとなりますと、どうしても下着類、シャツ類などは足りなくなる場合が多くなります。
そのため、慌ててユニクロに駆け込んで、着替えを購入することになってしまうのです。
ユニクロでしたら、男性用、女性用、シニア用からジュニア用まで、下着からフォーマル的な衣料まで幅広く揃っています。
海外などで向こうに行ってから買うというのでは、いい加減なものや足元を見られて高く売りつけられて帰ってから着たことがないということになってしまいます。
それよりも、羽田空港のユニクロで足らない着替えをきちんと買ってかばんに入れていく方が良いと思いますよ。
ユニクロの着替えであれば、帰ってきてからも着ることが充分出来ます。

羽田空港のユニクロで買えるスーツ?

羽田空港のユニクロでは、スーツも取り揃えています。
ファッション性豊かなスーツからセミオーダー感覚で作れるスーツまでさまざまあります。
海外出張などでは、一週間などの比較的長期にわたる出張が多く、スーツ一丁ではとてももちません。
やはり、スーツはビジネスツールであり、仕事に行くのであれば、欠くことが出来ませんね。
スーツが毎日同じでは、相手に対する信頼も築けず、仕事もうまく運ぶことが出来ません。
かと言って、自宅から何着も持ってくるのも大変です。
そこで、スーツケースには予備1着にして、行く際に空港のユニクロで新しいスーツを購入して機内に持ち込むようにすればよいのです。
3着あれば、毎日換えても2回転で済みます。
相手に対するイメージも上がり、仕事も上手くいきますよ。

羽田空港のユニクロで買えるキッズ用品?

家族での海外旅行や、家族で帰省するという時には、どうしても荷物は減らしたいですね。
特に帰省などの際には、どうしても、土産物でかばんやボストンバックは一杯になってしまいます。
そのためにお子さんの衣料の着替えは少なくなってしまいます。
そこで、搭乗前にユニクロでキッズ用の着替えを購入される方が多いようです。
ユニクロであれば、それほど高額な着替えではなく、普段用の着替えが豊富に品揃えされていますので、気楽にお子さんの着替えを購入することが出来ます。

 

羽田空港のユニクロでは気候の違う地域の衣類も買える


国際線ターミナルのユニクロには、世界のさまざまな国への窓口になれるように、さまざまなシーズンの衣料に対応できています。
コンパクトな店作りをしているため、主力商品を厳選していますが、季節的な対応がされていまので、大丈夫です。
家で出すのを忘れていたダウンとか、冬場にTシャツやランニングなどを空港で思い出すこともよくあることですね。
そのような時には、ユニクロでは揃えられますので、安心ですよ。

羽田空港のユニクロの価格は高くない?

基本的にユニクロは、各店舗のイベント、バーゲンセールを除きますと、日本全国で価格は同じはずです。
従って、羽田空港にあるからといって特に価格が高いということはありません。
但し、他の店舗には売っていない海外への土産物限定品などについては、その限りではありませんので、注意してください。
でも、海外の方へのお土産であれば、良い品を持っていく必要がありますので、価格を考えるよりも商品を中心に考えた方が良いでしょう。

免税店である羽田空港のユニクロで買ったものは?

国際線ターミナル店のみならず、実は第1ターミナル店も免税店であるユニクロ。
実際に利用したという人は、どんなお買い物をしているんでしょうか。

防寒の追加で『ヒートテックニットキャップ』を買いました。
タグを取ってもらえますか?
免税品ですので・・・。
・・・そうですよね。免税店の意識なくって〜すっかり忘れてましたよ!

引用「4travel.jp

確かに見慣れたユニクロですし、すぐ使うから・・・と当たり前に口をついて出そうです(笑)。
しかし免税店でのお買い物の場合、タグを取ったり開封してあったりすると対象ではなくなってしまうんですよね。
袋に入っていたりすると少しかさばりますが、そこはガマン、です。

国際線ターミナル店では、場所がら季節感度外視で一通りそろっています。
確かに行き先によっては真逆の服装が必要になりますし、そういうときほど「やっぱりあれもあった方が」と気になります。
そういう心配を解消するための最終チェックをしに行くだけでも役に立ちますよね。


そしてお買い物事情をリサーチしてみると意外と多かったのが、「出発前にユニクロで下着を調達した」というパターンです。
慌てていると、気候に合わせたものや到着後のシーンに合わせた必要な衣類のことばかりに気が行って、「あれっ?・・・下着!」となること、意外と多いようです。
類似のパターンとしては、靴下など。
ユニクロ価格なら、こんな「やらかし」のときにも心強いですね。

羽田空港のユニクロの営業時間は?

