VIO脱毛について、そうそう気軽に友達や経験者に聞けませんよね。そもそも、その人がVIO脱毛しているかどうかも、わからないですしね。だからこそ、ネットで検索をしたりして自分にとって必要な情報を探しているのではないでしょうか。

今回は女の子の秘密の場所をサロンで施術してもらう時の流れをご紹介します。

全体的にはどんな感じで進む?細かな流れや気になるけど人に聞けないあれこれも知りたい!にお答えしてみましょう。

VIO脱毛の全体的な流れ

VIO脱毛に限らず、サロンで脱毛する時は必ず最初にカウンセリングが行われます。肌の状態や希望の脱毛の回数、デザイン、気になっている部分の相談など、細かな部分までしっかり話し合ってから施術へ移ります。

サロンによってその日のうちに施術に入ることもあれば、次から本格的施術に入る所もあります。(参照『カウンセリング当日、その日に脱毛できるサロンは?』)その後は、だいたい次のような流れで進んでいきますので参考にしてみてくださいね。

VIOは全処理から入るのが基本

海外では比較的多いハイジニーナ派ですが、日本ではVラインをデザインして残したい人ってまだまだ多いです。一度脱毛を完了してしまうと後で生やしたいと思っても生やせないことを考えると、いきなりハイジニーナにするよりは、最初は毛量を調節してビキニラインだけ綺麗にしたいと思っている人は多いです。将来どうするか決めかねている人にとっては、これは無難な選択だと言えますよね。

実際、アメリカのセレブキム・カーダシアンは、全身レーザー脱毛でツルツルハイジニーナ派なのですが、最近になってVだけは少し残しておけばよかったと後悔しているという話がありました。(参照『VIO脱毛ハジニーナにしている有名人・セレブのVIO事情』)

Kim Kardashian Westさん(@kimkardashian)がシェアした投稿



そこで、”残す派”にしようとした場合、Vライン&Iラインのデザインを決めて、アンダーヘアを残さない部分だけを照射すれば良いのかと思えば、そうではありません。よほど全体的に毛が薄いとか生まれつき柔らかいなどではない限りは、ほとんどのサロンで初回のVIO処理は全処理です。こうすることで、全体的な毛の量を少なくしつつ、毛質も柔らかくして自然な仕上がりにするのです。

平均的に3回くらいまでは全処理する

脱毛サロンでは、クリニックで行われるレーザー脱毛ほどの光の強さがありませんので、だいたいクリニックの2倍~3倍は照射回数を重ねることになります。そのため、脱毛サロンでVIO脱毛をするときは、最初の3回くらいは全処理&全照射し、毛の量を減らしながら薄くしていきます。

この間にV&Iラインのデザインをどうするか、希望を固めます。もちろん、形については自分だけで決めるのも迷うと思いますが、スタッフに相談してアドバイスをもらえるので安心してくださいね。

デザインもいろいろあるので、お好みのデザインをいくつか考えておくと相談しやすいですよね。人気の形なんかはこちらを参考にしてくださいね。

>>VIO脱毛するならどんな形?みんなの人気の形とは

>>Iライン脱毛はどこまでする?割れ目が見えちゃうかも?!

ここで、注意しなくてはならない事があります。それは、毛の抜け具合は個人差があるということ

例えば、1回照射しただけでも驚くほど毛の量が減る人もおれば、逆に3回でもまだまだ多いという人もいて、このように抜け具合には個人差が出てしまうのです。これは、もとからの毛量や体質にもよれば、たまたま毛周期(※)で照射効果の高い時期にあたる毛が多いタイミングで照射したせいでごっそり抜ける事もあります。(といっても毛は全体の2~30%しか表面に顔を出していませんので、残っている毛はちゃんとあります。)

※毛周期にあわせて脱毛するのが一番効率がいいと言われています。>>効率いい脱毛頻度はどれくらいの間隔?早く行けば早くできる?

脱毛1回目と2回目の抜け具合と、次に毛が生えそろうまでの期間をしっかり覚えて置いて、次の施術から整える工程に入るかどうかをスタッフと相談しましょう。相談しないままお任せしてしまうと、シェービングしている箇所は全部照射されてしまうこともあるようで、「脱毛しすぎたかもしれない」と冷や冷やしたという体験談のありました。

デザインは少なくとも3回目までには決めるけれど早い方が良い


毛の抜け具合、薄くなり具合は個人差の大きいものです。人によっては本当に1回だけでもう薄くなってそれ以上照射すると減りすぎになりそうな方もいます。3回目まで待たずに早めにデザインが決まっていれば、自分の毛の量や薄さを調節しながら残す時期を決めやすいですよね。

でもちょっと気を付けた方が良いのが、生えそろうまでのまばらな状態の時です。毛が生えそろうまではバラバラに生えてくるので、もう減ったように感じるかもしれませんが、しっかり生えそろったらボーボーだったなんてこともありえますので、毛がある程度生えそろう時期に全て処理するのか、残しつつ処理するのかを見きわめて施術してもらうように気を付けましょう。

