郷里の両親や親戚が上京、外国人の友人や知人がやってくる。
そのリクエストに「東京観光がしたい!どこか連れてって!」・・・と言われたら、どうします?
はとバスツアーにはそんなニーズに応えるだけでなく、東京で暮らしている人にもじゅうぶん楽しめてしまう魅力が満載!

東京観光におトク感満載のはとバスツアー

昔からある、東京観光といえば!の「はとバスツアー」。
黄色い旗に黄色い制服のガイドさん、そして黄色いボディのバス。
バスには通常の観光バスのようなものだけでなく、二階建てバス、さらに屋根のない二階建てオープンバスなどツアーに合わせて種類もあります。

ツアーも、通年で毎日運航しているものから季節限定までさまざまあります。
インターネットからの予約は前日深夜24時で締め切りとなってしまいますが、実は空席さえあれば当日予約も可能。

「今日このあと参加できないかな?!」といった急な予定変更のときには、東京駅丸の内南口の線路の高架下にある東京営業所をはじめとした各営業所で当日予約を問い合わせてみるのがオススメです。

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

※ 東京の日帰りはとバスツアーに行ってみたいなら、気になる口コミは?

※ 半日が丁度いい!?はとバス半日ツアーが意外とイケてるその訳は?

※ 大人のための、はとバス夜のコースってどんな内容なの?

朝から夜まで!はとバスおすすめコース5選!

「東京観光」の定番スポットを巡ろう!

出典:水中カメラマンのデスクワークな日々


東京二大タワー競演
東京観光の目玉として思いつく定番スポットのひとつ、スカイツリー。
そして特に上の世代になるほど「東京といえば」のイメージが根強い東京タワー。

この2カ所がいっぺんに巡れてしまう「東京二大タワー競演」コース。
浅草や秋葉原といった東京観光のオイシイとこ取りもできちゃいます!

東京駅丸の内南口を出発し、東京タワー 大展望台に登ったあとは皇居・国会議事堂周辺をドライブしつつ、東京ドームホテル「リラッサ」のランチブッフェへ。

その後秋葉原・上野を車窓から眺めながら浅草へ、仲見世などの自由散策を楽しんだらいよいよスカイツリー展望デッキへ登り、帰りは歌舞伎座や銀座の街を眺めながら出発した東京駅へ戻ってきます。

通年・毎日運航されているコースで11:30とゆっくりスタートなので、移動してきた翌日などでも忙しなくなる心配もナシ。

コース:東京二大タワー共演
料金:大人1名 9,600円
食事:昼のみ

迎賓館とランチクルーズでゴージャス気分を満喫!

出典:「好き」の抽斗


迎賓館赤坂離宮 本館内部見学と東京湾ランチクルーズ
諸外国からの賓客を迎える際に使用される迎賓館。
日本で唯一のネオ・バロック様式の西洋建築物
個人でも申し込みはできますが、はとバスツアーなら確実。
どうせならランチクルーズ付きでゴージャス気分を満喫しちゃいましょう!

東京駅丸の内南口を10:30に出発し、レインボーブリッジを通過しお台場や歌舞伎座を車窓から眺めながら東京湾クルーズへ!

シンフォニーランチクルーズで洋食ブッフェを楽しんだら、銀座や国会周辺を眺めながら迎賓館へ到着。
70分の本館内部や庭の見学の後は、六本木ヒルズへ。

六本木ヒルズから海抜250mの高さからの東京の街を楽しんだら、17:50に出発した東京駅へ戻ってきます。

コース:迎賓館赤坂離宮 本館内部見学と東京湾ランチクルーズ
料金:大人1名 11,800円
食事:昼のみ

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

※ 大人のための、はとバス夜のコースってどんな内容なの?

1時間で二階建てバスからサッと紅葉を楽しむ!

出典:お出掛けGスポット


東京いちょう回廊
実は東京にもいくつかある紅葉を楽しめるスポットのうちのひとつ、神宮外苑銀杏並木です。

古くは「101回目のプロポーズ」、最近では「カルテット」など数々のドラマなどのロケ地としても使われてきた銀杏並木は、植樹も「1枚の絵に見えるように」計算されていて、その美しさは折り紙つき!