羽田空港のユニクロの営業時間は、第1ターミナルの場合は、午前9時30分から午後8時30分までで、土日休日も同じです。
通常の帰省であれば、少し早めに来てゆっくりと選ぶようにしてください。
やはり、ファッション性のある商品になりますから、あればいいやでは済まないはずです。
ゆっくりと納得のいく商品を購入するようにしましょう。
また、国際線ターミナルは、午前6時から午後11時と営業時間は通常の店よりも長くなっています。
深夜便で海外に出られる方の場合も、多少早く入れば、安心してさまざまな衣料の買い物ができますよ。
なお、国際線の深夜便の方でユニクロが閉まってしまった場合には、簡単な着替えの場合にはコンビニが24時間影響していますので、購入は可能です。

羽田空港のユニクロの場所は?


羽田空港の国際線ターミナルのユニクロは、出発の手荷物検査や出国手続きを終えて出てから少し歩いたところにあり、免税店になっています。
最後の最後で買い忘れたという時にも買える利点のある店です。

一方、第1ターミナルのユニクロは、1階にあり、以下のページに地図がありますので、参考になさってください。
残念ながら第2ターミナルにはありませんので、第1ターミナルに移動して買われることになります。

https://www.fashion-press.net/maps/9857

口コミ情報はどう?

全体的な口コミ情報では、平均点と言ったところです。
ユニクロ国際線ターミナル店は、出国手続きをした後で入れる店で、ほっとしてリラックスして入れるという評価もあります。
第1ターミナルのユニクロも、品揃えは主力に絞っている感はありますが、ファッションセンスのよい品が揃っていると評判はよいようです。
例えば、以下のような口コミもあります。

羽田空港第1ターミナル店

羽田空港、日本航空側のターミナルの到着フロアにあるユニクロ。値段もまちなかのユニクロと変わらずいろいろ揃っていて便利です。ちょっと肌寒い時に買うブルゾンなども多くあって便利でした。クレジットカードも使えましたよ。

引用 4travel.jp

羽田空港第1旅客ターミナルビル1Fにあるカジュアルアパレルショップ。世界に広がるユニーククローズ(ユニクロ)の最先端商品の品揃えでメンズ、ウイメンズ、他小物があります。到着ロビーを出てエスカレーターのすぐ左で良く目につく場所です。

引用 4travel.jp

羽田空港国際線ターミナル店

羽田空港国際線にユニクロが有ります。入国審査とか終わった後です。普通の店舗では見たのとないような 日本あるあるTシャツが有りました(笑) 暖かい国に行くのに少し防備が足りなかったかなとか、下着の補充など お値段が統一されていて、かなり焼き働きをすると思います。

引用 4travel.jp

羽田空港国際線の手荷物検査を終えて、出国手続場を出て向かって左側にかなり歩くと店舗は小さいですがユニクロがあります。羽田空港も国際線はかなり広いので距離はあります。搭乗まで少し時間があったのでTシャツとか見ました。

引用 4travel.jp

 

羽田空港で和菓子をお土産に買うならこれがおすすめ!

絶対喜ばれたい!羽田空港限定のお土産特集

羽田空港で人気のお土産ランキング!あの有名店は何位かな?

まとめ

羽田空港のユニクロは国際線ターミナルと国内線第1ターミナルに2店舗あり、旅行の準備不足を補ってくれるありがたい店です。
特に急な出張や季節の違う地域へ出張、旅行をする場合の衣料の補填には便利になります。
コンビニなどの一時しのぎの商品ではなく、しっかりしたファッション性のある商品が買えると評判です。

「羽田空港」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事