小さい子供がいたり、家のことにも何かと手がかかる主婦。
そんな主婦にウレシイ、家でできる仕事なら無理なく続けられそうです!

 

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

頭痛に吐き気がある場合には眼精疲労かも。対処法は?

眼精疲労で頭痛に悩んでいるあなたにおすすめのツボはココ

主婦だって稼ぎたい、その理由って?

2012年にお小遣いサイトモッピーが発表した調査結果によれば、主婦のアルバイトをしている理由ランキングは

1位 生活費を稼ぐため・家庭の収入を補うため
2位 お小遣いを稼ぐため
3位 社会とのかかわりを持つため

となりました。

使い道でも1位・2位は変わらず、3位には「貯金」がランクイン。

特に生活費が足りない!ということはなくても、少しでも足しになるような金額が稼げていたら「家族でのちょっとしたぜいたく」としての外食やレジャーなども楽しめますよね。また将来の計画のために少しずつでも貯金も増やしておきたいもの。

もちろん少しくらいの自分の自由に使えるお金だって大事です。
ママ友とのお付き合いや、結婚前からのお友だちとたまに集まるランチや自分の趣味に気兼ねなく使えるお金。

そういった目的だけでなく、長く仕事で活躍してきた女性ならなおさら、家庭にこもりきりにならずに社会と接する機会は欲しいもの。
ストレスで夫婦ゲンカが増えて・・・なんてことを防止する役にもきっと立ちますよね。

どのくらい稼げる?どのくらい稼ぎたい?主婦の希望は


2017年8月発表の総務省統計局による家計調査の速報。
7月分のデータをまとめた統計資料では、世帯主配偶者の収入は74,106円
2017年4~6月の統計データによれば、仕事をしている主婦の割合は46.9%にのぼり、その収入は61,155円。

こうしてみると、主婦の半分ほどはパートやアルバイトを含めた何かしらの仕事をしていて、6~7万円ほど稼いでいる、ということになりますね。

現在、1歳の子どもがいます。子育てをしながら何か仕事をして少しでも家計の足しに
月に2~3万ぐらい稼げれば十分

引用「Yahoo!知恵袋」

ネット上の質問サイトや特集サイトのアンケート結果などを見ていると、特に家でできることが条件になる人では平均的には3~5万円くらい稼げればいいな、という目標額が多いよう。

確かにこのくらい稼げると、生活費の足しにはちょうど良いかもしれません。
自分のお小遣いという目的だけなら、ちょっとくらい貯金もできてしまうかも。

仕事を持つとなると、外に働きに出るにしても家でできる在宅ワークをするにしても心配になるのは家事や子育てとの両立。

もちろんたくさん稼げるならそれに越したことはないんですが、生活費の足しにしたり自分のちょっとしたお小遣いを稼ぎたい主婦。
家事・育児と両立しながら無理なく続けられる範囲で、というのも大事なことですよね。

目標3万!主婦が家でできるでどう稼ぐ?!


家でできることが前提な主婦の目標月収として多かった3~5万円というライン。
少なくとも月に3万円は稼ぎたいとして、主婦が家でできる仕事ではどんな仕事で稼げるでしょうか?

おうちで営業?!経験を生かしてテレアポ業務

「今は専業主婦だけど、その前は営業職でした」という人やテレアポ業務の経験ありという人にはうってつけかもしれないのが在宅での電話のお仕事。

1コールあたり20~50円ほどの単価で、決まった時間帯などに営業先に電話をして訪問アポイントを取ったり契約獲得を狙ったり。

こうしたテレアポ経験があるとピンと来やすいかもしれませんが、テレアポって長い時間話すとは限らないんですよね。自宅に勧誘などの電話がかかってきたときもそうですが、まったく興味がないとなれば終了までものの1分もかからない・・・ということも。

1コール50円なら、週に6時間ほどかけたとして、1時間あたり30コールできたとすれば、1週間で9,000円。
1カ月分では4週間として計算すれば36,000円の収入になります。


そのほかに契約獲得やアポイント獲得の数に応じてインセンティブがある案件もあり、5万円達成も夢じゃないかも。

1日何時間、週何日できること、といった基準があることが多い在宅テレアポ業務。
比較的時間の自由がきいたり、例えば子供が幼稚園に行っている間だけといった時間の取り方ができるなら挑戦できそうですね。

ハンドメイド作品を販売するとどうなる?

趣味で作った小物などの作品をハンドメイド作品を販売できるサイトに出品。
購入や質問がきたときの対応や、売れたときの梱包や商品の発送といった手間はありますが、趣味の時間も大切にしたい人にはオススメ。

ハンドメイド作品の価格設定は原価の2~3倍で設定されていることが多いよう。
その場合、2,000円の商品で売り上げとしては1,000円と考えると、月に30個売れないといけない計算に。

ちょっと気が遠くなりそうな数ではありますが、なかにはこんな方も。

ハンドメイドマーケットのアプリ、minneさんで販売しています
ハンドメイドを始めたのは2015年3月で、その月のミンネでの売り上げは 5,195円
4カ月目には、最高額の289,749円を記録
この額から、材料費を抜いたものが売り上げ

引用「CHINTAKO(ちんたこ)ハンドメイド」

趣味で作ったハンドメイド作品の販売をしているという人もずいぶん増えましたし、売れるかどうかは保証のないところ。
売れ行きがよければ目標額を軽々と超えて行くこともあるハンドメイド作品。
登録無料のサイトでお試し感覚で気軽に出してみても良いかもしれませんね。

昔ながらの定番内職だとどうなるの?

リボンを結ぶという作業で、1こ10円
1日に3時間ぐらい週5日して、8万だけどぼやいていますが…

引用「Yahoo!知恵袋」

内職は過去に2つ経験があります。造花作り:1本5円~ DM封筒入れ・シール貼り: 1つ0.5円
慣れてきたらMAXで月3万円くらいは稼げました

引用「Yahoo!知恵袋」

昔ながらの「内職」は、部品などの袋詰めやシール貼りなどがありますが、あまりネットでは出てこないのが難点。
地域ごとのフリーペーパーや新聞広告の求人情報などで見つかることが多いそう。

1つあたりの単価は1円にも満たないものもありますが、こなせる数によっては意外と収入になるようです。

 

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

目覚めが悪い!朝すっきり起きる簡単な方法

スキルや経験、使える時間で探してみよう

生活費の足しに、自分のお小遣いに。
月に3~5万程度稼ぎたいと考える人の多い主婦が家でできる仕事で稼ぐとしたら?

1作業あたりの単価が安いものでもコツコツ積み上げて行ったり、経験を生かしてシッカリ稼いだり。
クラウドソーシングサービスのサイトなど見ていると、経理経験がある人では会計入力の仕事があったり、デザイン業務にかかわってきた人なら環境さえ整っていれば可能だったりもしますね。

自分の生活スタイルや持っているスキルや経験から、ベストなお仕事を探してみましょう。


 

関連記事