今注目のバルジ領域に効く脱毛って知っていますか?

脱毛に関してあれこれ調べた人なら、「バルジ」という言葉は見かけた事もあるかもしれませんね。

毛の生えるメカニズムを説明する時に欠かす事ができないバルジ領域。ここを狙ってダメージを与える事で、なんと毛周期を気にせずに脱毛ができちゃうんです!

おかげで最短でツルツルお肌が完成したり、痛みをほぼ感じることなく永久脱毛に近い状態にもっていけたり。いいことづくめのように言われているバルジ脱毛ですが、実際どうなのでしょう?詳しく見てみましょう。

 

脱毛したのに毛が再生しちゃうことってあるの?

サロンに通って光脱毛をしたおかげで自己処理いらずのツルスベお肌を手に入れた!という人はたくさんいます。その一方で、口コミをよくよく見ていると、なぜか「10年ほどしたら毛が生えてきてしまった!」とか、「妊娠したとたんにまた生えてきた!」なんていう残念な報告も見かけます。

光脱毛って毛根にダメージを与えるんだから再生しないんじゃないの?と思っているあなた。残念な事に、最新研究で、この毛の再生に関する新たな事実がわかってきているのです。

そのヒントは、「バルジ領域」です。このバルジ領域が生きているからこそ、毛根にダメージを与えたはずなのに再生してきてしまった!という事が起こるのだそうです。もちろんホルモンバランスの変動や、体の細胞レベルでの変化や成長も関係しているのでしょうが、そもそも毛の卵巣とも例えられるバルジ領域があるからこそ、毛は何度でも再生してしまうようなのです。

光脱毛の仕組みを解説・そもそも永久脱毛ってできるの?

最新脱毛方法のバルジ脱毛ってどんなの?

バルジってなに?

ではもう少し詳しく説明してみましょう。

そもそもバルジ(bulge)とは、英語で膨らみの事を言います。毛の組織付近で言うならば、肌の下に毛全体の3分の2ほどが埋もれている状態の毛根部分のうち、一番深い毛根の根っこの部分よりも浅い部分に、毛からこぶが付きできているかのような膨らみ部分の組織があります。この膨らみ部分をバルジ領域というのです。

バルジ領域の説明図
出典 鹿児島三井中央クリニック http://chuoh-clinic-kagoshima.com/treatment/datsumou/mediostar/


そこには発毛に必要な元となる細胞があり、バルジ領域から栄養や細胞を受け取る事で初めて毛根部分の「毛乳頭」から毛が生えてくるのです。つまり、例えるならバルジ領域は毛の卵巣で、そこから出てきた毛の卵が子宮にあたる毛乳頭へ到達して、栄養を補給しながら育って毛になるのです。

毛の大元の組織と栄養があることで、毛根がいくらダメージを受けてもなんらかのきっかけで回復すれば、毛は復活する可能性があるのです。

バルジ脱毛と光脱毛・レーザー脱毛との違い


バルジ脱毛と呼ばれているのは、前述したバルジ領域をターゲットとして、じんわりとした熱を与える事で破壊し、毛のもととなる細胞や栄養をなくしてしまう脱毛方法の事です。これに対し他の方式の光脱毛や従来のレーザー脱毛、ニードル脱毛と呼ばれるものは、すべて毛根をターゲットにしています。

光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素に反応する光を使い、黒い部分が多い毛根部分に焦点を当て、熱でダメージを与える事で毛を生えにくくします。毛の周期によっては反応するメラニン色素が少なく、効果が出ないために、成長期に合わせて照射する必要がありました。そのため2~3ヶ月ごとに毛の成長を待って何度も照射する必要があったのですが、バルジ脱毛は常にそこに存在しているため、毛周期は一切関係ありません。バルジ領域を破壊するのですから、毛周期が退行期だろうと休眠期だろうと関係なく、脱毛効果があるのです。

また、メラニン色素に強く反応してしまう従来の脱毛では施術を断られるような色黒や日焼け肌でも、ある程度はバルジ方式なら脱毛できます。

シミ・そばかすがあると顔脱毛できない?濃くなるって聞いたけど

バルジ脱毛のメリット・デメリット

バルジ脱毛のメリットとは

バルジ脱毛最大のメリットは、毛周期を気にしなくて良いため、施術間隔が短く、早い段階で脱毛を完了させる事ができる点です。さらに、じんわりとした弱い光による熱は、他のIPLやSSC方式の光脱毛に比べると痛さが少なく、現時点では光脱毛の中でも最も痛みが少ない方式とも言われています。照射口も広いため、一回の脱毛時間も短く、メラニン色素に関係なく脱毛できるので産毛や薄く細くなってきた毛、白い毛などにも有効なのです。

<メリット>
・毛周期を気にせず脱毛できる
・脱毛完了までの期間が短い
・光脱毛のなかで最も痛みが少ない
・白髪や産毛も脱毛できる

バルジ脱毛のデメリットとは

良い点だらけのように感じるかもしれませんが、バルジ脱毛にもデメリットはあります。

まずは、毛根自体にダメージを与えるわけではありませんので、最初に毛が抜ける事を実感するまでには時間がかかります。全体の脱毛完了までの時間は早いのですが、バルジ領域を破壊して毛の元と栄養がなくなり、栄養が届かなくなる事で今生えている毛が退行期に移って抜けていくまでに一ヶ月ほどかかります。他の光脱毛の場合は通常2週間ほどで抜けてくるのですが、なかなか実感がわかない事では不安になる方もいるかもしれません。

また、バルジ脱毛は最新技術になっています。ここ数年で広まりつつありますので、まだまだ統計学上確実なデータと言えるほどの実績データが取れていないのが現状です。ということは、本当に数十年後も生えないのか、どんな人にも効くのかなど、研究途中のテーマも多くあるのです。

これからどんどん実績は増えると思いますが、新しい技術であるがゆえに、思いがけないことが起きる可能性がゼロではないという覚悟は必要かもしれませんね。

<デメリット>
・最初に毛が抜けるまで時間がかかる
・脱毛効果を実感できるまで時間がかかる
・実績データが少ない


今のところ、バルジ脱毛ができるおすすめのサロンやクリニックはこちらですよ。⇒『最新バルジ脱毛でおすすめサロン・クリニックはどこ?

これから脱毛を考えている人は、こちらの記事も参考になさってくださいね。

全身脱毛の恥ずかしい疑問に回答!VIO・ニオイ・剛毛など

脱毛の冷却ジェルあり・なしはどっちがおすすめ?

未成年の脱毛の注意点!年齢制限、親の同伴は必要?

その他の不安や疑問はこちらからどうぞ ⇒ 脱毛の基礎知識


 

関連記事