デザインが決まれば自己処理の時に残す部分以外を処理する

平均して、脱毛3回目以降は自分の毛の量や生えそろい時期が遅くなったかどうかで残す部分以外を照射してもらうようにします。施術前に、どこまでするかを確認してくれますが、場合によっては確認されないこともあります。その場合には、きちんと自分で希望を伝えるようにしましょう。その上で、自己処理をした所だけを照射してもらうようにすればOKです。

ただ、平均的には残し始めるのは3回目くらいからとはいえ、毛の量の多い人の場合は6回目からになる事もあります。自分の理想とする毛量を、なんとなくでもイメージしておき、近くなってきたら形を整えて残す部分以外に光を当ててもらうのです。その後3回~9回くらい通えば、ツルツルにしたい場所は綺麗になり、自己処理がほぼ不要になります。

その後はお手入れもダントツに楽になりますので、辛抱強く回数を重ねるようにしましょう。

VIO脱毛当日の流れは

前々日くらいから自己処理する所からスタート

脱毛前には、基本的に自分でシェービングしておく必要があります。ところが、VIOはなかなか自分では手の届きにくい部位ですよね。サロンによってはすべて1ミリ以下の長さになるまで処理しておかなければ施術してもらえないこともあります。Oラインは、さすがに無料でシェービングを手伝ってくれる場合がほとんどですが、VとIは自分でできるだけ頑張りましょうというスタンスです。しっかり剃り残しがないように、でも肌を傷つけないように電気シェーバーなどでキレイに剃り上げます。うっかり傷ついた時の回復日を挟む意味でも、前々日くらいからゆっくり自己処理をして当日に臨みましょう。

こちらも参考にしてみてください。

>>脱毛前の剃り残しどれくらいからNGなの?上手な剃り方は?

>>VIOシェービングのコツを解説!脱毛前の自己処理に

自分でVIOシェービングなんて自信がない・・・という方は、初めから無料でシェービングサービスがあるサロンを選んでおくと安心ですね。

>>脱毛でシェービングサービスがあるおすすめサロンは?

いよいよ当日!服装はなんでもOK

VIOだけを施術するのであれば、施術着に着替えたりタオルケットを腰にまいたりしますので、サロンに行くときの服装は自由です。ただし、施術後に締め付けるタイプの下着だとしんどいものですので、風通しの良いコットンやシルクでキツくないタイプの下着やスカートを着ていくと良いでしょう。

>>脱毛の施術中はどんな服装やかっこうをするの?VIOが恥ずかしい

着替えがすんだら施術です


サロン指定の施術着やタオル姿に着替えたら、いよいよ施術です。

スタッフがその時気になる事などを聞き取ってくれ、自己処理の状況などをチェックしたのち、光をピッと当てていきます。この時冷却ジェルを塗るサロンと塗らないサロンがありますが、機械の種類によりますので、ジェルがあった方がいいとかない方がいいということではありません。(参照:脱毛の冷却ジェルあり・なしはどっちがおすすめ?

自己処理がしっかりしてあって、Vラインのデザインが決まっていれば、そのデザインに合わせて自己処理した所だけに光を当ててくれます。もしも処理する範囲があいまいなようでしたら、どこまで光を当てれば良いかをサロンのスタッフが聞いてくれますので、自分の納得できるデザインになるまでは丁寧に説明するようにしましょう。

最初のチェックの段階で、まだ生えそろいきっていないまばらな状態であれば施術を断られることもあります。それは、もう少し生えそろってから施術をする方が無駄打ちを防げるのと、残すデザインがはっきりしやすいからです。どこの毛まで残すのかあいまいだと、不本意な形になってしまう可能性もありますからね。

VIOは、なかなか生えるのが遅い場所でもありますが、だいたい3ヶ月くらいでは生えそろう人が多いので、そのくらいの間隔で通う場合が多いようです。

施術は必要な部分だけ露出して少しずつ照射する

よく恥ずかしい恰好をするのだと心配する人がいますが、実際、初めての場合は誰でも恥ずかしいものです。場所が場所ですからね。綺麗なお姉さんにあられもない姿をさらすことになると思うと当然です。でも、そこは数々の実績を持っているサロン。ちゃんと恥ずかしくないように工夫し、施術着や紙パンツなどを光を当てるのに必要な部分だけめくったりずらしたりしながら施術してくれます

あまり心配しないようにしましょう。施術時間も早ければ10分~15分と、とても短い物です。長くても30分ほどです。

>>人気のVIO脱毛メリット・デメリット!恥ずかしいけど楽

施術が終わればアフターケアがある


光を当てた直後の肌は、目に見えなくても軽い炎症が起こっています。施術後は鎮静化するためと、保湿のためにジェルなどを塗ってくれるのです。その後私服に着替えなおし、次の予約を取れば施術当日に行う事はおしまいです。

自宅に帰ったあとは、その日は風呂に入るのを避けて軽いシャワーなどにしておき、保湿と冷却をしっかりしておくようにしましょう。

アフターケアを怠ると、肌トラブルの原因にもなりますので、しっかり行うようにしましょうね。

>>脱毛後のケアでトラブル防止!正しいケア方法と9つのNG集

>>脱毛の美肌効果は何脱毛が一番効果アリ?おすすめは?

>>コロリ―(全身脱毛)の評判や口コミ、解約方法は?

脱毛に関する不安や疑問はこちらからもどうぞ。⇒脱毛の基礎知識

 


 

関連記事