バスも単なる二階建てバスではなく、屋根のない「’O Sola mio(オーソラミオ)」で解放感も抜群です。

9:00~16:00の間で4つの出発時間が選べ、いずれも東京駅丸の内南口を出発。

国会議事堂前の銀杏並木を予告編代わりに車窓から眺めながら走り、お目当ての神宮外苑銀杏並木の銀杏のトンネルを開放感たっぷりの屋根なし二階建てバスから楽しんだら、余韻はそのままに迎賓館や皇居前・丸の内ビル群と銀杏の景色を楽しみつつ東京駅へ戻ってくる1時間ほどのルートです。

コース:【2階建てオープンバス】東京いちょう回廊
料金:大人1名 1,980円
食事:なし
注意点:2017.11/11~12/9の日曜と11/23を除く毎日運航、ただし出発日の3カ月前の予約が必要

外国人観光客にはゲイシャ・ナイト?!

出典:はとバス


お江戸花魁道中と高級寿司食べ放題
外国人の喜ぶニッポンといえば、「スシ・ゲイシャ」?!
英語や中国語で案内する外国人向けツアーのほか、そんなイメージをそのままコースにしたようなツアーも存在。
花魁ショーは英語による解説があり、新宿「雛鮨」でオーダースタイルの本格的なお寿司が楽しめてしまう、大満足の「ジャパニーズ・ヨアソビ」ツアーです。

時間は宵の口、16:00に東京駅丸の内南口を出発して一路六本木へ。
お江戸花魁道中を軽いお酒とともに楽しんだら、次なるお楽しみである食べ放題のお寿司!

70分のお食事タイムのあとは、都庁展望台から東京の夜景を楽しんで、20:50に出発した東京駅へ戻ってきます。

コース:お江戸花魁道中と高級寿司食べ放題
料金:大人1名 9,800円
食事:夕食のみ

東京の夜景はやっぱりここから楽しみたい!

出典:hareのブログ 明日天気にな~れ~!


ヒルトン東京ベイのディナーブッフェと夜景の東京スカイツリー(R)
日帰りの1日コースだけでなく、夕方から夜だけの半日コースなども充実しているはとバスツアーなら、日中は自由に観光し、夜はおいしい食事と夜景を楽しむなんてプランも実現。

ヒルトン東京ベイで贅沢なブッフェを楽しんで、地上350mから見下ろす東京の夜景を楽しんだら、おなかも心もシッカリ満たされます。

17:00に東京駅丸の内南口を出発したら、レインボーブリッジ眺めながらまずはヒルトン東京ベイ「フォレストガーデン」で各国料理が出そろうブッフェタイム。

東京ディズニーリゾートや葛西臨海公園の景色を楽しみながらスカイツリーへ移動したら、展望デッキから東京の夜景を眺め、夜の銀座の街並みを眺めながら東京駅に戻ってきます。

コース:ヒルトン東京ベイのディナーブッフェと夜景の東京スカイツリー(R)
料金:大人1名 8,900円
食事:夕食のみ

 

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

※ 東京の日帰りはとバスツアーに行ってみたいなら、気になる口コミは?

※ 半日が丁度いい!?はとバス半日ツアーが意外とイケてるその訳は?

東京観光は一日コースからスキマ時間までお任せ!

東京だけでなく、関東を中心に東北や関西への宿泊ツアーも展開するはとバス。
これからの時期に1時間ほどで楽しめる銀杏並木のツアーなど、口コミなどでも人気のツアーは早めの予約がオススメ。

また、東京駅発のツアーが多いものの、新宿発や池袋・上野・品川などから出発する東京観光ツアーも盛りだくさん。
これからの行楽シーズンに向けて、休日のちょっとしたお出かけに。
知っている場所でもガイドさんの案内つきなら新しい発見もあるかも?!

 

「はとバスで遊ぶ」に関する記事の一覧はこちら


 

関連記事