そばかすがあると脱毛できないの?
全身脱毛をしてくれるサロンの中でも、顔脱毛も入っているサロンが増えてきました。

脱毛をすると、毛が無くなることによって肌のトーンが明るくなる、肌触りがツルツルになる、毛穴が引き締まる、ニキビができにくくなるなど、美肌効果もあると言われているので、魅力的ですよね。

ところが、そばかすやシミがあると、顔脱毛ができないとか、かえってシミが濃くなってしまったなどの口コミも見かけます。

顔は目立つ箇所なだけに、ちょっと心配ですよね。

ニキビがある人はこちらも見てね。⇒『ニキビがあっても脱毛できる?ニキビがあったらどうなる

 

シミ・そばかすがあったら顔脱毛できないの?

そばかすがあると脱毛できないの?
レーザーや光は、メラニン色素の黒い色に反応してその部分に生えた毛の毛根にダメージを与える脱毛方法です。黒以外の色には反応しないため、肌へのダメージを与えることなく、脱毛することができます。

ただ、シミやそばかすは、メラニン色素が何らかの原因によって皮膚の下に蓄積している状態なので、光やレーザーが反応する可能性があるのです。

シミ・そばかすの濃さがポイント!大抵は脱毛可能

とは言え、色がそれほど濃くないそばかすやシミであれば、光やレーザーを照射しても問題はありません。肌の色が濃い目の人も薄い人もいますので、その程度の色の違いであれば、問題なく照射することができるのです。

ただ、少し濃くなったシミやそばかすの場合には、その部分だけを避けることができるようにパッチなどを貼って施術することになります。また、レーザーや光は、太陽や電球などのように広がることが無いように出力される光です。そのため、的確にシミやそばかすを避けて照射できるので、安心して大丈夫です。

実際の状態を見て、サロン側で判断してくれますので、カウンセリングの際によく相談しておきましょう。

場合によっては脱毛前に治療が必要なケースも

もしも、濃いめのシミやそばかすに毛がある場合などは、残念ながらそのままでは光やレーザーでの施術をすることができませんその部分だけを脱毛したいのであれば、そこだけをニードル脱毛する方法があります。

ニードル脱毛は費用が高いと言われますが、処理する毛がシミやニキビの上に生えた毛だけであれば、本数としては多くないので、それほど高くならないとは思いますが、問題は痛み。ニードル脱毛は一般的に行われている脱毛の種類の中では最も痛みが強く、肌への刺激も強いため、考えてしまいますよね。

そこで、まずはレーザー治療などでその部分のシミやそばかすを消してから脱毛を行うという方法があります。レーザー脱毛を行っているクリニックであれば、同じクリニックでシミ・そばかすの治療も受けることができますので、併せて相談しながら、脱毛スケジュールを考えるといいでしょう。

肝斑がある場合には光脱毛できない

そばかすがあると脱毛できないの?
シミにはいくつかの種類があるのですが、その中で肝斑の場合には、残念ながら光脱毛をすることができません。まずは、肝斑の治療をしてから光脱毛をすることになります。肝斑は、皮膚の表面に出てきていないものもあるので、素人判断では見分けがつきません。

高校生や学生であれば、まだ肝斑はないかもしれませんが、ストレスやホルモンバランスの乱れなどによってできやすいものなので、一応覚えておきましょう。

なぜシミが濃くなると言われるの?

光脱毛したらシミが濃くなったという口コミも目にすることがあります。

今までシミやそばかすのなかったところに光を当てて新しくシミができる、ということはありませんが、既にあるシミが濃くなってしまう、ということは可能性としてはあります。

どういうケースなのか、順番に見ていきましょう。

ケース1:好転反応によって一時的に濃くなる

光をあてる脱毛には、コラーゲンを生成させて、お肌のターンオーバーを促進する作用があります。ターンオーバーとは、大体28日周期でお肌の表面の肌が入れ替わること。肌の表面が老廃物とともに無くなって、下の方の新しい皮膚が表面に現れます。

この時、皮膚の下の方にたまっていたメラニン色素が肌表面に押し上げられるため、シミが濃くなったと感じます。

正しくケアができていれば、きちんとターンオーバーが行われ、このシミもいずれ老廃物とともに無くなります。

ケース2:脱毛後のケア不足や正しいケアが行われていない

脱毛後の肌は、とてもデリケートになっています。

毛根以外には優しいとはいっても、肌にとってはちょっとしたことも刺激になりますので、敏感な状態になっているのです。

さらに、表面の毛が無くなることによって、乾燥しやすくなります。

肌は乾燥すると、肌本来が持つバリア機能を低下させてしまうのです。そんな低下した状態で、紫外線や外気を直接肌に触れることになります。

この様にして、刺激を受け続けた肌は、肌を保護しようとしてメラニンを生成してしまい、シミが濃くなってしまうのです。

脱毛後はいつも以上にスキンケアや紫外線ケアが重要になります。

ケース3:脱毛の施術によるやけどなどで色素沈着した

光脱毛の場合には、マシンの照射出力が弱いため、やけどなどを起こすことはありません。ただし、医療脱毛の場合には、強い出力でレーザーを照射します。そのため、軽いやけど状態となってしまい、色素沈着を起こすことがあります。

傷や火傷あとが残るのと同じです。ただし、きちんとしたクリニックであれば、その様な状態への適切な処置が行われます。火傷を治療する薬が処方されたりしますので、きちんとその指示に従ってケアを行いましょう。

脱毛するとどうなる?脱毛後のメリットデメリットを考える

シミ・そばかすは避けて施術可能

そばかすがあると脱毛できないの?
基本的に、シミやそばかすに直接光をあてたりすることはあまりよくありません。そのため、シールやパッチを貼ってその部分を保護することによって、施術は可能です。

シミやそばかすがあるから顔脱毛は無理と思っていた方は、ぜひカウンセリングで相談してみてくださいね。濃いシミなど以外は、大抵は施術可能です。

顔のツルツル美肌を手に入れてくださいね。

高校生だけど脱毛を考えている人は、こちらの記事も読んでみてね。

高校生だけど脱毛って早い?脱毛できるかな?

脱毛したい高校生はこの記事を親に見せてみて

全身脱毛に関する基礎情報はこちらからも確認してみて!⇒ 脱毛の基礎知識

 

 


 

関連記事